« 事故米、コンビニ、食品スーパーマーケットの惣菜直撃? | Main | 食品スーパーマーケット今週の株価、リーマンショック? »

September 20, 2008

日経MJ新製品ランキング、9/19、金のつぶトップ!

   ここ最近、金額PI値Aランク500円を超える新製品が増え始めた。今週も4品Aランクの新製品が登場し、No.1となったのは、その他食品部門のミツカン、金のつぶあらっ便利!超やわらか納豆とろっ豆45g×3個、金額PI値739円であった。先週比365円高という異常値であり、カバー率も全対象45チェーン、250店舗の大半をカバーする78.8%での数字であり、高い数字である。初登場が8/31であるので、すでに、3週間目となって、まだ伸び続けており、今後、期待がもてる新製品といえよう。ちょうど、同じ時期(8/24初登場)、広末のCM効果で金額PI値500のAクラスとなった明治製菓のガルボチップスは今週の金額PI値は227円となり、先週比253円の大幅ダウンとなった。

   通常はこのように、はじめの2週ぐらいまではCM効果などにより、金額PI値500円のAランクを優に超えることもあるが、その後、3週、4週と時間とともに、急激に金額PI値がダウンし、なかなかAランクの500円の金額PI値を維持することは難しいのが実態である。もう一品、飲料部門の先週No.1であった8/29初登場の日本コカ・コーラ、ファンタふるふるシェイカーレモン190mlは先週比284円マイナスとなる534円であった。ただ、金額PI値はAランクぎりぎりを維持しており、ランキングは飲料部門ではNo.1であり、来週以降、どの辺で落ち着くかが気になるところである。この2つの事例のように、金額PI値500円はCM等により、一時的には超えることは可能ではあるが、そこから、Aランクを維持し続けることは至難の業であり、その意味で、今週の金のつぶは今後が期待できる大型商品の可能性を秘めているといえよう。

   この、その他食品部門では、同じミツカンの金のつぶあらっ便利!におあなっとう45g×3個が金額PI値588円のAランクでNo.2に入っており、しかも先週比167円であり、金のつぶシリーズは両方とも期待できる新製品といえよう。おもしろいことに、先週はこの新製品がNo.1であったので、先週のNo.1とNo.2が入れ替わっており、No.1の先週比365円はすごい数値であり、来週以降、再逆転があるのか興味深いところである。その他食品部門では、No.14に先週135位からNo.14へと急浮上したタカノフーズ、ふんわり40g×3も納豆であり、金額PI値155円とCランクの200円を切ってはいるが、先週比115円と大きく伸びており、ここへきて、納豆がおもしろい動きを示しているといえよう。

   また、金額PI値Aランクの500円を超える新製品が今週はもう一品あり、菓子部門のロッテ商事、プチブッセ<テイスティバニラ>8個が今週初登場、金額PI値528円であった。菓子部門の500円は極めて高いランキングであり、No.2が金額PI値244円の同じくロッテ商事のチョコパイパーティパック9個であるので、いかに高い数字かがわかる。ただ、ガルボチップスの事例もあり、来週、再来週ともう数週間みないと金額PI値Aランクを維持できるかどうか見守る必要があろう。先週はもう一品、金額PI値Aクラスの500円を超える新製品があった。花王、アタック1kgであるが、残念ながら、初登場から規定の13週を超えたので、今週から新製品ランキングをはずれることとなった。変わって、家庭用品部門No.1となったのは、P&G、ボールド1kgであり、先週3位からの上昇である。ただ、金額PI値は先週比74円アップではあるが、360円であり、Bランクである。

   以上、金額PI値500円のAクラスを超える新製品であるが、やっと、新製品ランキングでも、金額PI値Aランクの500円を超えるものがではじめ、全体としてアクティブなランキングになってきたといえよう。

   今週は、この新製品以外にも、Aランクではないが、興味深い動きをしている新製品をいくつか見てみたい。その筆頭が冷凍食品部門である。冷凍食品部門は金額PI値自体はあまり大きなものはないが、今週はNo.1のハーゲンダッツジャパン、ミニカップメープルクッキー120ml、金額PI値298円から、No.2ロッテアイス、爽<赤ぶどうヨーグルト味>190ml、金額PI値160円、No.3日本水産、大きな大きな焼きおにぎり6個480g、金額PI値159円、さらに、No.8の日本製粉、オーマイプレミアム海老とあさり味わい塩スパゲテッィ280g、金額PI値114円まですべての8品が先週比の数字を伸ばしており、好調な部門である。また、その他食品部門もNo.8、No.9の新製品以外、全20品の内、18品が先週比をクリアーしており、この部門も絶好調といえよう。その他の部門は残念ながら、約半分は先週比がクリアーできていないところをみても、新製品が先週をクリアーすることはいかに難しいかがわかる。

   このように、今週の新製品週間ランキングは金額PI値500円を超えるAランクの新製品が4品登場し、全体としても、その他食品部門、冷凍食品部門等、部門全体で好調な動きとなる部門も出てきており、新製品が全体としてアクティブに動き始めたといえよう。今後、各部門で秋の新製品が数多く登場してくることも予想され、新製品週間ランキングの来週以降も注目といえよう。

まぐまぐ、プレミアムスタート、コンサルティング、現場からのレポート執筆中!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1224人)
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在505人)

September 20, 2008 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ新製品ランキング、9/19、金のつぶトップ!:

Comments

Post a comment