« March 2013 | Main | May 2013 »

April 30, 2013

食品スーパー、売上速報、2013年3月、105.1%

食品スーパー、売上速報、2013年3月度:PI研、独自集計23社約2,200店舗

2013年度
3月度:全体105.1%(既存店100.5%)
2月度:全体101.2%(既存店96.9%)
1月度:全体101.7%(既存店98.8%)
2012年度
12月度:全体102.5%(既存店99.7%)
11月度:全体102.0%(既存店98.8%)
10月度:全体100.5%(既存店97.5%)
9月度:全体103.7%(既存店100.3%)
8月度:全体102.4%(既存店 99.1%)
7月度:全体100.6%(既存店 97.2%)
6月度:全体101.7%(既存店 98.9%)
5月度:全体102.0%(既存店 99.0%)

2013年度:3月度ベスト10
1.マックスバリュ中部(三重)123.5(既存店100.8)
2.マックスバリュ東海(静岡)121.4(既存店97.3)
3.マックスバリュ九州(福岡)110.4(既存店103.1)
4.オオゼキ(東京)109.1(既存店104.6)
5.Olympic:フード (東京)109.0(107.3)
6.ハローズ(広島)108.5(既存店102.2)
7.イズミ(広島)推定108.0(既存店:推定107.0)
8.マックスバリュ北海道(北海道)107.3(既存店107.0)
9.マックスバリュ東北(秋田)105.0(既存店101.2)
10.バロー(岐阜)104.9(既存店98.2)

2月度ベスト10:
1.マックスバリュ九州(福岡)129.2(既存店120.6)
*決算期変更に伴い、日数が加算。
2.マックスバリュ東北(秋田)127.0%(既存店96.2)
*決算期変更に伴い、日数が加算。
3.Olympic:フード (東京)105.8%(既存店106.0)
4.オオゼキ(東京)103.8(既存店99.5)
5.ヤオコー(埼玉)103.5%(既存店98.1)
6.マックスバリュ北海道(北海道)102.3(既存店102.0)
7.マックスバリュ東海(静岡)101.2(既存店95.9)
8.ハローズ(広島)101.1(既存店95.2)
9.イズミ(広島)推定100.1(既存店、推定99.1)
10.バロー(岐阜)99.8(既存店93.4)

1月度ベスト10:
1.ヤオコー(埼玉)107.0(既存店102.3)
2.マックスバリュ北海道(北海道)106.7(既存店106.4)
3.ハローズ(広島)106.1(既存店99.0)
4.マックスバリュ九州(福岡)105.6(既存店98.3)
5.マックスバリュ東海(静岡)104.1(既存店98.5)
6.Olympic:フード(東京)103.8(既存店104.0)
7.バロー(岐阜)103.2(既存店95.9)
8.マックスバリュ西日本(兵庫)103.2(既存店99.4)
9.マックスバリュ東北(秋田)102.5(既存店100.8)
10.マルエツ(東京)101.7(既存店100.0)

2012年度:
12月度ベスト10:
1 .ハローズ(広島)109.1(既存店102.2)
2.ヤオコー(埼玉)107.1(既存店103.2)
3.マックスバリュ九州(福岡)106.8(既存店100.4)
4.マックスバリュ北海道(北海道)106.5(既存店106.2)
5.バロー(岐阜)106.5(既存店98.7)
6.Olympic:フード(東京)105.1(既存店105.3)
7.オオゼキ(東京)105.0(既存店101.0)
8.マックスバリュ東海(静岡)104.6(既存店99.3)
9.ダイイチ(北海道)103.2(既存店100.8)
10.アークランドサカモト(新潟)102.9(既存店98.3)

11月度ベスト10:
1.アークランドサカモト(新潟)107.0(既存店100.4)
2 .ヤオコー(埼玉)106.8(既存店103.4)
3.イズミ(広島):推定106.5(既存店104.5)
4.ハローズ(広島)105.3(既存店97.3)
5.オオゼキ(東京)105.2(既存店101.2)
6.ダイイチ(北海道)104.7(既存店 99.0)
7.カスミ(茨城)104.1
8.バロー(岐阜)103.7(既存店96.0)
9.マックスバリュ北海道(北海道)103.3(既存店103.1)
10.マックスバリュ東海(静岡)102.9(既存店97.7)

10月度ベスト10:
1.スーパーバリュー(埼玉)109.1(既存店 99.5)
2.マックスバリュ東海(静岡)105.1 (既存店98.4)
3.ヤオコー (埼玉)103.7(既存店101.2)
4.カスミ (茨城)103.2
5.イズミ(広島):推定103.0(既存店 97.5)
6.オオゼキ(東京)102.7(既存店98.7)
7.ダイイチ(北海道)102.4(既存店96.7)
8.マックスバリュ北海道株(北海道)101.7(既存店102.6 )
9.マックスバリュ九州(福岡)101.7(既存店97.5)
10.マックスバリュ東北(秋田)101.5(既存店102.1)

9月度ベスト10:
1.スーパーバリュー(埼玉)117.6(既存店103.5)
2. ハローズ(広島)108.1(既存店100.0)
3.ダイイチ(北海道)107.4(既存店101.4)
4.バロー(岐阜)107.2(既存店100.4)
5.イズミ(広島)推定107.2(既存店:推定102.1)
6.マックスバリュ九州(福岡)106.7(既存店101.8)
7.マックスバリュ東海(静岡)105.4(既存店100.7)
8.ヤオコー(埼玉)105.3(既存店102.4)
9.マックスバリュ北海道(北海道)105.1(き存店105.9)
10.オオゼキ( 東京)104.3(既存店102.8)

8月度ベスト10:
1.スーパーバリュー(埼玉)115.7(既存店98.9)
2.マックスバリュ九州(福岡)106.5(既存店101.8)
3.PLANT(福井)106.2%(既存店104.0)
4.ハローズ(広島)105.4(既存店99.5)
5.イズミ(広島);推定105.0(既存店100.0)
6.バロー(岐阜)104.8(既存店98.0)
7.ヤオコー(埼玉)104.4(既存店100.5)
8.ダイイチ(北海道)103.8(既存店98.2)
9.カスミ(茨城)103.8
10.マックスバリュ東海(静岡)103.7(既存店99.2)

7月度ベスト10:
1 .スーパーバリュー(埼玉):112.0(既存店 95.5 )
2. マックスバリュ九州(福岡):105.4(既存店 98.7)
3. ハローズ(広島):105.2(既存店 97.5)
4.イズミ(広島):推定104.9(既存店 99.9)
5.ダイイチ(北海道):104.4(既存店 98.9)
6.マックスバリュ中部(三重):103.9(既存店 98.9)
7.バロー (岐阜):103.1%(既存店 96.1)
8.マックスバリュ東海(静岡):103.0(既存店 99.4)
9.カスミ(茨城):102.9
10.ヤオコー(埼玉):102.7(既存店 99.5)

6月度ベスト10:
1.スーパーバリュー(埼玉):113.3(既存店95.2)
2.ダイイチ(北海道):109.0(既存店103.1)
3.マックスバリュ九州(福岡):106.5(既存店98.9)
4.ハローズ(広島):106.4(既存店98.5)
5.バロー (岐阜):106.1(既存店98.2)
6.マックスバリュ北海道(北海道):105.7(既存店106.7)
7.マックスバリュ中部(三重 ):105.5(既存店100.1)
8.ヤオコー (埼玉):105.3(既存店101.0)
9.イズミ (広島 ):推定105.2(既存店100.3)、
10.マックスバリュ東北(秋田):102.6(既存店102.5)

5月度ベスト10:
1.スーパーバリュー(埼玉):114.0(既存店95.9)
2.PLANT(福井):107.9(既存店105.6)
3.マックスバリュ東北(秋田):106.8(既存店106.8)
4.マックスバリュ九州 (福岡):106.0(既存店98.9)
5.ハローズ (広島):105.8(既存店97.9)
6.ダイイチ(北海道):105.3(既存店99.6)
7.カスミ(茨城):105.1
8.マックスバリュ中部(三重):105.0(既存店101.2)
9.ヤオコー(埼玉):104.7(既存店100.4)
10.マックスバリュ北海道(北海道):104.5(既存店104.5)

既存店:
2013年度
3月度、伸び率ベスト5
1.Olympic:フード (東京)109.0(既存店107.3)
2.株式会社 イズミ(広島)108.0(既存店107.0)
3.マックスバリュ北海道(北海道)107.3(既存店107.0)
4.オオゼキ(東京)109.1(既存店104.6)
5.マックスバリュ九州(福岡)110.4(既存店103.1)
2月度、伸び率ベスト5
1.マックスバリュ九州 (福岡)129.2(既存店120.6)
*決算期変更に伴い、日数が加算。
2.Olympic:フード(東京)105.8(既存店106.0)
3.マックスバリュ北海道(北海道)102.3(既存店102.0)
4.オオゼキ(東京)103.8(既存店99.5)
5.イズミ(広島)100.1(既存店99.1)
1月度、伸び率ベスト5
1.マックスバリュ北海道(北海道)106.7(既存店106.4)
2.Olympic:フード(東京)103.8(既存店104.0)
3.ヤオコー(埼玉)107.0(既存店102.3)
4.ダイイチ(北海道)101.4(既存店101.5)
5.オオゼキ(東京)100.8(既存店101.0)
2012年度
12月度、伸び率ベスト5
1.マックスバリュ北海道(北海道)106.5(既存店106.2)
2.Olympic:フード(東京)105.1(既存店105.3)
3.ヤオコー(埼玉)107.1(既存店103.2)
4.ハローズ(広島)109.1(既存店102.2)
5.イズミ(広島):推定102.2(既存店102.2)
11月度、伸び率ベルト5
1.イズミ (広島):推定106.5(既存店104.5)
2.ヤオコー (埼玉)106.8(既存店103.4)
3.マックスバリュ北海道(北海道)103.3(既存店103.1)
4.Olympic:フード(東京)101.8(既存店101.6)
5.オオゼキ(東京)105.2(既存店101.2)
10月度、伸び率ベルト5
1.マックスバリュ北海道(北海道)101.7(既存店102.6)
2.マックスバリュ東北(秋田)101.5(既存店102.1)
3.ヤオコー (埼玉)103.7(既存店101.2)
4.エコス(東京)99.1(既存店 99.9)
5.スーパーバリュー(埼玉)109.1(既存店 99.5)
9月度、伸び率ベルト5
1.マックスバリュ北海道(北海道)105.1(既存店105.9)
2.エコス(東京)102.9(既存店103.8)
3.スーパーバリュー(埼玉)117.6(既存店103.5)
4.マックスバリュ東北(秋田)102.0(既存店103.4)
5.オオゼキ(東京)104.3(既存店102.8)
8月度、伸び率ベスト5
1 .PLANT(福井)106.2(既存店104.0)
2.マックスバリュ東北(秋田)102.3(既存店103.6)
3.エコス(東京)102.8(既存店103.3)
4.マックスバリュ北海道(北海道)102.8(既存店102.3)
5.マックスバリュ九州(福岡)106.5(既存店101.8)
7月度、伸び率ベスト5
1.オオゼキ(東京): 98.4(既存店102.5)
2.イズミ(広島):推定104.9(既存店 99.9)
3.ヤオコー(埼玉):102.7(既存店 99.5)
4.マックスバリュ東海(静岡):103.0(既存店 99.4)
5.マックスバリュ東北(秋田):97.9(既存店 99.3)
6月度、既存店伸び率ベスト5:
1.マックスバリュ北海道(北海道):105.7(既存店106.7)
2.ダイイチ(北海道):109.0(既存店103.1)
3.マックスバリュ東北(秋田):102.6(既存店102.5)
4.オオゼキ(東京):97.6(既存店101.5)
5.ヤオコー 埼玉:105.3(既存店101.0)
5月度、既存店伸び率ベスト5:
1.マックスバリュ東北(秋田):106.8(既存店106.8)
2. PLANT(福井):107.9(既存店105.6)
3.マックスバリュ北海道(北海道):104.5(既存店104.5)
4.マックスバリュ西日本(兵庫):100.4(既存店103.7)
5.オオゼキ(東京):97.3(既存店101.4)

PI研コメント:
・食品スーパー、売上速報、2013年3月、105.1%と、この1年間で最大の伸び率です。その要因は、M&A、新規出店が大きいといえ、ここへ来て、食品スーパー積極的な成長戦略に踏み込み始めたといえます。この3月度は特に、No.1のマックスバリュ中部がマックスバリュ中京を、No.2のマックスバリュ東海がキミサワを吸収合併しており、全体が123.5%、121.4%と異常値であり、これが集計企業全体を牽引したといえます。ただ、全体の既存店も100.5%と、久しぶりに100%を超えており、ここへ来て、食品スーパー業界、やや回復基調に入ったと思われます。特に、この3月はオオゼキが好調であり、全体109.1 、既存店104.6%と、新店と既存店のバランスが絶妙であり、好調です。この独自集計の売上速報も、来月で、丸1年が俯瞰できるようになり、食品スーパー業界の直近の動向がよりわかりやすく判別できると思います。今後、各社、どのような成長戦略を打ち出すか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 30, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2013

フェアウェイ、ナスダックへ上場、全米展開へ

フェアウェイ:ナスダックへ上場、全米展開へ
・http://www.fairwaymarket.com/
・http://investors.fairwaymarket.com/secfiling.cfm?filingID=1047469-13-4464&CIK=1555492

・IN THE BEGINNING THERE WAS A FRUIT AND VEGETABLE STAND…
・The history of Fairway started in 1933 with Nathan Glickberg. He founded a small fruit and vegetable stand simply to support his family.

P/L関連:2012/04/01
・売上高 554,858千ドル(14.23)、営業利益 -3,335千ドル、純利益-11,949千ドル
・原価 66.45%(昨年:67.16%):-0.71、結果、売上総利益33.55%(昨年:32.84%):+0.71
・経費:
・Direct store expenses 23.87%(昨年22.61%):+1.26
・General and administrative expenses 7.98%(昨年8.24%):-0.26
・Store opening costs 2.28%(昨年2.06%):+0.22
・営業利益 -0.58%(昨年:-0.07%):-0.51

B/S関連:
・Total redeemable preferred stock:204,423千ドル
・Total stockholders' deficit:-141,364千ドル
・有利子負債203,552千ドル(総資産比63.29%)
・買掛金26,016千ドル(総資産対比8.08%)
・現金及び預金 30,172千ドル(総資産比9.38%)
・総資産321,590千ドル

CF関連:
・営業活動によるキャッシュフロー:8,817千ドル(昨年-6,997千ドル)
・投資活動によるキャッシュフロー:-44,528千ドル(昨年-27,797千ドル)
・財務活動によるキャッシュフロー:7,816千ドル(昨年70,266千ドル)
・トータル:-27,895千ドル(昨年35,472千ドル)

店舗:Square Footage
・Broadway (Manhattan), New York 1933:21,731(約600坪)
・Harlem (Manhattan), New York December 1995:25,853(約700坪)
・Plainview, New York May 2001:36,579(約1,000坪)
・Red Hook (Brooklyn), New York May 2006:38,977(約1,100坪)
・Paramus, New Jersey March 2009:32,643(約900坪)
・Pelham Manor, New York April 2010:49,963(約1,400坪)
・Stamford, Connecticut November 2010:48,691(約1,400坪)
・Upper East Side (Manhattan), New York July 2011:22,109(約600坪)
・Douglaston, New York November 2011:38,239(約1,100坪)
・Woodland Park, New Jersey June 2012:41,452(約1,200坪)
・Westbury, New York August 2012:44,640(約1,200坪)
・Kips Bay (Manhattan), New York December 2012:24,129(約700坪)
・Chelsea (Manhattan), New York Not yet open
・Nanuet, New York Not yet open 50,500(約1,400坪)

フェアウェイのコメント:
・Competition:
・The food retail industry as a whole, particularly in the Greater New York City metropolitan area, is highly competitive. We compete with various types of retailers, including alternative food retailers, such as natural foods stores, smaller specialty stores and farmers' markets, conventional supermarkets, supercenters and membership warehouse clubs. Our principal competitors include alternative food retailers such as Whole Foods and Trader Joe's, traditional supermarkets such as Stop & Shop, ShopRite, Food Emporium and A&P, retailers with "big box" formats such as Target and Wal-Mart and warehouse clubs such as Costco and BJ's Wholesale Club. These businesses compete with us for customers, products and locations. In addition, some are expanding aggressively in marketing a range of natural and organic foods, prepared foods and quality specialty grocery items. Some of these potential competitors have more experience operating multiple store locations or have greater financial or marketing resources than we do and are able to devote greater resources to sourcing, promoting and selling their products. As competition in certain areas intensifies, our operating results may be negatively impacted through a loss of sales, reduction in margin from competitive price changes, and/or greater operating costs such as marketing. We also face limited competition from restaurants and fast-food chains. In addition, other established food retailers could enter our markets, increasing competition for market share.

フェアウェイのIPO:
・bloombergの記事http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MLFB4R6KLVRS01.html

PI研コメント:
・アメリカ、すごいですね。食品スーパー、ナスダックへの新規上場、IPOです。ブルームバーグの記事によれば、4/17、「フェアウェイ株はIPO価格比33%高の17.35ドルで取引を終了。一時は42%上昇し18.41ドルを付ける場面もあった。」とのことで投資家からは高い評価を受けたとのことです。また、「フェアウェイの発表によると、同社と既存株主は1株13ドルで1365万株の公募・売り出しを実施し、1億7750万ドル(約170億円)を調達した。」とのことです。昨年の決算が-11,949千ドルの赤字であり、有利子負債が203,552千ドル(総資産比63.29%)である中での上場であり、結果、この資金調達で自己資本が充実、今後、これをもとに全米へ300店舗を出店をしてゆく構想があるとのことです。フェアウェイは「he history of Fairway started in 1933 with Nathan Glickberg. He founded a small fruit and vegetable stand simply to support his family.」とのことで、1933年創業、八百屋さんからのスタートですが、ここ最近は投資ファンドの傘下となり、いっきに店舗展開、そして、今回の上場です。
・現在、14店舗であり、年商が約500億円ですので、1店舗当たり約35億円であり、店舗面積は1,000坪、ニューヨーク等の都心部中心の店舗展開です。原価が 66.45%ですので、いわゆる粗利は33.55%ですので、生鮮、惣菜等付加価値の高い商品構成であり、さらにオーガニックも取り入れています。ただ、経費も34.13%ですので、原価小経費大の典型的な付加価値追求型のマーチャンダイジング戦略であり、ウォルマートと対極、ホールフーズマーケットに近い食品スーパーといえます。今後、IPOで調達した豊富な資金をもとに全米の都市部での店舗展開が本格的に進みますので、アメリカの食品スーパー業界、どのような方向に動くか、そのゆくへに注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 29, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2013

カゴメ、2013年3月本決算、増収増益、トマト好調!

カゴメ、2013年3月期、本決算、増収増益:4/25
・http://www.kagome.co.jp/
・http://www.kagome.co.jp/company/ir/data/financial/pdf/2013_4.pdf

P/L関連:
・売上高 1,962.33億円(9.0)、営業利益 92.78億円(9.6)、経常利益 100.25億円(8.8)、当期純利益 64.80億円(53.7)
・原価 50.73%(昨年51.55%):-0.82、売上総利益 49.27%(昨年48.45%):+0.82
・経費 44.53%(昨年43.73%):+0.80
・営業利益 4.74%(昨年 4.72%):+0.02

通期予想:第2四半期のみ
・売上高 1,960.00億円(△0.1)、営業利益89.00億円(△4.1)、経常利益 92.00億円(△8.2)、当期純利益53.00億円(△18.2)

B/S関連:
・自己資本比率 60.1%(昨年61.8%)
・現金及び預金 184.98億円(総資産比 10.94%)
・商品 150.31億円(総資産比8.89%)
・買掛金148.03億円(総資産比8.76%)
・有利子負債 235.38億円(総資産比 13.93%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:74.07億円(昨年117.57億円)
  →減価償却費:54.53億円(昨年53.72億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△17.81億円(昨年△49.85億円)
  →有形及び無形固定資産:△53.14億円(昨年△399.82億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:10.50億円(昨年△18.61億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):67.66億円(昨年48.04億円)

カゴメのコメント:
・当社は中期経営計画の最終年度にあたる今年度におきまして、「国内既存事業での新たな需要創造」、「新たなチャネル開発」、「海外におけるマルチリージョナルな事業展開」による「売上の再成長」を最重点の課題として取り組みました。
・これらの活動に成果があったことに加え、国内では平成24年2月にトマトジュースに含まれる成分にメタボリックシンドロームを予防する効果があると報道されたことを契機として、トマトジュースをはじめとした関連商品の販売が好調であったこと、東日本大震災の影響により前期に供給力が低下していた期間があったことなどにより、売上高が伸長 いたしました。
・利益面におきましても、トマトジュースの販売が好調であったことや、変化する生鮮トマトの市況への対応力を向上させたことなどにより、売上原価率が前期比0.9ポイント低下いたしました。一方、震災により販売施策において制約のあった前期と比べ、広告投資及び販売促進活動を活性化させた結果、広告宣伝費は9億30百万円増加し、売上高に対する販売促進費の割合は前期比0.5ポイント増加(P.32)いたしました。その他の費用も震災影響の反動を受け、概ね増加いたしました。
・野菜飲料カテゴリーにつきましては、前期の供給制約からの回復に加え、トマトジュースの販売量が大きく伸長いたしました。平成24年2月の、メタボリックシンドロームを予防する効果があるという報道の影響が要因ではありますが、店頭の活動におきましても「トマトフェア」などの露出機会を増やしたことで、新たな顧客と継続的なリピートを獲得しております。その結果、トマトジュースの売上高は報道の影響が一巡する前の平成25年1月までは前期と比べて倍増で推移し、通期でも5割以上の増加となりました。
・平成25年1月までは前期と比べて倍増で推移し、通期でも5割以上の増加となりました。 「野菜生活100」シリーズにおきましては、重点マーケティングテーマ「地産全消」を象徴する商品として、春に「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス」を、夏に「野菜生活100 沖縄シークヮーサーミックス」を、秋に「野菜生活100 ラ・フランスミックス」と「野菜生活100 信州ナイアガラミックス」を、冬に「野菜生活100 デコポンミックス」と「野菜生活100 とちおとめミックス」を発売しております。そして今春にも「野菜生活100 山形さくらんぼミックス」と「野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス」を発売いたしました。これらは日本各地の地域色が豊かで、季節感溢れる期間限定商品として好評を頂き、販売数量も好調に推移いたしました。
・ 「野菜一日これ一本」シリーズはトマトへの追い風に加え、女性アイドルグループAKB48(エーケービー フォーティーエイト)をイメージキャラクターに起用し、野菜をモチーフにした正義の味方「バランス戦隊ベジレンジャー」のCMなどを通じて、商品特長の浸透とブランドロイヤリティの向上を図り、前期を上回る販売実績となりました。
乳酸菌カテゴリーにおきましては、女性から支持が高い浅野温子さんをキャラクターに起用したCMを通じ、「朝、スッキリ」という価値と共に、「夜、飲んでね!」という飲用シーンの訴求を行いました。商品におきましても、低カロリータイプの「植物性乳酸菌ラブレ Light」がシリーズを支える新たな柱に育ちましたが、売上高は前期を少し下回りました。

カゴメの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2811.T

PI研コメント:
・カゴメ、2013年3月、本決算、増収増益、好決算です。経費は上昇しましたが、それを上回る原価の改善が寄与し、利益も好調です。今期は「平成24年2月にトマトジュースに含まれる成分にメタボリックシンドロームを予防する効果があると報道されたことを契機として、・・」とのことで、この波に乗れたのが大きいとのことです。また。原価については、「トマトジュースの販売が好調であったことや、変化する生鮮トマトの市況への対応力を向上させたことなどにより、・・」と、トマトが原価を下げたとのことです。ただ、気になるのは、来期の予想が減収減益であり、その反動が大きそうです。一方、B/S、CFですが、自己資本比率は60.1%と高く、安定した財務状況ですが、キャッシュフローを見ると、投資活動によるキャッシュフローが-17.81億円、その中身の有形及び無形固定資産は-53.14億円ですが、トータルで見ると、営業活動によるキャッシュフロー74.07億円の24%であり、投資を控えているといえ、気になるところです。これだけの好決算ですので、もっと積極的な攻めの投資をしても良いのではと思いますが、来期予想を見こしての判断かと思います。それにしても、トマトの力、すごいですね。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 28, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2013

ヤフー、2013年3月本決算、増収増益、スマホの時代!

ヤフー、2013年3月期、本決算、減収減益:4/25
・http://www.yahoo.co.jp/
・http://ir.yahoo.co.jp/jp/archives/gaikyo/
・http://www.rbbtoday.com/article/2013/04/25/107052.html

P/L関連:
・売上高 3,429.89億円(13.5)、営業利益 1,863.51億円(12.9)、経常利益 1,886.45億円(12.8)、当期純利益 1,150.35億円(14.4)
・原価 10.61%(昨年9.28%):+1.33、売上総利益 89.39%(昨年90.72%):-1.33
・経費 35.05%(昨年36.09%):-1.04
・マーチャンダイジング力 +54.34%(+54.63%):-0.29
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 54.34%(昨年 54.63%):-0.29

通期予想:第2四半期のみ
・売上高 1,800.00億円(15.1)、営業利益920.00億円(7.7)、経常利益 922.00億円(6.3)、当期純利益569.00億円(9.0)

B/S関連:
・自己資本比率 73.1%(昨年82.8%)
・現金及び預金 4,140.86億円(総資産比 55.70%)
・商品1.63億円(総資産比0.02%)
・買掛金109.7億円(総資産比1.47%)
・ポイント引当金42.62億円(総資産比0.57)
・有利子負債 0.00億円(総資産比 0.00%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:1,393.96億円
  →減価償却費:121.87億円(昨年30.65億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:514.04億円
  →有形及び無形固定資産:△ 159.01億円
  →投資有価証券の取得による支出:△ 385.13億円
  →投資有価証券の売却による収入:1,215.16億円
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△ 401.84億円
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,509.28億円

ヤフーのコメント:
・当グループは経営の執行体制を刷新し、あらゆる面でスピードとチャレンジの姿勢を追求し、利益成長の再加速を目指してまいりました。
・プロモーション広告においては、積極的な販売活動の展開に加えて広告効果を高めるさまざまな機能の強化を行い、売上が大きく増加し過去最高となりました。特にスマートフォン経由の売上が伸びました。
プレミアム広告においても、主力広告商品である「ブランドパネル」、「プライムディスプレイ」への広告出稿が伸びたことなどにより売上が過去最高となりました。加えて、「Yahoo!プレミアム」、ゲーム関連サービス、データセンター関連の売上の伸びも売上全体の増加に寄与しました。また、販売促進費や業務委託費などコスト削減にも努めたことにより、6年ぶりに売上、利益ともに前連結会計年度と比べて2桁の増加率となり、サービス開始以来16期連続で増収増益を達成しました。
・広告売上では、プロモーション広告においてスマートフォン経由の広告出稿が拡大したことに加え、プレミアム広告において「プライムディスプレイ」の売上増加やスマートフォンにおける「ブランドパネル」の大幅な売上の伸びにより、プロモーション広告、プレミアム広告ともに過去最高の売上となりました。
スマートフォン:
・グリー(株)とスマートフォン向けソーシャルゲームを共同開発・運営する新会社を共同出資により設立。また、(株)GyaOとグリー(株)との間で、アニメコンテンツへの投資を目的としたファンドを組成・運営する新会社の設立について基本合意。
・スマートフォン向けYahoo! JAPANアプリを全面刷新し、スマートフォンならではの視認性や操作性、機能性を実現。

ヤフー:
・月間総ページビュー数(百万PV):50,712(1月~3月)
・スマートフォン月間ページビュー数:11,742(1月~3月:対総PV23.15%)
・Daily UB(1日あたりユニークブラウザ)数:56.27(1月~3月)
・スマートフォンDaily UB数:20.10(1月~3月:対総PV35.72%)
・「ヤフオク!」取扱高(億円):1,735(1月~3月)
・ショッピング関連取扱高(億円):737(1月~3月)
・「ヤフオク!」+ショッピング関連取扱高(億円):2,473(1月~3月)
・スマートフォン経由関連取扱高(億円):577(1月~3月:対比23.33%)
・eコマース取扱高(億円):4,000(1月~3月)

ヤフーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4689.T

PI研コメント:
・ヤフー、2013年3月本決算が4/25、公表されました。結果はサービス開始以来16期連続での増収増益と、好決算です。それにしても、原価率10.61%、売上総利益89.39%と、リアルの業態ではありあえない数値です。これがネット事業の特徴といえます。経費比率も35.05%ですので、結果、営業利益は54.34%という収益構造であり、びっくりです。ただ、今期は率で見ると、原価が大きく増加しており、これを経費の削減でカバーできず、営業利益は率では-0.29ポイントのマイナスです。これを好調な売上でカバーし、大幅な増益となりました。その要因ですが、何といってもスマートフォンです。明確にネット世界ではスマホシフトが鮮明であり、この流れをフルに活かしたといえる決算です。これからはスマホの時代といえ、今後、この動きが急加速するといえます。一方、ヤフーのB/S、CFですが、自己資本比率73.1%、無借金、安定した財務基盤であり、しかも、現金4,140.86億円(総資産比 55.70%)と異常値です。キャッシュフローも投資のポイントは有価証券であり、収入、支出とも活発です。今後、この豊富なキャッシュが何に投資されるのか、ヤフーの次の投資に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 27, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2013

吉野家H、2013年2月本決算、減収減益!

吉野家H、2013年2月期、本決算、減収減益:4/15
・http://www.yoshinoya.com/index.html
・http://www.yoshinoya-holdings.com/ir/library/pdf/2013_quarter4.pdf

P/L関連:
・売上高 1,645.99億円(△0.8)、営業利益 18.77億円(△60.9)、経常利益 24.60億円(△53.7)、当期純利益 △3.64億円
・原価 35.83%(昨年34.07%):+1.76、売上総利益 64.17%(昨年65.93%):-1.76
・経費 63.02%(昨年63.02%):+0.00
・マーチャンダイジング力 +1.15%(+2.91%):-1.76
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 1.15%(昨年 2.91%):-1.76

通期予想:
・売上高 1,730.00億円(5.1)、営業利益30.00億円(59.8)、経常利益 31.00億円(26.0)、当期純利益10.00億円

B/S関連:
・自己資本比率 46.8%(昨年46.7%)、現金及び預金 142.44億円(総資産比 15.59%)、商品23.88億円(総資産比2.61%)
・買掛金41.16億円(総資産比4.50%)
・有利子負債 290.40億円(総資産比 31.79%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:62.12億円(昨年39.22億円)
  →減価償却費58.34億円(昨年58.29億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△69.37億円(昨年△32.18億円)
  →有形及び無形固定資産:△58.23億円(昨年△40.58億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△24.73億円(昨年△31.99億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△31.24億円(昨年16.77億円)

吉野家Hのコメント:
・当連結会計年度は、消費税増税への懸念などによる節約志向や消費者の外食を控える傾向が続く中、当社グループにとって厳しい事業環境が続いております。
・海外では、中国でのブランド認知が進み、出店を加速する準備が整ったため、「成長」をキーワードとして、本格的な事業展開への取組みを開始いたしました。
・国内吉野家は、新しい「商品価値」「サービス価値」を創造し、この新しい価値を表現するビジネスモデルの構築に取組みました。商品については、お客様の期待に応えられるようなオリジナリティのある商品を開発するとともに、既存商品の品質を磨き上げてまいりました。サービスについては、テーブル席の増設やドライブスルーの設置など、店舗の内外装を整え、お客様が利用しやすい環境整備を進め、次世代型店舗へ約100店舗を転換いたしました。一方で、損益分岐点を引き下げ、店舗生産性の向上と「うまい」と「はやい」の実現を目指した収益モデル店舗の実験と検証も進めております。
・販売施策は、7月は「焼味ねぎ塩豚丼」、9月は「牛焼肉丼」、12月には炭火で香ばしく焼き上げた柔らかい「もも肉」と手ごねで軟骨と玉ねぎを練り込んだ「つくね」がのった「焼鳥つくね丼」を発売し、前連結会計年度から販売しております焼きの旨さを磨き上げた「焼き」商品は累計5,000万食を突破いたしました。しかしながら、消費者の外食を控える傾向が続き、また主要原材料の高騰により、売上高は865億53百万円、セグメント利益は19億16百万円となりました。店舗数は、新たに26店舗を出店し、不振店等を22店舗閉鎖した結果、1,193店舗となりました。

吉野家Hの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9861.T

PI研コメント:
・吉野家H、2013年2月本決算が4/15公表されました。結果は減収減益、赤字、厳しい決算となりました。経費は横ばいでしたが、原価が1.76ポイントと大きく上昇したことが要因です。それだけ、価格競争が厳しかったのではないかと思われます。ただ、次期予想は増収増益ですので、今後、思い切った政策が打ち出されてるのではないかと思います。それにしても、外食特有ですが、原価率35.83%は食品スーパーではありあえない比率であり、これが外食の特徴といえます。結果、売上総利益は64.17%、いかに外食は原価が低いかがわかります。CFですが、赤字決算とはなりましたが、原価償却費が大きく貢献し、営業活動によるキャッシュフローは昨年を上回り、62.12億円のプラスです。そして、そのキャッシュの大半を有形固定資産の取得による支出に当てており、積極的な攻め重視の配分です。この投資が来期、どのように業績改善に寄与するか、その成果に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 26, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2013

コンビニ、売上速報、2013年3月、新店ラッシュ!

コンビニ、売上速報、2013年3月度:
・一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会:2013年3月度:4/22
・ココストア、サークルKサンクス、スリーエフ、セイコーマート、セブン-イレブン・ジャパン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン
・http://www.jfa-fc.or.jp/folder/1/img/20130422105444.pdf

コメント:
・今月は北日本を除き平均気温が高く、特に東日本では2℃以上上回ったため調理麺やソフトドリンク等の季節商材が好調に推移した。一方、北日本では日本海側を中心に曇りや雪または雨の日が多く、客数に影響が出た。全国的には、タバコ購入者の減少等により客数減となり、既存店売上高は前年を下回ったが、各社カウンター商材は好調に推移した。
・既存店ベースでは来店客数11億6,128万人(前年同月比-0.3%)、売上高7,003億円(前年同月比-0.4%)とともに10ヶ月連続でマイナス、平均客単価603円(前年同月比-0.03%)は2ヶ月連続のマイナスとなった。

売上高:
2013年3月度
・全 店:771,926百万円(昨年 734,678百万円): 5.1%
・既存店:700,336百万円(昨年 702,822百万円): -0.4%
2月度
・全 店:669,588百万円(昨年 675,575百万円): -0.9%
・既存店:608,103百万円(昨年 638,311百万円): -4.7%
1月度
・全 店:718,029百万円(昨年 689,785百万円): +4.1%
・既存店:653,425百万円(昨年 659,378百万円): -0.9%
12月
・全 店:795,474百万円(昨年 771,301百万円): +3.1%
・既存店:724,874百万円(昨年 739,946百万円): -2.0%
11月
・全 店:737,190百万円(昨年 722,529百万円): +2.0%
・既存店:671,348百万円(昨年 688,793百万円): -2.5%
10月
・全 店:767,358百万円(昨年 749,444百万円):+ 2.4%
・既存店:699,243百万円(昨年 714,157百万円): -2.1%
9月
・全 店:759,759百万円(昨年 737,356百万円): +3.0%
・既存店:693,326百万円(昨年 704,927百万円): -1.6%
8月
・全 店:825,947百万円(昨年 798,911百万円): +3.4%
・既存店:752,523百万円(昨年 762,536百万円): -1.3%
7月
・全 店:818,094百万円(昨年 807,945百万円): +1.3%
・既存店:744,743百万円(昨年 770,276百万円): -3.3%
6月
・全 店:744,687百万円(昨年 730,419百万円):+2.0%
・既存店:678,017百万円(昨年 696,102百万円):-2.6%
5月
・全 店:754,399百万円(昨年 708,379百万円):+6.5%
・既存店:686,285百万円(昨年 674,734百万円):+1.7%

店舗数:
2013年3月度
・47,510 店舗(昨年44,814店舗): +6.0%
2月度
・47,345 店舗(昨年44,791店舗): +5.7%
1月
・46,963 店舗(昨年44,520店舗): +5.5%
12月
・46,905 店舗(昨年44,397店舗): +5.6%
11月
・46,688 店舗(昨年44,244店舗): +5.5%
10月
・46,224 店舗(昨年44,038店舗): +5.0%

客数:
2013年3月度
・全 店:1,261,194千人(昨年 1,195,643千人):+ 5.5%
・既存店:1,161,278千人(昨年 1,165,048千人): -0.3%
2月
・全 店:1,089,579千人(昨年 1,087,697千人):+ 0.2%
・既存店:1,006,417千人(昨年 1,052,519千人): -1.9%
1月
・全 店:1,148,394千人(昨年 1,112,233千人):+ 3.3%
・既存店:1,058,461千人(昨年 1,078,605千人): -4.4%
12月
・全 店:1,241,453千人(昨年 1,210,735千人):+ 2.5%
・既存店:1,146,711千人(昨年 1,165,602千人): -1.6%
11月
・全 店:1,231,123千人(昨年 1,202,847千人): +2.4%
・既存店:1,136,416千人(昨年 1,161,855千人): -2.2%
10月
・全 店:1,290,203千人(昨年 1,253,415千人): +2.9%
・既存店:1,198,447千人(昨年 1,208,943千人): -0.9%

客単価:
2013年3月
・全 店:612.1円(昨年 614.5円): -0.4%
・既存店:603.1円(昨年 603.3円): -0.03%
2月
・全 店:614.5円(昨年 621.1円): -1.1%
・既存店:604.2円(昨年 606.5円): -0.4%
1月
・全 店:625.2円(昨年 620.2円): +0.8%
・既存店:617.3円(昨年 611.3円): +1.0%
12月
・全 店:640.8円(昨年 637.1円): +0.6%
・既存店:632.1円(昨年 634.8円): -0.4%
11月
・全 店:598.8円(昨年 600.7円): -0.3%
・既存店:590.8円(昨年 592.8円): -0.3%
10月
・全 店:594.8円(昨年 597.9円): -0.5%
・既存店:583.5円(昨年 590.7円): -1.2%

部門売上高:
2013年3月
・日配食品:構成比34.4%:+7.5%
・加工食品:構成比27.0%:+5.3%
・非 食 品:構成比33.6%:+1.5%
・サービス:構成比 5.1%:+12.7%
・合  計:構成比100.0%:+5.1%
2月
・日配食品:構成比34.0%:+1.6%
・加工食品:構成比27.1%:+0.3%
・非 食 品:構成比33.9%:-2.4%
・サービス:構成比 4.9%:-13.0%
・合  計:構成比100.0%:-0.9%
1月
・日配食品:構成比33.2%:+5.2%
・加工食品:構成比27.3%:+3.2%
・非 食 品:構成比34.1%:+0.9%
・サービス:構成比 5.4%: 26.5%
・合  計:構成比100.0%:+4.1%
12月
・日配食品:構成比34.1%: +6.6%
・加工食品:構成比26.4%:+2.8%
・非 食 品:構成比34.0%:-0.3%
・サービス:構成比 5.4%: 5.5%
・合  計:構成比100.0%:+3.1%
11月
・日配食品:構成比33.4%: +5.1%
・加工食品:構成比27.6%:+1.4%
・非 食 品:構成比34.4%:+0.2%
・サービス:構成比 4.6%: -1.8%
・合  計:構成比100.0%:+2.0%
10月
・日配食品:構成比34.4%: +3.7%
・加工食品:構成比27.9%:+7.4%
・非 食 品:構成比33.8%:+2.0%
・サービス:構成比 3.9%: -4.3%
・合  計:構成比100.0%:+2.4%

参考:
日配食品
・米飯類(寿司、弁当、おにぎり等)、パン、 調理パン、惣菜、漬物、野菜、青果、水物(豆腐等)、調理麺、卵、加工肉(ハム、ウインナー、ベーコン等)、牛乳、乳飲料、乳製品(バター、チーズ等)、練物(ちくわ、かまぼこ等)、生菓子(ケーキなどの和洋菓子)、サラダ、デザート類(プリン、ゼリー、ヨーグルト等)等
加工食品
・菓子類(生菓子を除く)、ソフトドリンク(乳飲料を除く)、アルコール飲料(日本酒、ウイスキー、ワイン等)、調味料(味噌、しょう油、うま味調味料、ソース等)、嗜好品(コーヒー、お茶等)、食塩、砂糖、食用油、米穀、乾物、各種の缶・瓶詰類、冷凍食品、アイスクリーム、レトルト食品、インスタント食品、焼きのり等
非食品
・雑誌、書籍、新聞、衣料品、袋物類、文房具、ブラシ、玩具、雑貨、たばこ、ペットフード、乾電池、テープ、CD、電球・蛍光灯、電卓、燃料、人形、サングラス、履物、園芸用品、ゲームソフト、花火、洗剤、化粧品、医薬品、医薬部外品栄養ドリンク、陶磁器・ガラス器、金物、紙製品、フィルム、切手、はがき、収入印紙、装身具等サ ー ビ スコピー、ファクシミリ、宅配便、
サ ー ビ ス
・コピー、ファクシミリ、宅配便、商品券、ギフト券、乗車券、各種チケット、テレフォンカード、宝くじ、D.P.E、レンタル、航空券、宿泊券、クリーニング等

PI研コメント:
・コンビニ、2013年3月度、売上速報が一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会から4/22、公表されました。結果は全体が5.1%増、既存店は-0.4%と新規出店が寄与し、全体を押し上げています。今期は空前の新規出店が控えており、当面、この傾向は続くと思われます。コンビニは「タバコ購入者の減少等により客数減、・・」が業績に響いていますが、既存店-0.3%減とあとわずかであり、今後、ポストたばことしてドリップコーヒーの普及が急速に進むため、数ケ月後にはプラスとなる可能性も高いといえます。一方、部門では日配食品が好調であり、全体を牽引しています。来月以降、これらの動きがコンビニ業界全体の数字にどにような変化をもたらすか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 25, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2013

東武ストア、2013年2月本決算、減収減益!

東武ストア、2013年2月期、本決算、減収減益:4/9
・http://www.tobustore.co.jp/index.html
・http://www.tobustore.co.jp/ir/pdf/tanshin/25kessan_ren_zenbun.pdf
・http://www.tobustore.co.jp/ir/pdf/tanshin/25kimatsu_shiryou.pdf

P/L関連:
・売上高 819.87億円(△3.0)、営業利益 8.09億円(△49.9)、経常利益 10.77億円(△41.7)、当期純利益 5.01億円(△59.5)
・原価 71.07%(昨年71.01%):+0.06、売上総利益 28.93%(昨年28.99%):-0.06
・経費 27.93%(昨年27.07%):+0.86
・マーチャンダイジング力 +1.00%(+1.92%):-0.92
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 1.00%(昨年 1.92%):-0.92

通期予想:
・売上高 855.00億円(4.3)、営業利益9.00億円(11.2)、経常利益 11.00億円(2.1)、当期純利益2.90億円(△42.1)

B/S関連:
・自己資本比率 66.9%(昨年66.2%)、現金及び預金 14.70億円(総資産比 4.23%)、商品22.20億円(総資産比6.40%)
・買掛金28.69億円(総資産比8.27%)
・有利子負債 21.61億円(総資産比 6.23%)
・ポイント引当金1.39億円(対売上高0.16%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:21.57億円(昨年39.22億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△16.21億円(昨年△20.68億円)
  →有形及び無形固定資産:△11.49億円(昨年△18.28億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△7.05億円(昨年△7.89億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△1.70億円(昨年10.64億円)

東武ストアのコメント:
・小売業界におきましては、デフレ傾向の長期化、雇用・所得環境が低迷する中で、値下げによる価格競争など業種業態を超えた販売競争の激化、小売業各社の積極的な出店によるオーバーストア状況の進展など非常に厳しい状況で推移いたしました。
・このような情勢のもと、当社グループは「第5次中期経営計画」(平成24年度~平成26年度)の初年度として、同中期経営計画におけるビジョンである「良質スーパー」の深耕を図るために①「お客様と店舗との絆の創造」、②「安定的な利益成長の実現」を目指して諸施策に取り組みました。
・その中で特に「安定的な利益成長の実現」のため、「売上拡大キャンペーン」を実施し、「5時の市」の徹底した売込み、チラシサイズを大型化するなどの販促の強化、欠品の撲滅などの売上拡大策の強化並びにロス率削減による粗利益額の確保に徹底して取り組みました。
・平成24年11月に「津田沼店」(千葉県習志野市)を開設し、当社の店舗は平成25年2月28日現在で合計61店舗となりました。
自動発注の完全定着化 :
・自動発注の目的は、「欠品の撲滅と作業改善」であり、この完全定着化によって担当者に時間的余裕が生じ、担当者のマルチジョブ化をスムーズに図れるが、完全定着化のために、本社の自動発注推進の担当者が店舗にてきめ細かな教育、指導を行うなど継続して取り組む。

東武ストアの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8274.T

PI研コメント:
・東武ストア、2013年2月期、本決算が4/9公表されました。結果は厳重減益、厳しい決算です。原価、経費ともに上昇、特に、経費の上昇が利益を大きく圧迫したのが原因です。新規出店も津田沼店(千葉県習志野市)1店舗にとどまっており、売上げも伸び悩んでいます。今期は、「「第5次中期経営計画」(平成24年度~平成26年度)の初年度」ですので、今後、この中期経営計画を実行することにより、今後、どこまで業績改善につながるか、その動向に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 24, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2013

スーパーバリュー、2013年2月本決算、増収減益!

スーパーバリュー、2013年2月期、本決算、増収減益:4/12
・http://www.supervalue.jp/
・http://www.supervalue.jp/ir/ir06_01_04/2013041215033405/P8171796403630/sv_6833915383062.pdf

P/L関連:
・売上高 577.20億円(9.0)、営業利益 8.99億円(△16.0)、経常利益 8.66億円(△16.9)、当期純利益 5.04億円(3.6)
・・原価 79.41%(昨年79.39%):+0.02、売上総利益 20.59%(昨年20.61%):-0.02
経費 19.49%(昨年19.13%):+0.36
・マーチャンダイジング力 +1.10%(+1.48%):-0.38
・その他営業収入 0.46%(昨年 0.55%):-0.09
・営業利益 1.56%(昨年 2.03%):-0.47

通期予想:
・売上高 600.00億円(3.9)、営業利益9.24億円(2.7)、経常利益 8.71億円(0.5)、当期純利益5.07億円(0.6)

B/S関連:
・自己資本比率 20.5%(昨年18.2%)、現金及び預金 11.21億円(総資産比 5.05%)、商品25.67億円(総資産比11.57%)
・買掛金37.21億円(総資産比16.77%)
・有利子負債 1,673.86億円(総資産比 51.92%)
・ポイント引当金1.71億円(対売上高0.29%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:15.08億円
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△5.00億円
  →有形及び無形固定資産:△3.98億円
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△10.77億円
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△0.69億円

スーパーバリューのコメント:
・当社の所属する小売業界におきましては、回復を見せていた個人消費が冷え込みに転じる中、大手企業を中心とした値下げ販売を口火に、企業間の価格競争はより一層激しさを増し、非常に厳しい経営環境で推移いたしました。
・このような環境の中、当社では、地域一番の価格、安全・安心な商品の提供、お買い物しやすい売場づくりなどの取り組みに一層注力したほか、10月より一部店舗において現金ポイントカード会員様向けの販促企画を新たに開始し、販売シェアの維持・拡大に取り組んでまいりました。この結果、前年同期の震災仮需要の反動減や天候不順の影響はありましたが、新店の寄与もあり当社全体の売上高は増収を確保することができました。
・利益面では、一層激しさを増した価格競争に打ち勝つため、価格戦略の強化や現金ポイントカード会員様向けの販促を行った影響により、売上総利益率は前年同等の20.6%は確保できましたが、計画目標の20.8%は下回る結果となりました。
・また、当事業年度のテーマとして掲げました「環境の激変にも動じない強い会社づくり」の実現に向け、自動発注システムの導入、商品の値引き・廃棄ロス及び販売機会ロスの最小化、物流センターのより効果的な活用(一部商品の備蓄化)など会社の基盤強化を図る取り組みに注力したほか、節電・エコ活動の一環として売場照明のLED化を推進するなど経費節減の取り組みも進めてまいりました。
・これらの効率化のための投資や、新卒社員の大幅増加など将来に向けた投資を行った結果、販売費及び一般管理費は大幅に増加(前年同期比11.1%増)いたしました。
・ 店舗展開におきましては、小型食品スーパーの西尾久店(東京都荒川区)を平成24年3月2日に新規出店し、当事業年度末の店舗数は20店舗となっております。

スーパーバリューの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3094.Q

PI研コメント:
・スーパーバリュー、2013年2月期、本決算が4/12、公表されました。結果は増収減益、売上高は新店の効果により、増収となりましたが、原価、経費ともに上昇、利益をダブルで圧迫し、減益となりました。スーパーバリュー自身も、「新卒社員の大幅増加など将来に向けた投資を行った結果、販売費及び一般管理費は大幅に増加(前年同期比11.1%増)いたしました。・・」とのことで、将来への投資が大きかったとのことです。その将来への投資ですが、「自動発注システムの導入、物流センターのより効果的な活用、節電・エコ活動の一環として売場照明のLED化を推進するなど経費節減の取り組み、・・」等とのことです。一方、財務の方ですが、自己資本比率が昨年よりは改善しましたが、20.5%と依然として厳しい状況にあります。実際、今期のキャッシュフローは、厳しい利益の中、財務活動によるキャッシュフローへウェイトをかけており、成長戦略を抑制しています。今後、さらに財務の改善は課題といえ、成長と財務の安定、いかにこのバランスをとってゆくか、スーパーバリューの今後の動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 23, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2013

イズミ、2013年2月、本決算、増収増益、経費大幅削減!

イズミ、2013年2月期、本決算、増収増益:4/8
・http://www.izumi.co.jp/
・http://www.izumi.co.jp/corp/ir/pdf/2013/2502kessan_tanshin.pdf
・http://www.izumi.co.jp/corp/ir/pdf/2013/2012kessann_setsumei.pdf

P/L関連:
・売上高 5,355.10億円(3.8)、営業利益 279.49億円(15.2)、経常利益 271.02億円(15.1)、当期純利益 161.87億円(46.3)
・原価 78.72%(昨年78.41%):+0.31、売上総利益 21.28%(昨年21.59%):-0.31
・経費 20.70%(昨年21.51%):-0.81
・マーチャンダイジング力 +0.58%(+0.08%):+0.50
・その他営業収入 4.91%(昨年 4.86%):+0.05
・営業利益 5.49%(昨年 4.94%):+0.55

通期予想:
・売上高 5,570.00億円(4.0)、営業利益287.00億円(2.7)、経常利益 275.00億円(1.5)、当期純利益162.00億円(0.1)

B/S関連:
・自己資本比率 30.4%(昨年30.3%)、現金及び預金 68.62億円(総資産比 1.80%)、商品213.84億円(総資産比5.62%)
・買掛金215.17億円(総資産比5.66%)
・有利子負債 1,673.86億円(総資産比 44.06%)
・ポイント引当金16.55億円(対売上高0.30%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:271.96億円(昨年255.61億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△203.56億円(昨年△96.82億円)
  →有形及び無形固定資産:△200.66億円(昨年△120.58億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△62.72億円(昨年△219.34億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):6.02億円(昨年△60.55億円)

イズミのコメント:
・当社グループにおいては、創業50周年の節目を迎えた前期に続き、当期を更なる飛躍を遂げるための挑戦と革新の一年と位置づけ、ご提供する商品・サービスをお客様の視点で見直しました。特に、消費市場の成熟化と厳しさを増す所得動向に対応し、各商品分野で“いいものを安く”を実現する取り組みを進めてまいりました。
販売費及び一般管理費は、人的生産性の改善による人件費の抑制や広告宣伝費等諸経費の節減に努めたこと等により、105,703百万円と前期比147百万円減少しました。売上高対比で20.7%となり前期に比べて0.8ポイント低下いたしました。
・コスト面では、総労働時間の削減やパート・アルバイトの活用による人件費の抑制を図りました。また、店舗の後方在庫の削減や作業方法の見直しにより生産性や商品鮮度・値下ロスの改善に努めるとともに、販促費等諸経費全般につき費用対効果を見定め節減を図りました。
・店舗面では、今後の小商圏型店舗の積極出店に備えて、その集客力と収益性を改善すべく、従来の食品を中心とした品揃えに加えて医薬品等の非食品分野を拡充するとともにオペレーション・コストの低減を図る取り組みを推し進めました。
・前年に引き続き取り組んできたショッピング時のクレジット利用推進や電子マネー「ゆめか」の利用拡大により、これらの取扱手数料収入は順調に増加しました。特に、電子マネー「ゆめか」は、取扱先の拡充や顧客利便性の向上により会員数が急速に増加しており(前期末45万人、当期末116万人)、高い店頭利用率と相まって、当社グループ全体の集客力の向上やレジ効率の改善に貢献しています。

イズミの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8273.T

PI研コメント:
・イズミ、2013年2月、本決算、増収、大幅増益の好決算です。その要因は何と言っても経費比率の改善にあるといえます。「人的生産性の改善による人件費の抑制や広告宣伝費等諸経費の節減に努めたこと等・・」とのことで、さらに、「総労働時間の削減やパート・アルバイトの活用による人件費の抑制を図りました。また、店舗の後方在庫の削減や作業方法の見直しにより生産性や商品鮮度・値下ロスの改善に努めるとともに、販促費等諸経費全般につき費用対効果を見定め節減を図り、・・」とのことで、様々なコスト削減に取り組んだことが大きかったといえます。各食品スーパーが経費削減に苦労する中、-0.81ポイントと、これだけ改善できるのは、すごい数値改善といえます。イズミもここ最近はやりの電子マネー、「ゆめか」に本格的に取組はじめ、「取扱先の拡充や顧客利便性の向上により会員数が急速に増加、・・」とのことで、「前期末45万人、当期末116万人」ですので、まさに、倍増、100万人を超えたといえ、すごい勢いです。食品スーパーのカード戦略、大きく変わる予兆といえます。特に、電子マネーは、S顧客ほど加盟率が高くなる傾向が強いといえ、食品スーパーにとっては、ますます重要な戦略カードとなるものと思います。レジ効率も改善されることから、生産性のアップにもつながり、「ゆめか」、どこまで伸びるか、そのゆくへに注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 22, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2013

大黒天物産、2013年5月、第3四半期、増収増益、M&A!

大黒天物産、2013年5月期、第3四半期、増収増益:4/10
・http://www.e-dkt.co.jp/
・http://www.e-dkt.co.jp/ir/pdfs/library/tanshin_20130410.pdf

P/L関連:
・売上高 852.53 億円(18.6)、営業利益 33.67億円(2.2)、経常利益 33.70億円(1.8)、当期純利益 18.50億円(14.3)
・原価 77.18%(昨年77.23%):-0.05、売上総利益 22.82%(昨年22.77%):+0.05
・経費 18.86%(昨年18.17%):+0.69
・マーチャンダイジング力 +3.96%(+4.60%):-0.64
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 3.96%(昨年 4.60%):-0.64

通期予想:
・売上高 1,142.00億円(17.0)、営業利益42.60億円(△7.4)、経常利益 42.50億円(△8.1)、当期純利益21.10億円(△11.8)

B/S関連:
・自己資本比率 56.8%(昨年57.7%)、現金及び預金 60.44億円(総資産比 18.35%)、商品31.27億円(総資産比9.49%)
・買掛金59.64億円(総資産比18.11%)
・有利子負債 25.93億円(総資産比 7.87%)

大黒天物産のコメント:
・小売業界におきましては、長引く景気低迷から消費者の節約志向が恒常化し、加えて業種・業態を超えた価格競争の激化により厳しい経営環境が続いております。
・このような経営環境の中、当社グループでは長野県内8店舗で食品、生活百貨の小売事業を展開する株式会社西源の全株式を取得し完全子会社といたしました。同社の価格・商品戦略やローコストオペレーションは当社グループが目指す路線と合致しており、商品力や価格競争力をさらに強化し収益力を向上させることが可能と考えております。
・当社グループでは新規出店として7月にラ・ムー北須磨店(神戸市須磨区)、9月にラ・ムー堺美原店 (堺市美原区)及びディオ河内長野店(大阪府河内長野市)、12月にディオ上牧店(奈良県北葛城郡上牧町)をオープンいたしました。
・当第3四半期会計期間より当社グループは、『V字改革イノベーション』をスローガンに全社的に取り組んでまいりました。この取組みの主要な柱は、「聖域なきコスト削減」であります。
・仕入コストや店舗管理コストに限らず、本社管理部門、物流部門まで含めた徹底したコスト削減を実施してまいりました。この『V字改革イノベーション』により、新規出店に伴う減価償却負担の増加や第1四半期連結会計期間にM&Aによる新規連結子会社ののれんの償却など費用増加要因があったものの、当第3四半期連結会計期間における営業費用の削減により、これらの費用を吸収することができました。

大黒天物産の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2791.T

PI研コメント:
・大黒天物産、2013年5月期、第3四半期決算が4/10、公表されました。結果は増収増益となりましたが、経費比率が急上昇、これをM&Aによる売上高でカバーしており、やや厳しい決算です。M&Aは売上高を大きく増加させますが、一方で、経費の上昇、B/S、負債の増加など、マイナス面も大きいといえます。財務が安定するまで、時間がかかるといえます。それにしても、大黒天物産、長野県への新規参入であり、食品スーパーのM&A、広域へと拡大しつつあります。大黒天物産の今後の動向に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 21, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2013

アークス、2013年2月、本決算、増収増益、M&A!

アークス、2013年2月期、本決算、増収増益:4/12
・http://www.arcs-g.co.jp/
・http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20130412160131.pdf

P/L関連:
・売上高 4.339.92 億円(24.6 )、営業利益 134.64億円(20.3)、経常利益 145.13億円(20.1)、当期純利益 82.53億円(△38.0)
・原価 76.13%(昨年76.61%):-0.48、売上総利益 23.87%(昨年23.39%):+0.48
・経費 20.76%(昨年20.17%):+0.59
  →ポイント引当金繰入額:38.73億円(売上対比0.89%)
・マーチャンダイジング力 +3.11%(+3.22%):-0.11
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 3.11%(昨年 3.22%):-0.11

通期予想:
・売上高 4,600.00億円(6.0)、営業利益141.00億円(4.7)、経常利益 150.00億円(3.4)、当期純利益76.00億円(△7.9)

B/S関連:
・自己資本比率 60.6%(昨年59.5%)、現金及び預金 212.61億円(総資産比 12.18%)、商品123.90億円(総資産比7.10%)
・買掛金237.90億円(総資産比13.63%)
・有利子負債 161.80億円(総資産比 9.27%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:113.02億円(昨年120.24億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△16.94億円(昨年43.09億円)
  →有形及び無形固定資産:△31.38億円(昨年△26.63億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△67.15億円(昨年△82.50億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):28.92億円(昨年80.83億円)

アークスのコメント:
・当社はグループ全体の基盤の拡大と企業価値の向上を目指し、平成24年9月1日に岩手県を中心に食品スーパーマーケット36店舗(平成25年2月28日現在)を展開する㈱ジョイス(本社:岩手県盛岡市)と経営統合し、同社を完全子会社といたしました。今後も既にグループ入りしている㈱ユニバース(本社:青森県八戸市)と共に、東北エリアにおける当社グループの企業価値の向上と競争力の強化に積極的に取り組んでまいります。なお、㈱ジョイスの従業員に対する福利厚生を充実させるため、当社子会社である㈱エルディ(本社:札幌市)が平成25年3月1日に「エルディ盛岡営業所」を開設いたしました。
・北海道内におきましては、経営資源の有効活用と地域のライフラインとしての役割を一層強化するため、平成24年7月1日に当社子会社の㈱ふじと㈱道北ラルズ(いずれも本社:北海道旭川市)を合併し、商号を㈱道北アークスへ変更いたしました。
・経営体制の強化につきましては、商品開発、商品情報の収集を目的として、東京都内に事務所を開設し、駐在員を派遣いたしました。
・営業面といたしましては、支払方法の多様化に対応するため、平成24年11月にアークスRARAカードをリニューアルし、プリペイドや電子マネー機能を搭載する等、機能の拡充を図りました。特に、プリペイドカードはお買上げ時に貯まるポイントに加え、チャージをする時にもポイントが加算されることから好評を博しております。これらの結果、平成25年2月末日現在のアークスRARAカードの総会員数は173万人となり、前年同期比で8万人の増加となりました。また、今後は東北エリアで店舗を展開する㈱ユニバース、㈱ジョイスへの導入を予定しております。
当社グループの総店舗数につきましては、当連結会計年度末現在で291店舗(北海道206店舗、青森県32店舗、岩手県50店舗、秋田県2店舗、宮城県1店舗)となっております。

アークスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9948.T

PI研コメント:
・アークス、2013年2月期、本決算、大幅、増収増益です。ジョイス36店舗のM&Aが大きく貢献しています。ただ、気になるのは経費比率であり、+0.59ポイント上昇しています。これもM&Aの効果?といえます。結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は原価の改善をカバーできず、昨年と比べ若干のマイナスとなり、営業利益は高では大幅プラスですが、率では若干のマイナスです。今期アークスは、M&Aだけでなく、カード戦略にも大きな変化があり、プリペイドカードを本格導入しました。今後、食品スーパーでもプリペイドカードが普及してゆく可能性が高いといえます。ユニバース、ジョイスもいずれ、このプリペイドカードが導入されるといえ、東北地方でもプリペイドカードの普及が一気に進むといえます。ちなみに、今期のポイント引当金繰入額ですが38.73億円(売上対比0.89%)の計上です。宣伝装飾費が53.54億円ですので、いずれ経費の中では逆転する可能性が高く、食品スーパーの販促も新たな時代の到来が真近といえます。商品から顧客へ、食品スーパーもまさにマーケティングの時代ですね。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 20, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2013

コスモス薬品、2013年5月期、第3.四半期、増収増益!

コスモス薬品、2013年5月期、第3四半期、増収増益:4/12
・http://www.cosmospc.co.jp/index.html
・http://www.cosmospc.co.jp/pdf/130412_3Qtanshin.pdf

P/L関連:
・売上高 2,412.27 億円(19.0 )、営業利益 116.61億円(17.3)、経常利益 125.90億円(17.3)、当期純利益 71.17億円(25.1)
・原価 81.24%(昨年80.83%):+0.41、売上総利益 18.76%(昨年19.17%):-0.41
・経費 13.92%(昨年14.25%):-0.33
・マーチャンダイジング力 +4.84%(+4.92%):-0.08
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 4.84%(昨年 4.92%):-0.08

通期予想:
・売上高 3,160.00億円(13.3)、営業利益134.00億円(0.5)、経常利益 146.00億円(0.6)、当期純利益77.80億円(0.6)

B/S関連:
・自己資本比率 42.0%(昨年36.6%)、現金及び預金 89.49億円(総資産比 8.80%)、商品263.62億円(総資産比25.92%)
・買掛金456.01億円(総資産比44.84%)
・有利子負債 15.21億円(総資産比 1.49%)

コスモス薬品のコメント:
・当社グループは消費者にとって「安くて、近くて、便利なドラッグストア」を目指して力を注いでまいりました。また、「良い商品を1円でも安く」というコンセプトのもと、小売業としての競争力強化に努めてまいりました。これにより、既存店売上高は堅調に推移いたしました。
・新規出店につきましては、関西地区に4店舗、中国地区に11店舗、四国地区に5店舗、九州地区に16店舗の合計36店舗を開設いたしました。また、4店舗を閉鎖いたしました。これにより、当第3四半期連結累計期間末の店舗数は489店舗となりました。なお、74店舗の棚替・改装を行い、既存店の活性化を図ってまいりました。

コスモス薬品の商品構成比:
・医薬品:405.26億円(16.8%)
・化粧品:283.14億円(11.8%)
・雑貨:403.05億円(16.7%)
・一般食品:1,279.13億円(53.0%)
・その他:41.69億円(1.7%)

コスモス薬品の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3349.T

PI研コメント:
・コスモス薬品、2013年5月期、第3四半期決算が4/12、公表されました。結果は増収増益、しかも大幅な増収増益であり、好決算です。今期36店舗の新規出店が寄与しており、既存店も堅調な推移とのことです。出店地域は、「関西地区に4店舗、中国地区に11店舗、四国地区に5店舗、九州地区に16店舗」ですので、いよいよ、関西への本格出店がはじまったといえ、まだまだ成長意欲は旺盛であり、当面、高成長が続くといえます。コスモス薬品の強さは、何といっても、経費比率13.92%にあり、食品スーパー、ドラックストア業界の中でも屈指の経費比率の低さといえます。この規模で、これだけの経費比率を維持できるのは脅威といえ、これがEDLPを支える原動力となっています。ただ、今期は、原価がやや上昇しており、結果、差し引き、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は率ではマイナスであり、意欲的な新規出店によって相殺され、営業利益を押し上げたといえます。それにしても、商品構成比、一般食品+雑貨が69.7%であり、もはやドラックストアというより、グロサリーストアといった方がよく、コスモス薬品、新業態を作り上げたといえます。今後、どこまで、この高成長が続くか、その動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 19, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2013

ベルク、2013年2月期、本決算、増収増益!

ベルク、2013年2月期、本決算、増収増益:4/10
・http://www.belc.jp/index.html
・http://www.belc.jp/corporate/uploads/8bdf76cb716299e060f080535c9ad7d7.pdf
・http://www.belc.jp/corporate/uploads/7c6fc63d0fe4ac524ca8067ace63f5b6.pdf

P/L関連:
・売上高 1,331.09 億円(7.4 )、営業利益 63.75億円(2.0)、経常利益 66.08億円(2.2)、当期純利益 33.94億円(0.2)
・原価 74.33%(昨年74.13%):+0.20、売上総利益 25.67%(昨年25.87%):-0.20
・経費 22.11%(昨年22.12%):-0.01
・マーチャンダイジング力 +3.56%(+3.75%):-0.19
・その他営業収入 1.31%(昨年 1.39%):-0.08
・営業利益 4.87%(昨年 5.14%):-0.27

通期予想:
・売上高 1,431.43億円(7.5)、営業利益65.45億円(2.7)、経常利益 67.36億円(1.9)、当期純利益39.00億円(14.9)

B/S関連:
・自己資本比率 52.4%(昨年54.9%)、現金及び預金 24.06億円(総資産比 3.43%)、商品37.78億円(総資産比5.39%)
・買掛金72.18億円(総資産比10.30%)
・有利子負債 153.20億円(総資産比 21.86%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:63.72億円(昨年72.19億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△111.28億円(昨年△63.31億円)
  →有形及び無形固定資産:△114.74億円(昨年△62.30億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:32.49億円(昨年△8.32億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△15.06億円(昨年0.54億円)

ベルクのコメント:
・小売業界におきましては、競合各社の積極的な出店及び販売施策の実施、また、個人消費におきましては、雇用不安や所得の伸び悩みの中、消費税率引き上げ法案の可決など、将来的な不安による節約志向が一層強まり、厳しい経営環境が続いております。
・このような状況の中で当社グループは、スーパーマーケットとして地域社会のお客様の生活防衛意識に応えるべく、「Low Price & Better Quality」を掲げ、生活必需品や消費頻度の高い商品群の価格強化及び売場づくりの活性化を一層推進いたしました。
・販売政策におきましては、クレジットカードを利用したお買物でもポイントを付与するサービスや曜日別販促として、毎週木曜日の「冷凍食品割引きセール」、毎週金曜日の「酒のポイント3倍セール」を行うとともに、効果的なチラシ販促を打ち出し、お客様の来店動機を高め、固定客化を図る取り組みを実施いたしました。
・消費者の低価格志向の高まりに対しましては、普段の生活に欠かせない生活必需品を毎日低価格で提供する「毎日特価」、期間限定ならではのお買得価格で提供する「月間得値」、イオングループのプライベートブランド商品である「トップバリュ」を拡販いたしました。また、季節性及びイベント性を強調した楽しく賑わい感のある売場づくり、夕方のピークタイムに出来たて商品を提供する「スーパー夕市」を行い、より充実した食生活の提案を推進しました。
・店舗運営におきましては、当社グループの最大の特長である標準化された企業体制を基盤に、LSP(作業割当システム)の定着化、適正な人員配置を図り、効率的なチェーンオペレーションを推進するとともに、自動釣札釣銭機の全店導入により、金銭授受の正確性を向上させる取り組みを実施いたしました。また、当社グループでは、自社物流センターを保有しており、計画的一括仕入、作業の一括集中処理により、商品の価格強化だけでなく、店舗作業の標準化及び効率化をバックアップしております。
・店舗展開におきましては、平成24年3月千葉県八千代市に「八千代緑が丘店」、6月埼玉県上尾市に「上尾東店」、7月埼玉県本庄市に「ベスタ本庄寿店」、8月埼玉県上尾市に「上尾春日店」、10月千葉県柏市に「柏しこだ店」、平成25年2月埼玉県深谷市に「フォルテ深谷店」を新規出店するとともに、競争力の強化及び当社が目指す標準化の推進のため既存店10店舗の改装を実施いたしました。
次期の見通し:
・連結子会社におきましては、「株式会社ホームデリカ」は、当社グループが目指す「製造小売業」へ進化させるために、自社開発商品の製造及び管理体制をさらに充実させ、ホームデリカでの集中作業やきめ細かい商品供給により、商品力の強化、店舗作業の軽減及び利益貢献を図ってまいります。

ベルクの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9974.T

PI研コメント:
・ベルク、2013年2月、本決算、増収増益の好決算です。ただ、利益高では2.0%の増益ですが、利益率では経費は若干改善したものの、原価の上昇がみられ、差し引き、商品売買から得られるマーチャンダイジング力はマイナスとなり、加えて、その他営業収入もマイナス、結果、営業利益は率ではマイナスとなりました。それにしても、キャッシュフローを見ると、営業活動によるキャッシュフローをはるかに超える投資活動によるキャッシュフローであり、攻めを全面に押し出す、強気の経営です。結果、資金を長期借入金で賄ったため、自己資本比率は昨年の54.9%から52.4%と若干下がりました。今後、子会社のホームデリカを通じ、「「製造小売業」へ進化させるために、自社開発商品の製造及び管理体制をさらに充実させ、・・」とのことで、惣菜、日配の強化が図られるものと思われ、原価の改善が進むのではないかと思います。今後、ベルクの原価がどのように改善されてゆくのか、その動向に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 18, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2013

ライフコーポレーション、2013年2月決算、増収減益!

ライフコーポレーション、2013年2月期、本決算、増収減益:4/12
・http://www.lifecorp.jp/
・http://www.lifecorp.jp/ir/pdf/130412kessan.pdf
・http://www.lifecorp.jp/ir/pdf/130412sankou.pdf

P/L関連:個別
・売上高 5,203.85 億円(3.4 )、営業利益 72.96億円(△34.1)、経常利益 71.95億円(△33.8)、当期純利益 27.27億円(△33.5)
・原価 73.15%(昨年73.08%):+0.07、売上総利益 26.85%(昨年26.92%):-0.07
・経費 28.44%(昨年27.69%):+0.75
・マーチャンダイジング力 -1.59%(-0.77%):-0.82
・その他営業収入 3.04%(昨年 3.04%):+0.00
・営業利益 1.45%(昨年 2.27%):-0.82

通期予想:
・売上高 5,320.00億円(2.2)、経常利益 72.00億円(0.1)、当期純利益29.00億円(6.3)

B/S関連:
・自己資本比率 29.7%(昨年29.1%)、現金及び預金 70.98億円(総資産比 4.00%)、商品193.98億円(総資産比10.94%)
・買掛金292.01億円(総資産比16.47%)
・有利子負債 651.76億円(総資産比 36.77%)

CF関連:連結のみ
・営業活動によるキャッシュ・フロー:113.01億円
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△153.54億円
  →有形及び無形固定資産:△128.48億円
・財務活動によるキャッシュ・フロー:5.58億円
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△34.93億円

ライフコーポレーションのコメント:
・流通業界におきましても、雇用・所得環境が改善しない中、消費税増税や電気料金値上げが見込まれていることから、消費者の生活防衛意識は強く、また、異業種も含めた生き残りに向けての競争も激化の一途をたどり、経営環境は厳しい状況下にありました。
・当社グループは『お客様からも社会からも従業員からも「ライフっていいねぇ!」 と言われる会社の実現』に向けて、当連結会計年度よりスタートした「第四次中期3ヵ年計画」で策定した「出店」、「商品」、「顧客満足向上」、「次世代対応」及び「コスト適正化」の『5つの戦略』と「働き方の改革」における各種の施策に取り組んでおります。その一環として惣菜部門の一層の強化を図るため、平成24年5月15日付で簡易株式交換により、食料品の製造・販売を行っている日本フードを完全子会社といたしました。また、株式会社ヤオコーとの間で、平成24年5月15日に業務提携の検討について合意し、その後災害時相互協力に関する協定を締結するとともに、引き続き商品開発、資材調達などの分野について協議を進めております。
・当連結会計年度に新規店舗として、3月に西田辺店(大阪府)、大倉山店(神奈川県)、落合南長崎駅前店 (東京都)、5月に塩草店(大阪府)、6月に練馬中村北店(東京都)、太融寺店(大阪府)、7月に子母口店(神奈川県)、9月に東大阪長田店(大阪府)、10月に北白川店(京都府)、本年2月に目黒大橋店(東京都)、昭和町駅前店(大阪府)の11店舗を出店いたしました。また、既存店舗につきましては、4月になんば店別館「LIFE pulari(プラリ)」(大阪府)を増床開店するとともに、経堂店、千川駅前店、浅草店、福崎店、庄内店、都島高倉店など10店舗で改装を実施する一方、4店舗を閉鎖し、経営資産の入替えを実施いたしました。
目標とする経営指標:
・「お客様からも社会からも従業員からも信頼される」事業体として、平成33年度には、「首都圏200店舗、近畿圏200店舗、売上高8,000億円、経常利益200億円の業容を有する、名実ともに日本一のスーパーマーケット」を目指して成長戦略を進めてまいります。
・コスト適正化戦略につきましては、当連結会計年度より全社横断によるコスト削減プロジェクトチームを発足させ、費目毎に聖域なきコスト削減に継続的に取り組むことにより、これを企業体質化すべく進めております。なお、電気料金値上げ対策については、従来の電力使用量の見える化による節電対策に加え、特に効果の高いLED照明について当連結会計年度末時点で新店を含む31店舗に採用し、今後も積極的に導入を進めてまいります。

ライフコーポレーションの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8194.T

PI研コメント:
・ライフコーポレーション、2013年2月期、本決算が4/12、公表されました。結果は、売上高については、11店舗の新規出店が寄与したことにより増益となりましたが、利益は原価、経費ともに上昇、ダブルで圧迫し、減益となりました。特に、経費の上昇が大きかったといえます。一方、B/Sの方ですが、自己資本比率は若干改善したとはいえ、依然として29.7%と厳しい数値であり、有利子負債も総資産比 36.77%、 651.76億円と財務を圧迫しています。キャッシュフローも営業活動によるキャッシュフロー以上に、投資活動によるキャッシュフローが上回っており、本来であれば財務改善を重視したいところかと思いますが、あえて、投資を強化し、成長戦略を打ち出しています。ライフコーポレーションは、「平成33年度には、「首都圏200店舗、近畿圏200店舗、売上高8,000億円、経常利益200億円」とのことで、現在231店舗ですので、今後約10年で約150店舗の新規出店、したがって、年平均15店舗が必要であり、この中期計画が背景にあるかと思います。今後、厳しい財務状況の中、ヤオコーとの業務提携を含め、どのような成長戦略を打ち出すか、ライフコーポレーションの動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 17, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2013

マルエツ、2013年度、本決算、減収減益!

マルエツ、2013年2月期、本決算、減収減益:4/12
・http://www.maruetsu.co.jp/
・http://www.maruetsu.co.jp/corporate/ir/pdf/tansin_130412.pdf

P/L関連:
・売上高 3,156.89 億円(△2.3 )、営業利益 20.02億円(△71.2)、経常利益 16.80億円(△75.0)、当期純利益 18.22億円(90.6)
・原価 69.84%(昨年69.98%):-0.14、売上総利益 30.16%(昨年30.02%):+0.14
・経費 31.71%(昨年30.05%):+1.66
・マーチャンダイジング力 -1.55%(-0.03%):-1.52
・その他営業収入 2.21%(昨年 2.24%):-0.03
・営業利益 0.66%(昨年 2.21%):-1.55

通期予想:
・売上高 3,260.00億円(3.3)、営業利益 25.00億円(24.9)、経常利益 20.00億円(19.0)、当期純利益8.00億円(△56.1)

B/S関連:
・自己資本比率 46.4%(昨年46.2%)、現金及び預金 127.50億円(総資産比 9.50%)、商品90.86億円(総資産比6.77%)
・買掛金175.06億円(総資産比13.05%)
・有利子負債 329.80億円(総資産比 24.59%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:44.63億円(昨年96.55億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:1.14億円(昨年△80.94億円)
  →有形及び無形固定資産:△82.31億円(昨年△89.78億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:2.40億円(昨年△17.64億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):48.18億円(昨年△2.04億円)

マルエツのコメント:
・小売事業につきましては、「革新と実行」を基本テーマに、「商品の改革」「売場の改革」「働き方の改革」「成長による顧客の拡大」に取り組みました。「商品の改革」では、「生活応援価格」を展開することにより、カテゴリー別にお客様の購買頻度の高い商品をよりリーズナブルな価格でお求めいただけるよう努めました。
・さらに、「お手頃なのにプラスワンの価値がある」PB商品maruetsu365」の開発推進とともに、新設数は271店舗となりました。した三郷複合センターの加工機能を活用し、精肉・鮮魚それぞれの部門の食材を使用した惣菜の「若鶏の唐揚げ」「厚切り鮭弁当」など、商品開発の領域を拡大しました。
・「売場の改革」では、共通ポイントサービスである「Tポイントサービス」を2月末までに全店で導入し、今後、データに基づく効果的な販売促進策を展開するための基盤づくりを推進しました。また、商品分類を食品スーパーマーケットとしてのあるべき体系へ見直しを図ることにより、お客様が快適にお買物できる売場づくりを進めています。
「働き方の改革」では、5月に「三郷複合センター」を本格稼働したことで、4つの自社センターへの再編・集約が完了し、これらのセンターの加工機能を活用することにより、店舗作業の軽減や店舗運営体制の見直し等、オペレーション面での改善に取り組みました。
・「成長による顧客の拡大」では、新たな事業拡大として、中国最大級の商業小売企業である蘇寧電器股份有限公司(平成25年3月に蘇寧雲商集団股份有限公司へ社名変更)と合弁契約を締結し、中国における1号店の開設準備を進めています。
・新店は、マルエツ屋号として新宿六丁目店(東京都)、戸塚舞岡店(神奈川県)、中山店(神奈川県)、京町店(神奈川県)、新江古田駅前店(東京都)、新田店(東京都)、東松戸駅店(千葉県)、赤羽台店(東京都)を、マルエツ プチ屋号店舗として一番町店(東京都)、池之端二丁目店(東京都)、本郷二丁目店(東京都)、新川一丁目店(東京都)、日本橋本町店(東京都)の合計13店舗を新設しました。なお、京町店は建替えのため3月に一旦閉鎖し、7月にオープンしました。さらに経営資源の効率化を図るため、麹町四丁目店(東京都)、日本橋金座通り店(東京都)、小田店(神奈川県)を閉鎖し、その結果、当連結会計年度末の店舗数は271店舗となりました。

マルエツの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8178.T

PI研コメント:
・マルエツ、2013年2月、本決算、減収減益、厳しい決算です。原価は改善しましたが、経費が大きく上昇、その他営業収入も微減でダブルで利益を圧迫し、減益となりました。それにしても、経費比率 31.71%は食品スーパーとしては極めて高く、ここをどう改善するか、大胆な経営改善が必須といえます。上場食品スーパー平均の25.0%近辺まで引き下げるか、その他営業収入を 2.21%からGMSのように大きく引きあげるか、それとも、オオゼキのように、坪効率を大きく改善するか、いずれも、ビジネスモデルを大きく見直す必要があるといえ、マルエツが今後、この結果を踏まえ、どのような経営戦略を打ち出すか、注目です。ちなみに、昨年2012年度決算の上場食品スーパーで経費比率が30%を超えるのはOlympic 36.8%、平和堂33.0%、イオン九州 32.8%、イズミヤ31.2%、マルヤ30.6%ヤマナカ30.5%、マルエツ30.1%の7社です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 16, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2013

アクシアルR誕生、原信ナルスH、フレッセイ、経営統合!

原信ナルスH、フレッセイ、経営統合!
・原信ナルスホールディングス株式会社と株式会社フレッセイホールディングスの株式交換による経営統合、ならびに原信ナルスホールディングス株式会社の商号の変更、 定款の一部変更、代表取締役の異動およびその他役員の異動に関するお知らせ :4/12
・http://www.hnhd.co.jp/holdings/files/2013/04/130412press.pdf
・http://www.hnhd.co.jp/
・http://www.fressay.co.jp/index.php

・本日、原信ナルスホールディングス株式会社(以下、「原信ナルスHD」といいます。)と株式会社フレッセイホールディングス(以下、「フレッセイHD」といいます。)は、株式交換(以下、「本株式交換」といいます。)により両社が経営統合(以下、「本経営統合」といいます。)を行うことを両社の取締役会で決議し、両社の間で株式交換契約書(以下、「本株式交換契約」といいます。)を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。また、これに伴い、原信ナルスHDは、定款の一部を変更し、平成25年10月1日(予定)付で「アクシアル リテイリング株式会社(以下、「アクシアルR」といいます。)」に商号変更することを含む定款の一部変更議案ならびに取締役および監査役の選任議案を、平成25年6月26日開催予定の原信ナルスHDの定時株主総会に付議することを決議しております。
・フレッセイHD株式1株に対して、原信ナルスHD株式0.86株を割当て交付いたします。

本株式交換の効力発生日:平成25年10月1日(予定)
・原信ナルスHD69店舗:新潟県64店、長野県3店、富山県2店
・フレッセイHD49店舗:群馬県44店、埼玉県3店、栃木県2店

アクシアル リテイリング株式会社 :
・所在地:新潟県長岡市中興野18番地2
・代表取締役会長:山崎軍太郎
・代表取締役社長:原和彦
・代表取締役副社長:植木威行

本経営統合の目的:
・両社が主たる事業とするスーパーマーケット業界においては、近年、事業閉鎖や合従連衡など、業界再編が起こりつつあります。
・その背景には、雇用環境の悪化や所得の低迷、社会保障制度の将来不安といったことに起因する消費者の生活防衛意識や低価格指向の高まりと消費低迷、同業他社の相次ぐ新規出店や低価格競争による競合関係の増大があります。また、競合の激化は同業に収まらず、業種の垣根を越えた総合スーパーやディスカウントストア、コンビニエンスストア、ドラッグストアとも激しくなっており、スーパーマーケット業界各社は、このような経営環境において多様なアプローチが求められています。
・原信ナルスHDは、平成18年に株式会社原信と株式会社ナルスが統合し誕生して以来、時代を先取りし、自らの意思で「変革」に果敢に挑戦し、地域経済に根ざした新しいスーパーマーケット事業を創造することを目指してまいりました。具体的には、「日本一のサービス、SSM(スーパー・スーパーマーケット:大型の食品スーパーマーケット)200店舗、信頼の構築」を柱とする長期ビジョン「Advanced Regional Chain」に基づき、TQM(総合的品質管理)を基盤としたサービスレベルの向上、価格以上の価値を持った商品提供・品揃えの充実など、地域社会の一員としてお客様にご満足いただける店舗作りを継続しております。また、リージョナル・チェーンとして店舗数の拡大に伴うマスメリットを追求することで、お客様を始めとするステークホルダーに対しより付加価値の高い商品・サービスの提供を追及してまいりました。
・一方、フレッセイHDは、「事業会社の企業価値拡大を通し、地域の発展と事業に関わる全ての人々の幸福の実現を目指す」ことを経営理念とし、人的価値、社会的価値、経済的価値の3つの企業価値を高める経営活動を進めております。スーパーマーケット事業では、食生活を豊かにする優良商品を提供することを使命と捉え、顧客のニーズを把握し固定客化を図るべく顧客マーケティングの実践にも注力してまいりました。平成19年には、ISO9001品質マネジメントシステムを取得し、その後、継続的運用により、顧客満足の拡大につなげるマネジメント体制の確立を進めております。出店政策においては、群馬県県央部を中心としたドミナントエリアの構築を基本戦略に据え、標準店である「フレッセイ」店舗のほか、近年では、高品質業態の「クラシード」「クラシーズ」店舗の展開を強化しております。
・両社はともに食品スーパー共同仕入機構シジシージャパンに加盟し、また隣県に展開していることもあり、緊密な情報交換を行うなど友好関係にありました。その中で、様々な選択肢を検討した結果、新潟県・長野県・富山県に69店舗を展開し、北信越エリアを代表する食品スーパーマーケットである原信ナルスHDと群馬県・埼玉県・栃木県に49店舗を展開し、北関東エリアを代表する食品スーパーマーケットであるフレッセイHDが上記の使命感を共有し、互いの独自性を尊重しながら両社の経営資源を融合することで、プライベートブランド等、販売規模を活かした新商品の開発や適価でより良質な食品の安定供給が可能となり、一層の競争力強化と、リージョナル・チェーンとしてのプラットフォームの更なる強化・拡大が期待できると考え、本経営統合を行うことが最適であるとの判断にいたりました。
・本経営統合によりアクシアルRグループは、売上高で約2,000億円規模のグループとなることが見込まれますが、今後さらにアクシアルRグループのシナジーの極大化を目指し、よりマスメリットを追求できるリージョナル・チェーン体制を目指してまいります。

原信ナルスHの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8255

PI研コメント:
・いよいよ、本格的な食品スーパー業界の再編がはじまったといえます。原信ナルスHとフレッセイHがこの10月に経営統合、アクシアル リテイリングの誕生です。首都圏では、すでにコープ事業連合の東京、千葉、埼玉が合併し、コープみらいが、コープかながわ、コープ静岡、市民生協やまなしが統合し、ユーコープが誕生しており、さらに、イオンがダイエー、ピーコックストアを合併、今回のアクシアルRは北関東であり、首都圏全域の食品スーパーが揺れています。今後、セブン&アイH、特にヨークベニマル、西友ウォールマート、そして、ベイシア等も動くと思われ、さらに、イオンも次の展開が予想されます。また、ヤオコーとライフコーポレーションの業務提携も一層強化されると思われます。当然、この動きは全国の食品スーパーへも波及することは必至であり、食品スーパー業界、来年の消費増税も視野に激動の時代に入ったといえます。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 15, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2013

イオン、ダイエーへの公開買い付け(TOB)、7月以降か?

イオン株式会社による当社株券等に対する
    公開買付けへの応募に関する意見表明のお知らせ:4/12

・http://www.daiei.co.jp/corporate/pdf/release/2013/130412-1.pdf
・http://www.daiei.co.jp/index.php
・当社は、平成 25 年3月 27 日付で公表した「イオン株式会社による当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ」(以下「3月 27 日付プレスリリース」といいます。)に記載のとおり、イオン株式会社(以下「公開買付者」といいます。)による当社株式に対する公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)に関して、賛同の意見を表明するとともに、公開買付けへの応募に関する意見については、当社の平成 25 年2月期の連結及び個別決算の内容、並びに決算内容を分析の上で算出する予定の当社の平成 26 年2月期の業績予想等も踏まえて協議・検討し、当社の平成 25 年2月期決算短信とともに公表することとしていましたが、平成 25 年4月 12 日開催の取締役会において、以下のとおり、本公開買付けへの応募については、当社の株主各位のご判断に委ねる旨を決議いたしましたので、お知らせいたします。

当該公開買付けに関する意見の内容、根拠及び理由:
・当社は、平成 25 年4月 12 日開催の取締役会において、公開買付者による当社株式に対する本公開買付けへの応募については、当社の株主各位のご判断に委ねる旨を決議いたしました。
本公開買付けの概要:
・公開買付者は、本日現在、当社株式 39,504,000 株(普通株式 9,644,000 株及び甲種類株式29,860,000 株。所有割合は 19.89%となります。)を所有する当社の筆頭株主であり、議決権の所有割合は 100 分の 20 未満であるものの実質的な影響力を考慮し、当社を持分法適用関連会社としております。
・公開買付者は、当社の第二位株主である丸紅株式会社(以下「丸紅」といいます。)が本日現在所有する当社株式 36,650,470株(普通株式 21,170株及び甲種類株式 36,629,300株、所有割合:18.45%)の全て及び当社の第三位株主である丸紅リテールインベストメント株式会社(丸紅の 100%子会社。以下「丸紅 RI」といいます。)が本日現在所有する当社株式 21,643,050 株(普通株式 11,691,100 株及び甲種類株式 9,951,950 株、所有割合:10.89%)のうち、公開買付者と丸紅との間で本公開買付けに応募しない旨の合意をしている当社普通株式 9,932,700 株(所有割合:5.00%)を除く当社株式 11,710,350 株(普通株式 1,758,400 株及び甲種類株式 9,951,950 株、所有割合:5.89%)、すなわち丸紅所有分及び丸紅 RI の本日現在の所有分の合計で当社株式 48,360,820 株(普通株式1,779,570 株及び甲種類株式 46,581,250 株、所有割合:24.34%)を取得することで、当社を公開買付者の連結子会社とすることを目的として、当社の発行済株式の全て(但し、丸紅 RI が本日現在所有する当社普通株式 9,932,700 株(所有割合:5.00%)及び当社が所有する自己株式を除きます。)を対象とする本公開買付けを実施することを決定したとのことです。
・公開買付者は、本公開買付けによる株式取得に関して平成 25 年3月1日に公正取引委員会に対して事前届出を行い、同日付で受理されているとのことですが、本日現在、全ての報告等が受理されるには至っていないとのことです。そして、公開買付者は、第2次審査により排除措置命令を行わない旨の通知を受理した後、速やかに本公開買付けを開始することとなるため、平成 25 年7月中旬頃に本公開買付けを実施することを目指しているとのことです。
本公開買付けの実施を決定するに至った背景、目的及び意思決定の過程:
・本日現在、公開買付者は単独では当社株式 39,504,000 株(普通株式 9,644,000 株及び甲種類株式 29,860,000 株、所有割合:19.89%)を所有する当社の筆頭株主として当社を持分法適用関連会社としてはいるものの、実質的な当社の筆頭株主は、直接保有分及び 100%子会社である丸紅 RI を通じた間接保有分を併せて合計で当社株式 58,293,520 株(普通株式 11,712,270 株及び甲種類株式 46,581,250 株、所有割合:29.34%)を所有する丸紅であります。
・現在の公開買付者と当社との資本関係では、当社と同じ総合小売業を営む公開買付者が主体的に当社の経営改革を推進することは難しいこともあり、公開買付者と当社の両グループのスケールメリットとシナジーを最大限に活かして成果を出すまでには至っておらず、当社の業績は平成 21 年2月期から平成 25 年2月期にかけて5期連続で連結当期純損失を計上する見込みでした。
・公開買付者は、当該3ヶ年中期経営計画において、新しい成長機会を獲得する公開買付者グループの共通戦略の1つとして「大都市シフト」を掲げ、首都圏を中心とした大都市における公開買付者グループのシェア拡大に向け、公開買付者グループの有する多様な店舗業態で展開を加速しているとのことです。その中で、公開買付者は、平成 24 年6月頃から当社を公開買付者の連結子会社とすることが公開買付者の「大都市シフト」を推進し公開買付者のシェア拡大に寄与するものであり、また当社にとっても公開買付者と緊密な資本関係を構築することでさらなるスケールメリットを活かした商品の調達が可能となり、物流やシステムといったインフラ面の効率化や、人材面についても従事できる業務の多様化が図られ、かつ、人材の確保も容易となる等、当社の早期の損益改善等につながる取り組みが可能となることに加え、公開買付者グループがもつ経営基盤やノウハウ(店舗物件開発、テナントリーシング、非食品部門のマーチャンダイジング(注2)等)の共有により当社店舗の魅力度が増し、さらには財務面での支援等により当社の成長戦略又は店舗資産活性化についても実行できるとの考えに至り、両社の企業価値の向上を図るためには当社を公開買付者の連結子会社とすることが最善の策であると判断したとのことです。
当社の意思決定の過程及び理由:
・今回の提案を受け、当社にとっては公開買付者の連結子会社になることで、当社に対する一層の支援、具体的には当社の成長戦略あるいは店舗資産活性化を目的とした財務面での支援、事業成長に資する人材面でのさらなる交流、公開買付者グループがもつ経営基盤やノウハウ(店舗物件開発、テナントリーシング、非食品部門のマーチャンダイジング等)を活用した店舗魅力度向上への協力と支援等が実現し、当社の構造改革に大きく貢献すると考えております。また、公開買付者が当社普通株式を上場廃止することを企図しておらず、当社の上場会社としての一定の経営の自主性・独立性と「お互いの暖簾を尊重しあう」という現行の業務提携の基本方針は引き継いだ上で、これまで以上に様々な領域での事業シナジーを追求することで、企業価値の向上とさらなる発展につながるとの考えに至りました。
上場廃止となる見込み及びその事由 :
・公開買付者は、本公開買付けによる売却を希望する当社の株主の皆様に売却の機会を提供するために買付予定数の上限を設定していないため、本公開買付けの結果次第では、当社普通株式は、東京証券取引所が定める上場廃止基準(以下「上場廃止基準」といいます。)のうち、①株主数が事業年度の末日において 400 人未満である場合において、1年以内に 400人以上とならないとき、②流通株式時価総額(事業年度の末日における最終価格に、事業年度の末日における流通株式数を乗じて得た額)が事業年度の末日において、5億円未満となった場合において、1年以内に5億円以上とならないときのいずれかの上場廃止基準に該当する場合があり、その場合には、所定の手続を経て上場廃止となる可能性があります。

買付け等の価格 :
・普通株式1株につき金 270 円
・甲種類株式1株つき金 270 円

大株主及び持株比率(平成 24 年8月 31 日現在):
・イオン株式会社 19.85%
・丸紅株式会社 18.41%
・丸紅リテールインベストメント株式会社 10.87%

PI研コメント:
・イオンが「3月 27 日付で公表した「イオン株式会社による当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ」」にもかかわらず、TOBが実施されていない状況です。その理由は、公正取引委員会が「本日(4/8)現在、全ての報告等が受理されるには至っていない。・・」ためであり、結果、TOPの実施は、「第2次審査により排除措置命令を行わない旨の通知を受理した後、速やかに本公開買付けを開始することとなるため、平成 25 年7月中旬頃に本公開買付けを実施することを目指している、・・」とのことで、7月以降になると思われます。したがって、参議院選挙後ということになりそうです。その第1の目的ですが、「当社を公開買付者の連結子会社とすることが公開買付者の「大都市シフト」を推進し公開買付者のシェア拡大に寄与する、・・」とのことです。これにより、これまで手薄であったイオンの首都圏戦略が一気に進み、すにでTOBを実施したピーコックストア、成長著しいマイバスケットを含め、首都圏でのイオンの存在感が急速に増すと思われます。PB、トップバリュのシェアも加速し、PBとNBの競争も激化するといえます。これにより、今後、首都圏の食品流通の構造変化が起こり、さらに、首都圏市場での食品スーパーの寡占化が加速するものと予想されます。今後、首都圏の食品スーパー各社の動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 14, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2013

ダイエー、2013年2月、本決算、赤字決算!

ダイエー、2013年2月期、本決算、増収増益:4/6
・http://www.daiei.co.jp/index.php
・http://www.daiei.co.jp/corporate/ir/news/pdf/h24_kessantansin.pdf

P/L関連:
・売上高 8,694.94 億円(△4.6 )、営業利益 37.29億円(15.0)、経常利益 4.03億円、当期純利益 △11,379億円
・原価 69.51%(昨年69.86%):-0.35、売上総利益 30.49%(昨年30.14%):+0.35
・経費 37.44%(昨年37.07%):+0.37
・マーチャンダイジング力 -6.95%(-6.93%):-0.02
・その他営業収入 7.42%(昨年 7.32%):+0.10
・営業利益 0.47%(昨年 0.39%):+0.08

通期予想:
・売上高 8,700.00億円(0.1)、営業利益 80.00億円(114.5)、経常利益 45.00億円、当期純利益10.00億円

B/S関連:
・自己資本比率 36.5%(昨年37.9%)、現金及び預金 332.44億円(総資産比 8.76%)、商品及436.62億円(総資産比11.51%)
・買掛金579.52億円(総資産比15.28%)
・有利子負債 598.43億円(総資産比 15.78%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:70.10億円(昨年22.25億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△40.50億円(昨年59.62億円)
  →有形及び無形固定資産:△119.13億円(昨年△80.09億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△114.57億円(昨年△147.33億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△84.97億円(昨年△65.46億円)

ダイエーのコメント:
・当社グループでは、「光り輝くダイエーの復活」を目指し前連結会計年度において、平成24年度を最終年度とした「ダイエーグループ中期経営計画 -Brilliant Daiei 55-(以下「BD55」)」を策定し、「お客様、地域社会の『ライフソリューションパートナー』」を企業のありたい姿とし、“新たな提供価値である利便性ソリューションを通じて、お客様、地域社会とともに発展していく企業”を目指すべき方向として、引き続き再生へ向けて着実に歩みを続けてまいりました。
・食品や生活必需品を中心とした最寄品を扱う売場におきましては、家計消費支出や自社の売上状況等を集約したデータを活用することで品揃えや陳列面積を適正化し、お客様の買いやすさを追求した売場、サービスの展開を全社的に進めております。
・お弁当やお惣菜等の中食カテゴリーにおきましては、少量、小規格商品の拡充のほか、生鮮売場での簡便調理食品を充実させる等、お客様の幅広いご要望にお応えできるよう品揃えを強化いたしました。
・ヘルスケア・ビューティカテゴリーにおきましては、美容、健康及び家事等に関連する生活用品をお客様の視点で再構築した売場の導入を進めてまいりました。また、当社をご愛用いただいているハートポイントカード会員様限定の特別価格で商品を提供する施策を北海道、関東及び九州の20店舗で実施しており、今後も実施店舗数を拡大してまいります。
・一方、買い回り品におきましては、店舗ごとにお客様のニーズに合わせ、ライフスタイルを提案する売場の導入を目的として、当社において32店舗を改装いたしました。改装店舗では、ライフスタイル提案型の売場として、寝具、インテリア及びバストイレ用品等を利用シーンで括り直したホームファッション売場や、商品単品ではなくコーディネートを提案する衣料品売場等を導入しております。
・スーパーマーケット(以下「SM」)業態及びスーパースーパーマーケット(以下「SSM」)業態におきまして前連結会計年度に開始した「SM・SSM業態改革タスク」で推進している店舗内の横断的な作業割付や食品加工センターの活用を通じた人時生産性改善の取り組みを拡大してまいりました。また、セルフチェックアウトレジやお歳暮等のギフト承りシステムの導入により、待ち時間短縮によるお客様サービスの向上と作業効率改善の両立を進めてまいりました。
・新規出店につきましては、都市集中化や人口減少、シニアシフトといった人口動態の大きな変化への対応として、都市型SM業態「foodium」を新たな業態として構築し、foodium下北沢(東京都)、foodium堂島(大阪府)を9月に出店いたしました。また、店舗建て替えのために一時営業終了しておりましたダイエー藤沢店(神奈川県)を10月に再度出店いたしました。加えて、業態転換として、SM業態の店舗を展開する当社子会社の株式会社グルメシティ近畿のグルメシティ東心斎橋店(大阪府)を8月に都市型SM業態店舗のfoodium東心斎橋へと転換しております。
・DS業態では、ビッグ・エーが関東エリアで4店舗を新規出店いたしました。また、新たに設立した当社子会社の株式会社ビッグ・エー関西が12月にビッグ・エー関目店(大阪府)を出店し、近畿エリアにおける当社グループのDS業態の店舗は3店舗となりました。
・ネットスーパーにつきましては、実施店舗を関東から近畿、北海道エリアへと広げ、26店舗まで拡大いたしました。

ダイエーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8263.T

PI研コメント:
・ダイエー、2013年2月決算が4/8、公表されました。結果は減収、赤字決算と厳しい状況です。営業段階では増益ですが、その中身は、経費が上昇し、原価の改善では補えず、差し引き、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力がマイナスとなりました。これをその他営業収入の上昇で補い、営業増益とはなりましたが、その数字は0.47%とわずかであり、厳しい収益率です。それにしても、経費比率は37.44%であり、GMSが主体であるがゆえ、高めにならざるをえないとはいえ、かなり高い数字です。新聞報道では、「ダイエー、3年で全店改装 15年2月期最終黒字目指す」(日経新聞)とのことですので、改装により黒字化をはかるとのことです。したがって、既存店の底上げにより、固定費を引き下げ、間接的に経費比率を改善する方針であるといえますが、今後、イオン主導で全店改装し、どこまで数値が改善するか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 13, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2013

スギH、2013年2月本決算、増収増益!

スギH、2013年2月期、本決算、増収増益:4/9
・http://www.sugi-net.jp/
・http://www.drug-sugi.co.jp/hd/ir/zaimu/pdf/201302_Q4.pdf

P/L関連:
・売上高 3,436.13 億円(5.0)、営業利益 184.21億円(7.0)、経常利益 226.96億円(18.5)、当期純利益 126.30億円(10.5)
・原価 72.71%(昨年73.18%):-0.47、売上総利益 27.29%(昨年26.82%):+0.47
・経費 21.92%(昨年21.55%):+0.37
・マーチャンダイジング力 +5.37%(+5.27%):+0.10
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 5.37%(昨年 5.27%):+0.10

通期予想:
・売上高 3,660.00億円(6.5)、営業利益 190.00億円(3.1)、経常利益 211.00億円(△7.0)、当期純利益113.00億円(△10.5)

B/S関連:
・自己資本比率 63.1%(昨年60.4%)、現金及び預金 416.27億円(総資産比 25.26%)、商品及396.11億円(総資産比24.03%)
・買掛金365.10億円(総資産比22.15%)
・有利子負債 0.00億円(総資産比 0.00%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:132.82億円(昨年191.79億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△131.77億円(昨年△138.75億円)
  →有形及び無形固定資産:△78.75億円(昨年△54.44億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△20.33億円(昨年△9.32億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△19.28億円(昨年43.71億円)

スギHのコメント:
・ドラッグストア業界においては、異業種・異業態間競争が激化し、販売する商品や販売の仕方が同質化した価格競争に陥っております。加えて、診療報酬改定に伴う薬価引き下げなどもあり、厳しい経営環境が継続しております。
・また、今後は参入者の増加が予想される薬のネット販売や、シニアマーケットの拡大に対応するため、将来を睨んだ「事業ドメインの再確認・再創出」と当社の強みを活かした「多様な販売形態の検討・導入」が必要になってきております。
・一方、調剤事業においては競争が激しいものの、「地域のお客様・患者様に頼りになる存在」、「地域になくてはならない存在」となる為に、在宅医療など新たな医療分野としてのサービス拡充が求められてきております。
このような状況下、当社は外部環境が大きく変化する今こそ次なる成長の機会と捉え、「事業部制を見据えた分権化」の実施、「分権化組織の経営者と経営幹部の育成」を目的に社内大学(スギ・カレッジ)の充実・強化、部門別業績責任管理会計システムの構築などに取り組んでまいりました。
・上記の施策により、変化する市場、激化する競争環境に対して的確な判断、俊敏な行動を行い、より一層、地域に根差し地域に密着した店舗運営を行うとともに、新規開発と既存店舗の改装や業態転換などによる店舗ポートフォリオの再構築を計画的・段階的に推し進め、次代に向けた組織体制と店舗の整備を強力に進めてまいりました。
(次期の見通し)
・スギ薬局事業部においては、薬剤師、ビューティアドバイザー、管理栄養士、登録販売者によるカウンセリング力を更に強化するとともに、ジャパン事業部においては、店舗を計画的・段階的に見直しながら、価格競争力を更に高める為の諸策に取り組んでまいります。
・また、商品面では、地域のお客様・患者様を起点としたキメ細かな品揃え実現をはかるために今年度から実施した新たな組織運営と業務の早期定着化をはかるとともに、その運営ツールである新たなシステム(マーチャンダイジング・サイクル・システム)の導入展開を実施してまいります。
・更に、PB商品(自社開発したプライベートブランド商品)のポジション見直し・整備、そして、個々のPB商品のリニューアルに取り組み、その販売シェアの拡大にも取り組んでまいります。
・一方、部門別業績責任管理を行う管理会計システムの導入により、組織単位で業務と数値の計画管理体制を強化する予算制度運営の充実をはかり、ローコスト経営体質づくりに取り組んでまいります。 更に、タスクフォースを設置して、主要経営課題の解決を促進し、柔軟かつ筋肉質の経営構造・体質を構築してまいります。

スギHの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7649.T

PI研コメント:
・スギHが2013年2月期、本決算を4/9公表しました。結果は増収増益、好決算となりました。特に、経費の上昇を原価の改善で補い、利益を押し上げたのが要因といえます。PBの強化も大きいと思われ、スギH自身も次期の見通しで、「PB商品(自社開発したプライベートブランド商品)のポジション見直し・整備、そして、個々のPB商品のリニューアルに取り組み、その販売シェアの拡大にも取り組んでまいります。」とコメントしており、PB強化は一層進むと思われます。スギHの強さは、この収益性の高さもさることながら、自己資本比率が63.1%、有利子負債0と、財務の健全さにあり、これが成長戦略へシフトできる背景にあり、堅実な成長を支えているといえます。また、社員教育にも力を入れており、「スギ薬局事業部においては、薬剤師、ビューティアドバイザー、管理栄養士、登録販売者によるカウンセリング力を更に強化、・・」、「「分権化組織の経営者と経営幹部の育成」を目的に社内大学(スギ・カレッジ)の充実・強化、・・」などに取り組んでおり、今後、これらを踏まえ、どのような成長戦略を打ち出すか、注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 12, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2013

カスミ、2013年2月期、本決算、増収減益!

カスミ、2013年2月期、本決算、増収減益:4/8
・http://www.kasumi.co.jp/index.html
・http://www.kasumi.co.jp/invest/pdf/kesantanshin/25-2kesantanshin.pdf
・http://www.kasumi.co.jp/invest/pdf/kesantanshin/25-2kesan_sankoushiryou.pdf

P/L関連:
・売上高 2,283.81 億円(3.0)、営業利益 65.54億円(△19.7)、経常利益 66.72億円(△20.2)、当期純利益 32.89億円(125.7)
・原価 73.95%(昨年73.79%):+0.16、売上総利益 26.05%(昨年26.21%):-0.16
・経費 26.68%(昨年25.86%):+0.82
・マーチャンダイジング力 -0.63%(+0.35%):-0.98
・その他営業収入 3.60%(昨年 3.47%):+0.13
・営業利益 2.97%(昨年 3.82%):+0.85

通期予想:
・売上高 2,368.00億円(3.7)、営業利益 68.00億円(3.7)、経常利益 74.00億円(10.9)、当期純利益40.00億円(21.6)

B/S関連:
・自己資本比率 54.6%(昨年53.4%)、現金及び預金 109.84億円(総資産比 13.54%)
・商品及45.75億円(総資産比5.64%)
・有利子負債 26.50億円(総資産比 3.26%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:79.95億円(昨年72.38億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△61.69億円(昨年△55.36億円)
  →有形及び無形固定資産:△55.79億円(昨年△53.48億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△12.27億円(昨年△36.57億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):5.98億円(昨年△19.55億円)

カスミのコメント:
・スーパーマーケット業界におきましては、生活者の節約志向・低価格志向の高まりや、異業態も含めた競争の激化など厳しい経営環境が続いています。
・このような状況の中、当社グループは、お客様に共感していただける店舗づくりを目指し、良質な商品とサービスをロープライスで提供できる仕組みの確立に取り組みました。
・営業面では、お客様に「ほんもの」の満足をご提供できるよう、小売業の基本であるQSC(品質・サービス・清潔感)の向上、個店毎のマーケットに応じた売場作り、値ごろ感を重視した販促企画の強化に取り組みました。また、スマートフォンなどの携帯端末で当社のチラシを閲覧できるアプリケーションの提供など新たな販促にも取り組みました。
・さらに、ソーシャルメディアの活用を推進する専任部署を設置し、平成24年5月に公式Facebook(フェイスブック)ページを開設しました。9月に開店したフードスクエア越谷ツインシティ店では、Facebookを活用し、お客様モニターの声を店舗運営に反映させる仕組みづくりに取り組みました。また、Facebookを活用したお客様参加型のイベント「鍋料理コンテスト」を行うなど、お客様との新たなコミュニケーションづくりを進めました。
・新たな取り組みでは、毎日のお買い物にご不便を感じている方々に対する小売りサービスの可能性を検証するため、つくば市において移動スーパーの実証実験を行いました。また、ネットスーパーにつきましては、当連結会計年度末現在6店舗にてサービスを行っております。
・出店につきましては、フードスクエア越谷大袋店(埼玉県越谷市)、フードスクエア流山おおたかの森店(千葉県流山市)、フードスクエア春日部武里店(埼玉県春日部市)、おもちゃのまち店(栃木県下都賀郡壬生町)、フードスクエア越谷ツインシティ店(埼玉県越谷市)、フードスクエアふじみ野店(埼玉県ふじみ野市)の6店舗を開店しました。既存店の活性化では、フードスクエア牛久店の改装を行いました。また、経営効率の観点からFOOD OFFストッカー茂原東部台店を閉鎖し、総店舗数は当連結会計年度末現在146店舗となりました。

【ソーシャルシフト事例】
・明日から、君たちの上司は経営哲学だ 〜 カスミ・インサイド・ストーリー
・http://media.looops.net/saito/2013/04/01/kasumi_inside_story/
・2012年3月、ソーシャルシフトの専属組織となる「ソーシャルメディア・コミュニケーション研究会(略称ソーコミ)」が組織化され、小浜会長、藤田社長の両トップが自ら推進役となった。社内キーマンへの現状インタビュー、クチコミや社員満足度調査、ソーシャルメディアの啓蒙活動、Facebookファンページ(カスミFanページ)立上げ、新店舗出店時のFacebookコミュニティ活用と、部門を超えて、矢継ぎ早に施策が実施された。
・http://www.facebook.com/kasumi.fanpage

カスミの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8196.T

PI研コメント:
・カスミ、2013年2月期、本決算が4/8、公表されました。結果は新店、改装効果により、増収とはなりましたが、利益は東日本大震災の反動もあり、原価、経費ともに上昇、ダブルで利益を圧迫し、厳しい結果となりました。ただ、来期はその反動もあり、増収増益予想であり、業績の回復が見込まれています。カスミは、「2012年3月、ソーシャルシフトの専属組織となる「ソーシャルメディア・コミュニケーション研究会(略称ソーコミ)」が組織化され、小浜会長、藤田社長の両トップが自ら推進役となった。」とのことで、ソーシャルシフト真っ最中です。すでに、モデル店舗10店舗が選定され、通常のチェーンストア管理とは切り離し、ソーシャルシフトの実証実験を展開しています。今後、その波及効果がどのように全社に浸透してゆくのか、その動向に注目です。ソーシャルシフトは顧客との接点、コミュニケーションがポイントですので、原価、経費の改善よりも、先に、顧客の増加、ID客数とID客数PI値(頻度)のアップが期待される政策ですので、カスミの客数がどう変化するか、気になるところです。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 11, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2013

顧客へ愛、顧客へ感謝、顧客へ還元!

顧客へ愛、顧客へ感謝、顧客へ還元!
・小売業もマーケティングの時代、見えてきたi D-POS分析の使命!
 
  まずは、村田先生が日経ビジネスの2008/11/03号に公表された小論、「マーケティングは「愛」、愛情なき商売から脱却を」の全文を見ていただければと思います。

マーケティングは「愛」、愛情なき商売から脱却を
 村田昭治:慶応義塾大学名誉教授

  「モノが売れないと言われて久しい。理由はいくらでも挙がります。世界的な景気低迷、賃上げの抑制、モノ余りによる需要の減退、人口減による市場の縮小…。だが、こうした外部環境だけが原因なのでしょうか。
  戦後、日本を悪くしたものが3つあります。「能率」「マニュアル」「標準化」です。商売に多くの無駄がはびこっていた時代には、これらが“3種の神器”となって、差別的優位性をもたらしました。コンビニエンスストアが成長した原動力は、まさしくこの3種の神器にあります。ですが、多くの企業が競って効率化を進めていった結果、個性のない店が蔓延し、どこの店で買っても大差ないと思われるようになりました。いわば「商売のコモディティー化」が、消費者離れを起こしたのです。
  この3種の神器がもたらしたさらなる弊害は、そこで働く人間もコモディティー化させたことです。百貨店の売り場で聞く「いらっしゃいませ」の声が、何と事務的で冷たいことでしょう。本当にその売り場の商品を薦めたい、どうしても店に寄ってほしいという気持ちが感じられないのです。
  人間のコモディティー化は百貨店全体を硬直化させます。例えば、午前10時開店ならきっちり10時にならないと扉を開けない。お年寄りが列を作って待っているのなら、なぜ5分でも早く店に入れてあげないのでしょうか。百貨店の経営不振の根っこに、お客へのホスピタリティーよりも店側の
都合や規則を優先する姿勢があるように思えてなりません。
  それは町場の商店でも同様です。「どうぞ寄ってってください」と声がけするだけではお客は来ません。「このイチゴ、昨日我が家で食べたらおいしくておいしくて。本当は売りたくないんだけど、今日は特別にお分けしますよ」というくらい思いを伝えられなければ、馴染み客を作ることはできないのです。全国で多くの商店街が廃れているのも、真の商売人が減っているからではないでしょうか。
  私の専門であるマーケティングを一言で表すと「子供を産み育てること」だと思っています。愛情がなければそもそも妊娠しないし、愛情がなければ子供は育ちません。商売も愛情をベースにしなければうまくいかないということです。お客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれます。これからの商売は「顧客満足=カスタマーサティスファクション」だけでは不足で、「顧客幸福=カスタマーハピネス」を追求しなければならないのです。
  私は私生活でもマーケティングを実践しています。出会った人々に心からの愛情を注ぎ、長いつき合いを保っています。これまでゼミの卒業生を中心に結婚式の媒酌人を270組ほど務めました。恐らく日本一ではないかと自負しています。ちなみに、そのうち19組が離婚しましたが、17組を再婚させました。“アフターサービス”もマーケティングの大切な要素だからです。
  日本から「商いの心」が薄れ、会社の中が乾燥化してしまったのは、経営者自身が愛情を失っているからではないでしょうか。従業員に進んで声をかけている経営者は驚くほど少ないし、自ら売り場に立ってお客に思いを伝えている経営者は皆無に近い。景気の動きに一喜一憂するのではなく、愛情の糸をもう一度紡ぎ直すところからやり直さなければ、永久に消費の回復はやってこないと感じています。」


  この村田先生の小論をひとつひとつ、ひも解いてゆきたいと思います。まずは「戦後、日本を悪くしたものが3つあります。「能率」「マニュアル」「標準化」です。」です。村田先生は日本を悪くしたものとして、3つ、すなわち、「能率」、「マニュアル」、「標準化」をあげています。商売に多くの無駄がはびこっていた時代には確かに、この3つは“3種の神器”であり、コンビニエンストアはその象徴であったといえます。

  これは、まさに、これまでのPOS分析時代の象徴、単品管理のことをいっているともいえ、商売にPOSが入り、POS分析により、能率があがり、マニュアル化が進み、標準化がなされたともいえるわけです。コンビニはいまでもそうですが、単品管理の極致にあるといっても過言ではなく、そのコンビニの単品管理を追いかける形で、食品スーパーも単品管理に明け暮れているのが現実といえます。

  そこには「愛」の入り込む余地はなく、ひたすら商品をにらみ、単品管理、すなわち、発注、仕入れ、入荷、在庫の補充、販促、販売、そして、次の発注へというサイクルを繰り返す、一連の作業をしているのが実態といえます。したがって、「能率」、「マニュアル」、「標準化」がまさに“3種の神器”となるわけです。

  その結果、村田先生は、「この3種の神器がもたらしたさらなる弊害は、そこで働く人間もコモディティー化させたことです。」と嘆きます。マーチャンダイジングはコモディティーグッズという言葉がありますが、これはコモディティパーソンとでもいってよいでしょうか。人間のコモディティー化がはじまるといえます。

  確かに、これまでのPOS分析は単品管理が目的であるといえ、そこに携わる人間も単品管理されてしまい、まさに、人間のコモディティー化がおこるわけです。残念ながら、これまでのPOS分析、すなわち、単品管理に取り組んでいる限りは、この状況から逃れるのは難しいといえます。

  そこで、村田先生は、「それは町場の商店でも同様です。「どうぞ寄ってってください」と声がけするだけではお客は来ません。「このイチゴ、昨日我が家で食べたらおいしくておいしくて。本当は売りたくないんだけど、今日は特別にお分けしますよ」というくらい思いを伝えられなければ、馴染み客を作ることはできないのです。全国で多くの商店街が廃れているのも、真の商売人が減っているからではないでしょうか。」と、「思いを伝えられなければ、馴染み客を作ることはできないのです。」と、思いを顧客に伝えること、それが馴染み客を作ることになると主張されます。

  i D-POS分析のキーワード、「お客」、「馴染み客」、「思い」が登場します。i D-POS分析は顧客をS、A、B、Zと頻度によってランク分けし、顧客の購入頻度を引きあげることがS顧客、すなわち、馴染み客になるステップであり、そのためには、顧客へ感謝し、顧客へ還元すること、すなわち、思いを伝えることが重要な政策であるととらえるからです。

  これこそ、まさに、村田先生の核心、マーケティングと愛について説いた言葉ではないかと思います。これを実際に理解し、実感するには、これまでのPOS分析では不可能であり、iD-POS分析をかけることによって、はじめて実証され、実感できるといえるわけです。

  ここ数年、iD-POS分析に取り組み、様々な商品に取り組んだことにより、まさにその通りだと実感できたといえます。本来、これがこれまでのPOS分析にも組み込まれていれば、恐らく、もっと早く、村田先生の「マーケティングは「愛」」という域に、来れたのではないかと思いますが、残念ながら、マーケティング以前のマーチャンダイジングの世界でぐるぐる回らざるをえず、袋小路に陥ってしまっていたのではないかと思います。

  i D-POS分析はその意味で、はじめてマーチャンダイジングを顧客に立脚したマーケティングへ格上げし、しかも、マーケティングと愛を顧客へ感謝、顧客へ還元することによって、結びつけたのではないかと思います。

 そして、村田先生は、さらにマーケティングと愛をわかりやすい事例でまとめてゆくことになります。「私の専門であるマーケティングを一言で表すと「子供を産み育てること」だと思っています。愛情がなければそもそも妊娠しないし、愛情がなければ子供は育ちません。商売も愛情をベースにしなければうまくいかないということです。お客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれます。」

  これほど、マーケティングと愛についてわかりやすいたとえはないと思います。同時に、これは、iD-POS分析にもいえることではないかと思います。この「マーケティング」を「i D-POS分析」に、「子供」を「顧客」に置き換えると、そのままiD-POS分析の解説になるといえます。

  「私の専門である、i D-POS分析を一言で表すと「顧客を産み育てること」だと思っています。愛情がなければそもそも顧客は生まれないし、愛情がなければ顧客は育ちません。商売も愛情をベースにしなければうまくいかないということです。顧客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれます。」

  全く違和感がない、ここ数年、iD-POS分析に取り組み、私自身も実感し、到達した領域です。今後、これをi D-POS分析の定義にしてゆきたいと思います。

  最後に、この小論では、村田先生のマーケティング観の境地が唱えられることになります。すなわち、「これからの商売は「顧客満足=カスタマーサティスファクション」だけでは不足で、「顧客幸福=カスタマーハピネス」を追求しなければならないのです。」

  顧客満足=カスタマーサティスファクションという言葉は実際、よく使われる言葉ですが、村田先生はそれでは足りないとおっしゃり、それを超え、顧客幸福=カスタマーハピネスまで追求せよといっておられます。こう考えると、iD-POS分析も、顧客へ感謝、顧客へ還元では、まだ足りない、これをさらに進め、顧客の幸福にまでつきつめてゆけということかと思います。

PI研コメント:
・「顧客へ愛、顧客へ感謝、顧客へ還元」。「商品を洗え、磨け、輝かせ」に続く、第2弾、墨字巨大パネルができあがりました。近々に公開します。今回も黎明さんに依頼しました。渾身の作です。これがi D-POS分析の極意を伝える新たなスローガンとなります。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 10, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2013

ヨークベニマル、2013年2月本決算、増収減益!

ヨークベニマル、2013年2月期、本決算、増収減益:4/4
・http://www.yorkbeni.co.jp/
・http://www.7andi.com/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2013_0404kt.pdf

P/L関連:
・売上高 3,580.61億円(4.4)、営業利益 118.54億円(△20.73)、経常利益 140.03億円(△14.11)、当期純利益 77.31億円(540.62)
・原価 76.34%(昨年75.51%):+0.83、売上総利益 23.66%(昨年24.49%):-0.83
・経費 21.96%(昨年21.77%):+0.19
・マーチャンダイジング力 1.70%(2.72%):-1.02
・その他営業収入 1.62%(昨年 1.64%):-0.02
・営業利益 3.32%(昨年 4.36%):-1.04

B/S関連:
・純資産比率 79.22%(昨年77.65%)、現金及び預金 138.84億円(総資産比 8.88%)
・商品及81.84億円(総資産比5.23%)
・有利子負債 2.65億円(総資産比 0.16%)

ヨークベニマルのコメント:
・国内の食品スーパーは、当連結会計年度末時点で株式会社ヨークベニマルが南東北地方を中心に 184 店舗(前期末比8店舗増)、株式会社ヨークマートが首都圏に71店舗(同3店舗増)を運営しております。株式会社ヨークベニマルは震災後の需要の高まりによる反動はあったものの、惣菜を含めた生鮮食品を中心に生活提案型の売り方を継続したことにより、当連結会計年度の既存店売上高伸び率は前年並みとなりました。また、食品分野では「セブンプレミアム」の販売に注力するとともに、お客様の来店頻度を高めることを目的として、生鮮食品における更なる品質と価格の強化に努めました。
・株式会社ヨークベニマルは、地域のニーズに対応した品揃えの強化を継続するとともに、高密度店舗展開の実現に向けて、積極的な出店にも取り組んでまいります。
商品別売上高:
・食品計:2,697.94億円(105.0%、構成比75.3%:荒利率25.4%)
・生鮮食品:1,149.14億円(106.2%、構成比 32.1%)
・加工食品:862.19億円(103.2%、構成比24.1%)
・デイリー食品:686.60億円( 105.3%、構成比19.2%)
・衣料計:176.42億円(101.6%、構成比4.9%:荒利率33.7%)
・住居計:193.83億円(99.5%、構成比5.4%:荒利率27.3%)

ヨークベニマル(セブン&アイH)の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3382.T

参考:セブン-イレブン・ジャパン:売上高
・合計:3兆5,084.44億円(106.9%:構成比100.0%:荒利率30.0%)
・加工食品:9,262.29億円(106.1 %、構成比26.4 %:荒利率38.2%)
・ファスト・フード:9,402.63億円(110.2%、構成比26.8%:荒利率34.3%)
・日配食品:4,490.80 億円(113.3%、構成比12.8%:荒利率33.1%)
・非食品:1兆1,928.71億円(103.6%、構成比34.0%:荒利率19.1%)

PI研コメント:
・ヨークベニマルが2013年2月期、本決算を4/4、公表しました。セブン&アイHの決算の中での公表ですが、結果は増収減益、売上高は積極的な新店展開で増収となりましたが、利益は、東日本大震災の反動もあり、原価、経費上昇、その他営業収入減とトリプルで利益を圧迫し、△20.73%という厳しい結果となりました。ただ、来期は「高密度店舗展開の実現に向けて、積極的な出店にも取り組んでまいります。」とのことで、成長戦略重視を打ち出す一方、東日本大震災の反動も緩和されることから、好決算が期待できるのではないかと思われます。それにしても、純資産比率 79.22%(昨年77.65%)と、昨年をさらに上回り、盤石な財務状況といえます。東日本大震災があっても財務の悪化がなく、むしろ、強固になっており、これがヨークベニマルの強さの源泉かと思います。来期、どのような成長戦略を打ち出すか、その動向に注目です。
・参考に、セブン-イレブン・ジャパンの売上高、構成比、荒利率を上げましたが、加工食品で約1兆円、ヨークベニマルが862.19億円ですので、いかに巨大かがわかります。その差10倍以上ですので、ヨークベニマル10社分のボリュームとなります。また荒利率も38.2%、ヨークベニマルは25%前後ですので、いかに利益率が高いかがわかります。全体も30.0%と、はかったような荒利率ですので、これがセブン-イレブン・ジャパンの強さのひとつといえます。改めて、コンビニ、すごいビジネスモデルといえます。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 9, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2013

セブン&アイH、2013年2月決算、増収増益!

セブン&アイH、2013年2月期、本決算、増収増益:4/4
・http://www.7andi.com/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2013_0404kt.pdf
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kh/pdf/2013_0404kh.pdf

P/L関連:
・売上高 4兆9,916.42億円(4.2)、営業利益 2,956.85億円(1.2)、経常利益 2,958.36億円(0.9)、当期純利益 1,380.64億円(6.3)
・原価 77.56%(昨年76.70%):+0.86、売上総利益 22.44%(昨年23.30%):-0.86
・経費 35.61%(昨年35.27%):+0.34
・マーチャンダイジング力 -13.17%(-11.97%):-1.20
・その他営業収入 20.30%(昨年 19.25%):+1.05
・営業利益 7.13%(昨年 7.28%):-0.15

通期予想:
・売上高 3,029.00億円(1.7)、営業利益 58.00億円(13.8)、経常利益 61.00億円(10.1)、当期純利益26.00億円(73.9)

B/S関連:
・自己資本比率 44.4%(昨年45.4%)、現金及び預金 7,109.68億円(総資産比 16.68%)
・商品及1.596.45億円(総資産比3.74%)
・有利子負債 8,530.61億円(総資産比 20.01%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:3,914.06億円(昨年4,626.42億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△3,409.22億円(昨年△3,428.05億円)
  →有形及び無形固定資産:△2,769.41億円(昨年△2,096.04億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:100.32億円(昨年△405.61億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):663.80億円(昨年769.60億円)

セブン&アイHのコメント:
・当社グループは既存事業の更なる強化と新たな事業展開に向けた取り組みを推進してまいりました。既存事業の強化につきましては、グループシナジー効果の最大化に向けまして、グループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」の開発および販売に注力した結果、当連結会計年度における売上高は4,900億円まで拡大し、グループ各社のオリジナル商品を加えた売上高は2兆380億円となりました。
・新たな事業展開に向けた取り組みといたしましては、株式会社セブン-イレブン・ジャパンが、北米におけるコンビニエンスストア事業の拡大と収益の向上に向けた体制を強化するため、SEJ Asset Management & InvestmentCompany を設立し、7-Eleven, Inc.が実行する今後の事業拡大を支援する体制を構築いたしました。
・中国事業につきましては、コンビニエンスストア事業の強化を目的に、セブン-イレブン中国有限公司の事業目的、資本金等の変更を行い、傘下の子会社に直接投資できるセブン-イレブン(中国)投資有限公司へ商号を変更いたしました。また、総合スーパー事業におきましても、中国事業の傘下の子会社に直接投資できるイトーヨーカ堂(中国)投資有限公司を設立し、事業強化に向けた体制を構築いたしました。
・なお、株式会社セブン-イレブン・ジャパンと 7-Eleven, Inc.におけるチェーン全店売上高を含めた「グループ売上」は、8兆5,076億47百万円(同5.7%増)となりました。
対処すべき課題:
・特に、シナジー効果の追求につきましては、グループ共通のプライベートブランド商品「セブンプレミアム」の開発を行っている「グループMD改革プロジェクト」において、各事業会社が業態の違いを超えた新たなマーチャンダイジングに挑戦しております。これらの取り組みを中心にグループ内で情報を共有することでコストの効率化を図るとともに、マーチャンダイジングにおける精度の向上と一層のスケールメリットの活用を図ってまいります。
セグメント別営業収益、営業利益:
・コンビニエンスストア事業:1兆8,995.73億円(12.3%増):利益3.3%増
・スーパーストア事業:1兆9,945.88億円(0.1%増):利益21.4%減
・百貨店事業:8,840.28億円(1.8%減):利益19.3%減
・フードサービス事業:783.61億円(0.4%増):利益7.21億円( 昨年△0.95億円)
・金融関連事業:1,443.55億円(11.4%増):利益10.8%増
・その他の事業:502.10億円(5.8%増):利益68.7%増

セブン&アイHの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3382.T

PI研コメント:
・セブン&アイHが4/4、2013年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益とはなりましたが、率で見ると増収減益と、やや厳しい決算といえます。特に、原価、経費、共に上昇しており、ダブルで利益を圧迫したことが大きいといえます。そのマイナスをGMS特有のその他営業利益20.30%でもカバーできなかたったことが響いています。それにしても、その他営業収入が20.30%と極端に高い数字といえ、特に、セブン&アイHはGMSだけでなく、コンビニ、金融の依存度も高いために、このような財務構造となるといえます。もはや、小売業というよりも、その他営業収入に大きく依存する新たな小売業の確立といっても良いかもしれません。ちなみに、コンビニはいわゆるフランチャイズフィーを主体に決算がなされますが、通常の小売業のようにコンビニの店舗の売上高を計上すると、セブン&アイHの売上高は8兆5,076億47百万円(同5.7%増)となります。今後、このままの伸びを続けると、数年で10兆円になると予想され、いよいよ、日本でも10兆円の新たな小売業の誕生となります。
・セグメント別でみると、コンビニエンスストア事業が2ケタの伸びであり、利益貢献度も高く、このまま推移すると、これまで営業収益でトップであったスーパーストア事業を逆転することになるといえます。しかも、今期、北米にSEJ Asset Management & InvestmentCompany を設立したとのことで、海外のコンビニエンスストア事業はより強化されることになります。また、キャッシュフローですが、投資活動によるキャッシュフローが営業活動によるキャッシュフローとほば同額であり、成長戦略重視のキャッシュの配分といえます。セブン&アイHは新規出店への投資もさることながら、有価証券への投資も大きく、今後、M&Aも本格するのではと思われます。来期、セブン&アイHがどのような成長戦略を国内、海外で打ち出すか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 8, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2013

オークワ、2013年2月期本決算、減収減益!

オークワ、2013年2月期、本決算、増収増益:4/2
・http://www.okuwa.net/
・http://www.okuwa.net/ir/pdf/2013pdf/25-2-kessantansin4.pdf

P/L関連:
・売上高 2,978.04億円(△0.9)、営業利益 50.96億円(△26.9)、経常利益 55.41億円(△24.4)、当期純利益 14.95億円(△36.5)
・原価 74.67%(昨年74.84%):-0.17、売上総利益 25.33%(昨年25.16%):-0.17
・経費 26.89%(昨年26.18%):+0.71
・マーチャンダイジング力 -1.56%(-1.02%):-0.54
・その他営業収入 3.33%(昨年 3.42%):-0.09
・営業利益 1.77%(昨年 2.40%):-0.63

通期予想:
・売上高 3,029.00億円(1.7)、営業利益 58.00億円(13.8)、経常利益 61.00億円(10.1)、当期純利益26.00億円(73.9)

B/S関連:
・自己資本比率 57.6%(昨年57.1%)、現金及び預金 125.50億円(総資産比 9.02%)
・商品及101.21億円(総資産比7.27%)
・有利子負債 229.21億円(総資産比 16.48%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:89.81億円(昨年84.54億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△50.81億円(昨年△77.32億円)
  →有形及び無形固定資産:△48.47億円(昨年△70.43億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△36.37億円(昨年△31.61億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):2.62億円(昨年△24.39億円)

オークワのコメント:
・小売業界におきましては、厳しい雇用情勢や所得の伸び悩みに加え、消費税増税の動きなどにより消費者の生活防衛意識はより高まっており、依然として消費者の節約志向・低価格志向は続き、さらに企業間の価格競争が増す等、非常に厳しい経営環境が続きました。
・このような状況のなかで、当社グループの営業の概況につきましては、次のとおりであります。スーパーマーケット事業を展開するオークワは、『利益改善と業務改革を断行し、統合効果を最大限発揮させ、経営効率を一気に高めよう』をスローガンに掲げ、期初に子会社のパレを合併し業務を進めてまいりました。業務改革につきましては、業務改革室主導により、モデル店舗を中心に全社ベースで業務の見直しを行っております。
・お客様の節約志向にお応えするため、「ストップ・ザ・プライス」として生活応援セールの実施、低価格・良品質商品として開発している「くらしモア」商品や、「オー・エコノミー」及び「オー・クオリティ」のプライベートブランド商品ならびに自社食品工場商品の販売拡大に引き続き取り組みました。
・IT戦略を引き続き進め、セルフレジは73店舗・428台に拡大いたしました。ネットスーパーは期末で18店舗、県下全域への配達サービスは和歌山、奈良、三重、愛知、岐阜の5県まで対応いたしました。さらに、宅配料理の「おーくわ亭」のサービスを開始するなど事業拡大に取り組みました。
・期中の新規出店につきましては、岐阜県下にSSM業態の「安八店」とスーパーセンター業態の「可児坂戸店」、三重県下にスーパーセンター業態の「いなべ店」と合計3店舗を新設し、また、三重県下の紀伊長島店と熊野店は店舗を建替えた一方で、経営効率化のため2店舗を閉鎖いたしました。期初に合併したパレ店舗を含め、期末店舗数は173店舗となりました。
・業態別の販売状況では、豊富な品揃えと低価格を実現したスーパーセンター業態は消費者ニーズにマッチし順調に推移いたしましたが、その他の業態は消費者の節約志向の高まりや小売業の低価格競争が激化した影響を受け、前期を下回りました。これにより、既存店の直営売上高は前期比97.5%となりました。
次期の見通し:
・当社は年度スローガンを『お客様第一主義、商品改廃のスピードアップ、業務改革の断行で、成長発展に全力を尽くそう』といたしました。このスローガンのもと、お客様視点で商品改廃を進めるとともに、業務改革室主導による全社的な業務改革を進め、一層の経営効率向上を図ります。また、当社の特徴である4つの業態を活かし、お客様のニーズにお応えできるよう取り組みを強化するとともに、プライベートブランドの商品開発を推進し、さらに独自のサービスを充実させ、地域に密着した企業として鋭意努力いたす所存でございます。

オークワの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8217.O

PI研コメント:
・オークワが4/2、2013年2月期、本決算を公表しました。結果は減収減益、厳しい決算となりました。売上高は、「スーパーセンター業態は消費者ニーズにマッチし順調に推移いたしましたが、その他の業態は消費者の節約志向の高まりや小売業の低価格競争が激化した影響を受け、前期を下回りました。・・」とのことで、スーパーセンター以外の業態が伸び悩んだことが要因といえます。一方、利益の方は、原価の改善は見られたものの、それを大きく上回る経費の上昇が利益を圧迫したといえます。今後、「業務改革室主導による全社的な業務改革を進め、一層の経営効率向上を図ります。」とのことで、業務改革室が経費を含め業務改善に踏み込んでゆくとのことで、その結果がどのように反映されるか、来期の動向に注目です。また、「当社の特徴である4つの業態を活かし、お客様のニーズにお応えできるよう取り組みを強化する、・・」とのことで、今期、厳しかったスーパーセンター以外の業態の成長戦略をどのように打ち出すかにも注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 7, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2013

平和堂、2013年2月決算、増収増益、来期4000億円!

平和堂、2013年2月期、本決算、増収増益:4/2
・http://www.heiwado.jp/index.htm
・http://www.heiwado.jp/ir/img_ir/2013/0402_a.pdf
・http://www.heiwado.jp/ir/img_ir/2013/0402_b.pdf

P/L関連:
・売上高 3,925.87億円(0.8)、営業利益 123.02億円(2.6)、経常利益 128.54億円(5.9)、当期純利益 55.28億円(20.0)
・原価 70.34%(昨年70.31%):+0.03、売上総利益 29.66%(昨年29.69%):-0.03
・経費 33.10%(昨年32.96%):+0.14
・マーチャンダイジング力 -3.44%(-3.27%):-0.17
・その他営業収入 6.79%(昨年 6.55%):+0.24
・営業利益 3.35%(昨年 3.28%):+0.07

通期予想:
・売上高 4,060.00億円(3.4)、営業利益 137.00億円(11.4)、経常利益 139.00億円(8.1)、当期純利益 70.00億円(26.6)

B/S関連:
・自己資本比率 41.2%(昨年40.1%)、現金及び預金 156.14億円(総資産比 5.60%)
・商品及187.08億円(総資産比6.71%)
・有利子負債 798.72億円(総資産比 28.64%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:190.57億円(昨年140.02億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△143.32億円(昨年△122.77億円)
  →有形及び無形固定資産:△137.09億円(昨年△149.10億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△64.59億円(昨年△7.56億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△12.47億円(昨年10.28億円)

平和堂のコメント:
・当小売業界におきましても、コンビニエンス・ストアの出店加速やドラッグ・ストアの食品取り扱い増など業種・業態を越えた競合激化や節約志向の一層の高まり、さらには、生活必需品の価格競争が強まるなど、経営環境は引き続き厳しいものとなりました。
・小売事業:
・「株式会社平和堂」は、上期に開設したフレンドマート尼崎水堂店、フレンドマート大津京店の他、フレンドマート伊勢田店(京都府宇治市 店舗面積1,981㎡ 11月)、NSC(近隣型ショッピングセンター)のフレンドタウン瀬田川(滋賀県大津市 店舗面積7,939㎡ 12月)の合計4店舗を新設しました。
・既存店におきましては、アル・プラザ城陽の大幅増床の他、江南店、アル・プラザ栗東、祖父江店、アル・プラザ守山、アル・プラザ長浜を改装し、地域のニーズに合わせた品揃えやテナントの入れ替えを実施してまいりました。
・食料品では、カット野菜、カットフルーツ等の簡便品や精肉・鮮魚の半加工品の開発、デリカのこだわり商品の拡大に取り組みました。また、低価格商品の対応として、9月には400品目の生活必需品の価格見直しを実施いたしました。
・中国湖南省で小売事業を展開する「平和堂(中国)有限公司」は、昨年9月に発生したデモの被害による休業影響等があり、減収・減益となりました。新設の4号店「平和堂中国 AUX(奥克斯)広場店」につきましては、4月末開設予定で準備を進めております。
・昨年2月にドミナント戦略強化のために株式取得をした、滋賀県下にスーパーマーケット8店舗を有する「株式会社丸善」につきましては、地元密着を高め、商品レベル、オペレーションレベルの改善を図っております。追加投資やシステム変更により経常損失を計上しましたが、新年度からは、株式会社平和堂との仕入れ統合、システム導入による店舗改革を図りながら、収益改善を進めてまいります。
・中長期的な会社の経営戦略:
・「お客様に最高のご満足を提供させていただく」ため、アル・プラザタイプとSM(フレンドマート)タイプを中心とした出店・統廃合と関連施設の充実により、滋賀県を主として、京阪神・北陸・東海地区でリージョナルチェーンとしての基盤をより強固にしてまいります。また、キャッシュ・フロー経営を重視した投資・財務戦略を推進してまいります。

平和堂の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8276.T

PI研コメント:
・平和堂が2013年2月期の本決算を4/2、公表しました。結果は増収増益となりましたが、増収幅はわずか、原価、経費ともに上昇、厳しい経営環境が反映された決算となりました。特に、「中国湖南省で小売事業を展開する「平和堂(中国)有限公司」は、昨年9月に発生したデモの被害による休業影響等があり、減収・減益、・・」とのことで、影響が大きかったといえます。ただ、「新設の4号店「平和堂中国 AUX(奥克斯)広場店」につきましては、4月末開設予定で準備を進めております。」とのことですので、今後も中国への積極的な店舗展開をはかってゆくとのことです。平和堂は、食品スーパーというより、GMS、SCが主体であり、単体での売上構成比はGMS 73.7%対SM 26.3%であり、圧倒的にGMSの構成比が高いのが特徴です。P/Lでも、マーチャンダイジング力はマイナスであり、これを不動産収入、物流収入等でカバーする典型的なGMSタイプの収益構造です。ただ、食品の構成比は68.0%ですので、食品に強い、GMSであるといえ、食品スーパーとともに、食品の強さが光っています。今後、国内での市場シェアアップ、及び、海外、特に中国戦略を基盤に来期は年商4000億円を目指しており、M&A戦略を含め、平和堂の成長戦略に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 6, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2013

調剤薬局の経営指標を見る!

調剤薬局、経営指標徹底比較:
・PI研が上場ドラックストア2012年度決算から独自に集計
・阪神調剤薬局:http://www.hanshin-dp.co.jp/
・メディカル一光:http://www.m-ikkou.co.jp/
・アインファーマシーズ:http://www.ainj.co.jp/
・日本調剤:http://www.nicho.co.jp/

P/L:
売上高: 22社単純平均:1,591.21億円
・阪神調剤薬局(兵庫県:149店舗): 349.17億円
・メディカル一光 (三重県:78店舗):195.76億円
・アインファーマシーズ(北海道:550店舗):1,427.90億円
・日本本調剤(東京都:419店舗):1,300.41億円

原価、売上総利益:平均(原価 76.3% 、売上総利益23.7%)
・阪神調剤薬局(88.6%、11.4%)
メ・ディカル一光( 88.4%、 11.6%)
・アインファーマシーズ(83.8%、16.2%)
・日本調剤(83.1%、16.9%)

経費比率:平均19.5%
・阪神調剤薬局 5.1%
メ・ディカル一光 5.4%
・アインファーマシーズ 9.0%
・日本調剤 12.7%

営業利益:平均72.69億円(対売上4.2%)
・阪神調剤薬局 22.06億円( 6.3%)
・メディカル一光 12.14億円(6.2%)
・アインファーマシーズ 102.53億円(7.2%)
・日本調剤 54.64億円(4.2%)

B/S:
純資産比率:平均36.9%
・阪神調剤薬局 16.6%
・メディカル一光 28.8%
・アインファーマシーズ 39.3%
・日本調剤 17.0%

ROA,ROE:平均4.5%、6.5%
・阪神調剤薬局 5.8%、34.8%
・メディカル一光 4.2%、14.6%
・アインファーマシーズ 5.7%、14.5%
・日本調剤 2.4%、14.2%

現金:平均99.63億円(対総資産12.0%)
・阪神調剤薬局 17.00億円(10.8%)
・メディカル一光 21.85億円(14.8%)
・アインファーマシーズ159.35億円(18.5%)
・日本調剤 126.22億円(14.6%)

有利子負債:平均95.10億円(対総資産21.3%)
・阪神調剤薬局 46.37億円(29.3%)
・メディカル一光 65.40億円(44.2%)
・アインファーマシーズ 127.15億円(14.8%)
・日本調剤 422.77億円(48.8%)

出店関連資産:平均266.08億円(対総資産35.9%):1店舗当0.8億円
・阪神調剤薬局 38.56億円(24.4% ):0.26億円
・メディカル一光 50.13億円(33.8%):0.64億円
・アインファーマシーズ 184.27億円(21.4%):0.34億円
・日本調剤 307.76億円(35.5%):0.73億円

買掛金:平均205.534億円(対総資産27.9%)
・阪神調剤薬局 57.77億円(36.6%)
・メディカル一光 26.74億円(18.1%)
・アインファーマシーズ 225.24億円(26.2%)
・日本調剤 21884 (25.3%)

商品(在庫):平均172.57億円(対総資産23.3%)
・阪神調剤薬局 0.31億円(0.2%)
・メディカル一光 7.98億円(5.4%)
・アインファーマシーズ 81.38億円(9.5%)
・日本調剤 84.19億円(9.7%)

株価:
・メディカル一光:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3353.Q
・アインファーマシーズ:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9627
・日本調剤:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3341.T

PI研コメント:
・ここ最近ドラックスストアは雑貨だけではく、食品を併設し、食品スーパーと競合する業態、特に、メガドラックストアが主流となりつつありますが、調剤に特化したドラックストアもあります。その典型的な企業が阪神調剤薬局、メディカル一光、アインファーマシーズ、日本調剤です。これらのドラックストアは食品併設型と経営指標ではどこに差があるのかを分析してみました。ドラックストア上場企業約20社の平均値も掲載しましたので、その特徴が鮮明に浮かび上がっているといえます。P/Lでは何といっても、原価、経費率です。調剤特化型のドラックストアは原価80%を優に超え、90%近い数値になる場合もあります。結果、売上総利益は10%から15%、いかに調剤が高い原価であるかがわかります。したがって、経費比率も5%から10%となり、その差が営業利益となります。結果、営業利益ですが、6%前後とドラックストア平均を上回っており、収益性は高いといえます。
・一方、B/Sの方ですが、純資産比率がドラックストアの平均36.9%と比べ、アインファーマシー以外低く、財務j的には厳しい状況にあるといえます。その要因は有利子負債と買掛金といえます。また、新規出店に関する資産ですが、1店舗当たりを見ると、ドラックストア平均の0.8億円に対し、かなり低く、店舗規模も小さいスペースで展開が可能ですので、低いといえます。また、在庫ですが、調剤だけあって、総資産比5%から10%であり、ドラックストア平均の23.3%と比べ極端に低いといえます。ただ、店舗数が増えるとアインファーマシー、日本調剤のように約80億円となり、財務を圧迫するほどではないですが、かなりの金額となります。ROA、ROEですが、純資産比率が低く、収益性が高いことから、ROEがドラックストアと比べ、極端に高くなる傾向があり、ドラックストア平均を大きく上回ります。今後、2013年度の最新決算の公表が控えており、各社、どのような経営戦略を打ち出すか注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 5, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2013

しまむら、2013年2月決算、増収増益、来期5,000億円!

しまむら:2013年2月期、本決算、増収減益:4/1
・http://www.shimamura.gr.jp/shimamura/
・http://www.shimamura.gr.jp/
・http://www.shimamura.gr.jp/finance/file/60_04_tanshin.pdf

P/L関連:䉍ᒰᦼ⚐
・売上高 4,910.91億円(5.3)、営業利益 455.55億円(3.6)、経常利益 476.20億円(5.2)、当期純利益 275.23億円(9.2)

・原価 67.27%(昨年67.37%):-0.10、売上総利益 32.73%(昨年32.63%):+0.10
・経費 23.64%(昨年23.40%):+0.24
・・マーチャンダイジング力 9.09%(9.23%):-0.14
その他営業収入 0.20(昨年 0.20%):+0.00
・営業利益 9.29%(昨年 9.43%):-0.14

通期予想:
・売上高 5,200.00億円(5.9)、営業利益 510.00億円(12.0)、経常利益 525.00億円(10.2)、当期純利益 313.00億円(13.7)

B/S関連:
・自己資本比率 83.7%(昨年81.3%)、現金及び預金 300.95億円(総資産比 10.14%)
・商品及318.68億円(総資産比10.73%)
・有利子負債 78.00億円(総資産比 2.62%)

CF関連:
・業活動によるキャッシュ・フロー:334.57億円(昨年334.82億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△314.13億円(昨年△395.08億円)
  →有形及び無形固定資産:△73.03億円(昨年△62.81億円)
  →有価証券の取得による支出:△1,300.00億円(昨年△820.00億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△91.98億円(昨年△78.26億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△71.16億円(昨年△138.68億円)

しまむらのコメント:
・年末の政権交代からは、円安に反転した為替により輸入品の価格上昇に懸念があるものの、社会全 体に広まる将来への期待感から、全般的に消費環境の先行きも明るさが感じられるようになってきております。 また物価はデフレを脱却して上昇傾向に転じ始めたものの、国内経済の好転によって給与所得が伸び始めるまで のタイムラグが消費マインドを厳しくさせており、消費関連業界では引き続き競合が激化しております。
・衣料品の消費支出に大きな影響を及ぼす天候は、3、4月の低気温のあとゴールデンウィークと梅雨明け後の気 温上昇による追い風があったものの衣料品の消費支出は春の5月から6ヶ月連続で前年を下回りました。 また、11、12月の急激な冷え込みは衣料消費を大きく伸ばす一方、9月の残暑、1、2月の関東や北日本を襲っ た大雪などの異常気象もあり、変化が激しく対応の難しい一年となりました。
・長期的な課題として力を入れているプライベート・ブランドは、しまむら事業全体の41.8%を占めて消費者の信認を維持しております。特に従来のチラシ、テレビCM、ファッション雑誌などへの取組みに加え、“東京ガールズコレクション”への参加などの露出度を高めた結果、婦人ティーンズ部門の主力ブランド「Sorridere」の当連結会計年度の売上は前年同期比8.4%増となりました。
・標準面積が確保できない500㎡級の都市型店舗については、取り扱う商品構成と演出、陳列器具の変更等を行い小面積での効率を高めました。東京都内の500㎡級5店舗の平均の売上高昨年対比は34.3%の増加となり、全既存店舗の同昨年対比の1.2%を大幅に上回ることが出来ました。
・当連結会計年度も積極的に店舗の新設に努め、39店舗を新たに開設しました。このうち東京・神奈川・大阪・愛知・福岡などの都市部への出店は29店舗で、特に千葉県の津田沼パルコや福岡県のノース天神などのファッションビルにも出店し、新たな陳列・演出や新什器などにより店舗のイメージを一段と高めることが出来ました。さらに既存7店舗の建替えと15店舗の大規模な改装及び2店舗の閉店を行った結果、しまむら事業での店舗数は1,274店舗となり、売上高は前年同期比4.6%増の3,997億75百万円となりました。
・グループの相乗効果を高めてそれぞれの販売力を引き上げるため、トレンド提案型、ミセス型のそれぞれの店舗 に合わせた商品構成や売場レイアウトを再構築するとともに、特に都市型の小型店舗の売場販売効率の一層の向 上と、その効果の全店舗への波及により既存店の売上向上に繋げていく予定です。
・平成25年度はグループ全体で72店舗の新規出店と2店舗の閉店により、年度末には1,878店舗と する予定です。
会社の対処すべき課題:
・本来ドメスティックと言われた小売業界でも、世界を股にかけた大企業の出現により市場はグローバル化しつつあります。当社の主力事業であるファッションセンターしまむらは世界的に見ても衣料品のみを扱う事業としては、5万を超えて極めて多くのアイテムを取扱い、かつ、1店舗当たりの商圏を8,000世帯程度の小商圏で近距離に店舗をドミナント展開するという特異の事業を展開しております。現在このために必須の精度の高い商品管理技術や店舗運営力等を背景に店舗数は日本全域で1,274店舗となりました。また、その他の事業のアベイル、バースデイ、シャンブル、ディバロ、子会社の思夢樂を加えたグループ全体では1,800店舗を超えた強力な事業展開を進めています。 チェーンストアは店舗数が大幅に増加するごとに仕組みが異なります。当社は今後とも店舗数の増加に対応する効率的な仕組みを構築し続けて、経営資源の重点的かつ効率的な投入を進めていく所存です。

しまむらの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8227.T

PI研コメント:
・しまむらが2013年2月期の本決算を4/1公表しました。結果は増収増益ですが、経費増により、率では減益です。それにしても、マーチャンダイジング力9.09%と、小売業としては限界に近い数値ですが、「当社の小売業としての適切な営業利益率を10%として意識し、連結営業利益率についても10%が適切と認識しております。 」とのことで、10%を意識しているとのことです。そして、そのためには、「このためにグループ全体を統合した物流システム、情報システムを基本に調達・運営・組織の高度化を図り、新しい企業構造への仕組みの構築を進めております。 」とのことで、システムを重視しているとのことです。また、「チェーンストアは店舗数が大幅に増加するごとに仕組みが異なります。当社は今後とも店舗数の増加に対応する効率的な仕組みを構築し続けて、経営資源の重点的かつ効率的な投入を進めていく所存です。 」とのことで、すでに1000店舗を優に超えていますが、さらに効率的な仕組みづくりに取り組むとのことで、まだまだ、拡大をはかる意欲が旺盛です。今後、国内だけでなく、本格的な海外展開も視野に入っており、しまむらが、次にどのようなチェーンストアを創造するのか、注目です。
・しまむら、ここ最近都市型店舗に力を入れており、「東京都内の500㎡級5店舗の平均の売上高昨年対比は34.3%の増加となり、全既存店舗の同昨年対比の1.2%を大幅に上回ることが出来ました。」とのことで絶好調です。今後、大都市では、都市型食品スーパー、コンビニ、ドラックストアだけでなく、衣料品、ファッションも本格展開がはじまるといえ、首都東京が今後、数10年間、熱い市場となるといえます。それにしても、しまむら、自己資本比率83.7%と、これも小売業の限界に近い数値であり、財務余力抜群です。ただ、投資活動によるキャッシュフローを見ると、有価証券の取得に1,300億円、営業活動によるキャッシュフローが334.57億円ですので、異常値です。新規出店関連の有形及び無形固定資産は73.03億円ですので、もっと、新店開発に投資をしても良いのではと思いますが、びっくりです。ちなみに、有価証券の償還による収入も1,070.01億円ですので、桁違いです。しまむらって、すごい小売業ですね。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 4, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2013

CPI(消費者物価指数)、2013年2月、依然、マイナス!

CPI(消費者物価指数):2013年2月度 :3/29公表
  (1) 総合指数は2010年(平成22年)を100として99.2となり、前月比は0.2%の下落。前年同月比は0.7%の下落となった。
  (2) 生鮮食品を除く総合指数は99.2となり、前月比は0.1%の上昇。前年同月比は0.3%の下落となった。
  (3) 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は97.6となり、前月と同水準。前年同月比は0.9%の下落となった。

総合-0.7 :
・食料-1.8 (外食を含む)、住居 -0.4 、光熱・水道 3.0 、 家具・家事用品-3.8 、 被服及び履物 -0.5 、保健医療 -0.5 、交通・通信 0.9 、教育 0.4 、教養娯楽 -2.8 、 諸雑費 -0.1
・プラス主要項目:電気代 3.5%(寄与度0.12)、自動車等関係費 2.2%(寄与度0.18)
・マイナス主要項目:生鮮野菜 -10.5%(寄与度-0.20)、教養娯楽用耐久財 -20.3%(寄与度-0.26)、家庭用耐久財 -11.8%(寄与度-0.12)

食料 -1.8 (外食を含む)のみ詳細:
穀類:0.2 :米類高騰!
・米類6.2 、パン-3.4 、 めん類-2.6 、他の穀類 -3.8
  → うるち米 6.5 国産米A 4.5 国産米B 7.9 もち米 0.0
  → 食パン -2.6 あんパン -3.8 カレーパン -3.6  
  →ゆでうどん -1.9 干しうどん -0.8 スパゲッティ -2.7 即席めん -1.5 生中華めん -5.5 *ゆで沖縄そば 0.1
  → 小麦粉 -3.5 もち -3.9

魚介類 :-2.3 :生鮮魚介下落!
・生鮮魚介4.2 、塩干魚介 2.5 、魚肉練製品 -2.4 、他の魚介加工品-0.8
  →まぐろ -1.6 あじ -6.0 いわし -5.3 かれい -5.4 さけ -8.0 さば -0.6 さんま -2.6 たい 2.3 ぶり -5.8 いか -4.4 たこ -8.5 えび -1.3 あさり -0.1 かき(貝) -1.4 ほたて貝 -12.5
  →塩さけ -3.4 たらこ 2.8 しらす干し 6.3 干しあじ 1.6 煮干し 1.5 ししゃも 0.2 いくら 8.3
  →揚げかまぼこ -1.6 ちくわ -3.3 かまぼこ -2.6
  →かつお節 -2.4 魚介漬物 0.1 魚介つくだ煮 -0.2 魚介缶詰 -1.9 塩辛 -0.3

肉類 :-1.3 :
・生鮮肉 -1.1 、加工肉 -2.0
  → 牛肉A 0.1 牛肉B -1.5 豚肉A -1.0 豚肉B -0.8 鶏肉 -2.9 レバー 1.2
  →ハム -1.5 ソーセージ -2.4 ベーコン -2.2 *ポーク缶詰 0.3

乳卵類 :-0.7 :
・牛乳・乳製品 -1.6 、卵 2.8
  →牛乳 -1.0 牛乳(配達) 0.3 牛乳(店頭売り) -1.1 乳製品 -2.3 粉ミルク 2.0 ヨーグルト -3.2 バター 1.6 チーズ -2.7 チーズ (輸入品) -1.2
  → 鶏卵 2.8

野菜・海藻:-7.1 :生鮮野菜大きく下落!
・生鮮野菜 -10.5 、乾物・加工品類-0.3
  → キャベツ -19.1 ほうれんそう -23.8 はくさい -7.1 ねぎ -24.4 レタス 2.2 ブロッコリー -22.7 もやし -2.2 アスパラガス 10.7 さつまいも -9.7 じゃがいも -8.6 さといも -8.1 だいこん -8.1 にんじん 4.2 ごぼう -8.5 たまねぎ -4.9 れんこん -15.0 ながいも 6.3 しょうが -4.5 さやいんげん -8.3 かぼちゃ -0.7 きゅうり -17.7 なす -7.2 トマト -10.4 ピーマン -3.9 生しいたけ -7.1 えのきだけ -9.6 しめじ -5.6 *にがうり -24.5 *とうが 18.3
  →あずき 1.1 干ししいたけ -1.6 のり 0.3 わかめ 2.3 こんぶ 8.4 ひじき -1.7
  →豆腐 -1.2 油揚げ -1.1 納豆 -3.0
  →こんにゃく -1.5 梅干し 1.3 だいこん漬 -2.5 はくさい漬 -3.1 キムチ -2.0 こんぶつくだ煮 5.1 スイートコーン缶詰 -5.3

果物:-10.2 :果物大きく下落!
・生鮮果物-10.7 、果物加工品-0.2
  →りんごB -20.6 みかん -8.8 グレープフルーツ 8.7 オレンジ -0.1 レモン -3.5 いよかん -1.2いちご -14.3 バナナ -3.8 キウイフルーツ -0.2
  →果物缶詰 -0.2

油脂・調味料: -1.8 :
・油脂 -0.9 、調味料 -1.9
  →食用油 -0.2 マーガリン -3.4
  →食塩 0.0 しょう油 -1.3 みそ -2.5 砂糖 -0.5 酢 -2.9 ソース -3.0 ケチャップ -4.4 マヨネーズ -2.1 ドレッシング -4.2 ジャム -0.8 カレールウ -4.5 即席スープ 2.4 風味調味料 0.0 ふりかけ -3.5 液体調味料 -3.2 中華合わせ調味料 -0.3 パスタソース -2.1

菓子類 :0.2 :
  →ようかん 1.0 まんじゅう -0.6 だいふく餅 -0.3 カステラ 1.6 ケーキ 1.8 ゼリー -0.6 プリン -2.3 シュークリーム 0.6 せんべい 0.6 ビスケット -2.9 ポテトチップス -2.5 あめ -1.6 チョコレート 4.2 アイスクリーム -0.8 落花生 0.4 チューインガム -0.3

調理食品 :-0.5 :
・主食的調理食品-1.4 、他の調理食品0.1
  →すすし(弁当) -0.8 弁当 -2.2 おにぎり -0.5 調理パン -1.4 冷凍調理ピラフ 0.4 調理パスタ -3.7
  →うなぎかば焼き 10.1 サラダ -1.8 コロッケ -1.2 豚カツ 0.5 からあげ -1.8 ぎょうざ -1.1 やきとり 1.1 冷凍調理コロッケ -1.1 冷凍調理ハンバーグ -3.6 調理カレー -3.4 混ぜごはんのもと -2.4 煮豆 -0.7 焼き魚 1.3 きんぴら -0.5.4

飲料 :-1.6 :
・飲料 -1.6 、他の飲料 -2.2
  →緑茶 -0.8 紅茶 -1.9 茶飲料 -1.8
  →インスタントコーヒー -2.1 コーヒー豆 -2.9 コーヒー飲料 2.5
  → 果実ジュース -2.9 果汁入り飲料 -3.9 野菜ジュース -1.0 炭酸飲料 -1.8 乳酸菌飲料A 2.3 乳酸菌飲料B 0.0 ミネラルウォーター -5.8 スポーツドリンク -2.5

酒類 :-1.3 :
  →清酒-1.8 焼ちゅう -1.0 ビール -0.7 発泡酒 -0.8 ウイスキー -1.9 ワイン -1.8 ワイン(輸入品) -4.1 チューハイ -1.2 ビール風アルコール飲料 -2.0

参考:外食 -0.1:
・一般外食 -0.1 、学校給食 0.4
  →うどん 0.1 中華そば 0.0 *沖縄そば 0.0 スパゲッティ(外食) -0.4 すしA 0.1 すしB -0.4 親子どんぶり 0.1 天どん 0.0 カレーライス 0.1 牛どん 1.0 フライ 1.0 フライドチキン 0.0 ぎょうざ(外食) 0.0 ハンバーグ 0.5 焼肉 -0.9 お子様ランチ -0.2 ハンバーガー 0.3 サンドイッチ 0.1 ピザパイ -0.6 ドーナツ 0.2 コーヒー 0.0 ビール(外食) 0.1
  →学校給食(小学校低) 0.4 学校給食(小学校高) 0.4 学校給食(中学校) 0.4

PI研コメント:
・CPI(消費者物価指数)、2013年2月期が3/29、総務省統計局から公表されました。結果は、すべての総合指数がマイナス、依然としてCPIは厳しい状況にあります。日銀総裁が変わり、本格的なCPI2.0%の目報に向けて取り組みがはじまりますが、依然としてCPIは厳しい状況が続いているといえ、今後、日銀が安倍政権と連携し、どのような政策を打ち出すか、注目です。この2月度は特に生鮮食品、すべてがマイナス、食品スーパーにとっては厳しい経営環境といえます。プラス項目は穀類と菓子類のみであり、特に、穀類の米のみが異常値といえます。当面、デフレ環境の中でのマーチャンダイジングとなりますので、付加価値の高い商品を如何に強化するか、そこがポイントかと思います。
・今回のCPI(消費者物価指数)は、日銀新総裁就任前の2月度のものです。今後、新総裁就任後の3月、4月、5月の3ケ月ぐらいみないと、アベノミックスがどうCPIに効果があるかはわからないと思います。特に、4月は値上げラッシュですので、4月度はその影響があり、CPI全体に波及する可能性もあります。今後、日銀、政府、どのような政策を打ち出すか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 3, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2013

アークランドサカモト、2013年2月期、本決算、増収減益!

アークランサカモト:2013年2月期、本決算、増収減益:3/29
・http://www.arcland.co.jp/
・http://www.arcland.co.jp/memory/upfile/1364536882.pdf

P/L関連:䉍ᒰᦼ⚐
・売上高 970.84億円(1.8)、営業利益 82.23億円(△2.2)、経常利益 89.35億円(△0.3)、当期純利益 45.68億円(6.7)

・原価 64.94%(昨年65.79%):-0.85、売上総利益 35.06%(昨年34.21%):+0.85
・経費 26.58%(昨年25.38%):+1.20
・マーチャンダイジング力 8.48%(8.83%):-0.35
・その他営業収入 0.00(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 8.48%(昨年 8.83%):-0.35

通期予想:
・売上高 1,000.00億円(3.0)、営業利益 85.50億円(4.0)、経常利益 92.50億円(3.5)、当期純利益 47.50億円(4.0)

B/S関連:
・自己資本比率 66.5%(昨年61.9%)、現金及び預金 20.53億円(総資産比 3.16%)
・商品及び製品111.17億円(総資産比17.12%)
・有利子負債 59.40億円(総資産比 9.15%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:43.36億円(昨年21.96億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△37.03億円(昨年△28.48億円)
   →有形及び無形固定資産:△33.33億円(昨年△24.99億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△12.57億円(昨年6.54億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△6.24億円(昨年0.03億円)

アークランドサカモトのコメント:
・ホームセンター業界におきましては、個人が消費を手控えるなかで、同業種・異業種企業との競合がさらに一層激しくなるなど厳しい経営環境が継続することとなりました。
・このような環境下、当社グループでは、主力のホームセンター部門においては変化対応型店舗戦略を推し進め、「住」関連の専門性を追求すると共に、既存店の改装、売場・陳列の見直しを行い、他店との一層の差別化に力を注ぎました。
・ホームセンター部門の売上高は、664億42百万円(前期比1.2%減)となりました。一昨年10月オープンのホームセンタームサシ貝塚店、11月オープンのホームセンタームサシ高岡駅南店及び昨年10月オープンのホームセンタームサシ長野南店、11月オープンのホームセンタームサシ丸岡店が寄与したものの、前期の東日本大震災の復旧復興需要等の反動によりホームセンター既存店売上高が前期比5.9%減と低調に推移したためであります。
中長期的な会社の経営戦略:
・これまでは新潟、富山、石川、山形各県、関西地区、仙台市等に店舗展開をしてまいりました。平成22年以降は、「まちづくり三法」の影響もあり、10,000㎡クラスの店舗を中心に、長野県、福井県にもエリアを拡大し、これまで蓄積してきた巨大店舗経営ノウハウに加え、専門性を深耕させることにより収益基盤を拡大、利益成長を達成したいと考えております。
当社グループの重要課題:
1.ホームセンター店舗の差別化、比較優位化
2.10年後に収益の核となる事業の育成 であると認識しております。
・第1の課題である「ホームセンター店舗の差別化、比較優位化」においては、2つの店舗が並存しているときに一般消費者は必ず、当社の「ホームセンタームサシ」に来店していただける店舗価値を付加するということであります。そのためには、住関連商品なら無いものはないという品揃え、さらに技術サービスや商品情報提供のための専門的店舗人員の配置等費用はかかっても、店舗価値の向上に注力してまいります。加えて、プロ需要の取組みにも一層、努めてまいります。モノの流通経路の変遷もあって、「ホームセンタームサシ」においてプロが購買する商品は増えております。プロの需要を喚起することによって新しい市場を開拓していくことは、われわれの使命であるとも考えております。
・第2の課題である「10年後に収益の核となる事業の育成」は、アークオアシスデザイン事業の育成であります。高年齢化社会の進行、個人の価値観の多様化などを踏まえ、「文化の創造・継続」に取り組むのがアークオアシス事業であります。油絵、日本画、書道、写経、水墨画、陶芸、彫刻、フラワーアレンジメント、トールペイント、織物、アクセサリー、ステンドガラス、絵手紙等に関する商品の販売と50のカルチャー教室を併設した店舗展開で消費者の有意義な時間づくりに貢献していく所存であります。

アークランドサカモトの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9842.T

PI研コメント:
・いよいよ、2013年度の食品スーパー業界の本決算の公表がはじまりました。アークランドサカモトはホームセンターですが、スーパーセンターも本格展開しており、食品スーパーとは直に競合する部分も多々あります。さて、その結果ですが、残念ながら、「前期の東日本大震災の復旧復興需要等の反動によりホームセンター既存店売上高が前期比5.9%減と低調に推移」とのことで、増収減益とやや厳しい結果といえます。原価は改善しましたが、経費が大きく上昇、これが利益を圧迫したといえます。ただ、営業利益率は8%台であり、食品スーパー比べ、高い収益率です。住関連の利益貢献が大きいといえます。今後、「10,000㎡クラスの店舗を中心に、長野県、福井県にもエリアを拡大し、これまで蓄積してきた巨大店舗経営ノウハウに加え、専門性を深耕させることにより収益基盤を拡大、利益成長を達成、・・」とのことで、新たな出店地域への参入と、より専門性を重視とのことです。来期は待望の1000億円が目標であり、どのように達成をはかるのか、その動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 2, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2013

食品スーパー、売上速報、2013年2月度、閏年の影響?

食品スーパー、売上速報、2013年2月度:PI研、独自集計23社約2,200店舗
*PI研が独自に集計

2013年度
2月度:101.2%(既存店96.9%)

  1月度:全体101.7%(既存店98.8%)
2012年度
 12月度:全体102.5%(既存店99.7%)
 11月度:全体102.0%(既存店98.8%)
 10月度:全体100.5%(既存店97.5%)
  9月度:全体103.7%(既存店100.3%)
  8月度:全体102.4%(既存店 99.1%)
  7月度:全体100.6%(既存店 97.2%)
  6月度:全体101.7%(既存店 98.9%)
  5月度:全体102.0%(既存店 99.0%)

2013年度:2月度ベスト10:
  1.マックスバリュ九州(福岡)129.2(既存店120.6)
   *決算期変更に伴い、日数が加算。
  2.マックスバリュ東北(秋田)127.0%(既存店96.2)
   *決算期変更に伴い、日数が加算。
  3.Olympic:フード (東京)105.8%(既存店106.0)
  4.オオゼキ(東京)103.8(既存店99.5)
  5.ヤオコー(埼玉)103.5%(既存店98.1)
  6.マックスバリュ北海道(北海道)102.3(既存店102.0)
  7.マックスバリュ東海(静岡)101.2(既存店95.9)
  8.ハローズ(広島)101.1(既存店95.2)
  9.イズミ(広島)推定100.1(既存店、推定99.1)
 10.バロー(岐阜)99.8(既存店93.4)

2013年度:
1月度ベスト10:
  1.ヤオコー(埼玉)107.0(既存店102.3)
  2.マックスバリュ北海道(北海道)106.7(既存店106.4)
  3.ハローズ(広島)106.1(既存店99.0)
  4.マックスバリュ九州(福岡)105.6(既存店98.3)
  5.マックスバリュ東海(静岡)104.1(既存店98.5)
  6.Olympic:フード(東京)103.8(既存店104.0)
  7.バロー(岐阜)103.2(既存店95.9)
  8.マックスバリュ西日本(兵庫)103.2(既存店99.4)
  9.マックスバリュ東北(秋田)102.5(既存店100.8)
 10.マルエツ(東京)101.7(既存店100.0)

2012年度:
12月度ベスト10:
  1 .ハローズ(広島)109.1(既存店102.2)
  2.ヤオコー(埼玉)107.1(既存店103.2)
  3.マックスバリュ九州(福岡)106.8(既存店100.4)
  4.マックスバリュ北海道(北海道)106.5(既存店106.2)
  5.バロー(岐阜)106.5(既存店98.7)
  6.Olympic:フード(東京)105.1(既存店105.3)
  7.オオゼキ(東京)105.0(既存店101.0)
  8.マックスバリュ東海(静岡)104.6(既存店99.3)
  9.ダイイチ(北海道)103.2(既存店100.8)
 10.アークランドサカモト(新潟)102.9(既存店98.3)

11月度ベスト10:
  1.アークランドサカモト(新潟)107.0(既存店100.4)
  2 .ヤオコー(埼玉)106.8(既存店103.4)
  3.イズミ(広島):推定106.5(既存店104.5)
  4.ハローズ(広島)105.3(既存店97.3)
  5.オオゼキ(東京)105.2(既存店101.2)
  6.ダイイチ(北海道)104.7(既存店 99.0)
  7.カスミ(茨城)104.1
  8.バロー(岐阜)103.7(既存店96.0)
  9.マックスバリュ北海道(北海道)103.3(既存店103.1)
 10.マックスバリュ東海(静岡)102.9(既存店97.7)

10月度ベスト10:
  1.スーパーバリュー(埼玉)109.1(既存店 99.5)
  2.マックスバリュ東海(静岡)105.1 (既存店98.4)
  3.ヤオコー (埼玉)103.7(既存店101.2)
  4.カスミ (茨城)103.2
  5.イズミ(広島):推定103.0(既存店 97.5)
  6.オオゼキ(東京)102.7(既存店98.7)
  7.ダイイチ(北海道)102.4(既存店96.7)
  8.マックスバリュ北海道株(北海道)101.7(既存店102.6 )
  9.マックスバリュ九州(福岡)101.7(既存店97.5)
 10.マックスバリュ東北(秋田)101.5(既存店102.1)

9月度ベスト10:
  1.スーパーバリュー(埼玉)117.6(既存店103.5)
  2. ハローズ(広島)108.1(既存店100.0)
  3.ダイイチ(北海道)107.4(既存店101.4)
  4.バロー(岐阜)107.2(既存店100.4)
  5.イズミ(広島)推定107.2(既存店:推定102.1)
  6.マックスバリュ九州(福岡)106.7(既存店101.8)
  7.マックスバリュ東海(静岡)105.4(既存店100.7)
  8.ヤオコー(埼玉)105.3(既存店102.4)
  9.マックスバリュ北海道(北海道)105.1(き存店105.9)
 10.オオゼキ( 東京)104.3(既存店102.8)

8月度ベスト10:
  1.スーパーバリュー(埼玉)115.7(既存店98.9)
  2.マックスバリュ九州(福岡)106.5(既存店101.8)
  3.PLANT(福井)106.2%(既存店104.0)
  4.ハローズ(広島)105.4(既存店99.5)
  5.イズミ(広島);推定105.0(既存店100.0)
  6.バロー(岐阜)104.8(既存店98.0)
  7.ヤオコー(埼玉)104.4(既存店100.5)
  8.ダイイチ(北海道)103.8(既存店98.2)
  9.カスミ(茨城)103.8
 10.マックスバリュ東海(静岡)103.7(既存店99.2)

7月度ベスト10:
  1 .スーパーバリュー(埼玉):112.0(既存店 95.5 )
  2. マックスバリュ九州(福岡):105.4(既存店 98.7)
  3. ハローズ(広島):105.2(既存店 97.5)
  4.イズミ(広島):推定104.9(既存店 99.9)
  5.ダイイチ(北海道):104.4(既存店 98.9)
  6.マックスバリュ中部(三重):103.9(既存店 98.9)
  7.バロー (岐阜):103.1%(既存店 96.1)
  8.マックスバリュ東海(静岡):103.0(既存店 99.4)
  9.カスミ(茨城):102.9
 10.ヤオコー(埼玉):102.7(既存店 99.5)

6月度ベスト10:
  1.スーパーバリュー(埼玉):113.3(既存店95.2)
  2.ダイイチ(北海道):109.0(既存店103.1)
  3.マックスバリュ九州(福岡):106.5(既存店98.9)
  4.ハローズ(広島):106.4(既存店98.5)
  5.バロー (岐阜):106.1(既存店98.2)
  6.マックスバリュ北海道(北海道):105.7(既存店106.7)
  7.マックスバリュ中部(三重 ):105.5(既存店100.1)
  8.ヤオコー (埼玉):105.3(既存店101.0)
  9.イズミ (広島 ):推定105.2(既存店100.3)、
 10.マックスバリュ東北(秋田):102.6(既存店102.5)

5月度ベスト10:
  1.スーパーバリュー(埼玉):114.0(既存店95.9)
  2.PLANT(福井):107.9(既存店105.6)
  3.マックスバリュ東北(秋田):106.8(既存店106.8)
  4.マックスバリュ九州 (福岡):106.0(既存店98.9)
  5.ハローズ (広島):105.8(既存店97.9)
  6.ダイイチ(北海道):105.3(既存店99.6)
  7.カスミ(茨城):105.1
  8.マックスバリュ中部(三重):105.0(既存店101.2)
  9.ヤオコー(埼玉):104.7(既存店100.4)
 10.マックスバリュ北海道(北海道):104.5(既存店104.5)

既存店:
2013年度
2月度、伸び率ベスト5
  1.マックスバリュ九州 (福岡)129.2(既存店120.6)
   *決算期変更に伴い、日数が加算。
  2.Olympic:フード(東京)105.8(既存店106.0)
  3.マックスバリュ北海道(北海道)102.3(既存店102.0)
  4.オオゼキ(東京)103.8(既存店99.5)
  5.イズミ(広島)100.1(既存店99.1)


1月度、伸び率ベスト5
  1.マックスバリュ北海道(北海道)106.7(既存店106.4)
  2.Olympic:フード(東京)103.8(既存店104.0)
  3.ヤオコー(埼玉)107.0(既存店102.3)
  4.ダイイチ(北海道)101.4(既存店101.5)
  5.オオゼキ(東京)100.8(既存店101.0)

2012年度
12月度、伸び率ベスト5
  1.マックスバリュ北海道(北海道)106.5(既存店106.2)
  2.Olympic:フード(東京)105.1(既存店105.3)
  3.ヤオコー(埼玉)107.1(既存店103.2)
  4.ハローズ(広島)109.1(既存店102.2)
  5.イズミ(広島):推定102.2(既存店102.2)

11月度、伸び率ベルト5
  1.イズミ (広島):推定106.5(既存店104.5)
  2.ヤオコー (埼玉)106.8(既存店103.4)
  3.マックスバリュ北海道(北海道)103.3(既存店103.1)
  4.Olympic:フード(東京)101.8(既存店101.6)
  5.オオゼキ(東京)105.2(既存店101.2)

10月度、伸び率ベルト5
  1.マックスバリュ北海道(北海道)101.7(既存店102.6)
  2.マックスバリュ東北(秋田)101.5(既存店102.1)
  3.ヤオコー (埼玉)103.7(既存店101.2)
  4.エコス(東京)99.1(既存店 99.9)
  5.スーパーバリュー(埼玉)109.1(既存店 99.5)

9月度、伸び率ベルト5
  1.マックスバリュ北海道(北海道)105.1(既存店105.9)
  2.エコス(東京)102.9(既存店103.8)
  3.スーパーバリュー(埼玉)117.6(既存店103.5)
  4.マックスバリュ東北(秋田)102.0(既存店103.4)
  5.オオゼキ(東京)104.3(既存店102.8)

8月度、伸び率ベスト5
  1 .PLANT(福井)106.2(既存店104.0)
  2.マックスバリュ東北(秋田)102.3(既存店103.6)
  3.エコス(東京)102.8(既存店103.3)
  4.マックスバリュ北海道(北海道)102.8(既存店102.3)
  5.マックスバリュ九州(福岡)106.5(既存店101.8)

7月度、伸び率ベスト5
  1.オオゼキ(東京): 98.4(既存店102.5)
  2.イズミ(広島):推定104.9(既存店 99.9)
  3.ヤオコー(埼玉):102.7(既存店 99.5)
  4.マックスバリュ東海(静岡):103.0(既存店 99.4)
  5.マックスバリュ東北(秋田):97.9(既存店 99.3)

6月度、既存店伸び率ベスト5:
  1.マックスバリュ北海道(北海道):105.7(既存店106.7)
  2.ダイイチ(北海道):109.0(既存店103.1)
  3.マックスバリュ東北(秋田):102.6(既存店102.5)
  4.オオゼキ(東京):97.6(既存店101.5)
  5.ヤオコー(埼玉):105.3(既存店101.0)

5月度、既存店伸び率ベスト5:
  1.マックスバリュ東北(秋田):106.8(既存店106.8)
  2. PLANT(福井):107.9(既存店105.6)
  3.マックスバリュ北海道(北海道):104.5(既存店104.5)
  4.マックスバリュ西日本(兵庫):100.4(既存店103.7)
  5.オオゼキ(東京):97.3(既存店101.4)

PI研コメント:
・食品スーパー、2013年2月期の売上速報です。今月は昨年の閏年の影響があり、1日少なく、月末集計の企業は約3%誤差がでます。結果、既存店は、ここ数ケ月で、最も伸び率が低い数字となりました。このような中で、決算期が変更になったマックスバリュ数社は大幅な増加もありましたが、おしなべて単純平均では、この2月度の評価は難しいといえます。さて、全体ですが、マックスバリュ2社を除くと、Olympicが伸び率がNo.1となり、昨年の厳しさの反動ともいえますが、今後、どこまで回復するか、来月以降の数値が気になるところです。ついで、オオゼキ、ヤオコーであり、結果、ベスト3がすべて首都圏の食品スーパーとなりました。首都圏、都市型小型スーパーが、コンビニ、食品スーパー、ドラックストア、そして、GMSを巻き込み、熱い戦いを繰り広げていますが、両食品スーパー、健闘しています。今週から、食品スーパー、2013年度の本決算の公表がはじまりますが、その結果に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 1, 2013 | | Comments (0) | TrackBack (0)