« 横浜舶来亭、iD付POS分析、実証実験、Z顧客に活路! | Main | 明治H、2014年3月、第3四半期、ヨーグルト好調! »

February 18, 2014

ミクシー、2014年3月、第3四半期、本決算黒字メド!

ミクシー、2014年3月、第3四半期決算、減収減益、2/13
・http://mixi.co.jp/
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1127122

P/L関連:
・売上高 63.57億円(△35.9%)、営業利益 △5.09億円、経常利益 △6.36億円、当期純利益 △15.73 億円
・原価 36.32%(昨年 28.60%):+7.72、売上総利益 63.68%(昨年 71.40%):-7.72
・経費 71.70%(昨年 47.77%):+23.93
・営業利益 -8.02%(昨年 23.63%):-31.65

B/S関連:
・自己資本比率 81.8%(昨年 80.8%)
・現金及び預金 106.28億円(総資産比 60.30%)
・売掛金 26.10億円(総資産比 14.81%)
・預り金17.51億円(総資産比 9.93%)
・有利子負債 0.00億円(総資産比 0.00%)

ミクシーのコメント:
・インターネット関連業界におきましては、「2012年度通期国内携帯電話端末出荷概況」(株式会社MM総研)によりますと、平成24年度のスマートフォン出荷台数は前年度比23.0%増の2,972万台で総出荷台数の71.1%となり、スマートフォンへの移行が加速しております。
・当社における繰延税金資産の回収可能性を将来の不確実性を含め慎重に検討した結果、繰延税金資産を第2四半期会計期間において全額取崩したこともあり、四半期純損失は1,573百万円(前年同四半期は四半期純利益1,621百万円)となりました。
・ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」におきましては、「つながりをつくる」というサービス価値の最大化に向けた取組みを推進しております。スマートフォンデバイスの普及に対応するため、主要機能のスマートフォンアプリの提供を開始しております。また、コミュニティ・ニュースの情報の一部をインターネット検索の対象にすることにより、同じ趣味・関心を持つ人同士を「mixi」でつなげ、サービスの活性化を図ってまいりました。加えて、新しい取組みとして平成25年10月に提供を開始した、スマートフォンネイティブゲーム「モンスターストライク」は、簡単な操作で誰でも楽しめること、一緒にいる友人と協力する仕組み(マルチプレイ)により、テストマーケティング期間であるにもかかわらず、12月に利用者100万人を突破し、順調に利用者を拡大してきております。
・収益面では、「モンスターストライク」の売上が順調に成長していることもあり、課金売上高に回復の兆しが見えてきております。一方、広告売上においては、デバイス環境の変化等の影響から広告売上高が減少しておりますが、アドネットワーク広告の強化により、下げ止まりつつあります。

代表取締役の異動及び取締役の選任に関するお知らせ:
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1127195
・朝倉祐介は、2011年に入社以来ミクシィグループの事業再生フェーズを担ってまいりました。本日別途発表した「業績予想の修正に関するお知らせ」のとおり、2013 年度の通期業績予想における営業利益及び経常利益が黒字化する見込みとなったことを受け、ミクシィグループが再成長フェーズに移行したと考え、代表取締役を交代することといたしました。
・今後は、SNS「mixi」及びスマートフォンアプリといったメディア・コンテンツ領域の中核事業を担当している森田仁基が経営を担うことでミクシィグループの再成長を加速させてまいります。 新任代表取締役候補の森田は、モバイルコンテンツ企業を経て、当社に入社後「mixi アプリ」の立ち上げや、関連会社の取締役副社長として経営を担ってまいりました。2013年1月に執行役員に就任、2013年11月より、mixi事業本部長(現任)として SNS「mixi」の事業責任者を務めると共に、モンストスタジオ エグゼクティブプロデューサー(現任)として「モンスターストライク」などのスマートフォンアプリの創出と事業拡大を統括してまいりました。

ミクシィグループは「事業再生フェーズ」から「再成長フェーズ」に:
・http://mixi.co.jp/press/2014/0213/12135/
・2013年度の通期業績に関しまして営業利益及び経常利益が営業黒字化する見込みとなりました。これからミクシィグループは、「事業再生フェーズ」から「再成長フェーズ」に移行します。再成長フェーズの経営の舵取りにおいては、事業を担ってきた者が適任であると考えSNS「mixi」や「モンスターストライク」を担ってきた森田仁基を次期代表に任命することにいたしました。2014年6月24日開催予定の株主総会の任期満了を迎えるにあたって私は代表取締役の職を辞し、顧問に就任いたします。

ミクシーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2121.T

PI研コメント:
・ミクシーが2/13、2014年3月期、第3四半期の決算を公表しました。結果は減収、赤字決算と厳しい結果です。ただ、株価はストップ高、投資家は、この結果にもかかわらず、買いと判断、ミクシーの株価過熱しています。その理由ですが、「2013 年度の通期業績予想における営業利益及び経常利益が黒字化する見込み、・・」とので、黒字転換が確実となったためです。しかも、ここで、その黒字を加速するため、さらに、「SNS「mixi」や「モンスターストライク」を担ってきた森田仁基を次期代表に任命、・・」と、社長交代です。この思い切った朝倉社長の決断に、投資家が反応したといえます。もともと、ミクシーの自己資本比率は 81.8%と盤石であり、キャッシュを産むP/Lの改善が図れれば、経営は軌道にのせることは可能な経営状況にあるといえます。今後、ミクシー、この安定した財務基盤をもとに、どのように攻めに転じるか、その動向に注目です。

新連載!まぐまぐプレミアム!(有料):ケーススタディ:ダンハンビー(dumhumby)
  *~WE'RE A CUSTOMER SCIENCE COMPANY~
2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設281人リクエスト

February 18, 2014 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミクシー、2014年3月、第3四半期、本決算黒字メド!:

Comments

Post a comment