« ヤマダ電機、2014年、第3四半期、増収減益、原価上昇! | Main | ヤオコー、2014年、第3四半期、増収増益、積極出店! »

February 09, 2014

関西スーパー、2014年、第3四半期、増収減益!

関西スーパーマーケット、2014年3月、第3四半期決算、増収減益、1/31
・http://www.kansaisuper.co.jp/index.php
・http://www.kansaisuper.co.jp/upimages/irinfo/irinfo_341.pdf

P/L関連:
・営業収益 914.67億円(2.1%)、営業利益 11.04 億円(△8.5%)、経常利益 16.20億円(9.8%)、当期純利益 10.53億円(31.3%)
・原価 76.44%(昨年76.70%):-0.26、売上総利益 23.56%(昨年 23.30%):+0.26
・経費 24.16%(昨年 23.73%):+0.43
・マーチャンダイジング力 -0.60%(昨年-0.43%):-0.17
・その他営業収入1.84%(昨年 1.81%):+0.03
・営業利益 1.24%(昨年 1.38%):-0.14

B/S関連:
・自己資本比率 46.2%(昨年 49.4%)
・現金及び預金 100.17億円(総資産比 16.89%)
・商品及び製品 27.79億円(総資産比 4.68%)
・買掛金 120.91億円(総資産比 20.39%)
・有利子負債 102.70億円(総資産比 17.32%)

関西スーパーマーケットのコメント:
・当小売業界においては、電気料金の値上げや、円安による原材料価格の値上げ、消費税率の引き上げに対する生活防衛意識の高まりなどから消費者の低価格・節約志向が一層強まるとともに、業種・業態を越えた価格競争の激化も相俟って経営環境は非常に厳しい状態が続きました。
・このような状況のもと、当社グループは、地域密着企業として引き続き「良い商品を提供し続けることでお客様の信頼を得る」ことに注力し、その地域に“なくてはならないスーパーマーケット(地域一番店)” の実現を目指してまいりました。
・また、お客様から高い信頼をいただくための指針として「食を守る」「食を育む」「食を楽しむ」の3つのキャッチフレーズを掲げ、「味」「鮮度」「品質」「見栄え」「容量」「価格」にポイントをあて、お客様にいつご来店いただいても価値ある商品を提供していくことに注力いたしました。
・店舗の新設については、平成25年9月に「しんかな店」(堺市北区)、11月に「宮田店」(大阪府高槻市)を開店いたしました。既存店強化策としては平成25年7月に「市岡店」(大阪市港区)の売場改装を行いました。

関西スーパーマーケットの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9919.O

PI研コメント:
・関西スーパーマーケットが1/31、2014年3月期、第3四半期決算を公表しました。結果は増収減益、「平成25年9月に「しんかな店」(堺市北区)、11月に「宮田店」(大阪府高槻市)を開店、・・」と売上高は新店の貢献により増加しましたが、利益は、経費が増加し、原価の改善を補えず、減益となりました。関西スーパーマーケット自身も、「当小売業界においては、電気料金の値上げや、円安による原材料価格の値上げ、消費税率の引き上げに対する生活防衛意識の高まりなどから消費者の低価格・節約志向が一層強まるとともに、業種・業態を越えた価格競争の激化も相俟って経営環境は非常に厳しい状態・・」とコメントしており、経営環境は極めて厳しいとのことです。関西スーパーマーケット、「その地域に“なくてはならないスーパーマーケット(地域一番店)” の実現を目指し、・・」と、今後、どのように、このスローガンを実現してゆくのか、その動向に注目です。

新連載!まぐまぐプレミアム!(有料):ケーススタディ:ダンハンビー(dumhumby)
  *~WE'RE A CUSTOMER SCIENCE COMPANY~
2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設281人リクエスト

February 9, 2014 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 関西スーパー、2014年、第3四半期、増収減益!:

Comments

Post a comment