« 食品スーパーマーケット、先週の株価、意外な動き! | Main | 必見!オーケーストア、アンオフィシャルサイト »

February 06, 2007

ヨークベニマルの最近の経営状況を見る、既存店に課題か?

  ヨークベニマルは昨年の9/1から7&Iホールディングスとの株式交換により完全子会社となって以来、経営状況が見えにくくなっており、現在、どのような状況にあるのかがわかりにくい。ただ、7&IホールディングスのIRの中で決算短信がヨークベニマル単独で公表されているので、それをもとに、最近のヨークベニマルの経営状況を見てみたい。7&Iホールディングスの完全子会社となった9/1以降に公表されたIR資料としては、ヨークベニマルの中間決算短信、および、直近、1/9に公表された第3四半期決算の決算短信がある。ヨークベニマルは、連結子会社として、現在、惣菜のライフフーズと子会社化した食品スーパーマーケットのカドヤがあるので、これらを組み入れた連結決算をもとにみてみる。

  まず、2007年2月期の中間決算と第3四半期の連結決算の概況であるが、中間決算では売上は1,704.07億円(112.2%)、営業利益59.07億円(83.8%:売上対比3.46%)、経常利益60.54億円(85.5%:売上対比3.55%)、当期純利益33.19億円(87.6%:売上対比1.94%)と増収減益と利益面ではやや厳しい決算内容であった。また、第3四半期決算では売上は2,517.94億円(109.5%)、営業利益81.82億円(90.3%:売上対比3.24%)、経常利益83.97億円(92.1%:売上対比3.53%)、当期純利益46.20億円(96.4%:売上対比1.83%)と利益面では若干の改善が見られるものの、依然として増収減益の決算であった。ちなみに、7&Iホールディングスの第3四半期については、売上は3兆9,366.97億円(136.9%)、営業利益2,132.40億円(111.4%:売上対比5.41%)、経常利益2,105.83億円(110.4%:売上対比5.34%)、当期純利益1,048.53億円(104.6%:売上対比2.66%)と大幅な増収増益であった。

  ヨークベニマルの増収の要因は積極的な新店にあり、3月には宮城県に利府野中店、茨城県にひたちなか店、4月には福島県に花春店、エブリア店、宮城県に石巻蛇店、5月に宮城県に市名坂店、6月に栃木県に足利店、10月に茨城県に水戸笠原店、11月に山形県に南陽店、そして、茨城県に石岡店と合計10店舗を新規オープンし、合計128店舗となったことによる。ヨークベニマルはこれら10店舗の新店に対して、借入金は0であり、実際、第3四半期の長短借入金は0であり、新店をすべてキャッシュフローの範囲内で行っており、超健全な出店戦略である。このように増収の要因は積極的な新規出店による増収であるといえる。

  一方、減益となった要因であるが、第3四半期の粗利率を見てみると売上総利益28.6%にその他の営業収入2.8%が加わり、営業総利益は31.4%で、これは昨年と同じであるが、販売費および一般管理費が28.1%と昨年の27.4%から0.7ポイント上がっている。これにより、営業利益が4.0%から3.3%へと0.7ポイントダウンしており、売上が112.2%アップしたが、カバーできなかった構図となっている。予想以上に販売費および一般管理費が重くのしかかったようである。この傾向は中間決算時もほぼ同様であり、この時公表された主要項目の経費の状況を見ると、120%以上増加している経費は水道光熱費(124.7%、+5.63億円)、地代家賃(123.7%、+6.99億円)、宣伝装飾費(122.8%、+3.59億円)、減価償却費(123.7%、+5.12億円)と新店にかかわる費用が売上の伸びで吸収できていないようである。一方、人件費は114.9%であり、ほぼ新店の伸びた分のみが加わった形である。

  このように、ヨークベニマルの最近の経営動向は新店効果により、売上は順調に推移しているが、経費比率が高水準で推移しており、結果、収益が思うように伸びきれていない状況であるといえる。これは、7&Iホールディングスの子会社になる以前の9月まで公表していた月次決算を見ると、既存店が昨対を割り、厳しい状況で推移していたが、第3四半期決算もその時の中間決算とほぼ同じ傾向であることから、この状況が現在も続いていると思われ、既存店の伸び悩みによる固定費が予想以上に経営に影響を与えているとものといえよう。食品スーパーマーケットが増収増益を達成するには、新規出店は不可欠であるが、既存店の活性化が重要な経営課題であることが、改めて明確になったといえよう。ヨークベニマルの収益の改善は今後の既存店の活性化が当面の課題といえよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在95人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在532人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

February 6, 2007 in 経済・政治・国際食品スーパーマーケット売上速報 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヨークベニマルの最近の経営状況を見る、既存店に課題か?:

Comments

Post a comment