« 売れ筋とは何か、客単価の視点がポイント! | Main | 日経MJ、新製品週間ランキング、バレンタインとチョコレート! »

February 24, 2007

食品スーパーマーケット、売上速報、200701、106.8%!

  食品スーパーマーケットの2007年1月度の売上を集計した。月度売上を公表している約20社の食品スーパーマーケットの集計である。全体では106.8%、既存店も100.4%とわずかながら、昨対を上回り、好調な売上といえよう。特に、昨対110%以上の食品スーパーマーケットが7社、105%以上が6社であり、逆に、昨対を下回った食品スーパーマーケットはわずか4社であり、今年に入り、はじめての売上速報であるが、消費が上向きはじめた兆候が現れ始めたといっても良さそうな顕著な売上である。ただ、気になるのは、客数、客単価まで公表している食品スーパーマーケットは約10社あるが、客単価に関しては、1社も昨対を越えていないことであり、96.8%、既存店に関しても98.2%である。したがって、売上がこれだけ好調な要因は客単価ではなく、客数であり、客数は何と113.0%、既存店も102.6%であり、新店、既存店の客数アップが全体の売上を押上げた形である。

  この1月度、No.1の売上伸び率の食品スーパーマーケットは大黒天物産であり、128.0%である。No.2がPLANTの116.8%、No.3がバローの115.9%であるので、大黒天物産の128.0%がいかに図抜けているかがわかる。特に、客数は136.6%であり、既存店の客数が99.9%であるので、積極的な新規出店戦略による売上アップであり、今年に入ってもすでに2店舗、3月度も新規出店が決まっており、この高成長率はしばらく続くものといえよう。ただ、既存店が95.5%と今回の集計食品スーパーマーケットの中でワーストであり、気になるところである。既存店に関しては競合の厳しさが反映されているといえよう。

  No.2のPLANTは経営的には厳しい状況がつづいているが、この1月の売上に関しては堅調な数字で推移しており、既存店も103.2%と好調であり、特に、客数が119.8%、既存店104.9%と、客数がよく伸びている。客単価は97.6%、既存店98.4%と昨対を割っており気になるところであるが、それをカバーする形で客数が伸びているのがこの1月の状況である。No.3はバローであり、バローも115.9%、既存店も102.8%と堅調な売上である。食品スーパーマーケットの店舗数も今期100店舗を越え、現在105店舗となり、今後とも新店戦略を積極的にすすめてゆくとのことで、売上に関しては、当面、この高成長が続いてゆくものといえよう。No.4はアークランドサカモトであり、114.8%、既存店も何と111.0%と、今回の公表企業の中で既存店No.1の成長率である。今後、東北にも出店が決まっており、注目企業の1社である。

   No.5、No.7、No.12はマックスバリュグループが占めており、マックスバリュグループはNo.20のマックスバリュ北海道を除き、好調である。No.5がマックスバリュ東海111.3%、既存店103.4%、No.7がマックスバリュ中部110.2%、既存店103.5%、No.12がマックスバリュ西日本105.9%、既存店101.7%といずれも既存店を含め堅調な売上である。この3社とも積極的な新店戦略に加え、既存店に関しても、店舗改装等の活性化に取り組んでおり、バランスの良い成長が維持されている。マックスバリュ北海道に関しては、現在、アークス、生協グループ、地元食品スーパーマーケットとの厳しい競合状況にあり、新店も他のマックスバリュグループのように展開できず、98.2%、既存店は95.5%と大黒天物産同様、ワーストという厳しい既存店の売上である。No.6はオオゼキであり、110.3%、既存店101.1%とここへ来て昨対を越え、安定した成長路線に入ってきたといえよう。ここまでが110%以上の食品スーパーマーケットであり、全部で7社である。

  これに対して、105%以上の食品スーパーマーケットは6社であり、No.8がハローズの109.9%、既存店98.3%、No.9が九九プラスの108.4%、既存店98.7%、No.10がイズミの107.5%、既存店100.2%、No.11がヤオコーの107.1%、既存店97.7%、No.12は先に上げたマックスバリュ西日本であり、No.13がカスミ105.5%である。

  このように、今回集計企業約20社の中で、上記13社の食品スーパーマーケットが105%を越えており、しかも8社は既存店の売上も昨対を越え、この1月度の食品スーパーマーケット業界は顕著な売上であったといえよう。すでに、現在、2月期決算の食品スーパーマーケットは決算月に入っているが、今期はもちろん、来期はさらに期待が持てそうな1月度の好調な売上であったといえよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在105人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在569人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

February 24, 2007 in 食品スーパーマーケット売上速報 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、売上速報、200701、106.8%!:

Comments

Post a comment