« イズミ、スーパー大栄と資本業務提携、1/31! | Main | ヤマダ電機、2014年、第3四半期、増収減益、原価上昇! »

February 07, 2014

いなげや、2014年3月、第3四半期決算、三浦屋貢献!

いなげや、2014年3月、第3四半期決算、増収減益、2/4
・http://www.inageya.co.jp/
・http://www.inageya.co.jp/zaimu/zaimuimages/20140204KT3Q.pdf

P/L関連:
・営業収益 1,734.92億円(3.6%)、営業利益 11.92 億円(△39.4%)、経常利益 15.03億円(△32.8%)、当期純利益 7.38億円(△9.9%)
・原価 72.64%(昨年73.00%):-0.36、売上総利益 27.36%(昨年 27.00%):+0.36
・経費 30.26%(昨年 29.50%):+0.76
・マーチャンダイジング力 -2.90%(昨年-2.50%):-0.40
・その他営業収入3.62%(昨年 3.72%):-0.10
・営業利益 0.72%(昨年 1.22%):-0.50

B/S関連:
・自己資本比率 47.8%(昨年 49.7%)
・現金及び預金 68.74億円(総資産比 6.99%)
・商品及び製品 84.21億円(総資産比 8.56%)
・買掛金 269.69億円(総資産比 27.42%)
・有利子負債 50.06億円(総資産比 5.09%)

いなげやのコメント:
・小売業界におきましても、業種業態を超えた競争の激化や電気料の値上げ等に伴う経費増加および消費税率引き上げに伴う消費低迷への懸念など、厳しい経営環境が続いております。
・当社グループは、「食を通して地域に貢献するお役立ち業」を目指し、お客様のご要望の高い調理済・半調理商品の品揃えを強化するとともに、店舗コンセプトをこれまでの「生鮮プラス惣菜」から「惣菜プラス生鮮」の方向に転換し、食の生活シーンを想定しながら、お客様の暮らしぶりに合った売場づくりに取り組んでまいりました。
・当第3四半期連結累計期間における経営成績は、一昨年10月に連結子会社になった(株)三浦屋の業績貢献もあり、営業収益が1,734 億92百万円(前年同四半期比3.6%増)、売上高が1,674億29百万円(同 3.7%増)となりました。売上総利益率が0.4ポイント改善し、売上総利益は 458億4百万円(同 5.1%増)と増益を確保いたしました。一方、販売費及び一般管理費は、水道光熱費や退職給付費用などの増加により 506億 75百万円(同6.4%増)となりました。
・スーパーマーケット事業:
・店舗を大中小のタイプに分類、基準を明確化し、小型店は「効率化と割安感を提供」、中型・大型店は「豊富な品揃えと惣菜を強化」するなど、それぞれのタイプに適した営業政策をきめ細かく推進して、お客様に支持される店づくりとオペレーションの効率化に努めました。
・一昨年10月に連結子会社となった(株)三浦屋とのシナジーを発揮させるため、一部いなげや店舗にて
「三浦屋セレクション」として同社食品工場直送のパンやオリジナル商品の展開を開始しております。
・設備投資といたしましては、9月に下石神井店(東京都練馬区)、11月に西東京富士町店(東京都西東京市)、12月に桜新町店(東京都世田谷区)を新設いたしました。また、既存店の活性化も引き続き推進し、横浜左近山店(横浜市旭区)、むさし村山店(東京都武蔵村山市)、横浜東蒔田店(横浜市南区)、川越南大塚駅前店(埼玉県川越市)など、惣菜および生鮮強化のための改装・ゾーニングを41店舗実施いたしました。

いなげやの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8182.T

PI研コメント:
・いなげやが2/4、2014年3月期の本決算を公表した。結果は増収減益、特に利益が2桁の減益と厳しい決算となりました。今期は三浦屋をM&A、その効果ですが、「営業収益が 億 百万円(前年同四半期比 %増)、売上高が 億 百万円(同 3.7%増)となりました。売上総利益率が0.4ポイント改善し、・・」とのことで、売上高と原価への貢献があったとのことです。特に、原価に関しては、「三浦屋セレクション」として同社食品工場直送のパンやオリジナル商品の展開を開始、・・」とのことで、付加価値の高い商品が貢献したとのことです。一方、経費の方ですが、0.76ポイント上昇しており、結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力はマイナス幅が拡大、利益を圧迫したといえます。本決算までわずかですが、いなげやの業績がどこまで回復するか、特に、今後の経費の動向に注目です。

新連載!まぐまぐプレミアム!(有料):ケーススタディ:ダンハンビー(dumhumby)
  *~WE'RE A CUSTOMER SCIENCE COMPANY~
2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設281人リクエスト

February 7, 2014 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いなげや、2014年3月、第3四半期決算、三浦屋貢献!:

Comments

Post a comment