« 食品スーパーマーケット売上速報、120%前後の企業が7社! | Main | ヤオコー、鮮魚部門の生産性改善に本格的に着手! »

July 21, 2006

オオゼキ、第1四半期決算(2007年2月期)、増収増益で推移!

  オオゼキの2007年2月期の第1四半期決算が公表された。それによると、売上153.7億円(112.8%)、営業利益11.4億円(112.6%:売上対比7.4%)、経常利益11.4億円(112.0%:売上対比7.4%)、当期純利益6.4億円(124.1%:売上対比4.1%)と大幅な増収増益であった。直近、6月度のオオゼキの売上速報は全店119.8%(既存店102.9%)とさらに昨年対比の売上高伸び率を伸ばしており、食品スーパーマーケット業界の中でも超高水準の売上伸び率で推移している。しかも収益性も昨年対比で112%と大幅に伸びただけでなく、売上対比では7.4%と食品スーパーマーケット業界の平均2~3%と比べ、ずば抜けた利益率でもある。

  このようにオオゼキの第1四半期決算は極めて良好な決算であり、特に売上が伸びた要因は新店の展開が順調になされたことが大きい。ここ最近、オオゼキは年2店舗(2003年2店舗、2004年2店舗)の新規出店のペースであったが、ここへ来て、新規出店のペースがはやまり、2005年には4店舗の新規出店を果たした。2005年2月末の総店舗数が27店舗であるので、4店舗の出店は約120%の店舗数の増加であり、既存店の数字が大きく落ち込まない限り、充分、昨年対比を110%以上にもってゆくことは容易であり、この積極的な新店開発が売上が好調な最大の要因といえる。また、今期もすでに、三鷹店(3月)と戸越公園店(6月)と新規出店をしており、それが6月度の売上速報の119.8%となった大きな要因であるといえよう。このように、昨年からオオゼキは新規出店を積極的に展開する戦略に転換しており、当面、高い売上の伸び率で推移しそうである。

  また、営業利益については、粗利率が25.4%と昨年の24.6%よりも1%弱改善し、経費比率は18.0%と昨年の17.2%と比べややアップしたが、粗利率の改善によりカバーした形である。それにしても、正社員比率が70%弱という(通常の食品スーパーマーケットではパート比率が70%強)環境で経費比率が18%でおさまるのは驚異的な数字であり、これを支えるのが平均来店客数4000人弱/日と坪効率年間1300万円という高密度な販売力の高さにあるといえよう。ちなみに、通常の食品スーパーマーケットの客数は約2000人/日、坪効率は約400万円であるので、いかにオオゼキの客数、坪効率が高いかがわかる。

  一方、この第1四半期の財務状況については、短期借入金額が4.2億円から3.4億円と0.7億円減少し、長期借入金に至っては4.3億円が0.8億円と大幅に減少し、長短借入れ合計が年間売上の1%を切るという超健全な借入金比率となった。ちなみに、食品スーパーマーケット業界平均の年間売上対比の借入金比率は約15%である。また、キャッシュフローに関しても、営業活動によるキャッシュフローが大きく増加したため、現金および現金同等物の期末残高は71.9億円と昨年の59.7億に比べ12.2億円増加し、キャッシュフローも大きく増加し、健全な財務状況であるといえる。

  そして、これらを支えるオオゼキの商品戦略であるが、第1四半期の特徴は鮮魚の売上構成比が13.5%と昨年の13.0%に比べ若干アップしたことである。それ以外は大きな変化はなく、3大戦略商品は青果の21.2%、日配の19.3%、食品の18.1%であり、この3つの部門、特に青果を最大強化部門と位置づけている点がオオゼキの最大の特徴である。ちなみに、青果の粗利率は2006年2月度の決算数字で見ると26.4%であり、けっして価格訴求をかけて強力な集客をはかっているわけでなく、集客というよりも、むしろ青果を収益部門と位置づけてもよいくらいの粗利率である。

  このようにオオゼキの第1四半期の決算はP/L、B/Sともに極めて好調な決算であり、特に売上高は積極的な新店開発により、昨年対比120%近い伸び率となり、当面、高い成長率が続くものと思う。これまで唯一、既存店の売上が100%を越えなかったことが大きな課題であったが、6月度の売上速報では100%を越えてきており、既存店も順調な売上を確保しはじめた。オオゼキは今期の食品スーパーマーケット業界の中でも最も注目度の高い企業といえよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート
客単価3D分析 基礎講座CD発売!

July 21, 2006 in 食品スーパーマーケット売上速報 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オオゼキ、第1四半期決算(2007年2月期)、増収増益で推移!:

Comments

Post a comment