October 21, 2020

ライフコーポレーション、第2四半期、増収大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・ライフコーポレーションが10/9、2021年2月期の第2四半期決算を公表しました。食品スーパー業界は2月期決算が多く、現在、決算公表ラッシュといえます。その結果ですが、大幅な増収増益と好決算です。特に、利益は204.0%増と異常値、いずれの段階でも約200%増という好決算です。その要因は原価、経費ともにバランスよく大きく改善、ダブルで利益を押し上げたことによります。ライフコーポレーション自身のコメントでも、「新型コロナウイルス感染症によってもたらされた生活習慣の変化に伴う需要の高まりから、足もとの売上が拡大、・・」とのことで、売上、特に既存店の売上げたが好調なことが要因といえます。一方、CFを見ると異常値となっており、営業キャッシュフローが激減しています。これは、「前連結会計年度末日が金融機関の休日」となったことで支払い債務に影響が出たためです。したがって、通期では正常に戻ると思われます。また、投資キャッシュフローは昨年と比べ増加、ここは攻めと判断したと思われ、大きく増加しています。BSでは営業キャッシュフローとの兼ね合いで有利子負債は増加し、現金を増加させており、ここは現金の確保を優先しているといえます。これを踏まえ、通期予想ですが、増収増益予想ですが、伸び率はこの中間決算と比べ減少しており、気になるところです。株価ですが、この好調な決算が公表されたにも関わらず、投資家は売りと判断したようで、下げているのが気になるところです。ライフコーポレーション、次の後半、先行き不透明な中、どこまでこの好調な決算を維持できるか、その動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ライフコーポレーション

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 21, 2020 | | Comments (0)

October 20, 2020

大黒天物産、第2四半期決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・大黒天物産が10/12、2021年5月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算です。特に、営業利益は156.4%と大幅な増益です。原価、経費ともに大きく改善し、ダブルで利益を押し上げています。特に、経費は19.5%と20%を下回り、食品スーパー業界でも屈指の低さです。これが大黒天物産のESLPを支える原動力となっており、大黒天物産の強みといえます。大黒天物産自身も、「ESLP(エブリデイ・セーム・ロープライス)による地域最安値価格を目指す、・・」とコメントしているように、今期はその完成度が一段とアップしたといえます。一方、BS、貸借対照表の方ですが、現金が110.6%と増加しており、現金の確保に重点を置いているといえます。通期予想でも第1四半期と比べ、増加率が下がっていますので、厳しい見方をしているといえます。これを踏まえて株価の動向ですが、決算公表後、株価は下げており、投資家は厳しい見方をしているといえます。大黒天物産、第1四半期は絶好調ですが、次の第2四半期、そして、後半へ向けて、どのような経営戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #大黒天物産

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 20, 2020 | | Comments (0)

October 19, 2020

イズミ、第2四半期四半決算、減収、増益!



PI研のコメント(facebook):
・10/13にイズミが2021年2月期の第2四半期の決算を公表しました。結果は減収、増益となるやや厳しい決算となりました。営業利益は16.2%増、利益はいずれの段階でも2桁増となりました。減収になった要因は、イズミの主力業態であるSCが「依然として大型ショッピングセンターへの不要不急の来店を控える動きが継続、・・」とのことで、結果、「既存店売上高は、前年同期比で14.6%減」になったことが大きといえます。一方、大幅な増益になった要因ですが、経費は上昇しましたが、原価が改善、さらに、不動産収入、物流収入等のその他営業収入が増加したことによります。イズミ自身も、「衣料品を中心に仕入計画の見直しを行い、在庫圧縮により多額の在庫ロス発生の回避に努め」と原価改善を積極的に進めています。CF、BSですが、今期は、昨年と比べ、仕入債務が大きく減少しており、数値が異常値となっています。昨年は金融機関の休日等、支払い日の違いが発生したものと思われますが、年間では正常化すると思われます。現金を温存、積極的な投資が図られていますので、後半、どこまで売上高の回復が見られるか、また、好調な利益を維持できるか、イズミの今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #イズミ

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 19, 2020 | | Comments (0)

October 18, 2020

コスモス薬品、第1四半期決算、増収、大幅増益!



PI研のコメント(facebook):
・コスモス薬品が10/12、2021年5月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算です。特に、利益はいずれの段階でも約150%と好調な結果となりました。新型コロナウイルスによる特需が業績を押し上げたといえます。コスモス薬品のコメントを見ると、「このような状況だからこそ、当社グループは更なるローコストオペレーションの推進によって価格競争力を高め、消費者にとって「安くて、近くて、便利なドラッグストア」となれるよう力を注いでまいりました。」と、「このような状況だからこそ」力を注いだとのことです。実際、経費比率は14.6%と昨年の15.8%を大きく下回り、小売業業界の中でも屈指の低コストを実現しています。また、「出店戦略につきましては、自社競合による一時的な収益性の低下も厭わず、次々と新規出店を行い。・・」と、これも小売業界では断トツの新規出店数となっています。気になるのは通期予想であり、営業利益が0.0%であることです。それだけ、先が見通せない厳しい状況とみているといえます。コスモス薬品、先行き不透明な中、引き続き、積極的な新規出店による成長戦略を今後とも押し進めてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #コスモス薬品

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 18, 2020 | | Comments (0)

October 17, 2020

食品スーパー、株価速報、2020年10月16日、低調!



PI研のコメント(facebook):
・食品スーパー約30社の10/16時点の株価速報です。今週は先週同様、低調な株価となり、株価が上昇した企業が11のみです。ベスト5はオリンピック、大黒天物産、アオキスーパー、神戸物産、ダイイチです。先週とダイイチを除き、4社が入れ替わっています。また、先週と今週の各社の株価の差を見ると、大半が株価を下げており、厳しい状況といえます。ただ、日経平均も同様な動きであり、低調です。ちなみに、PER、PBRの動向を見ると、株価が上昇した企業にどちらも低い傾向が見られますので、投資家はPER、PBRの低い食品スーパーを買いと見ているようです。食品スーパー、2月期の中間決算の公表が終了し、今後、3月期の決算企業の中間決算の公表に焦点が移りますが、投資家がどう判断するか、気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #株

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 17, 2020 | | Comments (0)

October 16, 2020

アークス、第2四半期決算、増収、大幅増益!



PI研のコメント(facebook):
・アークスが10/13、2021年2月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算となりました。特に、営業利益は74.0%増と好調であり、新型コロナウイルスによる特需が客単価を大きく押し上げ、既存店の売上高が6.8%増となったことが大きいといえます。キャッシュフローを見ると、この好決算により、大きく営業キャッシュフローが増加したにも関わらず、投資キャッシュフローを抑制し、財務キャッシュフローも抑えたため、現金が大きく増加、キャッシュを温存し、今後に備えたといえます。実際、通期予想を見ると、売上高5.0%増、営業利益28.1%増ですので、後半のみで計算すると増益幅はわずか、利益は減収となる見込みであり、今後の動向を厳しくみているといえます。これを受けて株価ですが、投資家は売りと判断しているようで、この中間決算公表後、下げに転じています。アークス、バローH、リテールPとの新日本スーパーマーケット同盟の取り組みも本格化し、「次世代のデジタルシフトに向けてICT(情報通信技術)を活用した次世代店舗の研究」もはじまったとのことで、後半以降、中長期的に、どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #アークス

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,330人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 16, 2020 | | Comments (0)

October 15, 2020

イオン、第2四半期決算、減収、大幅減益、株価堅調!

PI研のコメント(facebook):
・10/7、イオンが2021年2月期の中間決算を公表しました。結果は減収、大幅減益、特に営業利益は-60.7%と厳しい決算となります。柱のGMS事業が減収、赤字決算となったことが大きく、好調なSM事業、ヘルス&ウエルネス事業(ドラックストア)等ではカバーできなかったといえます。利益に関しては当期純利益が赤字に転落、営業キャッシュフローもマイナスとなり、借り入れを増やさざるを得ない決算となりました。実際、有利子負債は2.6兆円から2.8兆円へ増加、財務キャッシュフローも193.2%と昨年とは財務構造が大きく変わっています。また、通期予想に関しては営業収益、営業利益ともに大きな幅での予想となり、後半は先行き不透明感が漂っています。これを受けて株価ですが、投資家は買いとみているようで、ここ数日、年初来高値が続いています。これは決算内容は厳しい状況ですが、イオンモールなど回復傾向もみられ、先行きが見通せない中でも、イオンの業績の回復を期待する投資家の読みが反映されていると思われます。イオン、後半、厳しい経営状況の中、特に、利益の回復をどのようにはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #イオン


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,320人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

October 15, 2020 | | Comments (0)