« ヨークベニマル、この1年の新規出店戦略を見る! | Main | 食品スーパーマーケット、今週の株価、大黒天No.1! »

September 13, 2008

日経MJ、新製品週間ランキング、9/12、ふるふる異常値!

   ここ最近、日経MJ、新製品週間ランキングがアクティブに動き始めた。先週CMの広末効果を見せつけた全新製品No.1の明治製菓のガルボチップスは、金額PI値54円ダウンの480円で3位に後退した。ただ、下げ幅はわずかであり、依然として高い金額PI値を維持している。これに代わってNo.1となったのは、日本コカ・コーラのファンタふるふるシェイカーレモン190mlであり、金額PI値はAランクの500円を優に超え、818円となった。先週が75位の新製品であり、金額PI値も789円アップという爆発的な数字となった。No.3は花王、アタック1kg、金額PI値579円であり、6/16初登場の新製品であり、そろそろ規定の13週となり、ランキングからはずれるが、先週比71円とまだ上昇しており、値上げ関連商品として、1.1kgからの置き換えが成功したといえよう。

   今週は、この3品以外に、金額PI値はやや下がるが、ミツカンの金のつぶあらっ便利!におわなっとう45g×3が金額PI値421円でその他食品トップ、全体でもNo.4となった。No.2にも、同じくミツカンの金のつぶあらっ便利!超やわらか納豆とろっ豆45g×3個が金額PI値374円で入った。いずれも初登場の新製品であり、日配としては高いカバー率であり、62.8%、72.0%と全45チェーン、250店舗の大半をカバーする数字であり、快挙である。これも、先週のガルボチップス同様、CMの効果が表れているといえ、タレとカバーを工夫し、納豆を食べやすくした効果が消費者に受け入れ始めているのではないかと想定される。

   今週はこのように、上位の新製品がアクティブに動きはじめ、やっと本来の新製品ランキングにもどりつつあるといえよう。この上位の新製品の動き以外にも今週はアクティブな動きがある。まず、飲料部門であるが、全20品の新製品ランキング中、半分の10品を日本コカ・コーラが占め、しかも、先にあげたNo.1のふるふるシェイカレモンをはじめベスト3が日本コカ・コーラの新製品となり、さらにベスト10の内、7品を日本コカ・コーラが占めた。ただ、金額PI値はNo.2となったファンタグレープ手にピタ!ボトル1.5Lの254円、No.3となった爽健美茶五穀500mlペットボトル、242円等、Cランクであり、さほど高い数字ではない。それにしても、ここ数ケ月、日本コカ・コーラは新製品ラッシュといえ、飲料業界を力強くひっぱっているのが印象的である。

   飲料部門についで、冷凍食品がアクティブな動きである。先週ぐらいからアイスクームの独占が弱まり、冷凍食品部門が上位に入りはじめたが、今週も全20品中9品を占めた。特に、No.6に先週10位から日本水産、大きな大きな焼きおにぎり6個480g、金額PI値108円、No.7に先週47位からマルハニチロ食品、あけぼの2種メンチカツ6個入144gが金額PI値97円で入るなど、上位に浮上しはじめたのが特徴である。実際、食品スーパーマーケットでは冷凍食品がこの1月の中国餃子事件以来、プラスに転じはじめており、やっと冷凍食品がもとにもどりつつあるといえる。冷凍食品以外のアイスクリームでも今週はNo.1に初登場のハーゲンダッツジャパン、ミニカップメープルクッキー120mlが金額PI値222円で入った。先週1位のハーゲンダッツジャパンのクリスピーサンド抹茶黒みつ66mlはNo.3となり、金額PI値139円だった。No.2はロッテアイスの爽<赤ぶどうヨーグルト味>190ml、金額PI値141円であり、金額PI値では冷凍食品よりもアイスクリームの方が高い数字であるが、冷凍食品もここへきて、徐々に数字を伸ばしており、今後、冷凍食品部門も注目といえよう。

   そして、菓子部門でも、その他食品のにおわなっとう同様、CM効果が見られ、No.1ではないが、No.3、No.4に、初登場のカルビーのア・ラ・ポテトじゃがバター味80gと、うすしお味80gが金額PI値287円、264円で入った。カバー率も初登場としては、82.4%、83.2%と高い数字である。ちなみに菓子部門のNo.2は先週同様、ロッテ商事、チョコパイパーティパック9個、金額PI値360円である。また、その他食品部門では、ここへきて練製品が好調であり、No.4に紀文食品、さつま揚(巾着)6枚150g、金額PI値240円、No.6に先週69位から急上昇した一正蒲鉾、サラダスティック70g、金額PI値219円、No.9に紀文食品、はんぺん大判110g、金額PI値154円が入り、ベスト10に3品入った。

   このように今週の日経MJ、新製品週間ランキングは先週の明治製菓、ガルボチップスのCMの広末効果同様、ミツカンのにおわなっとう、カルビーのア・ラ・ポテトがCM効果によるランキング上位への登場となり、あらためて、新製品のCM効果の大きさを確認するランキングとなったといえよう。また、ここ数週間、日本コカ・コーラの新製品ラッシュが続いており、今週は特に、飲料部門の上位を独占し、全20品中半分の10品を占めるなど、異常事態となっている。とくに、No.1となったふるふるシェイカーレモンはこの夏ヒットしたふるふるシリーズのオレンジ、グレープにつぐレモン版であり、シリーズ化への早い対応である。来週もこれら新製品の動向に注目といえよう。

まぐまぐ、プレミアムスタート、コンサルティング、現場からのレポート執筆中!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1218人)
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在500人)

September 13, 2008 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ、新製品週間ランキング、9/12、ふるふる異常値!:

» Meiji ガルボチップス from かずやんの気まぐれ日記
先日、職場の お姉さま(笑)にもらったガルボチップスが残っていたので紹介します。広末がCMやってましたよねwガルボ1[Read More]

Tracked on Sep 16, 2008, 6:19:24 PM

» メンチカツの由来 from ぱるずSHOW
あまりにもポピュラーな存在であるため、いまさらメンチカツを見て、「このメンチカツ... [Read More]

Tracked on Sep 18, 2008, 5:19:11 PM

Comments

Post a comment