« ウォールマート!1月の売上高も順調に推移!! | Main | 食品スーパーマーケット、売上ランキング! 2006年1月度!! »

February 25, 2006

ウォールマートの海外戦略の現状!

  ウォールマートの海外戦略は1991年に始まる。サムズホールセールクラブがメキシコにオープンしたのが最初である。現在、ウォールマートは世界15ケ国に展開するインターナショナル企業となった。その15ケ国とは、アルゼンチン、ブラジル、ニカラグア、プエルトリコ、ホンジャラス、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、メキシコ、カナダ、ドイツ、イギリス、中国、韓国、そして、日本である。

  この中で、日本については次のように紹介されている。2006年1月現在、西友は、スーパーマーケット305店舗、GMS83店舗、LIVIN12店舗、スーパーセンター2店舗、その他6店舗を展開し、アソシエイトは35,426人である。西友は、現在、日本では4番目のスーパーマーケットのチェーンストアであり、1963年4月19日に設立された企業である。2002年5月ウォールマートが6.1%の株式を取得し、その後、2005年12月には西友の53.34%の株式を取得し、ウォールマートの傘下に入った。現在、ローコスト、ロープライスの小売業への改革に取組んでいる。西友の売上は2004年95億ドル(約1兆円)であり、営業利益は460万ドル(約5億円)、純損失は11200万ドル(約120億円)である。現在、西友はウォールマートの最新テクノロジーを導入し、2つの物流センター構築に取り組んでおり、2007年と2008年に稼動の予定である。西友の最新モデル店舗は2005年4月に平塚に2層タイプでオープンプしたスーパーセンターである。このように、2005年12月以降、西友が本格的にウォールマートインターナショナルに組み込まれ、他の14ケ国の企業とともに歩んでゆくことになった。

  では、日本以外のアジアの状況をみると、まず、中国については、1995年にシンセンにスーパーセンターとサムズホールセールクラブを出店したのが最初であり、現在ではウォールマートとスーパーセンターを51店舗、サムズホールセールクラブを3店舗、ネバーフッドマーケット(食品スーパーマーケット)を2店舗展開しているという。アソシエイトは27,000人である。また、逆に、中国からは180億ドル(約2兆円)の輸入をウォールマートが行っているということで、中国は輸入基地としての役割も大きいという。韓国については1998年にビジネスをスタートさせ、現在16店舗のウォールマートとスーパーセンターを展開しているという。このように、まだまだ、アジア戦略は本格的に展開しているとはいえず、今後、日本の西友が基点になって、アジア全域へ出店してゆくことも将来は考えられよう。

  一方、ヨーロッパについては、ウォールマートは1999年にイギリスのアズダを傘下に治め、現在、イギリスの2番目の小売業となった。店舗展開については、ウォールマートのスーパーセンターが21店舗、アズダのスーパーセンターが236店舗、ジョージが10店舗、リビングが5店舗、スモールタウンが43店舗、アソシエイトは140,000人である。ドイツでは1998年にベルトカーフのハイパーマーケットを21店舗合併したのがスタートである。現在、ウォールマート、スーパーセンターをドイツ全土に88店舗展開し、アソシエイトは12,000人である。このように、ヨーロッパはまだドイツとイギリスのみであるが、この2ケ国で成功事例ができつつあり、今後、さらに他の国へ参入してゆくものと思う。

  さて、最後に、北米、南米であるが、まず、ウォールマートインターナショナルのスタートとなったメキシコでは、1991年に地元企業と合弁でスタートし、現在ではウォールマート、スーパーセンターを105店舗、サムズホールセールクラブを69店舗、その他数100店舗を展開している。アソシエイトも112,000人である。カナダには1994年に地元のウールコカナダチェーンを買収し、現在、ウォールマートを272店舗、サムズホールセールクラブを6店舗、アソシエイトは70,000人である。

  一方、南米では、ブラジルが中心であり、1995年にスーパーセンターの出店から始まり、その後地元企業を買収し、現在数100店舗を展開している。アソシエイトは50,000人である。アルゼンチンはまだウォールマート、スーパーセンターは11店舗であり、今後、ブラジルを基点に南米の各国へ展開してゆくことになるものと思う。

  このように、ウォールマートインターナショナルはメキシコ、カナダの北米、ブラジル、アルゼンチン他南米、ドイツ、イギリスのヨーロッパ、そして、日本、中国、韓国のアジアの4大拠点を構築しつつあり、海外戦略も着々と進みつつある。そして、これら海外展開においてもスーパーセンターが主力業態になりつつある状況といえ、当面、ウォールマートの戦略はスーパーセンターを全世界に展開することにあるといえよう。

February 25, 2006 in 海外情報 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウォールマートの海外戦略の現状!:

Comments

Post a comment