April 06, 2020

新型コロナ、クラスター対策、厚生労働省、LINE!

厚生労働省とLINEは「新型コロナウイルス感染症の
クラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結しました:

・厚生労働省:3/30
・本日、厚生労働省は、クラスター対策を迅速かつ効果的に実施し、クラスターの発生を封じ込めること等により、新型コロナウイルス拡大を防止する取組を進めるため、LINEと「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」(以下「協定」)を締結しました。協定に基づき、厚生労働省は、LINEから、クラスター対策に資する情報を提供いただき、その情報について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的において利用します。同時に、LINEは、厚生労働省が公表した新型コロナウイルス感染症に関する情報等に基づき、利用者に対する感染防御に関する情報の提供、定期的な検温の実施の呼びかけ、帰国者・接触者相談センター等の周知活動を行うよう努めることとされました。今後も、民間事業者等と協定を締結した場合は、順次公表いたします。
・厚生労働省においては、新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報をご提供いただける民間事業者等と情報提供に関する協定を締結し、新型コロナウイルス感染症のクラスター対策の強化を図ることとし、趣旨に賛同いただける民間事業者等に呼びかけを行っていたところです。今回、LINEから趣旨に賛同いただけるとの連絡があり、協定の締結に至ったものです。

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の
全回答データを厚生労働省に提供 第2回は4月5日より実施予定:

・LINE:4/3
・LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」* を実施し、当初の予定通り、回答頂いたデータについて厚生労働省に提供いたしましたので、お知らせいたします。
LINEは、3月31日から4月1日の期間、日本全国のLINEのユーザー8,300万人を対象に、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」 を実施いたしました。LINEからメッセージを送信した82,928,693人のユーザーのうち、有効回答者は24,539,124人(回答率は29.6%)となりました。ご協力ありがとうございました。
・第2回「新型コロナ対策のための全国調査」は、4月5日から6日に実施します。このように短期間で複数回の調査協力をお願いする意図は、日々新型コロナウイルス感染者数が拡大していく中で、皆さまに状況を継続的にお聞きすることにより、その変化を把握するためです。これにより、市中で起こっている隠れた事態の進行を検知できれば、有効な対策に繋がる可能性があります。皆さまのご協力をよろしくお願いします。
・【厚生労働省新型コロナウイルス対策本部
   クラスター対策班・北海道大学教授 西浦博 氏 コメント】
・皆さまからいただいたご回答は、クラスター対策において大変貴重なデータです。症状のある方が集積する地域を早期に把握したり、流行対策時における行動変容を評価したりするなど、流行対策に役立てたいと思います。今後、流行の変化を把握するために複数回の調査をお願いしますが、どうぞご回答よろしくお願いいたします。

LINEリサーチ、本日の全国調査に先行して
一都三県を対象に「新型コロナの状況把握アンケート」を実施:

・LINE:3/31
・約16万人の回答から感染予防の傾向やエリアごとの体調不良の割合を把握:
・LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、同社が運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、3月27日(金)から30日(月)の期間、首都圏1都3県に居住する「LINEリサーチ」のモニターを対象に「新型コロナの状況把握アンケート」を実施し、その調査結果の一部を本日公開いたしましたのでお知らせいたします。
・3月27日(金)に厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定締結の呼びかけについて」*に賛同し、本日より国内ユーザー8,300万人を対象とした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」**を実施いたします。

PI研のコメント(facebook):
・厚生労働省が民間の力を借りて、新型コロナウイルス対策へ乗り出しました。特に、力を入れているのがクラスター対策であり、クラスターをいかに早く見つけ、対策を打つかが、感染爆発を引き起こすか否かの鍵を握っているといえます。ここを抑えるには国、すなわち、厚生労働省だけでは十分でないとの判断のもと、このような緊急対策を打ち出したといえます。ただ、法律上、強制はできないため協力を求めたところLINEがこれに応じ、3/30、LINEと協定を締結し、「3月27日(金)から30日(月)の期間、首都圏1都3県に居住する「LINEリサーチ」のモニターを対象に「新型コロナの状況把握アンケート」を実施」とすばやいアクションにつながったといえます。さらに、これを全国規模に広げ、「LINEは、3月31日から4月1日の期間、日本全国のLINEのユーザー8,300万人を対象」と、結果、「82,928,693人のユーザーのうち、有効回答者は24,539,124人(回答率は29.6%)」とのことです。ちなみに、「一部の方に誤解があるようですが、LINEは本調査の全てを「無償」で厚労省へ提供しております。」とLINEがtwitterで投稿しているように無償です。この結果今週、来週には厚生労働省のクラスター対策班に引き継がれ、特に、首都圏では対策が打たれてゆくと思います。官民協力、特に、速さと広さ、そして、規模が求められる新型コロナウィルス対策のクラスター発見ですので、有効に活用され、対策につながって欲しいと思います。新型コロナウイルスの対策はクラスターの発見、その対策が鍵を握っているといえ、今後、これを機会に、様々な業界で幅広く、官民の協力体制が成立して欲しいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #LINE 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

April 6, 2020 | | Comments (0)

April 05, 2020

商業界、破産、負債約8億8000万円!

破産手続の開始について:
・破産者:株式会社商業界
・株式会社商業界:4/2
・拝啓 時下益々ご清栄の段お慶び申し上げます。 さて、突然のことで誠に恐縮でございますが、株式会社商業界(本店所在地: 東京都港区麻布台二丁目4番9号、代表取締役中嶋正樹)は、業績の悪化等に より、本日、東京地方裁判所に破産手続開始の申立てを行い、破産手続が開始 されました(事件番号:令和2年(フ)第2330号)。今後は、破産管財人に よって、株式会社商業界の破産事件処理が行われることになります。 債権者及び関係者の皆様に多大のご迷惑をお掛け致しますこと、心からお詫 び申し上げます。 破産管財人、財産状況報告集会の日時等につきましては、別添の破産手続開 始通知書に記載のとおりです。 なお、株式会社商業界の社屋及び財産は、本日をもちまして、破産管財人の 占有管理下におかれます。破産管財人の許可なく、物件内に立ち入ることや、 物件内の動産を搬出する等の行為をすることは禁じられており、処罰されるこ ともございますので、お控えくださいますようお願い致します。敬具

YAHOOニュース(帝国データバンク):4/2
・当社は、1948年(昭和23年)8月に設立された出版社。外食や小売、流通各業界を対象とした出版、セミナー事業を手がけ、高い知名度を有していた。主力の出版事業では流通業界専門誌『商業界』をはじめ、『販売革新』『食品商業』『ファッション販売』などを発行し、飲食店やアパレルなど業界に特化した単行本も刊行していた。大手取次店を経由するほか、大手の居酒屋チェーンやコンビニエンスストア、流通業者などへも直接販売し、主力4誌の発行部数はそれぞれ8~10万部となっていた。また、セミナー事業は毎年2月に開催される宿泊型の研修会「商業界ゼミナール」のほか、「トップ・マネジメント・スクール」「海外視察セミナー」などの企業別セミナーを開催。通信教育事業では食品関連業界の従事者向けに各種検定講座を開講し、そのほか広告収入も得ていた。ピークとなる2001年6月期には年売上高約20億円を計上していたが、大手資本による中小、個人商店の淘汰が進むなかで需要は減退、業績は下降線をたどり、2019年6月期の年売上高は約7億円にとどまっていた。出版不況下、ここ数年のうちに『飲食店経営』『ファッション販売』など主力誌のいくつかを他社へ譲渡していた。直近では2期連続の赤字が続き、金融機関に対して返済のリスケジュールを行っていたものの債務超過状態を脱することが出来ず、今回の措置となった。
・申請時の負債は債権者約3400名に対し約8億8000万円。

PI研のコメント(facebook):
・商業界が4/2付で破産しました。「『商業界』をはじめ、『販売革新』『食品商業』『ファッション販売』などを発行」していた商業に特化した老舗出版社です。1948年(昭和23年)8月に設立ですので、約70年前に創業し、「ピークとなる2001年6月期には年売上高約20億円を計上」とのことですが、「2019年6月期の年売上高は約7億円にとどまっていた」とのことです。「負債は債権者約3400名に対し約8億8000万円」とのことで、破産の選択をしたとのことです。食品商業、販売革新に記事を投稿し、そのビルで何度も打ち合わせをした日のことを思い出します。すでに「株式会社商業界の社屋及び財産は、本日をもちまして、破産管財人の 占有管理下におかれます。」とのことで、そのビルも現在入れないそうです。「直近では2期連続の赤字が続き、金融機関に対して返済のリスケジュールを行っていたものの債務超過状態を脱することが出来ず、・・」と、ここ数年ギリギリの経営状況だったとのことです。破産ですので、再起は厳しい状況といえます。この70年間、商業、販売にこだわった雑誌を出版し続けてきたわけですが、ここで途絶えるのは残念です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #商業界 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

April 5, 2020 | | Comments (0)

April 04, 2020

平和堂、本決算、減収減益!

平和堂、2020年2月期、本決算:4/2

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:17,226百万円(昨年20,984百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△21,674百万円(125.83%:昨年△9,134百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△19,855百万円(昨年△9,864百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:3,739百万円(昨年△11,419百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△870百万円 (43百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:297,025百万円
・自己資本比率:53.2%(昨年53.0%)
・現金及び預金:22,528百万円(総資産比 7.59%)
・有利子負債:47,251百万円(総資産比 15.91%)
・買掛金:30,283百万円(総資産比10.20%)
・利益剰余金 :135,814百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:433,641百万円(△0.9%) 、営業利益:10,463百万円(△22.8%)
・経常利益:11,380百万円(△21.6%)、当期純利益:6,101百万円(△28.9%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:429,000百万円(△1.1%:進捗率  %)
  ⇒営業利益:10,500百万円(0.3%:進捗  %)
・原価:70.36%(昨年70.47%):-0.11、売上総利益:29.64%(昨年29.53%):+0.11
・経費:33.94%(昨年32.89%):+1.05
・マーチャンダイジング力:-4.30%(昨年-3.36%):-0.94
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:6.88%(昨年6.66%):+0.22
・営業利益:+2.58%(昨年+3.30%):-0.72

平和堂のコメント:
・当小売業界におきましては、2019年10月の消費税増税に伴う消費行動の変化と、各業態の垣根を超えた店舗間の 競争激化、ネット購買行動の伸長、物流コストの上昇、人手不足等からの人件費の増加など業界を取り巻く環境は、 依然として厳しい状況が続いております。又、当年度終盤に発生した新型コロナウイルスの影響につきましては、 見通しが困難な状況となっております。
・このような状況の下、「株式会社平和堂」は地域に密着したライフスタイル総合(創造)企業を目指し、既存店 の活性化を積極的に進め、お客様のご期待にお応えする商品や売場展開、サービスの向上に努めてまいりました。
・小売事業:
・グループ中核企業である「株式会社平和堂」は、改装効果や新店効果などもあり増収となりましたが、人件費の増加 等により経常減益となりました。 既存店の活性化として改装投資を計画的に進めアル・プラザ富山(富山県富山市)、フレンドマート梅津店(京都府 京都市)など計18店舗(食品大規模7店舗、食品小規模9店舗、衣住2店舗)において売場の改装を実施、商圏の特性 に合わせた品揃えや売場展開の変更、老朽化した什器の入れ替え等、ストア・ロイヤルティの向上に努めてまいりまし た。また、2019年度の新規出店として、9月にフレンドマート野々市店(石川県野々市市 直営面積1,380㎡)、10月に フレンドマート大津駅前店(滋賀県大津市 直営面積955㎡)、11月にフレンドマート豊中熊野店(大阪府豊中市 直営 面積952㎡)を開設いたしました。また、新規供給網として久御山流通センター(京都府久世郡)を稼働いたしました。
・管理面では、人手不足による採用難が継続する中、営業業務改革プロジェクトや本部業務改革プロジェクトといった 部署を中心に、店舗・本部の作業時間削減に向けた取り組みの強化をすすめてまいりました。
・中国湖南省で小売事業を展開する「平和堂(中国)有限公司」は、競合出店の影響もあり減収・経常減益となりまし た。
・滋賀県でスーパーマーケットを展開する「株式会社丸善」は、競合影響等により減収・経常減益の赤字決算となりま した。

平和堂の株価:4/2
・時価総額107,901百万円(4/2) =1,843円(4/2) ×58,546,470株(4/2)
・株価1,843円(4/2) =PER(会社予想):15.34倍(4/2)×EPS 120.11円(2021/2)
・株価1,843円(4/2) =PBR(実績):0.62倍(4/2)×BPS 2,975.65円(2020/2)

PI研のコメント(facebook):
・4/2、平和堂が2020年2月期の本決算を公表しました。結果は減収減益、特に利益はいずれの段階でも2桁減の厳しい決算となりました。平和堂自身も「各業態の垣根を超えた店舗間の 競争激化」に加え、「物流コストの上昇、人手不足等からの人件費の増加など」が影響したとコメントしています。前者は売上、後者は利益に直結しており、ダブルで業績に影響を与えたとのことです。さらに、「新型コロナウイルスの影響につきましては、 見通しが困難な状況」と、先が見えない状況に入ったとのことです。実際、原価、経費の関係を見ると、原価は-0.11ポイント改善されましたが、経費が+1.05ポイントと大きく上昇、結果、差引き、-0.94ポイント利益が減少しています。それだけ、今期は経費増が経営を圧迫した1年であったといえます。また、来期の予想も営業収益が△1.1%とマイナスであり、厳しい見通しです。平和堂、来期、「地域に密着したライフスタイル総合(創造)企業を目指し、・・」、どのように経営改革を進めてゆくのか、来期の経営戦略に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #平和堂 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

April 4, 2020 | | Comments (0)

April 03, 2020

クローガー、30%増、臨時ヒーローボーナス支給!

Kroger sees March identical-store sales jump 30% due to coronavirus:
・SUPERMARKET NWES:4/1
・With Americans stocking up to stay home during the novel coronavirus (COVID-19) pandemic, The Kroger Co. reported a 30% surge in identical-store sales for March.
(新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威の中、アメリカ人は在宅を余儀なくされ買いだめに走っており、クローガーは3月の既存店売上高の30%の急増を報じた。:google翻訳:修正)

・Kroger announced the sales jump Wednesday as part of a business update on the impact of COVID-19. Also, Tuesday evening, the Cincinnati-based supermarket giant unveiled a “hero bonus” for all hourly frontline workers plus extended benefits and support amid the health crisis.
(Krogerは、COVID-19の影響に関するビジネスアップデートの一部として、水曜日に売上高の急増を発表しました。 また、火曜日の夜、シンシナティに本拠を置くスーパーマーケットの巨人は、すべての毎時最前線の労働者に「ヒーローボーナス」を発表し、健康危機の中で拡張給付とサポートを提供しました。)

・“We are seeing strong sales and are at the same time investing in our business to support our customers and associates through the current uncertainty,” Chief Financial Officer Gary Millerchip said in a statement.
(ゲイリーミラーチップ最高財務責任者は声明で、「売上高は堅調であり、同時に、顧客や従業員を現在の不確実性を通じてサポートするために事業に投資している」と述べた。)

・Kroger said customer behavior began changing in the last few days of February, as shoppers stepped up purchases of sanitizer, cleaning products, water, paper goods, boxed meals and health-related products in preparation for hunkering down at home. The company said it then saw “significantly greater lift” in sales at physical retail stores and through digital channels in March, with identical supermarket sales (excluding fuel) trending at about 30% year-over-year growth.
(クローガー氏は、買い物客が自宅での狩猟に備えて消毒剤、洗浄剤、水、紙製品、箱入りの食事、健康関連製品の購入を増やしたため、顧客の行動は2月の最後の数日で変化し始めたと述べた。同社によれば、3月の実店舗とデジタルチャネルでの売上は「大幅に増加」し、スーパーマーケットの売上高(燃料を除く)は前年比で約30%増加した。)

Kroger Family of Companies Announces Hero Bonus for All Hourly Frontline Associates:
・Kroger:3/31
・CINCINNATI, March 31, 2020 /PRNewswire/ -- The Kroger Family of Companies (NYSE: KR) today announced that it will provide all hourly frontline grocery, supply chain, manufacturing, pharmacy and call center associates with a Hero Bonus – a $2 premium above their standard base rate of pay, applied to hours worked March 29 through April 18. The premium will be disbursed weekly to ensure associates have access to additional cash.
(シンシナティ、2020年3月31日/ PRNewswire /-クローガーファミリーオブカンパニー(NYSE:KR)は本日、食料品、サプライチェーン、製造、薬局、コールセンターのすべての時間の最前線にヒーローボーナスを提供することを発表しました-2ドルのプレミアム3月29日から4月18日までの勤務時間に適用される、標準の基本給を上回ります。保険料は、従業員が追加の現金にアクセスできるように、毎週支払われます。)

PI研のコメント(facebook):
・SUPERMARKET NWESが4/1、「Kroger sees March identical-store sales jump 30% due to coronavirus」(クローガー、3月の既存店売上高30%増、新型コロナウイルスが要因」との見出しの記事を配信しました。アメリカでは死者が5,000人を超え、今後、10万人に増加するのではないかとの予測もある中、クローガーの3月度の売上高は既存店が30%増となったとのこです。特に、the last few days of February、2月下旬ぐらいから異常値が発生、3月に入っても急激な売上が拡大したとのことです。これを受けて、3/31、クローガーは従業員にヒーローボーナスを支給とのことです。クローガーが公表したニュースリリースによると、「a $2 premium above their standard base rate of pay」と、2ドル時給をアップとのことで、「March 29 through April 18」と、3/29から4/18まで続くとのことです。新型コロナウイルス、アメリカでは今後2週間から3週間がピークとのことで、クローガーをはじめ食品スーパーはどうライフラインを維持するか、そのためにどのような手を打つか、経営判断ひとつひとつが重要な段階に入ったといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #kroger 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

April 3, 2020 | | Comments (0)

April 02, 2020

紀ノ国屋、関西へ初出店、4/29!

創業110周年のスーパーマーケット<紀ノ国屋>が関西初上陸: 
4/29ジェイアール京都伊勢丹にオープン
・株式会社ジェイアール西日本伊勢丹:3/27
・関東を中心に展開している上質な食材を扱うスーパーマーケット紀ノ国屋が、2020年4月29日(水)にジェイアール京都伊勢丹の地下2階に開店します。関西に常設で出店するのは今回が初めてとなり、売り場面積は約140平方メートル。地元京都で親しまれている食料品を中心に、紀ノ国屋が自社工場で製造する惣菜・デザートをはじめ、近年需要の多い冷凍食品、人気のエコロジーバッグなどが揃い、ジェイアール京都伊勢丹のマーケットコーナーがさらに充実します。

必食! 紀ノ国屋のおすすめ商品5選:
・関東の品揃えではなく、地域特性のある京都の地に根付いた商品はそのままに、紀ノ国屋のプライベートブランド商品(約600点)を揃える。中でも一味違う人気商品に注目です。

1.贅沢な卵かけトリュフしょうゆ 1,080円:
・白醤油とオリーブオイルにフランス産黒トリュフを加えたブレンドソース。いつもの卵かけご飯が上品な味わいで格上げされる。

2.ラー油せんべい 399円:
・ラー油の辛さと海老の甘さが程良く融合。ニンニクとゴマ油がやみつきになるせんべいです。

3.いちごバター 681円:
・口の中でとろけるバターにいちごの酸味が引き立ち、濃厚なのに後味はすっきりしている。パンケーキやトーストにのせるとホテルの朝食のような優雅な気分に。

4.あんこバター 755円:
・北海道産の小豆にバターを加えた、濃厚な甘さの一品です。つぶつぶ食感でありながら滑らか。

5.さばカレー煮 431円:
・脂ののったまさばを濃厚でコクのあるカレーで煮込みました。ごろっと大きめの鯖で食べ応えもあります。

PI研のコメント(facebook):
・3/27、株式会社ジェイアール西日本伊勢丹が「創業110周年のスーパーマーケット<紀ノ国屋>が関西初上陸」とのニュースリリースを公表しました。「関西に常設で出店するのは今回が初めて」とのことで、「ジェイアール京都伊勢丹の地下2階に開店」とのことです。オープン日は4/29とのことです。「売り場面積は約140平方メートル」ですので、約40坪強、「紀ノ国屋のプライベートブランド商品(約600点)を揃える」とのことです。食品スーパーのフルラインではありませんが、「必食! 紀ノ国屋のおすすめ商品5選」など、厳選された注目商品も取り扱うとのことで、関西ならではの商品選定も取り扱われるとのことです。紀ノ国屋はJR東日本の傘下に入って以来、様々な試みを行っており、この夏には「紀ノ国屋の店舗内に、ベルリン発「次世代型地産地消」コンセプトにした、野菜栽培ユニットを日本初導入!」など、ユニークな取り組みが増えています。紀ノ国屋、関西初出店で今後関西エリアへの本格展開につながってゆくのか、4/29の新規オープンに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #紀ノ国屋 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

April 2, 2020 | | Comments (0)

April 01, 2020

オークワ、2020年2月、本決算、増収増益!

オークワ、2020年2月期、本決算:3/30

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:9,606百万円(昨年7,322百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△4,695百万円(48.88%:昨年△3,702百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△5,413百万円(昨年△5,015百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△1,584百万円(昨年△2,159百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):3,326百万円 (1,461百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:136,362百万円
・自己資本比率:54.9%(昨年56.1%)
・現金及び預金:16,361百万円(総資産比 12.00%)
・有利子負債:26,404百万円(総資産比 19.37%)
・買掛金:13,285百万円(総資産比9.75%)
・利益剰余金 :47,626百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:265,398百万円(0.1%) 、営業利益:3,448百万円(21.4%)
・経常利益:3,755百万円(23.6%)、当期純利益:1,429百万円(481.1%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:268,000百万円(1.0%:進捗率  %)
  ⇒営業利益:3,700百万円(7.3%:進捗  %)
・原価:73.00%(昨年73.51%):-0.51、売上総利益:27.00%(昨年26.49%):+0.51
・経費:29.64%(昨年29.34%):+0.30
・マーチャンダイジング力:-2.64%(昨年-2.85%):+0.21
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:3.99%(昨年3.96%):+0.03
・営業利益:+1.35%(昨年+1.11%):+0.24

オークワのコメント:
・小売業界におきましては、個人消費は持ち直し、緩やかな回復基調が続いておりますが、労働需給の逼迫による人件費、物流費の上昇や消費嗜好の多様化、根強い節約志向による業種業態を越えた顧客の獲得競争も激しさを増しており、厳しい経営環境が継続しております。
・このような状況下において、当社は会社創立60周年を迎えた当期スローガンを『業務を精査し「やめる・減らす・見直す」働き方改革でお客様満足度・従業員満足度アップを実現しよう』とし、お客様の長年のご愛顧とご支援に感謝し、当期1年間を通して「創立60周年感謝祭」の開催、記念商品の販売、各種キャンペーンや抽選企画などを展開いたしました。
・また、当期よりスタートした「新中期経営計画」においては、新たな成長戦略に挑戦し持続的な成長を実現するため、中期スローガンとして『持続的成長発展につながるオークワブランドを確立し、地域社会へ貢献し続けるリージョナルチェーンを目指す』を掲げ、3つのR(Reborn:生まれ変わる、Real:現場最優先、Refresh:リフレッシュ)をキーワードに、営業本部を発足し新たな価値とサービスの創造、オークワブランディング計画を始動いたしました。
・当期の新規出店につきましては、岐阜県下15店舗目となる「スーパーセンター多治見店」(岐阜県多治見市)を2月にオープンし、東海エリアのドミナント強化を図りました。また、前期に閉鎖した「プライスカット三雲店」(三重県松阪市)は、新たにSSM業態の「三雲店」として4月に新築オープンいたしました。
・今後の見通し:
・次期のスローガンは『業務を精査し「やめる・減らす・見直す」働き方改革でお客様満足度・従業員満足度アップを実現しよう』と当期のスローガンを継続することといたしました。多様化するお客様ニーズへの対応、食の安全・安心、豊かな生活をお届けすることを基本姿勢とし、お客様にご満足いただける商品、サービス提供の実現に引き続き取り組んでまいります。

オークワの株価:3/27
・時価総額81,970百万円(3/30) =1,812円(3/30) ×45,237,297株(3/30)
・株価1,812円(3/30) =PER(会社予想):66.79倍(3/30)×EPS 27.13円(2021/2)
・株価1,812円(3/30) =PBR(実績):1.07倍(3/30)×BPS 1,692.40円(2020/2)

PI研のコメント(facebook)
・3/30、オークワが2020年2月期の本決算を公表しました。食品スーパーの上場企業としては最初の決算発表であり、今後、2月度決算企業の本決算の公表が続々と続きます。ちなみに、食品スーパーの上場企業は約50社ですが、その内約30社、約60%が2月度決算です。さて、その結果ですが、増収増益、営業収益は0.1%増と伸び悩みましたが、利益はいずれの段階でも2桁増となる好決算となりました。ただ、営業利益率は+1.35%ですので、本格的な回復にはもう少し時間がかかりそうです。オークワは今期、「会社創立60周年を迎え」と、メルクマークの年を迎えた決算、『業務を精査し「やめる・減らす・見直す」働き方改革でお客様満足度・従業員満足度アップを実現しよう』をスローガンに今期取り組んだとのことです。営業利益が大きく改善した要因は原価が-0.51ポイントと改善し、経費の+0.30増を補ったことが大きいといえます。また、投資キャッシュフローを営業キャッシュフローの48.88%に押さえ、攻めよりも内部体制の充実にキャッシュを振り向けたことも大きいといえます。オークワ、来期も引き続き、同じスローガンを継続し、業務改善に力を入れるとのことです。通期予測も利益重視を掲げており、内部体制の充実をどのようはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #オークワ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

April 1, 2020 | | Comments (0)

March 31, 2020

米、食品スーパー、レジ、アクリル板設置、全店へ!

米大手スーパー各社、店頭レジにアクリル板設置 飛沫感染を防止:
・CNN:3/27
・ニューヨーク(CNN Business) 米国のスーパーマーケットチェーン大手が相次いで、新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐアクリル板を店頭のレジに設置する計画を発表した。アクリル板で客と従業員を隔て、感染を防ぐ一助とする。最大手のウォルマートは米国内の4700店舗と傘下のサムズクラブ600店舗で3週間以内にアクリル板を設置する。床にはステッカーを張り、レジに並ぶ客が米疾病対策センター(CDC)の勧告に従って互いに1.8メートル以上の間隔を保てるようにする。ショッピングカートは従業員がバックパック式のスプレーを使って消毒する。

Walmart, Albertsons, Kroger and Whole Foods are adding sneeze guards to checkout lanes:
・CNN Business:3/25
・New York (CNN Business)The checkout aisles at a number of the United States' largest grocery chains are going to look a little different.Walmart, Kroger and Albertsons are installing plexiglass sneeze guards in the coming weeks to help protect their employees from the spread of coronavirus as they continue to work on the front lines of a public health pandemic.It's part of a growing number of changes the companies are implementing as they continue to remain open, including enforcing social distancing guidelines.
・Walmart:
・Walmart (WMT), which is America's largest grocer, is adding the sneeze guards at its 4,700 US stores and at its 600 Sam's Club locations within the next three weeks. It's also adding floor decals at the checkout lines reminding people of the six-foot social distancing recommendations from the Centers for Disease Control.
・Albertsons:
・Kroger:
・Target:
・Whole Foods:

PI研のコメント(facebook)
・CNN.co.jpが3/27、「米大手スーパー各社、店頭レジにアクリル板設置 飛沫感染を防止」との見出しのニュースを報じました。アメリカでは3/25に「Walmart, Albertsons, Kroger and Whole Foods are adding sneeze guards to checkout lanes」の見出しで報じられたものの日本語版です。アメリカの主要食品スーパーでレジにアクリル板を設置し、新型コロナウイルスの感染症から従業員を救おうという試みです。記事に上がっている企業はウォルマート、アルバートソンズ、クローガー、ターゲット、ホールフーズです。ウォルマートの場合は、全店、3週間以内に設置するそうです。アメリカでは3/29現在、12万人が新型コロナウイルスに感染、死者も2千人を超えており、深刻なパンデミックになっていますので、食品スーパー業界もその対応に待ったなしの状況といえます。今回、全店のレジにすばやくアクリル板を設置することは飛翔による感染を防ぐことが最優先であるとの結論と思われます。また、同時に、「the six-foot social distancing recommendations 」、約2mの距離をとることも実践されるとのことですので、この2つが食品スーパーにとって最優先での新型コロナウイルスへの感染対策と思われます。いずれも、ウォルマート傘下の西友でもこのような対応がなされると思われます。日本の食品スーパーも、感染爆発が真近に迫ったいま、どのような対応策が有効か、アメリカでの実践事例が日本の食品スーパーにとっても、参考になる事例かと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ウォルマート 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

March 31, 2020 | | Comments (0)