« 九九プラス、2008年3月期、第1四半期決算、利益が改善! | Main | 西友、減収減益、最終赤字の厳しい決算、2007年12月期中間! »

August 15, 2007

ウォールマート、2007年7月度売上速報、108.8%!

   ウォールマートが8/9、2007年度の売上速報を公表した。海外部門を含むウォールマート全体では108.8%となり、26週累計の108.4%をわずかに上周り、堅調な伸びであった。既存店に関しても今月は101.9%、26週累計では101.3%であったので、若干であるが売上が上向いたといえる。ウォールマートの7月度の売上集計は2007年8月3日(金)までの4週間と累計26週間の集計結果である。アメリカの小売業は通常、売上は週別管理を行っており、ウォールマートの場合は月間を4週間か5週間に区切り、さらに13週ごとに四半期にまとめ、そして、26週で半期、52週で1年として売上を管理している。7月度は第1四半期の13週と第2四半期の13週とが合わさり、ちょうど中間の26週目となる節目である。週のはじまりが月曜日ではなく、土曜日からはじまるのもユニークである。

   さて、全体の売上が108.8%となった中身であるが、ウォールマートは売上を大きく3つに分けて管理している。ひとつは、スーパーセンター、ディスカウントストア、食品スーパーマーケットのネバーフッドマーケットを含めたウォールマート部門である。もうひとつは会員性ホールセールのサムズ部門、そして、日本の西友も含まれる海外部門である。この中で、ウォールマートを最も力強く牽引しているのは海外部門であり、昨対115.9%であった。全体売上の構成比は24.39%とほぼ1/4となるボリュームであり、構成比も昨年の22.90%と比べても上昇しており、海外部門の比重がどんどん重くなっている状況である。ただ、26週累計では116.2%であったので、7月度は若干伸び率が下がっているところが気になるところである。

   一方、主力のウォールマート部門であるが、昨対106.7%と堅調な伸びである。26週累計は106.0%であったので、7月度はこれまでよりも、伸び率が若干改善されたといえよう。売上構成比も63.70%であり、文字通りウォールマートの柱である。金額ベースでは175.68億ドルであるので、約2.12兆円であり、年商ではなく、月商であるので、創造もつかない金額である。累計では1,151.40億ドルであるので、約14兆円であり、このままのペースでいけば、年商30兆円近い数字となり、構成比が63.70%であるので、ウォールマートの年商予想は50兆円弱となる計算である。そして、サムズ部門であるが、106.7%とウォールマートと部門と全く同じ数字であり、26週累計は107.1%であるので、若干伸び率が落ちたといえるが、依然として堅調な伸びといえよう。

   これに対して、既存店の動向を見てみると、全体では101.9%と26週の累計の101.3%と比べ若干上向いたが、中身を見てみると、ウォールマート部門は101.3%と26週累計の100.6%と比べの伸びており、サムズ部門は逆に104.9%と26週累計の105.3%と比べ下がったが、売上構成比の大きいウォールマート部門が延びたので、全体がプラスになったといえよう。ウォールマートは特にグロサリーの動きがよく、生鮮食品に加え、日配、ベイカリーがドラック同様、堅調な数字であったことが大きかったとコメントしている。アメリカの小売業の集計はここ最近ガソリンが高騰しているので、ガソリンなど燃料のあるなしで既存店の数字を公表しているが、ここへきてガソリンの影響はそれほどなく、ウォールマートでも0.1%程度の影響となっている。

   これらの動きを踏まえて、ウォールマートのここ最近の株価であるが、ニューヨーク証券取引所の株価の動きを見ると、この発表のあった8/9の株価は46.45ドルであり、翌日8/10(金)は46.07ドルと若干下がり、週明けの8/13は46.17ドルとほぼ横ばいであったが、8/14は44.13ドルと株価を大きく下げており、年初来最安値となった。それまでの今年の最安値は3/14の45.73ドルであるので、それを1ドル以上下回っており、今週の株価がどの辺で落ちつくかが読めないところである。ただ、売買高が通常の約2,000万株の1/5の約400万株であるので、売りが殺到したというわけではない。

   このようにウォールマートの2007年7月度の売上は108.8%、既存店も101.6%と堅調な数字ではあるが、ひところの2桁成長の勢いはない。ウォールマートも成長戦略の再検討が必要な段階に入ったといえそうである。折りしも、日本の西友が2007年12月期の本決算が6年連続の赤字決算となることがほぼ確実となったようであり、海外部門に関してもひところの伸び率が維持できなくなり、安定成長に入ったといえよう。この7月でちょうどウォールマートの半期が終了したが、後半、ウォールマートが海外戦略を含め、どのように成長戦略を立て直してくるかかについて注目したい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在191人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在800人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

August 15, 2007 in 経済・政治・国際ウォルマート、海外情報 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウォールマート、2007年7月度売上速報、108.8%!:

Comments

Post a comment