« 日本の少子高齢化、最新動向、2035年は? | Main | 日銀ようやく、CPI目標2.0%、でもその方法は? »

January 22, 2013

i D-POS分析、こんな分野でも、マーケティングの時代!

エンロールメント・マネジメント、日経新聞で特集:1/17
・学生知り抜き、満足度磨く
・出席率や就職先データ、多角的に分析、ニーズ・課題あぶり出す
・マーケティングに生かす手法、脚光、愛校心を高め、寄付金に期待

記事抜粋:
・大学がマーケティング手法を取り入れて学生の満足度を高める「エンロールメント・マネジメント(EM)」に力を入れ始めた。山形大学や京都光華女子大学は情報システムを整備し、授業の出席率などのデータを分析して学生向けサービスを拡充できないか探る。顧客である学生のニーズや課題をあぶり出して施策に反映し、大学の魅力アップを目指す。
・山形大は2012年9月、東京都内でEMの勉強会を2日にわたって開いた。初日は他大学の教職員ら140人が出席し、座席はほぼ埋まった。「EMとはマーケティングそのもの」と話す山形大エンロールメント・マネジメント部の福島真司教授の講演を、参加者は真剣な表情で聞いた。
・山形大はEMの推進に積極的な大学として知られる。EM担当部署を06年に設置し、10年には約4千万円をかけてEM用の情報システムを富士通などの協力を得て構築。入試結果、授業の出席率や成績、就職先など学生のデータをお集められるようにした。
・現在は入試結果や授業成績の上位グループ、授業出席率の高いグループなどを抽出し、退学率や就職率といった別のデータと関連性があるかを調べている。因果関係があると別れば「授業内容や就職支援策などを改善・強化する参考材料にできる」(福島教授)

エンロールメント・マネジメント:
・大学が学生を入学前から卒業後まで一貫してサポートする取り組みで「総合的学生支援策」とも呼ばれる。米国発の概念でマーケティング手法を取り入れ、データを基に学生のニーズや悩みを満たしたり解決したりするサービスを提供する。学生の満足度を高めることで入学者の増加、退学防止、卒業後の寄付などにつなげる。

山形大学:
・http://www.yamagata-u.ac.jp/index-j.html

山形大学型 EM コンセプトと EMIR への挑戦
・山形大学 エンロールメント・マネジメント部:教授:福島 真司
・http://iir.ibaraki.ac.jp/jcache/documents/2012/discuss_seminar/h24-0907_fukushima.pdf

サイエンティフィック・システム研究会合同技術分科会 2012年度会合
・ビッグデータ、どう使う?
・教育環境分科会代表報告いかに私たちの学生を知り抜くのか
・- 山形大学エンロールメント・マネジメント部の真のIRへの挑戦 –
・エンロールメント・マネジメント部:山形大学:福島真司
・https://www.ssken.gr.jp/MAINSITE/download/newsletter/2012/20121025-joint/lecture-02/SSKEN_joint2012_fukushima_presentation.pdf

facebook、PI研コメント:
・興味深い動きといえます。i D-POS分析は本来、このような分野で先に活用されるべき技術、ノウハウであると思います。マーケティングが大学でも切実なテーマとなってきたとのことです。記事の中でも大学の数と学生数の関係に触れ、学生数が減少しているにも関わらず、大学数が増え、需給バランスが崩れてるグラフを掲げています。そして、これがEM(エンロールメント・マネジメント)の背景にあるとのことですが、まさに、そうだと思います。もともと、マーケティングがアメリカで学問として成立したのも1929年の世界大恐慌との密接な関係があるわけですので、需給バランスが崩れた時がマーケティングの出番といえます。大学はまさに、マーケティングが成立する環境に突入したといえます。今後、大学が本格的にマーケティングに取り組むことにより、i D-POS分析では、半歩先にいっている小売業との共同研究もはじまり、i D-POS分析の研究開発が大きく前進するのではないかと思います。今後、この動き、注目です。

New!プライベートセミナーin武術道場、スタート!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト

January 22, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference i D-POS分析、こんな分野でも、マーケティングの時代!:

Comments

Post a comment