« March 2015 | Main | May 2015 »

April 30, 2015

クローガー、プレスリリース、 84.51°設立、4/27

dunnhumby Ltd. and Kroger Announce New Relationship:
・Company Release - 04/27/2015 11:10
・http://www.thekrogerco.com/
・http://ir.kroger.com/file.aspx?IID=4004136&FID=29173180
・CINCINNATI, April 27, 2015 /PRNewswire/ -- dunnhumbyUSA joint venture partners dunnhumby Ltd and The Kroger Co. (NYSE: KR) today announced a new chapter in their successful alliance that will provide greater flexibility for both parties to use data to create substantial opportunities for innovation and growth. Under the new arrangements dunnhumby Ltd and Kroger will replace their existing exclusive joint venture with a new long-term license and service agreement and the acquisition of certain assets from dunnhumbyUSA by Kroger. A new business called 84.51° will operate with those assets as its foundation.
・dunnhumby Ltd will continue to operate in the U.S. as dunnhumby, expanding its client base and accelerating the growth of its business through the greater flexibility of the new arrangements with Kroger. dunnhumby will now have the ability to use its proven insight products and data expertise to capture the substantial, previously unavailable potential of the North American market through working with new retailers, consumer brands and media partners. dunnhumby will continue to pioneer the field of customer science through innovations in retail consulting services, analytics software, data science and digital media and will continue to develop its existing strong platform of client relationships in the US. Current retail clients of the joint venture will be seamlessly transitioned to dunnhumby. dunnhumby will continue to operate from offices in the US in Cincinnati, New York, Boston, Chicago and Sacramento. dunnhumby's work with retailers and brands in its other 70 countries earning the loyalty of almost one billion customers continues as normal.
・Under the new arrangements, Kroger will retain dunnhumby Ltd's technology and the talent to continue developing Kroger's leading customer insights and loyalty programs for the benefit of its customers. More than 500 of dunnhumbyUSA's employees will become associates of 84.51°, a wholly-owned subsidiary of The Kroger Co. 84.51° will also have the benefit of a perpetual license to use dunnhumby Ltd's analytical tools to find customer insights in Kroger's data. dunnhumby Ltd will provide service and maintenance on those tools for a period of five years, but will no longer have access to Kroger's data. Current consumer packaged goods companies that serve Kroger customers and work with dunnhumbyUSA will be seamlessly transitioned to 84.51°. Stuart Aitken, who previously led dunnhumbyUSA, will become chief executive officer of 84.51°.
・In addition, 84.51° will have the flexibility to accelerate future innovation by working with new partners and new tools, always toward the goal of engaging customers where, when and how it matters most to them. Where previously Kroger was restricted to working with dunnhumby only, the new non-exclusive arrangement now makes available to 84.51° the use of innovative tools from other companies to analyze its data. 84.51° will be an innovation engine, focused on rapidly developing customer science, analytics and insights to bring new solutions to market to support Kroger, consumer packaged goods companies, and other partners. 84.51°'s headquarters will be in the building at Fifth and Race Streets, downtown Cincinnati.
・"We are excited to bring our insights and capabilities to more of the American market and to continue our relationship with Kroger over the next five years" said Simon Hay, chief executive officer of dunnhumby Ltd. "The wider US market is a fantastic opportunity for dunnhumby to help more retailers and brands undertake a similar journey using data-informed insights to delight their customers and earn their loyalty."
・"Kroger and dunnhumby revolutionized retailing in the U.S. by focusing on the customer, and we intend to do it again with 84.51°. We are launching 84.51° with a powerful foundation, including a decade of experience and a team of incredibly talented associates from both dunnhumbyUSA and Kroger. The ability to combine what we already know with other partners is exciting and will speed up innovation. We expect these innovations to grow our business and deliver a world-class customer experience," said Rodney McMullen, Kroger's chairman and chief executive officer. "We will continue to utilize data science for the benefit of the customer and to deliver a personalized experience, both in store and online. Doing so will continue to differentiate Kroger and create value for our shareholders."
・Financial terms of the new arrangements were not disclosed. The new businesses will commence operations on April 27, 2015. There are no anticipated headcount reductions as a result of the new arrangements.

PI研のコメント:
・4/27、クローガーがニュースリリースでダンハンビーとの今後の展開について公表したました。それによると、84.51°をダンハンビーの受け皿としてクロガーが設立、ダンハンビーUSAの約500人を採用し、今後、5年間ダンハンビーのメンテを受ける一方、資産の活用、使用する権利を確保するとのことです。また、 「but will no longer have access to Kroger's data. 」とのことですので、ダンハンビーはクローガーへのデータアクセスができなくなるとのことですので、この時点で、クローガーとダンハンビーは事実上、ジィントベンチャーを解消し、お互い、自由に、全米、全世界に向けてのビジネスがスタートといえます。ダンハビーにとっても、クローガーにとっても、双方、利益のあるジィントベンチャーの解決方法といえますが、ダンハンビーにとって、2003年からはじまったクローがーとの決別ということになりますので、痛手といえます。今後、ダンハンビー、テスコが売却することは必至の中、クローガーと別れ、どのような戦略を打ち出すのか注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 30, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2015

84.51°設立、クローガー、ダンハンビーと決別!

Tesco Splits With Kroger on Dunnhumby to Form New Marketing Shop
・Advertising Age :Published on April 27, 2015
・http://adage.com/article/dataworks/dunnhumby-splits-u-s-kroger-business-84-51/298277/
・And if you thought that old name of Dunnhumby – a mashup of names of the firm's founders – was unusual, try the unit's new one -- 84.51°.
・The new unit will employ more than 500 of DunnhumbyUSA's 700-plus U.S. employees. The remainder of Dunnhumby's U.S. business will drop the "USA" and continue to work in offices in Cincinnati, Boston, Chicago, New York and Sacramento. The company will work with old clients of the firm aside from Kroger, including Macy's.
・As part of the deal, 84.51° will have a perpetual license to use Dunnhumby's analytical tools. Dunnhumby will provide service and maintenance on the systems for five years but no longer have access to Kroger customer data. Packaged-goods suppliers of Kroger and customers of Dunnhumby will be serviced by 84.51°, and Stuart Aitken, who previously led DunnhumbyUSA, will be CEO of the new company.
・The biggest change is greater alignment between his firm and Kroger, which has had 45 consecutive quarters of comparable-store sales growth since starting to work with Dunnhumby in 2003, Mr. Aitken said. "Obviously Tesco has publicly said they put Dunnhumby up for sale, and Kroger wanted to make sure they protect what is so great about what they've done the past 12 years."

Introducing 84.51°: The New Powerhouse in Pioneering Customer Engagement
・BUSINESS WIRE:April 27, 2015 11:16 AM Eastern Daylight Time
・http://www.businesswire.com/news/home/20150427005899/en/Introducing-84.51%C2%B0-Powerhouse-・Pioneering-Customer-Engagement#.VT9_DPmsUlo
CINCINNATI--(BUSINESS WIRE)--Today marks a new era in customer engagement with the introduction of 84.51
・With more than 500 talented associates, sophisticated tools and technology, and a customer-first obsession, 84.51° believes that real sustainable growth comes from putting the customer at the center of everything & making people’s lives easier. Devoted to helping its partners develop, nurture and embrace customer-driven relationships, 84.51°'s clients include some of the world's leading consumer packaged goods manufacturers.
・The 84.51° team is comprised of talented associates from dunnhumbyUSA and Kroger. The company will have a perpetual license agreement with dunnhumby Ltd. to use dunnhumby Ltd’s analytics tools.
・Based in Cincinnati, 84.51° will assume ownership of the headquarters building at Fifth & Race streets in downtown Cincinnati, and will have offices in New York & Chicago. 84.51° will operate independently as a wholly owned subsidiary of The Kroger Co.

dunnhumby:
・DUNNHUMBY RESTRUCTURES RELATIONSHIP WITH KROGER IN THE US
・http://www.dunnhumby.com/
・27 April 2015
・dunnhumby, the leading customer science company, has opened the way to work with other North American retailers and FMCG clients following a restructuring of its relationship with The Kroger Co (“Kroger”).
dunnhumby and Kroger will replace the existing exclusive joint venture with more flexible long-term license and service agreements.
・North America represents a highly attractive market and significant opportunity for dunnhumby to market its customer science and data-driven insight and media products to retailers, consumer brands and media partners.
・Under the new agreements, dunnhumby’s proven insight products and data expertise will now be deployed to capture the substantial, previously unavailable potential the North American market represents. dunnhumby will be free to work with new retail and FMCG clients and to develop its existing strong platform of client relationships in the US and globally.
・dunnhumby is wholly owned by Tesco Plc.
・Simon Hay, CEO of dunnhumby, said “We are excited to bring our insights and capabilities to more of the North American market. The wider US market is a fantastic opportunity for dunnhumby to help more retailers and brands undertake a similar journey using data-driven insights and media to delight their customers and earn their loyalty.”

PI研のコメント:
・速報です。4/27、アメリカのクローガーがダンハンビーと袂(たもと)を分かち、新会社、84.51°を設立しました。ダンハンビーはすでにテスコが売却する方向に入っていますが、その中で、ダンハンビーと2003年、50%-50%のジョイントベンチャーを設立していたクローガーがどのような対応をするかが、注目されていました。その結論が4/27、下され、クローガー100%の子会社の設立にいたったといえます。この新会社、84.51°はダンハンビーUSAから500人以上が移籍、CEOもその一人であり、今後、5年間はこれまでの資産をダンハンビーがフォローしますが、現時点でダンハンビーはクローガーの顧客データにアクセスができなくなっています。同日、ダンハンビーも、この件について、ニュースリリースを公式に公表していますが、それを見ると、「a restructuring of its relationship with The Kroger Co (“Kroger”).」とのことで、クローガーと関係がrestructuring されたとのことです。ただ、結果、クローガー以外のアメリカの食品スーパー、メーカーへの支援が可能になったとのことで、この苦境を新たな成長戦略につなげてゆきたいと、CEOのSimon Hay氏はコメントしています。いずれにせよ、これまでのダンハンビーの時代はこれで一旦終了といえ、今後は84.51°がクローガーとともに、世界のID-POS、ビッグデータ、オムニチャネルの分野をリードしてゆくことになるといえそうです。一方、ダンハンビーもテスコ、そして、クローガーから離れ、新たなオーナーのもとで再スタートを切ることになるのではと予想されます。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 29, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2015

ビッグデータ、医療分野、全国規模で活用はじまる!

ビッグデータで病気分析 70万人の記録解析で傾向把握:4/26
・朝日新聞:
・http://digital.asahi.com/articles/ASH4S412QH4SPLBJ001.html?_requesturl=articles%2FASH4S412QH4SPLBJ001.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH4S412QH4SPLBJ001
・記事抜粋:
・全国70万人分の診療データを解析したところ、心臓の血管が突然つまる急性心筋梗塞(こうそく)の入院患者は、男性は60代、女性では80代で最も多いことが、日本循環器学会の研究で分かった。全国規模で患者の傾向が明らかになるのは初めてという。数十万人単位の「ビッグデータ」を活用して、医療の質向上につなげるのがねらい。
同学会の研究チームは、診療報酬の算定に使われ、患者の性別や年齢、治療法などが記録された診療データ「DPC」に注目。12年度分について、匿名化した上で全国610施設の患者約70万人分のデータを解析した。

第79回日本循環器学会学術集会:
・http://med.sawai.co.jp/seminar/pdf/seminar_42.pdf
・ビッグデータ時代における循環器病診療評価はどうあるべきか?
・電子カルテデータの臨床研究での利用
・動き出す、「循環器病のビッグデータ」

CBニュース:4/21
・http://www.cabrain.net/news/regist.do;jsessionid=B3C71C2271D70CA559231BE880A7EC8E
・日本循環器学会は、24日から大阪市内で開催する第79回学術集会で、2004年から毎年実施している「循環器疾患診療実態調査」で収集したDPCデータの解析結果を一部発表する。同調査の主査を務めた今学術集会の小川久雄会長(熊本大大学院教授・国立循環器病研究センター副院長)はプレスカンファレンスで、「発表すると海外の方が驚かれるようなデータが出ると思う」と語った。

日本循環器学会:
h・ttp://www.j-circ.or.jp/

PI研のコメント:
・医療分野でも、全国規模で本格的なビッグデータの活用がはじまりました。4/26の朝日新聞によると、日本循環器学会で全国70万人分の診療データを解析し、「心臓の血管が突然つまる急性心筋梗塞(こうそく)の入院患者は、男性は60代、女性では80代で最も多い、・・」ことが明らかになったとのことです。すでに、4/21に、「小川久雄会長(熊本大大学院教授・国立循環器病研究センター副院長)はプレスカンファレンスで、「発表すると海外の方が驚かれるようなデータが出ると思う」と語った。」とのことですので、学会としても、注目していた研究成果であるといえます。この時のランチョンセミナーのテーマは、「ビッグデータ時代における循環器病診療評価はどうあるべきか? 」でしたので、まさに、ビッグデータがテーマであったといえます。ビッグデータの活用があらゆる分野で広がりつつあるといえ、分析技術は共通、原則、ID-POS分析といえますので、今後、流通業界で培われたノウハウが様々な分野で活用される時代になるといえます。その意味で、ID-POS分析そのものの研究開発も重要な課題であるといえ、流通業界が果たす役割も大きいといえます。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 28, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2015

コンビニ、売上速報、2015年3月、消費増税の影響?

一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会:2015年2月度:4/20
・ココストア、サークルKサンクス、スリーエフ、セイコーマート、セブン-イレブン・ジャパン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン
・http://www.jfa-fc.or.jp/folder/1/img/20150420125615.pdf
・コメント:
・今月は、降水量が多かったものの、平均気温が全国的に高かったため、全店・既存店の来店客数は共にプラスとなった。また、客単価については、淹れたてコーヒーを含むカウンター商材や惣菜等が引き続き好調ではあったが、前年の消費税増税前のたばこ等の駆け込み需要による反動を受け、全店・既存店共に前年を下回った。なお、既存店売上高は前年を下回っているものの、たばこの売上高減少分を勘案すると前年よりプラスとなる。
・既存店ベースでは、来店客数12億6,107万人(前年同月比+0.2%)が2ヶ月連続のプラス、平均客単価605円(前年同月比-3.0%)が2ヶ月連続のマイナスになり、売上高7,626億円(前年同月比-2.8%)は12ヶ月連続のマイナスとなった。

売上高:過去1年間掲載
・2015年3月:
・全 店:841,091百万円(昨年 829,713百万円):+1.4%
・既存店:762,611百万円(昨年 784,627百万円):-2.8%
・2月:
・全 店:730,066百万円(昨年 709,809百万円):+2.9%
・既存店:662,853百万円(昨年 672,208百万円):-1.4%
・1月:
・全 店:784,779百万円(昨年 755,077百万円):+3.9%
・既存店:712,422百万円(昨年 717,142百万円):-0.7%
・2014年12月:
・全 店:859,289百万円(昨年 832,760百万円):+3.2%
・既存店:781,660百万円(昨年 791,489百万円):-1.2%
・11月:
・全 店:800,950百万円(昨年 779,219百万円):+2.8%
・既存店:726,919百万円(昨年 739,227百万円):-1.7%
・10月:
・全 店:829,545百万円(昨年 800,823百万円):+3.6%
・既存店:753,207百万円(昨年 761,363百万円):-1.1%
・9月:
・全 店:811,603百万円(昨年 786,504百万円):+3.2%
・既存店:737,720百万円(昨年 747,077百万円):-1.3%
・8月:
・全 店:876,601百万円(昨年 859,297百万円):+2.0%
・既存店:796,363百万円(昨年 816,351百万円): -2.4%
・7月:
・全 店:884,151百万円(昨年 856,311百万円):+3.3%
・既存店:803,006百万円(昨年 808,687百万円):-0.7%
・6月:
・全 店:806,282百万円(昨年 785,984百万円):+2.6%
・既存店:731,506百万円(昨年 745,353百万円):-1.9%
・5月:
・全 店:815,264百万円(昨年 785,757百万円):+3.8%
・既存店:739,304百万円(昨年 745,635百万円):-0.8%
・4月:
・全 店:753,960百万円(昨年 741,635百万円):+1.7%
・既存店:684,428百万円(昨年 699,868百万円):-2.2%

店舗数:
2015年3月:
・52,397店舗(昨年49,930店舗): +4.9%
・2月:
・52,380店舗(昨年49,994店舗): +4.8%
・1月:
・51,934店舗(昨年49,493店舗): +4.9%
・2014年12月:
・51,814店舗(昨年49,335店舗): +5.0%
・11月:
・51,720店舗(昨年49,146店舗): +5.2%
・10月:
・51,476店舗(昨年48,923店舗): +5.2%

客数:
・2015年3月:
・全 店:1,370,930千人(昨年1,307,914千人):+4.8%
・既存店:1,261,069千人(昨年1,259,149千人):+0.2%
・2月:
・全 店:1,197,423千人(昨年1,144,168千人):+4.7%
・既存店:1,101,047千人(昨年1,100,238千人):+0.1%
・1月:
・全 店:1,261,511千人(昨年1,223,473千人):+3.1%
・既存店:1,160,578千人(昨年1,179,803千人):-1.6%
・2014年12月:
・全 店:1,348,126千人(昨年1,314,567千人):+2.6%
・既存店:1,241,617千人(昨年1,269,285千人):-2.2%
・11月:
・全 店:1,339,637千人(昨年1,308,440千人):+2.4%
・既存店:1,233,722千人(昨年1,256,878千人):-1.8%
・10月:
・全 店:1,392,119千人(昨年 1,343,300千人):+3.6%
・既存店:1,281,826千人(昨年 1,296,828千人):-1.2%

客単価:
・2015年3月:
・全 店:613.5円(昨年634.4円):1.4%
・既存店:604.7円(昨年623.1円):-3.0%
・2月:
・全 店:609.7円(昨年620.4円):-1.7%
・既存店:602.0円(昨年611.0円):-1.5%
・1月:
・全 店:622.1円(昨年617.2円):+0.8%
・既存店:613.9円(昨年607.8円):+1.0%
・2014年12月:
・全 店:637.4円(昨年633.5円):+0.6%
・既存店:629.6円(昨年623.6円):+1.0%
・11月:
・全 店:597.9円(昨年595.5円):+0.4%
・既存店:589.2円(昨年588.1円):+0.2%
・10月:
・全 店:595.9円(昨年596.2円):-0.1%
・既存店:587.6円(昨年587.1円):+0.1%

部門売上高:
・2015年3月:
・日配食品:構成比35.5%:+2.4%
・加工食品:構成比26.9%:-0.3%
・非 食 品:構成比31.4%:-12.4%
・サービス:構成比6.2%:+14.6%
・合  計:構成比100.0%:-1.40.7%
・2月:
・日配食品:構成比35.4%:+0.4%
・加工食品:構成比26.8%:-2.0%
・非 食 品:構成比32.8%:-3.7%
・サービス:構成比5.7%:+9.4%
・合  計:構成比100.0%:-2.8%
・1月:
・日配食品:構成比34.6%:+1.4%
・加工食品:構成比26.9%:-1.3%
・非 食 品:構成比32.2%:-3.2%
・サービス:構成比5.6%:+0.4%
・合  計:構成比100.0%:-0.7%
・2014年12月:
・日配食品:構成比35.4%:-0.1%
・加工食品:構成比26.1%:-1.8%
・非 食 品:構成比32.7%:-3.7%
・サービス:構成比5.8%:+9.3%
・合  計:構成比100.0%:-1.2%
・11月:
・日配食品:構成比35.0%:-0.5%
・加工食品:構成比27.6%:-1.5%
・非 食 品:構成比32.6%:-4.3%
・サービス:構成比4.8%:+8.3%
・合  計:構成比100.0%:-1.7%
・10月:
・日配食品:構成比35.5%:+1.1%
・加工食品:構成比27.0%:-1.7%
・非 食 品:構成比32.5%:-4.3%
・サービス:構成比5.0%:+9.6%
・合  計:構成比100.0%:-1.1%

参考:
日配食品:
・米飯類(寿司、弁当、おにぎり等)、パン、 調理パン、惣菜、漬物、野菜、青果、水物(豆腐等)、調理麺、卵、加工肉(ハム、ウインナー、ベーコン等)、牛乳、乳飲料、乳製品(バター、チーズ等)、練物(ちくわ、かまぼこ等)、生菓子(ケーキなどの和洋菓子)、サラダ、デザート類(プリン、ゼリー、ヨーグルト等)等
・加工食品:
・菓子類(生菓子を除く)、ソフトドリンク(乳飲料を除く)、アルコール飲料(日本酒、ウイスキー、ワイン等)、調味料(味噌、しょう油、うま味調味料、ソース等)、嗜好品(コーヒー、お茶等)、食塩、砂糖、食用油、米穀、乾物、各種の缶・瓶詰類、冷凍食品、アイスクリーム、レトルト食品、インスタント食品、焼きのり等
・非食品:
・雑誌、書籍、新聞、衣料品、袋物類、文房具、ブラシ、玩具、雑貨、たばこ、ペットフード、乾電池、テープ、CD、電球・蛍光灯、電卓、燃料、人形、サングラス、履物、園芸用品、ゲームソフト、花火、洗剤、化粧品、医薬品、医薬部外品栄養ドリンク、陶磁器・ガラス器、金物、紙製品、フィルム、切手、はがき、収入印紙、装身具等
・サ ー ビ ス:
・コピー、ファクシミリ、宅配便、商品券、ギフト券、乗車券、各種チケット、テレフォンカード、宝くじ、D.P.E、レンタル、航空券、宿泊券、クリーニング等

PI研のコメント:
・コンビニの2015年3月度の売上速報が4/20、一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会から公表されました。3月度は昨年が消費増税前の駆け込み需要があったため、今期はその反動がどう影響するか、注目の数字です。その結果ですが、全体は1.4%増となりましたが、既存店は-2.8%の減収となりました。既存店の客数は+0.2%と微増でしたが、客単価が-3.0%とマイナスになったことが、その要因です。部門別にみると、非食品が-4.3%となったことが大きく響いていますが、コメントでは、「既存店売上高は前年を下回っているものの、たばこの売上高減少分を勘案すると前年よりプラスとなる、・・」とのことですので、たばこがその要因といえます。ただ、このたばこを除くと、前年よりプラスとのことですので、コンビニは、実質、プラスに転じたといえそうです。それにしても、店舗数は52,397店舗と、+4.9%ですので、依然として新規出店は積極的といえます。コンビニ、今後とも新規出店は続くと思われ、消費増税の影響もほぼ相殺、次の4月、全体はもとより、既存店がどこまでプラスに転じるか、その数値に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 27, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2015

アマゾン、2015年12月、第1四半期決算、AWS公表!

アマゾン、2015年12月、第1四半期決算、4/23
・http://www.amazon.com/
・http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=97664&p=irol-newsArticle&ID=2039598

CF関連:キャッシュの配分:(in millions)
・営業活動によるキャッシュ・フロー:(1,499)(昨年(2,502)):年間7,845(昨年5,345)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(1,847)(昨年(924))
  →Purchases of property and equipment:(871)(昨年(1,080))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(652)(昨年(175))
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):(4,320)(昨年 (3,584))

B/S関連:キャッシュの蓄積:(in millions)
・総資産:$50,075
・純資産比率:21.71%(昨年1年 19.70%)
・現金及び預金:10,237(総資産比 20.44%)
・有利子負債:8,257(総資産比 16.48%)
・利益剰余金 :1,892

P/L関連:キャッシュの創出:(in millions)
・売上高:22,717(15.07%)、営業利益:255(74.65%)
・当期純利益:(57)(昨年108)
・原価:67.76%(昨年 71.19%):-3.43、売上総利益:32.24%(昨年 28.81%):+3.43
・経費:31.10%(昨年 28.06%):+3.04
  →Fulfillment:12.14%(昨年11.73%)
  →Marketing:4.76%(昨年4.40%)
  →Technology and content:12.12%(昨年10.08%)
・営業利益:1.14%(昨年 0.75%):+0.39
・AWS:
・Net sales:1,566(49.14%)
・Segment operating income (loss):265(8.16%:対Net sales:16.92%)

PI研のコメント:
・アマゾンが4/23、2015年12月期の第1四半期決算を公表しました。今回の決算はアマゾンがはじめてAWSのセグメント情報を公開するとのことで注目された決算です。AWSとはAmazon Web Servicesの略であり、いわゆるクラウド事業のことです。いまやAWSはビッグデータ時代の基盤サービスともいえる状況になってきており、日本でも流通業を含め、様々な業種で活用がはじまっています。POS分析、ID-POS分析も今後、AWSを活用する時代がすごそこまで来ているといえます。そのAWS事業ですが、1,566百万ドル(49.14%)と、急成長していることがわかります。昨対150%の伸びで、事業規模も四半期で2,000億円近い数字となっており、アマゾンの柱に育ったといえます。利益も265百万ドル(8.16%:対Net sales:16.92%)ですので、すでに莫大な利益を生み始めています。アマゾンは書籍のネット販売で有名ですが、その基盤技術を活用し、将来のビッグデータ事業へ向けての新たなサービスをAWSとして確立しており、数年後は、全く異なった企業に変身している可能性も高いといえます。AWSが今期どのような展開に入るのか、その動向に注目です。

アマゾンのコメント:
・SEATTLE--(BUSINESS WIRE)--Apr. 23, 2015-- Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN) today announced financial results for its first quarter ended March 31, 2015.
・Operating cash flow increased 47% to $7.84 billion for the trailing twelve months, compared with $5.35 billion for the trailing twelve months ended March 31, 2014. Free cash flow increased to $3.16 billion for the trailing twelve months, compared with $1.49 billion for the trailing twelve months ended March 31, 2014.
・Common shares outstanding plus shares underlying stock-based awards totaled 483 million on March 31, 2015, compared with 476 million one year ago.
・Net sales increased 15% to $22.72 billion in the first quarter, compared with $19.74 billion in first quarter 2014. Excluding the $1.3 billion unfavorable impact from year-over-year changes in foreign exchange rates throughout the quarter, net sales increased 22% compared to first quarter 2014.
・Operating income increased 74% to $255 million in the first quarter, compared with operating income of $146 million in first quarter 2014.
・Net loss was $57 million in the first quarter, or $0.12 per diluted share, compared with net income of $108 million, or $0.23 per diluted share, in first quarter 2014.
・“Amazon Web Services is a $5 billion business and still growing fast — in fact it’s accelerating,” said Jeff Bezos, founder and CEO of Amazon.com. “Born a decade ago, AWS is a good example of how we approach ideas and risk-taking at Amazon. We strive to focus relentlessly on the customer, innovate rapidly, and drive operational excellence. We manage by two seemingly contradictory traits: impatience to deliver faster and a willingness to think long term. We are so grateful to our AWS customers and remain dedicated to inventing on their behalf.”

アマゾンの株価:
・http://jp.reuters.com/investing/quotes/chart?symbol=AMZN.O

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 26, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2015

マーケティングは「愛」、村田イズム継承!

マーケティングは「愛」 愛情なき商売から脱却を
・村田昭治 慶応義塾大学名誉教授
  モノが売れないと言われて久しい。理由はいくらでも挙がります。世界的な景気低迷、賃上げの抑制、モノ余りによる需要の減退、人口減による市場の縮小…。だが、こうした外部環境だけが原因なのでしょうか。
  戦後、日本を悪くしたものが3つあります。「能率」「マニュアル」「標準化」です。商売に多くの無駄がはびこっていた時代には、これらが“3種の神器”となって、差別的優位性をもたらしました。コンビニエンスストアが成長した原動力は、まさしくこの3種の神器にあります。ですが、多くの企業が競って効率化を進めていった結果、個性のない店が蔓延し、どこの店で買っても大差ないと思われるようになりました。いわば「商売のコモディティー化」が、消費者離れを起こしたのです。
  この3種の神器がもたらしたさらなる弊害は、そこで働く人間もコモディティー化させたことです。百貨店の売り場で聞く「いらっしゃいませ」の声が、何と事務的で冷たいことでしょう。本当にその売り場の商品を薦めたい、どうしても店に寄ってほしいという気持ちが感じられないのです。
  人間のコモディティー化は百貨店全体を硬直化させます。例えば、午前10時開店ならきっちり10時にならないと扉を開けない。お年寄りが列を作って待っているのなら、なぜ5分でも早く店に入れてあげないのでしょうか。百貨店の経営不振の根っこに、お客へのホスピタリティーよりも店側の都合や規則を優先する姿勢があるように思えてなりません。
  それは町場の商店でも同様です。「どうぞ寄ってってください」と声がけするだけではお客は来ません。「このイチゴ、昨日我が家で食べたらおいしくておいしくて。本当は売りたくないんだけど、今日は特別にお分けしますよ」というくらい思いを伝えられなければ、馴染み客を作ることはできないのです。全国で多くの商店街が廃れているのも、真の商売人が減っているからではないでしょうか。
  私の専門であるマーケティングを一言で表すと「子供を産み育てること」だと思っています。愛情がなければそもそも妊娠しないし、愛情がなければ子供は育ちません。商売も愛情をベースにしなければうまくいかないということです。お客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれます。これからの商売は「顧客満足=カスタマーサティスファクション」だけでは不足で、「顧客幸福=カスタマーハピネス」を追求しなければならないのです。
  私は私生活でもマーケティングを実践しています。出会った人々に心からの愛情を注ぎ、長いつき合いを保っています。これまでゼミの卒業生を中心に結婚式の媒酌人を270組ほど務めました。恐らく日本一ではないかと自負しています。ちなみに、そのうち19組が離婚しましたが、17組を再婚させました。“アフターサービス”もマーケティングの大切な要素だからです。
  日本から「商いの心」が薄れ、会社の中が乾燥化してしまったのは、経営者自身が愛情を失っているからではないでしょうか。従業員に進んで声をかけている経営者は驚くほど少ないし、自ら売り場に立ってお客に思いを伝えている経営者は皆無に近い。景気の動きに一喜一憂するのではなく、愛情の糸をもう一度紡ぎ直すところからやり直さなければ、永久に消費の回復はやってこないと感じています。

日経ビジネス,2008/11/03号

PI研のコメント:
・村田先生(慶應義塾大学名誉教授)が4/16、お亡くなりになりました。82歳でした。今年は村田ゼミ創設50周年で、そのお祝いが来月開催される予定でした。残念です。私は村田ゼミの23期生ですが、当時、先生から「マーケティングは愛」の話を聞いた時、全く理解できなかったことを思い出します。当時、「マーケティングは科学」であり、そこに愛はないと思っていたからです。ところが、ここ最近、村田先生のおっしゃていたことが実感できるようになりました。「マーケティングは愛」、このマーケティングをiD-POS分析に置き換えると、次のように定義できるからです。「 i D付POS分析を一言で表すと「顧客を産み育てること」だと思っています。愛情がなければそもそも顧客は生まれないし、愛情がなければ顧客は育ちません。商売も愛情をベースにしなければうまくいかないということです。顧客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれます。」村田先生の「マーケティングは愛」と「iD-POS分析は愛」は相似、違和感なく受け入れることができたからです。ここに到達するに約20年かかりましたが、今後は迷わずに、iD-POS分析、そして、ビッグデータにも取り組んでいけると思います。改めて、村田先生への感謝とともに、ご冥福をお祈りします。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 25, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2015

テスコ、2015年2月本決算、営業赤字1兆円!

テスコ、2015年2月、本決算、4/22
・http://www.tescoplc.com/index.asp
・http://www.tescoplc.com/files/pdf/results/2015/prelim/prelim_2014-2015_results_statement.pdf

CF関連:キャッシュの配分:£m(180.014975円/1£:4/23)
・営業活動によるキャッシュ・フロー:484(昨年3,185)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(2,015)(416.3%:昨年(2,854))
  →Payments for property and equipment:(1,989)(昨年(2,489))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:814(昨年56)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):(717)(昨年 387)

B/S関連:キャッシュの蓄積:£m
・総資産:44,214
・純資産比率:42.18%(昨年 15.99%)
・現金及び預金:2,165(総資産比 4.89%)
・有利子負債:20,714(総資産比 46.84%)
・利益剰余金 :1,985

P/L関連:キャッシュの創出:£m
・売上高:62,284(-2.0%)、営業利益:(5,792)(昨年:2,631)
・当期純利益:(5,766)(昨年970)
・原価:103.39%(昨年 93.69%):+9.70、売上総利益:-3.39%(昨年 6.31%):-9.70
・経費:4.32%(昨年 2.60%):+1.72
・営業利益:-7.71%(昨年 3.71%):-11.42

テスコのコメント:
・Dave Lewis – Chief Executive:
・“It has been a very difficult year for Tesco. The results we have published today reflect a deterioration in themarket and, more significantly, an erosion of our competitiveness over recent years. We have faced into thisreality, sought to draw a line under the past and begun to rebuild, and already we are beginning to see earlyencouraging signs from what we’ve done so far.
・Over the last six months we have put customers back at the centre of everything we do. By focusing on thefundamentals of availability, service and targeted price reductions, we have seen a steady increase in footfall,transactions and, most significantly, volumes. More customers are buying more things at Tesco.
We are making deep changes to the way we organise and run our business, with a simpler, more agile office team,more colleagues serving customers and a new approach to the way we work with suppliers. I do not underestimatehow difficult some of these changes have been for the team and I thank everyone for their professionalism andcontribution at this time of great change.
・The market is still challenging and we are not expecting any let up in the months ahead. When you add to this thefundamental changes we are making to our business and our offer, it is likely to lead to an increased level ofvolatility in short-term performance. Our clear priority – and the one that will deliver sustainable value for ourshareholders – is to improve consistently for customers. The changes we have made and will continue to make putus in a stronger position to do this.”

テスコの株価:
・http://www.bloomberg.co.jp/apps/quote?T=jp09/quote.wm&ticker=TSCO:LN

PI研のコメント:
・4/22、テスコが2015年2月期の本決算を公表しました。すでに、日経等でも報道されていますが、1兆円の赤字決算、減収減益という厳しい結果となりました。イギリスの報道等を見ると、テスコ100年で最悪との見出しもあり、イギリス本国でも予想はしていたものの、ショッキングな決算といえます。それにしても、これほど厳しい決算になるとは、通常の経営では考えられない結果であり、今後、待ったなしの本格的なリストラに入らざるをえない状況に追い込まれたといえます。その要因ですが、不正会計が発覚した余波が大きい上に、すでに着手しているリストラの一環で店舗閉鎖に伴う減損処理が大きいといえます。すでに、CEOはユニリーバーから招かれたDave Lewis氏に代わっていますが、今後、大ナタを振るうことになるといえます。不採算部門の見直し、海外戦略の再編はすでに既定路線ですが、資産売却も本格モードに入り、虎の子のダンハンビーも売却が時間の問題といえます。ただ、ダンハンビーの予想売却価格は約3,500億円とのことですので、さらに、優良資産の売却も視野に入れざるをえないといえます。テスコ、今後、どのように体制を立て直すのか、ダンハンビーの行くへも気になりますが、テスコ本体の動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 24, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2015

花火図、政府主導のBigDataプロジェクトスタート!

「地域経済分析システム(RESAS(リーサス))」の提供を開始:4/21
・経済産業省:
・http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150421001/20150421001-1.pdf
・内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)及び経済産業省:
・「地域経済分析システム(RESAS(リーサス))」の提供を本日から開始いたしました。このシステムを通じて、平成27年度中に地方公共団体にお願いしている地方版総合戦略の策定を、情報面から支援していきます。
・平成26年9月に、人口減少克服・地方創生という我が国が直面する大きな課題に対し政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、内閣総理大臣を本部長とするまち・ひと・しごと創生本部が設置され、平成26年12月27日に「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されました。
・今後、地方公共団体が地域の特性を踏まえた地方版総合戦略を策定するに当たっては、地方自治体がそれぞれの地域の強み・弱みなどの特性を踏まえることが重要であり、地方自治体が自らの産業構造や人口動態、観光の人の流れなどの現状・実態を正確に把握するとともに、データに基づく目標・KPI(重要業績評価指標)の設定、PDCAサイクルの確立等が求められています。
・こうした中で、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)及び経済産業省では、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する“ビッグデータ”を集約し、可視化するシステムについて、検証を行ってきたところであり、このたび、地方版総合戦略における基本目標・KPIの設定、PDCAサイクルの確立等を支援する「地域経済分析システム(RESAS)」を地方公共団体に提供することといたしました。
本システムで提供するデータは、企業間取引に関するデータを除いて、一般の方でも Web 上で見ていただくことができます。

RESAS(地域経済分析システム)とは:
・http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/outline.pdf
・地方創生の実現に向けては、各都道府県・市区町村が客観的なデータに基づき、自らの地域の現状と課題を把握し、その特性に即した地域課題を抽出して「地方版総合戦略」を立案していただくことが重要です。
・このため、今般、まち・ひと・しごと創生本部は、これまで経済産業省が開発を行ってきた「地域経済分析システム」、いわゆる「ビッグデータを活用した地域経済の見える化システム」を、経済分野に限らずさまざまなデータを搭載することで、地方自治体が「地方版総合戦略」の立案等をする際に役立てていただけるシステムへと再構築しました。この「地域経済分析システム」は、英語表記(Regional Economy (and) Society Analyzing System)の頭文字を取って、“RESAS”(リーサス)と呼ばせていただきます。
・RESAS は、4 つのマップ、具体的には「産業マップ」「観光マップ」「人口マップ」「自治体比較マップ」の 4 つで構成されています。

PI研のコメント:
・RESASがスタートしました。ビッグデータ時代の本格到来といえます。それにしても、国がここまでビッグデータに取り組むとはびっくりです。RESASは花火図が象徴的な分析といえます。各地の産業構造を帝国データバンクの取引データを使い、ニューラルネットワーク分析で視覚化する手法ですが、実際見ると、壮観なイメージです。その目的は、今回明らかにされたように、地方再生の基礎資料を各自治体に提供し、自ら再生計画を立案してもらうことにあります。RESASはその強力な支援システムといえ、今回は、「産業マップ」「観光マップ」「人口マップ」「自治体比較マップ」の4つが提供されることになります。これで、いきなり、地方自治体がビッグデータの時代に突入することなり、民間よりも実践的な活用がはじまるのではと思います。また、 RESASは一部、一般公開もされましたので、人口マップ、観光マップ等は閲覧することが可能となっています。実際、見てみましたが、よくできていると思います。翻って小売業をはじめ、流通業界ですが、一歩も二歩も遅れたと思います。流通業界のビッグデータの根幹はID-POS分析といえますが、これで、流通業界も今後ビッグデータの活用を本格的に検討する段階に入ったと思います。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 23, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2015

ハローズ、2015年、本決算、増収増益、原価改善!

ハローズ、2015年2月、本決算、4/13
・http://www.halows.com/index.php
・http://www.halows.com/file/kessaninfo1/51_0.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:102.56億円(昨年44.01億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△28.53億円(27.1%:昨年△42.76億円)
  →固定資産の取得による支出 :△23.24億円(△38.40億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△13.44億円(昨年△1.58億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):60.58億円(昨年△0.33億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:516.75億円
・自己資本比率:33.4%(昨年 35.7%)
・現金及び預金:77.53億円(総資産比 15.00%)
・有利子負債:152.47億円(総資産比 29.50%)
・買掛金:92.43億円(総資産比 17.88%)
・利益剰余金 :151.95億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:956.60億円(5.6 %)、営業利益:34.45億円(13.1%)
・経常利益:33.54億円(13.0%)、当期純利益:20.99億円(17.2%)
・原価:75.46%(昨年 75.93%):-0.47、売上総利益:24.54%(昨年 24.07%):+0.47
・経費:23.67%(昨年 23.68%):-0.01
・マーチャンダイジング力:+0.87%(昨年0.39%):+0.48
・その他営業収入:2.84%(昨年3.09%):-0.25
・営業利益:3.71%(昨年 3.48%):+0.23

ハローズのコメント:
・組織面におきましては、平成26年4月と6月に組織変更を実施し、営業力及び管理機能の強化をはかりました。11月には、全従業員の制服を一新し、CI(コーポレート・アイデンティティ)強化を行いました。
・商品面におきましては、プライベートブランド商品の開発の継続、惣菜や弁当などの一部商品のリニューアル、生鮮部門の産直取引拡充などにより、商品の強化を行いました。
・物流面におきましては、継続して商品調達コスト及び物流コストの低減に取り組むとともに、平成26年3月より店舗の什器備品一括管理センターを稼働させ資材コスト削減に取り組みました。
・店舗運営面におきましては、平成26年9月に岡山県岡山市の庭瀬店の大改装を行い、10月には広島県福山市の神辺店にベーカリー売場を新設、平成27年1月に岡山県倉敷市の連島店の大改装を行いました。その他、既存店15店舗の小規模改装を行い、店内設備や売場レイアウトの変更など、買物がしやすい環境作りにより店舗の魅力アップをはかりました。
・店舗開発面におきましては、平成26年6月に徳島県板野郡に北島店、11月に香川県高松市に円座店、平成27年2月には兵庫県姫路市に兵庫県1号店の夢前台店を、いずれも売場面積600坪型、24時間営業の店舗として、新規出店いたしました。これにより、店舗数は広島県21店舗、岡山県23店舗、香川県11店舗、愛媛県6店舗、徳島県2店舗、兵庫県1店舗の合計64店舗となりました。

ハローズの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2742.T

PI研のコメント:
・ハローズが4/13、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、好決算です。経費の改善はわずかでしたが、それを大きく上回る原価の改善が寄与し、増益となりました。ハローズとしては、この好決算を活かし、成長戦略に大きく舵を切りたいところかと思いますが、キャッシュフローを見ると、今期は投資を控え、内部留保の充実にキャッシュを充てており、ここは攻めよりも、守りを意識したキャッシュの動きといえます。ハローズは自己資本比率が33.4%と低く、有利子負債が総資産比 29.50%と財務を圧迫しており、この改善が経営の優先課題といえます。結果、本決算は好調な結果でしたが、そのキャッシュを財務改善に優先して配分したと思われます。実際、今期は内部体制の充実を図っており、組織面、商品面、物流面、店舗運営面において、様々な改革を実施しています。ハローズ、当面、内部体制の充実、財務の安定化が優先課題と思われますが、今後、いつ成長戦略に転換するのか、そのゆくへに注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 22, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2015

アークス、1兆円宣言、2015年2月期、決算説明会!

高志信頼団結で一兆円を目指す:
・我ら生活防衛隊、高志信頼団結で1兆円を目指し、豊かな長寿社会地方創生に資す
・平成27年元旦:社長 横山清
・http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20150416092911.pdf
・システム統合基盤構築プロジェクト推進:
  →北海道・東北のシナジー創出と1兆円体制に向けたシステム基盤作り
・グループ内組織再編:
  →ジョイスとベルプラスの統合準備を進行道東ラルズと篠原商店の合併を検討
・「総攻撃」の継続:
  →設備投資計画は過去最高額の108億円
・新新千日計画の開始:
  →2015年3月1日~2017年11月24日
・物流センターを活用した新たな試み:
  →道北アークスがDaMCを活用し小型店出店

・2015年2月期の「総攻撃」:
  →ベルプラスとの経営統合(2014年9月):
  →東北エリアの営業体制強化
・リッツコーポレーションを子会社化(2014年3月、ユニバース) :
  →その後吸収合併(同年9月)、4店舗を建替・増床(2Q~4Q)
・プラザ札幌店を閉店(2014年6月、ラルズ) :
  →賃貸借契約の終了を機に閉店
  →消費動向の変化に対応し、経営資源を新店へ
・スーパーアークス室蘭中央店を開店(2014年7月、ラルズ):
  →地方都市における新しい店舗の形態(地方創生の実験店)
・酒販部門の直営化(2014年9月、ラルズ):
  →食品売り場と連携した一層の販売力強化
・スーパーアークス大縄店を開店(2014年12月、道南ラルズ) :
  →道南ラルズ6年ぶりの新店
  →北海道新幹線開業を見据え函館エリアを強化

北海道・北東北のシェア:
・北海道:26.5%(204店)
・青森県:29.2%(36店)
・岩手県:39.6%(69店)
・その他:秋田県2店、宮城県8店
・東北地方:115店
・合計:319店

PI研のコメント:
・食品スーパー、1兆円の時代到来といえます。アークスの2015年2月期の本決算と同時に公表された決算説明会の資料に「高志信頼団結で一兆円を目指す」との宣言が掲載されました。さらに、墨字で「我ら生活防衛隊、高志信頼団結で1兆円を目指し、豊かな長寿社会地方創生に資す」と横山社長自らが宣言しています。また、その具体的方針として、5つが上げられています。その5つとは、「システム統合基盤構築プロジェクト推進」、「グループ内組織再編」、「「総攻撃」の継続」、「新新千日計画の開始」、「物流センターを活用した新たな試み」であり、1兆円を強く意識した項目といえます。横山社長の強い意思が感じられる独特な表現ですが、1兆円を目指すにいずれも必須の項目といえます。特に成長施略を総攻撃と表現しており、今期、100億円を超える投資を計画するとのことで、新新千日計画の初年度としては、大きな投資といえます。今期の総攻撃の中身を見ると、新店もさることががら、M&A、業態開発等も入っていますので、今後、1兆円を目指し、多岐に渡る投資がなれてゆくと思われます。今期決算では売上高が4,703.10億円ですので、1兆円は約2倍、アークス、どのようにこの1兆円の達成を目指してゆくのか、2015年3月1日~2017年11月24日の新新千日計画がすでに開始されていますが、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 21, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2015

アークス、2015年2月本決算、増収減益!

アークス、2015年2月、本決算、4/13
・http://www.arcs-g.co.jp/
・http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/material_dat_20150413153249.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:177.64億円(昨年120.57億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△34.67億円(19.51%:昨年△32.62億円)
・  →固定資産の取得による支出 :△66.81億円(△41.43億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△43.44億円(昨年△44.96 億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):99.52億円(昨年42.99億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:2,013.56億円
・自己資本比率:58.7%(昨年62.0%)
・現金及び預金:341.40億円(総資産比 16.95%)
・有利子負債:199.69億円(総資産比 9.91%)
・買掛金:275.87億円(総資産比 13.70%)
・利益剰余金 :770.00億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:4,703.10億円(3.5%)、営業利益:127.12億円(△5.4%)
・経常利益:142.90億円(△2.7)、当期純利益:94.75億円(48.6%)
・原価:75.61%(昨年 75.99%):-0.38、売上総利益:24.39%(昨年 24.01%):+0.38
・経費:21.68%(昨年 21.04%):+0.64
・マーチャンダイジング力:+2.71%(昨年2.97%):-0.26
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):0.00
・営業利益:2.71%(昨年 2.97%):-0.26

アークスのコメント:
・平成26年9月1日には、当社グループの東北エリアにおける一層の競争力強化を図ることを目的として、岩手県及び宮城県に店舗を展開している㈱ベルプラス(本社:岩手県盛岡市)と株式交換による経営統合を実施いたしました。また、当社の連結子会社である㈱ユニバースが、平成26年3月31日付で㈱リッツコーポレーション(本社:福島県会津若松市)の全株式を取得して子会社化し、同年9月1日に同社を吸収合併いたしました。
・組織体制面におきましては、平成26年9月1日より、これまで㈱イワイが担当していた酒販事業を㈱ラルズへ移管し直営化させることで、食品売り場と連携した販売力強化に努めてまいりました。
・営業面におきましては、新規出店として平成26年7月に「スーパーアークス室蘭中央店」(運営会社㈱ラルズ)を、同年12月に「スーパーアークス大縄店」(運営会社㈱道南ラルズ)をそれぞれオープンいたしました。いずれの店舗も地場商品の取扱い強化、惣菜バイキングや各種少量パック並びに簡便商品の品揃えを充実させた他、お買いものをお楽しみいただき、地域の皆様の憩いの場としてもご活用いただけるための取り組みを行い、ご好評をいただいております。その他、㈱ユニバースが5店舗の移転・新築と1店舗の改装を実施するなど、業態変更や店舗改装を積極的に進めてまいりました。
・一方、店舗政策の効率化のため、平成26年6月に「ラルズプラザ札幌店」及び「ラルズマート札幌店」(いずれも運営会社㈱ラルズ)を閉店した他、「フクハラるる店」(運営会社㈱福原)の大幅な改装に伴い、同店と商圏を同じくする「フクハラ広尾店」(運営会社㈱福原)を平成26年10月に閉店いたしました。
・また、販売面におきましては、アークスグループ共同の販売促進を強化し、テレビCMの投入やお客様プレゼントキャンペーンなどを積極的に実施いたしました。その他、昨年8月以降、東北地区へ順次展開してきたアークスRARAカードは、総会員数が平成27年3月末現在で257万人を超えました。

アークスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9948.t

PI研のコメント:
・アークスが4/13、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収減益、やや厳しい決算となりました。経費の上昇を原価の改善で補えなかったのが要因です。キャッシュフローも、今期は投資キャッシュフローが営業キャッシュフローの19.51%と抑え、財務キャッシュフロー、そして、内部留保に厚く配分しており、今期は成長、すなわち、攻めよりも、守りを重視したキャッシュの配分といえます。見方を変えれば、新規出店をもとにした成長戦略よりも、財務基盤を厚くし、M&Aによる成長戦略を志向しているともいえます。実際、今期も、「ベルプラスと株式交換による経営統合を実施」、「ユニバースがリッツコーポレーションの全株式を取得して子会社化」、「イワイが担当していた酒販事業を㈱ラルズへ移管し直営化」など、M&Aがらみの案件が目白押しであり、今後もこの方向性は強まるといえそうです。アークス、今後、成長戦略を推し進めるために、どのようなM&A戦略を打ち出すのか、次の展開に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 20, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2015

財務3表連環分析2015はどうなる、今年も着手?

2015年度、食品スーパー、ドラックストアの決算分析に向けて
・財務3表連環分析2015に作成にあたっての方針と覚え書き

1.決算速報:
・CF:キャッシュフロー計算書
・B/S:貸借対照表
・P/L:損益計算書
・成長余力(出店余力):成長戦略
  →投資キャッシュフロー/営業キャッシュフロー
・稼ぐ力(MD力:マーチャンダイジング力):営業戦略
  →ROA=ROE×純資産比率(自己資本比率)
・解説:
・財務分析の最初は決算速報からはじまる。最新決算が公表されてから数日以内にまとめきれるかがポイント。その時点で、現状をつかみ、次のテーマ、過去5年、そして、主要企業との比較へつなげてゆく。

2.過去5年間:時間
・対象企業の過去5年間の決算推移
・CF、B/S、P/L、成長余力(出店余力)、稼ぐ力(MD力)
・解説:
・決算速報で終わると、個々の企業の概要を把握して終わってしまうので、さらに、その企業の過去5年間を分析することにより、さらに、企業の歩んできた企業価値向上のポイントが把握できる。
・仮に数値の変化が見られない場合は、数字改善が十分にはかられていないといえる。
・一方、数値の顕著な変化があった場合は、そこがその企業が力を入れてきた価値向上のポイントであることが浮かび上がる。

3.業界主要企業との比較:空間
・業界主要企業と対象企業との比較
・CF、B/S、P/L、成長余力(出店余力)、稼ぐ力(MD力)
・解説:
・対象企業だけの財務分析だけでは、企業の価値判断は難し。主要企業と比較することにより、その企業独自の価値が鮮明になる。
・できればその業界の全上場企業との比較が望ましい。

課題:
・決算分析の目的を企業価値の判断に置き、価値が明確になるまで分析を行う。
・数値比較だけでなく、いかにビジュアルにわかりやすく表現できるかがポイントである。
・1枚にCF、B/S、P/Lすべてを表現し、全体像がビジュアルに把握できるようにする。
  →財務3表の連環度合いが表現できれば、なお良い。
・財務3表連環分析がストーリーとして整理できば、さらに良い。
・数値比較、ビジュアルプレゼン、そして、テキスト(白書)、eラーニング、セミナーへ連動
・四半期ごとに集計できればベストだが、余力があるかどうか?
・エクセルでの分析だけでは限界、ここはタブローの登場か?

PI研のコメント:
・今年も食品スーパー、ドラックストアの本決算の季節になりました。すでに、2月期決算の企業は次々と公表が行われており、3月期決算の企業も来月から公表がはじまります。財務3表連環分析をはじめて6年目となりますが、今年は、これまでの数値比較を脱し、BIツール、タブローを駆使し、ビジュアルにわかりやすくまとめたいと思います。すでに、先月、そのはじめての試みとして、ドラックストアの決算セミナーで挑戦しましたが、思いのほか、好評で、完全ビジュアル化ができ、うまくまとまったといえます。そこで、今年の財務3表連環分析はどこまで踏み込めるかわかりませんが、ここに掲げた方針にそって集計してみたいと思います。目的は企業価値を財務3表連環分析によって、目で見て、一目でわかるようにすることです。また、この5年間のMD力と出店余力の2つのオリジナル指標をもとに分析を試みてきましたが、その本質は成長戦略の把握と営業戦略の把握ですので、これを機に名称も成長余力と稼ぐ力に変えようかと思います。先日、ライフコーポレーションの今年を入れて6年間の財務3表連環分析をタブローのダッシュボードとストーリー機能を用いてまとめてみましたが、5枚のスライドにすべてが収まりました。速報だけであれば、2枚にまとめることも可能です。さらに、今年は、これらのコンテンツをもとに、白書としてまとめ、eラーニングに落とし、セミナー等へもつなげてゆければと思います。まだ、着手したばかりですので、この方針どおり進められるかわかりませんが、6月初旬をめどに、進めてゆきたいと思います。次回の「上場スーパーマーケット競争戦略分析セミナー、5/26(火)」も、この方針にもとづき、財務3表連環分析をふんだんに取り入れたセミナーにしたいと思います。今年の財務3表連環分析は一味違います。ご期待ください。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 19, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2015

アオキスーパー、2015年本決算、好調、1000億円達成!

アオキスーパー、2015年2月、本決算、4/14
・http://www.aokisuper.co.jp/index.html
・http://www.aokisuper.co.jp/ir/documents/2015Q4_001.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:63.18億円(昨年14.33億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△8.41億円(13.31%:昨年△16.70億円)
  →固定資産の取得による支出 :△8.09億円(△15.40億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△11.38億円(昨年△6.49億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):43.39億円(昨年△8.86億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:283.44億円
・自己資本比率:53.1%(昨年61.5%)
・現金及び預金:103.72億円(総資産比 36.59%)
・有利子負債:0.00億円(総資産比 0.00%)
・買掛金:71.77億円(総資産比 25.32%
・利益剰余金 :133.52億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:1,022.68億円、営業利益:30.44億円
・経常利益: 31.38億円、当期純利益:15.19億円
・原価:83.67%(昨年 85.52%):-1.85、売上総利益:16.33%(昨年 14.48%):+1.85
・経費:17.84%(昨年 18.05%):-0.21
・マーチャンダイジング力:-1.51%(昨年-3.57%):+2.06
・その他営業収入:4.63%(昨年4.74%):-0.11
・営業利益:3.12%(昨年 1.17%):+1.95
・平成27年2月期は、決算期(事業年度の末日)の変更により1年と8日の決算のため、対前期増減率については記載しておりません。

アオキスーパーのコメント:
・当流通業界におきましては、業種・業態を超えた値下げ等による店舗間競争がさらに激化しており、厳しい経営環境が続いております。
・このような状況におきまして当社は、3月に戸田店・5月に上飯田店・8月に知立店・10月に東明店・2月に萩原店をリニューアルオープンいたしました。
・販売促進企画として、ポイントカードの新規会員募集やお買物券プレゼント、お客様を対象とした食品メーカーとの共同企画によるIHクッキング教室(本社ビル3F)の開催を引き続き実施いたしました。
また、競合店対策のため、恒例となりました四半期に一度の大感謝祭・週に一度の日曜朝市及び95円(本体価格)均一等の企画を継続実施いたしました。
・目標とする経営指標:
・当社は、売上総利益率と販管費率を重要な経営指標とし、適正な利益確保に努めております。ローコスト経営に徹し、同業他社に勝る競争力を維持するため、特に販管費率に注目し、その進捗状況に注意をはらっております。

アオキスーパーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9977.T

PI研のコメント:
・アオキスーパーが、2015年2月期の本決算を4/14、公表しました。今期は決算期の違いにより、昨年対比は算出しませんでしたが、結果は好調、実質、増収、大幅増益です。営業収益も1,000億円を突破、既存店のリニューアルが寄与したといえます。一方、利益の方ですが、原価、経費ともに改善、特に、原価が1.85ポイントと大きく改善したことが大きく、ダブルで利益を押し上げています。ただ、それでも、売上総利益は16.33%と極めて低く、アオキスーパーがいかにEDLPに徹底しているかがわわかります。また、それを支える経費比率は業界屈指の17.84%の低さであり、これがアオキスーパーのEDLPを支える基盤となっています。それにしても、経費比率17.84%ですので、売上総利益をもっと高めても良いように思いますが、ここがアオキスーパーの核心ともいえ、EDLPの鍵を握っているといえます。それだけ、安く商品を提供し、価格にこだわる強い意志が表れているといえます。結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は依然としてマイナスであり、これをその他営業収入でカバーし、営業利益をプラスにもっていっています。食品スーパー業界でも独特なP/L構造といえます。一方、財務の方ですが、今期は投資を極端に控え、内部留保に大半を充てており、財務の安定化をはかっています。ただ、自己株式の取得による支出は9.26億円と昨年の4.01億円を大きく上回り、投資家への還元は重視しているといえます。アオキスーパーは無借金経営ですので、十分に投資余力はありますが、今期は攻めよりも守り、そして、投資家への還元を重視したといえる内容です。アオキスーパー、この好調な決算を背景に、来期は攻めに転じることが予想されますので、どのような成長戦略を打ち出すか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 18, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2015

セブンプレミアム、トップバリューを逆転、本決算2015!

セブン&アイ・ホールディングス:
2015年2月期本決算:4/2
・http://www.7andi.com/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2015_0402kt.pdf
・グループのプライベートブランドである「セブンプレミアム」やグループ各社のオリジナル商品につきまして、新商品の開発を推進するとともに既存商品のリニューアルを実施し、品質の向上と新しい価値の提案を図りました。当連結会計年度における「セブンプレミアム」の売上高は 8,150 億円(前年同期比 21.6%増)となり、期初計画の 8,000 億円を上回りました。

2014年2月期本決算:4/3
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2014_0403kt.pdf
・グループシナジー効果の最大化に向け、グループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」のリニューアルを推進するとともに、専門店、繁盛店と同等以上の品質を追求した「セブンゴールド」の開発及び販売にも注力いたしました。特に「セブンゴールド」の「金の食パン」は、年間で3,000万食を超える販売となるなど、お客様から高いご支持をいただきました。これらの結果、当連結会計年度における「セブンプレミアム」の売上高は 6,700 億円(前年同期比 36.7%増)にまで拡大し、期初計画の 6,500 億円を上回りました。

イオン:
2015年2月期本決算:4/9
・http://www.aeon.info/
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1229807
・「商品本位の改革」については、イオンのブランド「トップバリュ」の認知度の向上を目的に、「トップバリュ」「トップバリュ セレクト」及び「トップバリュ ベストプライス」からなる「トップバリュ」3層構造、並びにオーガニック商品等を提供する「トップバリュ グリーンアイ」の4つの体系に集約し、それぞれの深化を図るとともに、お客さまの“いま”のニーズに対応する商品開発・提供に努めました。とりわけ、「トップバリュ グリーンアイ」オーガニックシリーズについては、需要が高まりつつあるオーガニック市場でのいち早いシェア獲得に向け、その品目数を国内大手小売業のPB(プライベートブランド)では最大となる 120 品目まで拡大し、全国のグループ約 4,000 店舗にて商品展開しました。これらの取り組みにより、当期のグループ全体の「トップバリュ」売上高は、7,799 億円(対前期比 105.2%)となりました。

2014年2月期本決算:4/10
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1138432
・円安や原料価格高騰に伴うナショナルブランドの相次ぐ値上がりを背景に、お客さまの生活防衛意識が高まるなか、イオントップバリュ株式会社は、グループインフラを活かした調達、製造及び物流コストの効率化を図り、約5,000品目に及ぶトップバリュ商品の価格維持に努めました。また、2014年にイオンのプライベートブランドが誕生40周年を迎えることを機に、「トップバリュ」の刷新に取り組みました。「トップバリュ」のブランド体系を4つに集約し、三層構造をより一層深化させるなど、お客さまのこだわり消費と節約ニーズに幅広くお応えし、お客さまの声を取り入れた継続的な品質改善やパッケージデザインの一新を図ってまいります。これら取り組みの結果、当期の「トップバリュ」の売上高は7,410億円(前期比108.7%)となりました。

PI研のコメント:
・2015年2月期のセブン&アイHとイオンの決算を見ると、PBに大きな変化があります。これまでイオンのトップバリューが常にセブン&アイHのセブンプレミアムの売上高を上回っていましたが、2015年度にはじめて逆転、セブンプレミアムがトップバリューの売上高を上回りました。その金額と伸び率を見ると、セブンプレミアム8,150 億円(前年同期比 21.6%増)、トップバリュ7,799 億円(対前期比 105.2%)です。特に、伸び率が大きく差がついていますので、今後、その差は開く一方といえます。量の追求から質の追求へと時代が転換したともいえ、イオンとしては、根本的に経営戦略を見直す段階に入ったといえそうです。4/10の日経ビジネスでも、「イオン、7000億円子会社を「解体」、業績低迷で迫られた商品戦略の大転換」との記事が掲載され、「イオンが、「規模のメリット」を最大限に発揮するためにグループ傘下に抱えてきた企業を消滅させる。イオングループの共同仕入れを担ってきた機能会社、イオン商品調達を5月末で解散させることが、本誌の取材で明らかになった。」とのことです。イオン、今期、2016年度は、思い切った経営改革に踏み込むことは必至といえ、PB戦略を皮切りに、経営構造の抜本的な改革に踏み込む年となりそうです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 17, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2015

ダイエー、88店舗分割、193店舗首都圏、京阪神に特化!

株式会社ダイエーのGMS事業並びに
    SM事業の構造改革に向けたグループ横断的取り組みについて

・イオン:プレスリリース抜粋:4/9
・http://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150409R_3.pdf
・イオン株式会社(以下、「イオン」)の連結子会社である株式会社ダイエー(以下、「ダイエー」)は、2015 年4月9日開催の取締役会において、同じく連結子会社のイオン北海道株式会社(以下、「イオン北海道」)、マックスバリュ北海道株式会社(以下、「マックスバリュ北海道」)、イオン九州株式会社(以下、「イオン九州」)、マックスバリュ九州株式会社(以下、「マックスバリュ九州」)、イオンリテール株式会社(以下、「イオンリテール」)の5社との間で、2015 年9月1日及び 2016年3月1日を効力発生日として、「ダイエー」のGMS(総合スーパー)事業の一部、およびSM(スーパーマーケット)事業の一部の運営を上記5社が承継すること(以下、「本件」)に関する基本合意書の締結を決議しました。
・ダイエーは今後、既存店舗の9割が立地する「首都圏、京阪神」に展開地域を特化し、強みである「食品」に経営資源を集中することで、国内ナンバーワンの「総合食品小売業」を目指すという成長戦略を提示しました。一方、ダイエーが展開する事業の中で、イオングループ内で重複あるいは類似する事業領域・展開エリアについては、グループ全体の観点から整理・最適化を行っていく旨、併せて表明しました。
・本件完了後は、GMS・SM事業の運営体制は地域単位で統一され、各地域のグループ各社は、それぞれが中心となった包括的なエリア戦略を策定・実行することが可能となります。それによって、地域密着経営を今まで以上に深耕し、各地域でのイオングループのブランド認知度向上と、シェアナンバーワンに向けた事業基盤の確立を図ります。更に、こうした構造改革を通じて、グループ全体の物流体制の集約・効率化等によるコストシナジー効果や、商品調達におけるスケール・メリット拡大、都市好立地にある承継店舗の活性化や販促活動の一体化による営業力の強化など、種々のシナジーの創出を、グループ一体となって進めます。

ダイエー店舗の全体像と承継対象店舗(ダイエーのGMS・SM店舗を対象としています)
・ダイエー店舗総数 281 店舗
  - ダイエーに残る店舗総数 193 店舗
  - 本件構造改革での承継対象店舗総数 88 店舗 (内訳は下記の通り)
<北海道 16 店舗>
・イオン北海道株式会社への承継店舗 9店舗
・マックスバリュ北海道株式会社への承継店舗 7店舗
<関東・名古屋・近畿 34 店舗>
・イオンリテール株式会社への承継店舗 34 店舗
<九 州 38 店舗>
・イオン九州株式会社への承継店舗 24 店舗
・マックスバリュ九州株式会社への承継店舗 14 店舗

PI研のコメント:
・イオンが4/9、2015年2月期の本決算の公表と同時に、ダイエーの去就について公表しました。プレスリリースのタイトルは「株式会社ダイエーのGMS事業並びにSM事業の構造改革に向けたグループ横断的取り組みについて 」です。内容はダイエーの全281店舗の内、193店舗を残し、88店舗を地域のイオングループに吸収、分割するというものです。これで、ダイエーが創業以来進めてきた悲願、ナショナルチェーン、全国展開は、単独では断念、その目的はイオンへと引き継がれ、イオングループを通して目指すことになります。分割される88店舗は北海道、九州、そして、イオンリテールであり、大きく3事業体に引き継がれることになります。残る193店舗は「首都圏、京阪神」となりますので、ダイエーは都市型GMS、SMを展開し、イオンの「大都市シフト戦略」の一翼を担うことになります。結果、今後、ダイエー改革の焦点は残された193店舗の活性化に移ったといえ、大都市でのGMSの新たなビジネスモデルをどう構築してゆくかが課題といえます。イオン本体の本決算も厳しい状況の中、ダイエーがどう構造改革を図ってゆくのか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 16, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2015

金融事業を除くイオン、2015年2月本決算、増収減益!

金融事業を除くイオン、2015年2月、本決算、4/9
・http://www.aeon.info/
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1229807

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:3,408.00億円(昨年1,781.50億円)
  →総合金融事業:665.76億円(昨年3,123.02億円)
   →→ 銀行業における預金の増加額:2,373.80億円(5,473.01億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△ 3,420.48億円(100.36%:昨年△1,824.83億円)
  →総合金融事業:△ 197.89億円(29.72%:昨年△391.55億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:728.44億円(昨年139.32億円)
  →総合金融事業:158.54億円(昨年△867.28億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):816.06億円(昨年246.69億円)
  →総合金融事業:655.15億円(昨年1,867.50億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:49,993.05億円
  →総合金融事業:33,078.15億円
・純資産比率:34.19%(昨年 38.01%)
  →総合金融事業:9.64%(昨年9.73%)
・現金及び預金:3,267.29億円(総資産比 6.53%)
  →総合金融事業:4,892.22億円(総資産比14.78%)
・有利子負債:11,669.84億円(総資産比 23.34%)
  →総合金融事業:4,371.64億円(総資産比13.21%)

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:68,121.14億円(10.8%)、営業利益:883.75億円(△32.5%)
  →総合金融事業:営業収益:3,297.76億円(15.4%)、営業利益:530.58億円(△29.7%)
・経常利益:1,049.58億円(△25.8%)、当期純利益:273.64億円(△30.8%)
  →総合金融事業:経常利益:540.58億円(32.28%)、当期純利益:212.13億円(85.3%)

イオンのコメント:
<GMS事業> :
・GMS事業は、営業収益3兆3,555億84百万円(前期比109.9%)、営業損失16億46百万円(前期より366億85百万円の減益)となりました。
 <SM・DS・小型店事業>:
・SM・DS(ディスカウントストア)・小型店事業は、営業収益2兆 1,612 億 66 百万円(前期比 109.8%)、営業利益 84 億 95 百万円(同 47.7%)となりました。
・<ディベロッパー事業> :
・ディベロッパー事業は、営業収益 2,496 億 54 百万円(前期比 113.6%)、営業利益 432 億 47 百万円(同99.7%)となりました。
・<サービス・専門店事業>:
・サービス・専門店事業は、営業収益7,049億21百万円(前期比102.0%)、営業利益245億97百万円(同
105.3%)となりました。
・<アセアン事業>(連結対象期間は主として1月から12月) :
・アセアン事業は、営業収益 2,092 億 17 百万円(前期比 115.2%)、営業利益 61 億 73 百万円(同 93.5%)となりました。
・<中国事業> (連結対象期間は1月から12月) :
・中国事業は、営業収益 1,684 億 95 百万円(前期比 115.8%)、営業損失8億 18 百万円(前期より9億 46 百万円の改善)となりました。
  →<総合金融事業>:
・総合金融事業は、営業収益 3,297 億 76 百万円(前期比 115.4%)、営業利益 530 億 58 百万円(同 129.8%)となりました。

イオンの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8267.T

PI研のコメント:
・金融事業を除くイオンの2015年2月、本決算をまとめてみました。参考に金融のみについても併記しましたので、金融がどのようにイオンの本決算に影響しているかが読み取れると思います。まずは、キャッシュフローですが、今期本決算では、積極的な投資であるといえます。営業キャッシュフローの100.36%ですので、ほぼ全額を配分しており、今期は攻め重視の経営戦略といえます。結果、P/Lでも営業収入が10.8%と2桁増ですので、M&A効果もさることながら、成長戦略を重視したといえます。気になるのは、財務バランスですが、財務キャッシュフローを見ると、プラスとなっており、有利子負債が増加していることです。しかも、金融の方でも、同様な傾向であり、財務バランスを崩してでも、投資を最優先し、成長戦略にシフトした本決算といえます。次にB/Sですが、イオン全体の自己資本比率が極端に低かった要因は金融の低さにあったことがわかります。ただ、それでも、ここでは純資産比率を算出しましたが、34.19%であり、昨年の38.01%よりも、下がっており、厳しい数値といえます。有利子負債が財務を圧迫していることが要因ですので、今後、いかに、有利子負債を圧縮してゆくかが課題といえます。そして、P/Lですが、営業利益が厳しい状況であり、金融も今期は厳しかったといえます。事業別に見てみると、GMSは営業損失、SM等も47.7%減、中国事業も営業損失と、小売業が全体的に厳しい状況といえます。一方、好調な事業ですが、金融の129.8%、サービスの105.3%のみであり、その他は横ばいという状況です。イオン、来期も成長戦略を続けてゆくのはかなり厳しい財務状況にあるといえ、今後、いかに、本業の小売事業を立て直し、財務改善に踏み込まざるをえないといえ、厳しい局面に入ったといえます。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 15, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2015

イオン、2015年2月本決算、増収減益、投資拡大!

イオン、2015年2月、本決算、4/9
・http://www.aeon.info/
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1229807

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:3,984.53億円(昨年4,827.65億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△3,618.38億円(90.81%:昨年△2,216.21億円)
  →固定資産の取得による支出 :△4,354.66億円(△3,753.31億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:955.27億円(昨年678.06億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,450.27億円(昨年2,087.38億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:78,598.03億円
・自己資本比率:15.3%(昨年 16.4%)
・現金及び預金:8,111.76億円(総資産比 10.32%)
・有利子負債:18,300.74億円(総資産比 23.28%)
・利益剰余金 :6,091.25億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:70,785.77億円(10.7%)、営業利益:1,413.68億円(△17.5%)
・経常利益: 1,525.09億円(△13.8%)、当期純利益:420.69億円(△7.7%)
・原価:72.96%(昨年 72.99%):-0.03、売上総利益:27.04%(昨年 27.01%):+0.03
・経費:38.45%(昨年 37.31%):+1.14
・マーチャンダイジング力:-11.41%(昨年-10.30%):-1.11
・その他営業収入:13.69%(昨年13.36%):+0.33
・営業利益:2.28%(昨年 3.06%):-0.78

イオンのコメント:
・当社は、低価格で食品・日用品を提供する販促企画や「トップバリュ」約 5,000品目における本体価格の値下げ等、価格優位を実現する施策に取り組むとともに、地域生産者との協働による地元産品の拡充により、地域密着を深耕する催事企画「じものの日」を全国 2,000 店舗で開始し、グループの市場競争力向上に努めました。
・加えて、厳しさが続く小売業態の収益性向上のため、株式会社ダイエーの完全子会社化を契機に両社の規模を活かした合同セールや「お客さま感謝デー」の開催拡大のほか、年間最大の商戦となる年末年始には、全国のGMS(総合スーパー)及びSC(ショッピングセンター)内の専門店を合わせた約 30,000 店舗において、週替わりで新商品・サービスを提案する「サプライズ!10WEEKS」を実施する等、スケールメリットを発揮する販促企画を推し進め、集客を図りました。
・また、イオングループ中期経営計画(2014~2016 年度)の初年度である当期は、グループ共通戦略の「アジア」「都市」「シニア」「デジタル」の「4シフトの加速」及び「商品本位の改革」の推進、並びに、それら成長戦略を支える新たな基盤構築に向け、国内外で事業・組織再編を実施しました。
・国内では、「シニアシフト」を牽引するドラッグ・ファーマシー事業において、2014 年 10 月、当社は、ウエルシアホールディングス株式会社(ウエルシアHLDS)及び株式会社CFSコーポレーションと、日本一のドラッグストアチェーンの構築を目指す「経営統合に関する基本合意書」を締結しました。また、シナジー効果を最大限に創出する強固な連携の確立を目的に、ウエルシアHLDSに対して普通株式の公開買い付けを行い、2014 年 11 月、同社を新たに連結子会社としました。
・さらに、2014 年 10 月、当社は「都市シフト」の一層の深化に向け、共同持株会社となる「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の設立に関する経営統合契約」を丸紅株式会社、及びSM(スーパーマーケット)企業3社(株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社)との間で締結しました。同SM企業3社が培ってきた経営ノウハウを融合し、成長市場と期待される首都圏でのエリア・ドミナンスを推し進め、同圏ナンバーワンとなるSM企業を目指します。
・海外では、2014 年6月、イオンモールカンボジア(AEON MALL (CAMBODIA) CO., LTD.)及びイオンカンボジア(AEON (CAMBODIA) Co., Ltd.)が、カンボジアでは当社グループ初出店となる「イオンモールプノンペン」を開設する等、経済成長著しいアセアンでの事業展開を進めました。
・ベトナムにおいては、スピードある成長を実現するべく、南部最大の都市ホーチミン市を拠点にSM事業を展開するCITIMART社に続き、2014 年 11 月には首都ハノイ市最大のSM企業FIVIMART社と資本・業務提携の合意に至りました。
・「商品本位の改革」については、イオンのブランド「トップバリュ」の認知度の向上を目的に、「トップバリュ」「トップバリュ セレクト」及び「トップバリュ ベストプライス」からなる「トップバリュ」3層構造、並びにオーガニック商品等を提供する「トップバリュ グリーンアイ」の4つの体系に集約し、それぞれの深化を図るとともに、お客さまの“いま”のニーズに対応する商品開発・提供に努めました。とりわけ、「トップバリュ グリーンアイ」オーガニックシリーズについては、需要が高まりつつあるオーガニック市場でのいち早いシェア獲得に向け、その品目数を国内大手小売業のPB(プライベートブランド)では最大となる 120 品目まで拡大し、全国のグループ約 4,000 店舗にて商品展開しました。これらの取り組みにより、当期のグループ全体の「トップバリュ」売上高は、7,799 億円(対前期比 105.2%)となりました。

イオンの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8267.T

PI研のコメント:
・イオンが4/9、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収減益、特に、利益は2桁減となる厳しい決算となりました。イオンの決算には総合金融事業が含まれているため、小売業の決算とはかなり異質なものとなります。CFにおいては、銀行業における貸出金の増減額、銀行業における有価証券の取得による支出が加わり、B/Sにおいては銀行業における貸出金、銀行業における預金が1兆円単位で加わり、P/Lにおいては総合金融業における営業収益が入ったりします。したがって、今期の総資産7兆8,598.03億円の内、負債約2兆円は銀行関連となります。これらを加味した上で、本決算の内容を見ると、減益の要因は経費比率が38.45%と昨年よりも1.14%増と大幅に上昇したことが要因です。それにしても、この経費比率は食品スーパー業界とは異質の数字といえ、結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は-11.41%と大きくマイナスとなります。これを金融、不動産等のその他営業収入で補うことになりますが、今期は13.69%であり、結果、差引き、営業利益は2.28%と昨年の3.06%よりも-0.78ポイント下回り、減益となりました。一方、財務の方ですが、今期は、このような厳しい状況の中、投資キャッシュフローは積極的であり、営業キャッシュフローの90.81%、ほとんどを充てています。成長戦略に大きく舵を切ったといえます。気になるのは自己資本比率15.3%と昨年の16.4%よりも減少していることです。有利子負債も1兆8,300.74億円ですので、厳しい財務状況といえます。財務的に見れば、財務キャッシュフローにキャッシュをより配分し、財務の安定を図りたいところかと思いますが、財務キャッシュフローはむしろプラスですので、今期は財務の安定よりも、成長戦略を重視したといえます。イオン、今後、財務改善は必至の状況にあるといえ、成長戦略を推し進めるのは厳しい局面に入ったといえます。この状況を踏まえ、来期、どのように財務の安定を図ってゆくのか、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 14, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2015

ライフコーポレーション、2015年2月本決算、増収増益!

ライフコーポレーション、2015年2月、本決算、4/10
・http://www.lifecorp.jp/
・http://www.lifecorp.jp/company/ir/pdf/150410kessan.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:513.55億円(昨年169.08億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△188.61億円(36.72%:昨年△161.21億円)
  →有形固定資産の取得による支出 :△176.98億円(△141.30億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△256.23億円(昨年6.37億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):68.71億円(昨年14.24億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:2,057.43億円
・己資本比率:25.5%(昨年 29.8%)
・現金及び預金:157.99億円(総資産比 7.67%)
・有利子負債:524.17億円(総資産比 25.47%)
・利益剰余金 :400.08億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:5,849.84億円(9.4%)、営業利益:108.72億円(42.4%)
・経常利益:110.10億円(42.9%)、当期純利益:52.13億円(37.3%)
・原価:72.56%(昨年 72.84%):-0.28、売上総利益:27.44%(昨年 27.16%):+0.28
・経費:28.38%(昨年 28.56%):-0.18
・・マーチャンダイジング力:-0.94%(昨年-1.40%):-0.46
その他営業収入:2.86%(昨年2.87%):-0.01
・営業利益:1.92%(昨年 1.47%):+0.45

ライフコーポレーションのコメント:
・当社グループは『お客様からも社会からも従業員からも「ライフっていいねぇ!」と言われる会社の実現』に向けて、平成24年度よりスタートした「第四次中期3ヵ年計画」の最終年度として「出店」、「商品」、「顧客満足向上」、「次世代対応」及び「コスト適正化」の『5つの戦略』と『働き方の改革』における各種施策の積み残し課題を解決すべく、「スピード」と「連携」を意識し、全従業員が「能動的」に行動して「結果」を出すべく取り組んでまいりました。
・特に当連結会計年度におきましては、新規出店戦略に加え、既存店舗の積極的改装に注力することでお客様の利便性向上を図るとともに、9月には埼玉県吉川市に吉川ベーカリーセンター、12月には千葉県船橋市に船橋工場(日本フード株式会社)をそれぞれ開設し、より鮮度の高い商品作りに取り組みました。なお、惣菜部門の強化のために平成24年5月15日に100%子会社化いたしました日本フード株式会社につきましては、意思決定の一体化と迅速化を図るため、翌連結会計年度での吸収合併に向けた準備を完了いたしました。また、働き方改革の一環として取り組んでまいりました女性活躍推進プロジェクトにつきましては、公益財団法人日本生産性本部が主催する女性の活躍推進に優れた会社を表彰する第2回エンパワーメント大賞の「優秀賞」を受賞するなど一定の評価を得ることができました。併せて店舗運営体制の強化を目指した副店長制度の導入やパートナー教育体制の見直し等も実施し、従業員一人一人がやりがいを持って働ける職場の構築を図りました。
・更に、当連結会計年度は、平成27年度よりスタートする次期中期計画を策定する年度として、若手社員から幹部社員まで参加して「第五次中期3ヵ年計画」の議論を実施し、全従業員が一丸となった目標にすべく計画をまとめました
・当連結会計年度に新規店舗として、3月に堺駅前店(大阪府)、4月にココネリ練馬駅前店(東京都)、ポンテポルタ千住店(東京都)、5月に東五反田店(東京都)、7月に錦糸町駅前店(東京都)、玉造店(大阪府)、11月に宮内二丁目店(神奈川県)、セントラルスクエア北畠店(大阪府)、戸塚汲沢店(神奈川県)の9店舗を出店するとともに3店舗を閉鎖し、資産の入れ替えを図ったほか、既存店舗につきましても、仲宿店、平和台店、新大塚店、関目店、土支田店、本庄店、亀戸店、西大橋店をはじめ合計20店舗を改装いたしました。

ライフコーポレーションの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8194.T

PI研のコメント:
・ライフコーポレーションが4/10、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、好決算です。特に、利益はいずれの段階でも約40%増と好調です。原価、経費ともにバランスよく改善したことが要因といえます。今期、ライフコーポレーションは、「「第四次中期3ヵ年計画」の最終年度として「出店」、「商品」、「顧客満足向上」、「次世代対応」及び「コスト適正化」の『5つの戦略』と『働き方の改革』」と、中期3ケ年計画の仕上げに取り組み、これらの施策が業績向上に寄与したと思われます。やや気になるのは、経費比率が改善したとはいえ、28.38%と、食品スーパー業界の平均約25%と比べ、まだまだ高めである点です。結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は依然としてマイナスであり、今後、一層、経費比率の改善が課題といえます。一方、財務の方ですが、自己資本比率が25.5%と昨年の 29.8%よりも、大きく下がっており、気になるところです。結果、今期の投資キャッシュフローは営業キャッシュフローの36.72%と、十分な配分ができず、思い切った成長戦略を打ち出せない状況といえます。ライフコーポレーション、今期の好決算を活かし、現在構築中の次の「第五次中期3ヵ年計画」に、自己資本比率をどう改善し、成長戦略をどう組み込むのか注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 13, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2015

エコス、2015年2月、本決算、増収増益、好調!

エコス、2015年2月、本決算、4/10
・http://www.eco-s.co.jp/ecos.html
・http://www.eco-s.co.jp/finance.php

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:40.77億円(昨年31.57億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△27.35億円(67.08%:昨年△11.88億円)
  →有形及び無形固定資産の取得による支出:△27.47億円(△14.30億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△13.01億円(昨年△18.59億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):0.39億円(昨年1.09億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:350.97億円
・自己資本比率:20.1%(昨年 18.7%)
・現金及び預金:15.41億円(総資産比 4.39%)
・有利子負債:134.72億円(総資産比 38.38%)
・利益剰余金 :30.14億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:1,141.73億円(4.1%)、営業利益:24.31億円(49.3%)
・経常利益:24.38億円(51.7%)、当期純利益:10.72億円(55.2%)
・原価:75.28%(昨年 75.30%):-0.02、売上総利益:24.72%(昨年 24.70%):+0.02
・経費:24.89%(昨年 25.22%):-0.33
・マーチャンダイジング力:-0.17%(昨年-0.52%):+0.35
・その他営業収入:2.35%(昨年2.04%):+0.31
・営業利益:2.18%(昨年 1.52%):+0.66

エコスのコメント:
・当社グループはこれまで通り食品スーパーマーケット事業に資源を集中し、経営方針である社是「正しい商売」を徹底し、お客様の信頼と支持を更に獲得するために、安全・安心でお買い得な商品の提供に努め、地域のお客様の食文化に貢献できる店舗づくりに取り組んでまいりました。
・店舗開発におきましては、新規に7店舗(八景島店、TAIRAYA草加店、TAIRAYA上尾店、塙店、TAIRAYA武蔵村山店、マスダTAIRAYA馬橋店、TAIRAYA大子店)を出店し、不採算店舗1店舗を閉鎖した結果、当連結会計年度末の当社グループの店舗数は、109店舗となりました。また、当連結会計年度において当社の連結子会社である株式会社TSロジテックが、当社グループの商品物流の効率改善を図るため、当社グループの物流業務の一部を受託し、物流事業を開始しております。
・店舗運営面におきましては、安全・安心、新鮮で美味しい商品の提供、地域の実勢価格を丁寧に見極め集客につながる商品を割安感のある価格(エブリディロープライス)にて投入、働く女性や中高年層のお客様、また東日本大震災以降に意識が高まった省エネ志向の消費者にお応えする簡便商品や惣菜商品の強化などに努めると共に、お買物がし易い品揃えや店舗レイアウトへの変更など、グループ全体で11店舗の改装を行いましたが、その後の経過は順調に推移しております。また、ポイントカードを活用した販売促進や週間の販売計画に連動した売場づくりを強化し、集客の拡大に努めました。
・商品面におきましては、地域市場や漁港などを活用した産直商品の積極的導入、美味しさ、品質と価格の両面において競争力の高い生鮮食料品を提供すると共に、グループ食品工場にて企画・製造した独自商品の提供を拡大し、惣菜売場等の活性化に努めました。日配・ドライグロサリー商品につきましては、個人消費の冷え込みに対し、エブリディロープライス商品を投入するなど積極的な販売活動を推進いたしました。
・その結果、チラシ攻勢による競合との顧客争奪戦や、消費者の節約志向による単価下落の影響はあったものの、当連結会計年度における当社グループの営業収益は、1,141億73百万円(前期比4.1%増)となりました。また、営業総利益につきましては、商品調達コストの見直しや在庫効率の改善等に努めたことにより、前連結会計年度に比べ14億52百万円増加(前期比5.1%増)いたしました。
・利益面につきましては、営業利益24億31百万円(前期比49.3%増)、経常利益24億38百万円(前期比51.7%増)となりました。これは主に、営業総利益が前連結会計年度比14億52百万円の増加であったのに対して、販売費及び一般管理費の前連結会計年度比の増加が、営業総利益の増加を下廻ったためであります。販売費及び一般管理費の抑制は、当期経営方針であった教育による人時生産性の改善及び東日本大震災以降節電をはじめとする店舗管理コストの低減に努めた結果であります。
・最終利益につきましては、特別利益として5億66百万円、また特別損失として9億97百万円の計上がありましたが、10億72百万円の当期純利益(前期比55.2%増)となりました。

エコスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7520.T

PI研のコメント:
・エコスが4/10、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、特に、利益はいずれの段階でも約50%増と、大幅に改善したました。昨年も増収増益でしたので、業績は回復基調といえます。原価の改善は若干でしたが、経費、その他営業収入が寄与し、トリプルで利益を押し上げたのが要因です。エコス自身も、経費については、「販売費及び一般管理費の抑制は、当期経営方針であった教育による人時生産性の改善及び東日本大震災以降節電をはじめとする店舗管理コストの低減に努めた結果、・・」とコメントしており、人時生産性、節電等が寄与したとのことです。やや気になるのは、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力が依然としてマイナスであり、今後、さらに原価、経費の改善が課題といえることです。一方財務の方ですが、自己資本比率が20.1%と低い点が気になります。有利子負債が総資産比38.38%と財務を圧迫しており、結果、今期も営業キャッシュフローの67.08%を投資キャッシュフローに回してはいますが、財務キャッシュフローにもかなりのキャッシュを配分せざるをえない状況といえます。エコス、今後、この好調な決算をもとに、どこまで財務改善に踏み込み、成長戦略を描いてゆくのか、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 12, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2015

大黒天物産、第3四半期、増収増益、株価急騰!

大黒天物産、2015年5月、第3四半期決算、4/9
・http://www.e-dkt.co.jp/
・http://www.e-dkt.co.jp/ir/pdfs/library/tanshin_20150409.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:384.21億円
・自己資本比率:61.2%(昨年 55.5%)
・現金及び預金:68.30億円(総資産比 17.77%)
・有利子負債:10.28億円(総資産比 2.67%)
・買掛金:74.88億円(総資産比19.41%)
・利益剰余金 :205.04億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:986.33億円(7.4%)、営業利益:38.60億円(12.9%)
・経常利益:38.96億円(13.1%)、当期純利益:21.72億円(18.0%)
・原価:76.89%(昨年 77.11%):-0.22、売上総利益:23.11%(昨年 22.89%):+0.22
・経費:19.18%(昨年 19.16%):+0.02
・営業利益:3.93%(昨年 3.73%):+0.20

大黒天物産のコメント:
・小売業界におきましては、電気料金の値上や慢性的な人材不足、さらに業種・業態を超えた価格競争の激化により厳しい経営環境が続いております。
・このような環境の中、当社グループでは食の安心・安全を確保するための品質・鮮度管理の徹底や、当社の商品販売価格が当該地域で最も安値であることを保証する『価格保証宣言』を唱えた「安さ」の追求に取り組んでまいりました。また、当社グループでは、新規出店として7月にディオ松江南店(島根県松江市)及びラ・ムー久留米西店(福岡県久留米市)、10月にラ・ムー大垣店(岐阜県大垣市)及びディオ呉清水店(広島県呉市)を出店いたしました。

大黒天物産の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2791.T

PI研のコメント:
・大黒天物産が4/9、2015年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、好調な決算です。特に、利益は、経費増を原価の改善で補い、2桁増へと押し上げています。売上高も新規出店が寄与し、7.4%増ですので、「価格競争の激化により厳しい経営環境、・・」とのことですが、好調といえます。これを受けて、株価も急騰、昨年は3,000円弱であった株価が5,000円を突破、投資家も地方再生の救世主として、熱い視線を送っています。大黒天物産の原価ですが、76.89%、結果、売上総利益は23.11%と食品スーパー業界の平均約25%を下回る利益、さらに、これを支える経費比率19.18%が大黒天物産のEDLPを支えています。大黒天物産のドミナントは中国、四国、そして、九州、関西ですが、ここは、ここ数年コスモス薬品の戦略ドミナント地区と重なっており、経費比率14.87%で、大黒天物産の下をくぐるEDLPを繰り広げ、食品スーパーとドラックストアとのEDLPの日本でも異常な激しい戦いが繰り広げられています。まさに、「業種・業態を超えた価格競争の激化」であり、今後、食品スーパーは、このような異業種との競争も加味した上で、成長戦略を描いてゆくことが求められます。大黒天物産、通期も増収増益予想ですので、今後、この厳しい市場環境の中、成長戦略をどう推し進めてゆくのか、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 11, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2015

コスモス薬品、2015年5月、第3四半期、増収減益!

コスモス薬品、2015年5月、第3四半期決算、4/8
・http://www.cosmospc.co.jp/
・http://www.cosmospc.co.jp/pdf/150408_3Qtanshin.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:1,624.73億円
・自己資本比率:37.9%(昨年 38.1%)
・現金及び預金:181.36億円(総資産比 11.16%)
・有利子負債:111.09億円(総資産比 6.83%)
・買掛金:701.17億円(総資産比43.15%)
・利益剰余金 :530.11億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 3,029.41億円(11.3%)、営業利益:121.18億円(△9.4%)
・経常利益:136.26億円(△5.7%)、当期純利益:81.58億円(0.9%)
・原価:81.12%(昨年 80.56%):+0.56、売上総利益:18.88%(昨年 19.44%):-0.56
・経費:14.87%(昨年 14.51%):+0.36
・営業利益:4.01%(昨年 4.93%):-0.92

コスモス薬品のコメント:
・当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、経済成長を目指した政府の各種施策により一部の業種に景況感の改善が見られるものの、実質所得は減少し消費者の節約志向はますます強くなっております。特に、地方の生活においては政府の経済政策の恩恵をあまり感じられず、日常生活の必需品を販売する小売業にとって厳しい経営環境が続いております。
・このような状況の中、当社グループは消費者にとって「安くて、近くて、便利なドラッグストア」を目指して力を注いでまいりました。具体的には、「良い商品を1円でも安く」というコンセプトのもと「安さ」を追求し、消費者のご自宅の「近く」に新たな店舗を次々と出店することで、日常生活に必要なものが「便利」に買える店づくりを行ってまいりました。
・新規出店につきましては、関西地区に5店舗、中国地区に9店舗、四国地区に5店舗、九州地区に34店舗の合計53店舗を開設いたしました。また、スクラップ&ビルドにより3店舗を閉店いたしました。これにより、当第3四半期連結累計期間末の店舗数は627店舗となりました。

コスモス薬品の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3349.T

PI研のコメント:
・コスモス薬品が4/8、2015年5月度の第3四半期決算を公表しました。結果は増収減益、厳しい決算となりましたが、積極的な新規出店、「合計53店舗を開設」とのことで、売上高は11.3%増と、ここは敢えて攻めた結果といえます。減益の要因ですが、原価、経費共に上昇、ダブルで利益を圧迫したのが要因です。特に、原価は+0.56%ですので、よりEDLPを徹底したと思われます。コスモス薬品、自己資本比率37.9%ですので、決して高い数字ではありませんが、これを補う買掛金が総資産比43.15%であり、これを加味すると、資金は豊富、新規出店へ振り向けることが可能といえます。コスモス薬品、当面、積極的な新規出店を継続し、「小売業にとって厳しい経営環境」を勝ち抜いてゆく方針と思われます。残された第4四半期、そして、来期へ向けて、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 10, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2015

セブン-イレブン・ジャパンの売上高は、どの数値?

セブン-イレブン・ジャパン、2015年2月本決算:4/2
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2015_0402kt.pdf

1.決算上の数値:
・営業総収入:7,363.43億円(昨年 6,795.61億円)
  →売上高:1,012.93億円(昨年947.62億円)
  →営業収入:6,350.49億円(昨年5,847.98億円)
  →→加盟店からの収入:6,288.67億円(昨年5,790.73億円)
  →→その他の営業収入:61.82億円(昨年57.25億円)

2.加盟店からの収入の対象となる加盟店売上:
・39,053.69億円(昨年36,850.95億円)

3.自営店売上との合計:
・ 37,812.67億円(昨年 40,082.61億円)

参考1:コンビニエンスストア事業の数値:
・27,277.80億円(昨年 25,296.94億円)
・7-Eleven, Inc.:
  →営業総収入:19,352.74億円(昨年18,010.77億円)
  →チェーン全店売上:28,344.64億円(昨年26,411.80億円)

参考2:セブン&アイHの数値
・60,389.48億円(昨年56,318.20億円)
・セブン-イレブン・ジャパン及び
    7-Eleven, Inc.における加盟店売上を含めたグループ売上:
・102,356.64億円(昨年:95,978.82億円)

PI研のコメント:
・コンビニの売上を把握するのは簡単ではありません。2015年2月期のセブン&アイHの本決算からその数字を追ってみると、様々な売上が飛び交っています。公式には2兆7,277.80億円がコンビニエンス事業部全体の売上ですが、この数値はセブン-イレブン・ジャパンとアメリカの7-Eleven, Inc.の合計といえます。では、セブン-イレブン・ジャパンはいくらなのかですが、7,363.43億円であり、25%強でしかありません。残りの大半、1兆9,352.74億円はアメリカの7-Eleven, Incとなります。これは、セブン-イレブン・ジャパンが加盟店からの収入、すなわち、フランチャイズフィーを基本に計上しているためです。しかも、この中には、それ以外にも、純粋な本部の売上高、さらに、その他営業収入も含まれており、複雑な数値の合計になっています。したがって、ここには、セブン-イレブン・ジャパンの加盟店の売上は含まれていないといえます。結果、セブン&アイH全体の決算の売上も同様ですので、今期の6兆389.48億円にはセブン-イレブン・ジャパンの売上は7,363.43億円しか計上されていません。わずか、1/10強です。では、セブン-イレブン・ジャパンの加盟店の売上を計上するとどうなるかですが、それは、10兆2,356.64億円であり、日本の小売業史上、はじめて10兆円の大台に乗るといえます。このように、コンビニは様々な売上が存在し、その実態を把握するのは難しいのが現状といえ、小売業としても独特な業態といえます。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 9, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2015

ヨークベニマル、2015年2月本決算、増収、微増益、苦戦!

ヨークベニマル、2015年2月、本決算、4/2
・http://www.yorkbeni.co.jp/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2015_0402kt.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産: 1,822.67億円
・自己資本比率:76.87%(昨年 78.44%)
・現金及び預金: 137.22億円(総資産比 7.52%)
・有利子負債:2.45億円(総資産比 0.13%)
・買掛金: 172.13億円(総資産比9.44%)
・利益剰余金 :1,026.20億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 390,492億円( 4.2%)、営業利益: 128.20億円(0.8%)
・経常利益:140.18億円(△3.1%)、当期純利益:77.92億円(△16.3%)
・原価:76.65%(昨年 76.62%):+0.03、売上総利益:23.35%(昨年 23.38%):-0.03
・経費:21.71%(昨年 21.60%):+0.11
・マーチャンダイジング力:+1.64%(昨年+1.78%):-0.14
・その他営業収入:1.64%(昨年1.62%):+0.02
・営業利益:3.28%(昨年 3.40%):-0.12
・参考:
・ライフフーズ(惣菜):売上高:455.78億円(106.0%:構成比11.7%)

ヨークベニマルのコメント:
・国内の食品スーパーは、当連結会計年度末時点で株式会社ヨークベニマルが南東北及び北関東地方を中心に 200 店舗(前期末比 7 店舗増)、株式会社ヨークマートが首都圏に 76 店舗(前期末比 2 店舗増)を運営しております。株式会社ヨークベニマルは「生活提案型食品スーパー」を目指し、生鮮食品や「セブンプレミアム」をはじめとする差別化商品の開発及び販売を強化した結果、既存店売上伸び率は前年を上回りました。また、即食・簡便のニーズが高まる中、子会社の株式会社ライフフーズが平成 25 年 3 月より稼動している新工場により商品開発力を強化し、ヨークベニマル店舗の改装に合わせて売場の拡充を図るとともに、様々な生活シーンに応じた惣菜のメニュー提案を推進いたしました。
・組織変更及び人事異動のお知らせ:2/5
・従来の食品事業部、住居事業部、衣料事業部を「食品事業部(鮮魚、精肉、青果、デイリー)」「グロサリー事業部(加工食品、住居)」「衣料事業部(衣料)」に再編する加工食品部と住居部を統括する「グロサリー事業部」を新設し、店組織と連動した本部組織に変更することにより、マーチャンダイジング方針、政策の浸透と徹底を図る。

PI研のコメント:
・ヨークベニマルが4/2、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益とはなりましたが、営業利益は0.8%増、経常、当期はいずれも減益となるやや厳しい決算となりました。原価、経費ともに上昇したことにより、ダブルで利益を圧迫したことが、その要因です。今期、ヨークベニマルは200 店舗(前期末比 7 店舗増)となり、200店舗を突破、決算結果から見ると、利益よりも、成長戦略を重視したといえます。実際、コメントにもあるように「既存店売上伸び率は前年を上回り、・・」とのことで、既存店も増収ですので、ここは攻めて活路を切り開く強気の経営を推し進めてたといえそうです。各社の決算を見ると、今期は2つに分かれており、利益よりも成長を重視した企業と、成長よりも利益を重視した企業、すなわち、攻めと守りに分かれますが、ヨークベニマルは攻めを重視したといえます。ちなみに、この決算にはヨークベニマルの最重点部門、惣菜が別会社、ライフフーズであるため計上されていませんので、参考に、ライフフーズの売上げを加えました。構成比11.7%ですので、通常の食品スーパーと比べても、高い数値であり、ヨークベニマルの強さの源泉といえます。ヨークベニマル、2/5に組織変更を行っており、グロサリー事業部が創設され、加工食品と住居が合体しました。新たな動きといえます。ヨークベニマル、今後、さらに攻めにゆくのか、それとも、利益重視に入るのか、その動向が気になるところです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 8, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2015

セブン&アイH:脱チェーンストア理論、オムニシフトへ!

いま、チェーンストア理論を超えて
店舗主導の実現とオムニチャネル戦略による変化への対応

・[対談] イノベーションの視点:セブン&アイH、HP
・セブン&アイHLDGS.会長兼CEO鈴木 敏文氏、一橋大学大学院商学研究科教授 伊藤 邦雄氏
・http://www.7andi.com/company/conversation/1701/1.html
・記事抜粋:
・鈴木:
・消費市場は、いまや完全に買い手市場になっていますが、この変化に対応するうえで、大きな障害となっているのが過去のチェーンストア理論だと考えています。本部が商品を大量に仕入れて店に送り込むというチェーンストアの考え方は欧米で発展し、日本では高度成長時代に、アメリカの小売業から採り入れてスーパー事業を興しました。当時は売り手市場で、需要も旺盛でしたから成功したわけです。しかし、1970年代以降、日本ではモノが行き渡り、買い手市場に変化しました。
・もはや、いわゆるチェーンストア理論では、お客様のニーズに応えられない時代になりました。私はつねづね、環境の変化に対応することこそが大切であると言い続けてきましたが、スーパー事業などは、過去の成功体験から抜けられずにいました。そのため、年頭から「脱チェーンストアオペレーション」を掲げ、従来のやり方を大幅に変える方針を打ち出しました。店が中心となって商圏に合った品揃えを目指し、本部はその実現に向け魅力ある商品開発を行い、店はさらに本部に要望を伝える仕組みに転換していきます。
・オムニチャネルによって、グループの百貨店、スーパー、専門店などあらゆる店で売っている商品が、近くのセブン-イレブンで注文したり、受け取ったり、返品したりできるようになります。お客様にとっては、今まで近くになかった百貨店や専門店が、身近にある場合と同様に利用できるようになります。また、各社にとっては、コストをかけて新たに出店しなくても、マーケットが広がるという効果も生まれます。今、準備を進めている最中ですが、何よりも心強いのは、セブン-イレブン加盟店のオーナーさんたちが、大きな期待を寄せてくださっていることです。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス2015年2月期 決算説明会
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/ks/pdf/2015_0402ksk.pdf
・15年度の重要経営方針:
  →1.過去の『チェーンストア理論』の否定
  →2.個店 地域経営について
  →3.オムニチャネル戦略
・環境認識 ~過去のチェーンストア理論は買い手市場には合わなくなってきた~:
・成長期売り手市場→成熟期買い手市場:
  →経済環境:強い消費意欲→消費飽和・多様化
  →商品政策:問屋MD・価格重視PB→チームMD・価値あるPB商品
  →販売政策:セルフ販売(並べれば売れた)→接客販売
・10月オムニチャネル戦略本格始動:
・7&iが目指すオムニチャネル ~お客様中心の顧客戦略~
  →国内19,000店超のお客様接点の活用
  →いつでもどこでも買える機会の創出
  →新しく上質なPBを中心とした商品展開

PI研のコメント:
・セブン&アイHが脱チェーンストア理論を2015年度の経営方針に掲げました。成長期の売り手市場から成熟期の買い手市場へと市場環境が変化した今、もはや過去のチェーンストア理論の時代は終焉したと、鈴木CEO、自らがコメントしています。では、次の時代は何か、鈴木CEOは成熟社会の決め手は、オムニチャネルであると明言しています。オムニチャネルは、「各社にとっては、コストをかけて新たに出店しなくても、マーケットが広がるという効果、・・」とのことで、成長戦略は必ずしも、チェーンストア理論が目指した新規出店ではなく、商品政策を価値あるPBづくりに求め、販売戦略を接客販売に切り替え、セブン&アイHの国内19,000店舗をお客様の接点として活用し、いつでも、どこでも買える機会を創出できれば可能だとの認識です。しかも、この10月には、セブン&アイHのオムニチャネル戦略を本格稼働させるとのことです。10兆円企業となったセブン&アイHの戦略転換だけに、今後、流通業界全体への影響は大きく、この2015年は、大きな戦略転換の岐路に入ったといえそうです。それにしても、「オムニチャネル=成熟社会における成長戦略」という構図がこれほど早く実現しはじめたといえ、日本の流通業界、待ったなしの段階に入ったといえます。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 7, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2015

セブン&アイH、本決算、増収増益、オムニチャネル推進!

セブン&アイ・ホールディングス、2015年2月、本決算、4/2
・http://www.7andi.com/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2015_0402kt.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:4,166.90億円(昨年4,543.35億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△2,702.35億円(64.85%:昨年△2,866.86億円)
  →有形固定資産の取得による支出:△2,763.51億円(△2,745.31億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△794.82億円(昨年△552.27億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):793.95億円(昨年1,213.44億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:52,347.05億円
・自己資本比率:43.9%(昨年 43.6%)
・現金及び預金:9,339.59億円(総資産比 17.84%)
・有利子負債:9,482.51億円(総資産比 18.11%)
・買掛金:4,125.04億円(総資産比7.88%)
・利益剰余金 :16,220.90億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 60,389.48億円( 7.2%)、営業利益: 3,433.31億円(1.1%)
・経常利益:3,414.84億円(0.7%)、当期純利益:1,729.79億円(△1.5%)
・原価:78.57%(昨年 78.95%):-0.38、売上総利益:21.43%(昨年 21.05%):+0.38
・経費:35.41%(昨年 34.15%):+1.26
・マーチャンダイジング力:-13.98%(昨年-13.10%):-0.88
・その他営業収入:20.86%(昨年20.36%):+0.50
・営業利益:6.88%(昨年 7.26%):-0.38

セブン&アイ・ホールディングスのコメント:
・当社グループは「変化への対応と基本の徹底」をスローガンとして、既存事業の更なる強化と「成長の第 2 ステージ」に向けた取り組みを推進いたしました。
・既存事業におきましては、付加価値の高い商品の開発や地域特性に合わせた品揃えの強化、接客力の向上に取り組みました。また、グループのプライベートブランドである「セブンプレミアム」やグループ各社のオリジナル商品につきまして、新商品の開発を推進するとともに既存商品のリニューアルを実施し、品質の向上と新しい価値の提案を図りました。当連結会計年度における「セブンプレミアム」の売上高は 8,150 億円(前年同期比 21.6%増)となり、期初計画の 8,000 億円を上回りました。なお、グループ各社のオリジナル商品を含めた売上高は 2 兆 6,500 億円(同 10.4%増)となりました。
・「成長の第2 ステージ」に向けましては、グループ横断的な取り組みとしてオムニチャネル戦略を推進しております。当連結会計年度におきましては、当社及び各事業会社におけるオムニチャネル推進部門の体制を強化するとともに、平成 27年秋のオムニチャネルの本格稼動に向けた商品開発や EC サイト等のシステムの構築、物流等の事業基盤の整備に注力いたしました。また、セブン-イレブン店舗におきまして「街の本屋」として書籍や雑誌の受け取りサービスを強化するとともに、株式会社ロフトや株式会社赤ちゃん本舗等の商品の受け取りサービスを推進いたしました。加えて、平成 26 年 11 月には、株式会社そごう・西武が運営するオンラインショッピングサイト「e.デパート」で取り扱っている靴の返品受付サービスを開始いたしました。

セブン&アイ・ホールディングスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3382.T

PI研のコメント:
・セブン&アイHが4/2、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益とはなりましたが、営業利益は1.1%増の微増、営業収益7.2%ですので、成長戦略を重視した決算結果となりました。実際、決算上の営業収益は6兆389.48億円ですが、セブン-イレブン・ジャパン及び7-Eleven, Inc.における加盟店売上を含めたグループ売上高は10 兆 2,356 億64百万円(同6.6%増)ですので、日本の小売業ではじめて10兆円の大台を超えたといえます。これはアメリカのNo.2の小売業、クローガーに匹敵する売上高であり、日本も10兆円の小売業の時代に突入といえます。今期キャッシュフローを見ても、営業キャッシュフローの内、64.85%を投資キャッシュフローに配分しており、成長戦略シフトの意思が鮮明です。セブン&アイHのコメントの中でも、「「成長の第 2 ステージ」に向けた取り組みを推進、・・」とのことで、具体的には、「オムニチャネル戦略を推進」したことが、その投資目的といえます。いまやセブン&アイHの成長戦略は店舗を増やすこともさることながら、オムチャネルの推進=成長戦略といえ、これが今後の盛衰を担う戦略といえます。しかも、その基盤を支えるのは、セブン-イレブンであり、これが物流の要、顧客との接点の要となりますので、セブン-イレブンの成長=オムニチャネルの推進=セブン&アイHの成長の第2ステージ、といえます。この株主総会ではオムニチャネルの最高責任者、鈴木 康弘氏が「取締役 執行役員、最高情報責任者、セブン&アイネットメディア代表取締役社長」への就任がはかられるとのことですので、組織的にもオムニチャネル体制が整うことになります。セブン&アイH、来期、どのようなオムニチャネルの具現化をはかり、成長軌道に乗せるのか、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 6, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2015

しまむら、2015年2月、本決算、増収減益!

しまむら、2015年2月、本決算、3/30
・http://www.shimamura.gr.jp/
・http://www.shimamura.gr.jp/finance/file/62_04_tanshin.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:291.69億円(昨年257.19億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△413.39億円(141.72%:昨年△174.42億円)
  →有価証券の取得による支出:△1,800.00億円(昨年△1,330.00億円)
  →有価証券の償還による収入:1,490.00億円(昨年1,220.08億円)
  →有形及び無形固定資産の取得による支出:△122.67億円(△92.99億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△88.15億円(昨年△80.34億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△207.61億円(昨年3.29億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:3,316.08億円
・自己資本比率:86.6%(昨年 86.6%)
・現金及び預金:239.36億円(総資産比 7.21%)
・有利子負債:40.00億円(総資産比 1.20%)
・買掛金:148.07億円(総資産比4.46%)
・利益剰余金 :2,499.22億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:5,118.93億円(2.0%)、営業利益:368.23億円(△12.0%)
・経常利益:386.01億円(△12.3%)、当期純利益:232.88億円(△12.4%)
・原価:68.26%(昨年 67.69%):+0.57、売上総利益:31.74%(昨年 32.31%):-0.57
・経費:24.72%(昨年 24.16%):+0.56
・マーチャンダイジング力:7.02%(昨年8.15%):-1.13
・その他営業収入:0.18%(昨年0.19%):-0.01
・営業利益:7.20%(昨年 8.34%):-1.14

しまむらのコメント:
・当連結会計年度の消費環境の概要:
・平成26年4月からの消費税増税は食品を除いた小売業界全体に大きなダメージを与えました。特に、今後更に2%を上げるときの流通業界の混乱を避けるためにと、消費税を外税にすることを政府が認めたため、消費者の感覚は3%の消費税アップではなく、8%の税を別に取られる意識となり、消費者の購買には著しいブレーキとなりました。平成26年10月1日に予定されていた消費税再増税は平成29年4月に先延ばしすることとなりましたが、・今回の消費税改訂には日本国民は強い拒否反応を示し、安易な増税には強い警鈴となりました。
幅広い産業界の好業績から人手不足感も広がっており、勤労者の現金給与総額は3月から11ヶ月連続で増加するなど消費環境には明るさも見えますが、消費物価の変動を織り込んだ実質所得はまだ年度を通じてマイナスで、消費意欲は見られるものの消費余力は限られて、消費者の節約志向から個人消費は低迷が続いております。
・衣料品の消費支出に大きな影響を及ぼす天候は、季節の変わり目の3月と9月は次シーズンの商品が活発に動きましたが、6月の梅雨入り後の局地的な集中豪雨や西日本の11年ぶりの冷夏、また、10月の台風上陸や11月の全国的な高温など、衣料品販売にとっての天候は対応の難しい一年となりました。
・主力のしまむら事業:
・当連結会計年度は、商品の調達力・販売力と売場の完成度の向上を目指して、商品部の組織を商品仕入と、売場管理・在庫コントロールに分けることで業務範囲を明確にし、業務スピードの向上を図りました。
・商品の価値と価格を強力にアピールするため、プライベートブランドは高感度の「Sorridere(ソリデル)」、高品質の「CLOSSHI(クロッシー)」、ボリュームプライスの「FREUDE(フロイデ)」の3ブランドに集約し、TVCMやチラシ、ホームページ等で繰り返し商品を紹介して、その認知度を上げることに尽力しました。特に、秋冬で展開したCLOSSHIの「裏地あったかパンツ」は季節のタイミングに合った企画となり、大きなヒット商品となって婦人ボトムス部門の業績を大きく高めることが出来ました。
・当連結会計年度は24店舗を開設し、2店舗を閉店しました。この内12店舗が東京都をはじめとする都市部への出店で、引き続き都市部への店舗開発に力を入れております。さらに既存3店舗の建替えと7店舗で大規模な改装、92店舗で省エネ対応型の改装を実施した結果、しまむら事業の店舗数は1,321店舗となり、売上高は前年同期比1.7%増の4,141億21百万円となりました。

しまむらの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8227.T

PI研のコメント:
・しまむらが3/30、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収減益、特に利益は、いずれの段階でも2桁減の厳しい決算となりました。原価、経費ともに上昇、ダブルで利益を圧迫したことが要因です。しまむら自身も、「消費増税は食品を除いた小売業界全体に大きなダメージ」とコメントしているように、消費増税の影響が大きかったとのことです。しまむらのキャッシュフローを見ても、今期は一見、投資キャッシュフロー、すなわち、成長戦略へ大きく配分しているように見えますが、その中身は、有形及び無形固定資産の取得による支出が△122.67億円、営業キャッシュフローの50%弱ですので、成長戦略への配分は控えているといえます。実際、売上高も2.0%増ですので、微増であり、ここは内部体制を固めることに専念したといえます。それにしても、しまむらの有価証券の取得による支出は△1,800.00億円と異常値といえ、投資=有価証券といえる状況です。一方、財務面ですが、自己資本比率は86.6%と、極めて高い数値であり、堅固な財務基盤を確立しています。しまむらの経営目標は「連結営業利益率についても10%が適切と認識」とのことですので、成長よりも利益重視といえます。ただ、その利益が今期は厳しい結果でしたので、来期、どう利益を立て直してゆくのか、消費者の節約志向が続く中、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 5, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2015

平和堂、2015年2月、本決算、増収増益、株価急騰!

平和堂、2015年2月、本決算、4/2
・http://www.heiwado.jp/
・https://www.heiwado.jp/ir/img_ir/2015/0402_a.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:228.72億円(昨年214.92億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△125.52億円(54.87%:昨年△134.18億円)
  →有形及び無形固定資産の取得による支出:△169.37億円(△102.52億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△98.79億円(昨年△85.86億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):8.70億円(昨年5.60億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:2,920.14 億円
・自己資本比率:45.1%(昨年 43.0%)
・現金及び預金:191.60億円(総資産比 6.56%)
・有利子負債:657.55億円(総資産比 22.51%)
・買掛金:314.49億円(総資産比10.76%)
・利益剰余金 :1,011.54億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:4,192.84億円(3.6%)、営業利益:141.31億円(6.1%)
・経常利益:153.56億円(11.2%)、当期純利益:84.53億円(8.4%)
・原価:70.53%(昨年 70.55%):-0.02、売上総利益:29.47%(昨年 29.45%):+0.02
・経費:32.38%(昨年 32.56%):-0.18
・マーチャンダイジング力:-2.91%(昨年-3.11%):+0.20
・その他営業収入:6.51%(昨年6.63%):-0.12
・営業利益:3.60%(昨年 3.52%):+0.08

平和堂のコメント:
・当小売業界におきましても、業種や業態の垣根を越えた競合激化や原材料の高騰、電力料金の値上げ等により経営環境は厳しさを増す状況となりました。
・このような状況の下、当社グループの中核企業である「株式会社平和堂」は、地域になくてはならない企業として、おもてなしを意識した売場・店舗・サービスに注力し、お客様の満足度を高めてまいりました。夏季及び冬季の天候不順や消費の回復遅れにより、既存店の客数は前年を下回りましたが、生鮮食品を中心に客単価が伸びるなど、売上高は前年を超えることができました。
・「株式会社平和堂」は、4月に自社開発のNSC(近隣型ショッピングセンター)業態として、フレンドタウン日野(核店舗はフレンドマート日野店)及びフレンドタウン深江橋(核店舗はフレンドマート深江橋店)を開設いたしました。下期には、フレンドマート八幡一ノ坪店(京都府八幡市、12月)、フレンドマートMOMOテラス店(京都市伏見区、2月)を出店、さらに長浜店(滋賀県長浜市)を移築し、長浜駅直結の商業施設モンデクール長浜(核店舗はフレンドマート長浜駅前店、滋賀県長浜市、2月)として開設いたしました。一方、寺内店(岐阜県大垣市)を経営効率向上のため閉鎖いたしました。
・既存店におきましては、フレンドマート長岡京店、日夏店、アル・プラザ宇治東、アル・プラザ水口、アル・プラザ茨木、尾西店の6店舗で改装を実施、食料品売場を中心に地域のニーズに合わせた品揃えの変更や什器の入れ替え等店舗の活性化に取り組みました。
・販売面では、衣料品においては、シニア、ミセス向け編集売場の開発やインナーウェアのEDLP商品の拡大を、住居関連品においては、ペットショップの拡大や健康を切り口とした家電売場の開発をいたしました。しかしながら、衣料品、住居関連品は消費増税の影響や天候不順もあり、売上高は前年を下回る結果となりました。食料品においては、鮮度感やライブ感を高めた生鮮売場の強化、味や品質にこだわった自社開発商品の展開やNB商品の均一価格での販売に注力いたしました。
5月に本格稼働した新食品センター(滋賀県犬上郡多賀町)では、精肉・鮮魚商品の品質向上や店舗運営の効率化に寄与いたしました。
・買物代行及び暮らしのお手伝い事業として地域貢献に努めております“平和堂ホーム・サポートサービス”は9店舗を新たに開業、滋賀県内14店舗での運営体制としサービス地域を拡充させました。
・中国湖南省で小売事業を展開する「平和堂(中国)有限公司」は、4号店出店効果により、増収・増益となりました。
・滋賀県でスーパーマーケットを展開する「株式会社丸善」は、主力店舗の改装効果により増収に、商品管理ロスの改善もあり経常利益は黒字転換いたしました。

平和堂の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8276.T

PI研のコメント:
平和堂が4/2、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、好決算です。これを受けて、株価も好調に推移しており、昨年は約1,500円であった株価がここ最近は約3,000円と2倍になっており、投資家も高く評価しています。決算が好調な要因は、原価、経費、そして、その他営業収入といずれもプラス、トリプルで利益を押し上げたことによります。「経営環境は厳しさを増す状況」とのことですが、数値は好調、特に、経費の改善が大きかったといえます。平和堂は全体としては食品スーパーというよりはGMSといえる収益構造であり、商品売買から得られる利益、すなわち、マーチャンダイジング力はマイナスですが、それを大きく上回る不動産収入、物流収入等のその他営業収入が利益の源泉となっています。いかにSC、NSC等が集客をはかり、テナント等に価値を提供できるかが経営課題といえます。平和堂、今期は中国事業も4号店効果による増収増益、M&Aの丸善も黒字転換とのことですので、全体的に好調な結果といえます。今後、この好調な決算をもとに、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 4, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2015

日銀、消費税後の生活意識調査公表、消費抑制!

UPDATE 1-家計の6割が消費増税で「支出抑制」、多くが現在も継続=日銀調査
・ Reuters(ロイター):2015年 04月 2日
・http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0WZ1UW20150402
・記事抜粋:
・[東京 2日 ロイター] - 日銀が2日発表した3月の「生活意識に関するアンケート調査」(第61回)によると、昨年4月の消費税率引き上げ後に6割の家計が支出を控え、そのうち75%が現在も支出抑制を続けていることがわかった。
・消費税率引き上げの家計への影響調査は、消費増税から1年程度が経過したタイミングで、特別に初めて実施した。

日本銀行:http://www.boj.or.jp/index.html/
・「生活意識に関するアンケート調査」(第61回)の結果:2015年3月調査
・http://www.boj.or.jp/research/o_survey/ishiki1504.pdf
・日本銀行では、政策・業務運営の参考とするため、本支店や事務所を通じた広報活動のなかで、国民各層の意見や要望を幅広く聴取するよう努めており、その一環として、1993年以降、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象に「生活意識に関するアンケート調査」を実施しています。この調査は、日本銀行が別途行っている「企業短期経済観測調査(短観)」のような統計調査とは異なり、生活者の意識や行動を大まかに聴取する一種の世論調査です。

1-2-4. 消費税率引上げの影響等:
・消費税率引上げ後に「支出を控えた」、「支出をやや控えた」との回答は合計で約6割となった。「支出を控えた」、「支出をやや控えた」と答えた人にその理由を伺うと、「物やサービスの値段が上がったから」との回答が8割台前半となった。また、いつ頃まで消費税率の引上げが影響したかを伺うと、「現在(冬)でもなお支出を控えている」との回答が7割台半ばとなった。
・「支出を控えた」、「支出をやや控えた」と答えた人に消費税率引上げ後に支出を控えた商品・サービスを伺うと、「衣服・履物類」との回答が最も多く、次いで「外食」、「旅行」、「食料品」が多かった。また、「支出を増やした、あるいは変えなかった商品・サービス」を伺うと、「保健医療サービス」との回答が最も多く、次いで「食料品」、「通信費」、「日用品」が多かった。

1-3-1. 現在の物価:
・現在の物価に対する実感(1年前対比)は、『上がった』との回答が増加した。また、1年前に比べ、物価は何%程度変化したかについて、具体的な数値による回答を求めたところ、平均値は+5.6%(前回:+5.3%)、中央値は+5.0%(前回:+5.0%)となった。

1-3-2. 1年後の物価:
・1年後の物価については、『上がる』との回答が増加した。また、1年後の物価は現在と比べ何%程度変化すると思うかについて、具体的な数値による回答を求めたところ、平均値は+4.8%(前回:+4.8%)、中央値は+3.0%(前回:+3.0%)となった。

1-6.日本銀行の金融政策に関する認知度 :
・日本銀行が、消費者物価の前年比上昇率2%の「物価安定の目標」を掲げていることについては、「知っている」との回答は2割台後半となった。また、日本銀行が、量・質ともに次元の違う金融緩和(「量的・質的金融緩和」)を行っていることについては、「知っている」との回答は2割台半ばとなった。

PI研のコメント:
・日銀が4/2、「生活意識に関するアンケート調査」を公表しました。昨年4月の消費増税後1年を経過しての国民の意識調査であり、日銀自身も、「生活者の意識や行動を大まかに聴取する一種の世論調査」とコメントしているように、消費増税に関する日銀の世論調査といえます。ロイターが同日報道しているように、ポイントは、「昨年4月の消費税率引き上げ後に6割の家計が支出を控え、そのうち75%が現在も支出抑制を続けている、・・」とのことです。支出抑制、すなわち、節約志向が続いている実態が浮かび上がったといえます。これ以外にも、同調査では、物価が5%強上がったとの実感あり、1年後は5%弱は上がるとの回答です。また、消費増税後の昨年4月のから始まった日銀の異次元の緩和政策については、2割強の認知率であることがわかりました。今後、この調査結果をもとに、日銀がどのような対策を打ち出すのか注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設502人

April 3, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2015

ニトリ、2015年2月、本決算、増収増益、増配!

ニトリ、2015年2月、本決算、3/30
・http://www.nitorihd.co.jp/
・http://www.nitori.co.jp/news/pdf/2015/B73DA848-777E-E2F4-2994-FC270FDD62F5.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:529.23億円(昨年461.54億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△△430.23億円(81.29%:昨年△323.76億円)
  →固定資産の取得による支出:△386.91億円(△267.73億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△66.54億円(昨年△105.40億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):45.34億円(昨年43.63億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:4,047.93億円
・自己資本比率:76.4%(昨年 76.8%)
・現金及び預金:264.09億円(総資産比 6.52%)
・有利子負債:94.15億円(総資産比 2.32%)
・買掛金:164.73億円(総資産比4.06%)
・利益剰余金 :2,679.63億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:4,172.85億円(7.7%)、営業利益:663.07億円(5.1%)
・経常利益:679.29億円(7.0%)、当期純利益:414.50億円(7.9%)
・原価:47.67%(昨年 47.97%):-0.30、売上総利益:52.33%(昨年 52.03%):+0.30
・経費:36.43%(昨年 35.75%):+0.68
・営業利益:15.90%(昨年 16.28%):-0.38

ニトリのコメント:
・家具・インテリア業界におきましては、円安の進行による原材料価格の高騰、物流コストの上昇及び業態を超えた販売競争の激化により依然として厳しい経営環境が続いております。
・当社グループは、平成26年4月の消費税増税への対応及び急激な円安の進行による輸入原材料価格の高騰に対して全社をあげて取り組んでまいりました。増税前の駆け込み需要対策では、商品在庫の早期投入や配達の早期化促進、キャンペーンの早期開催、本部人員による販売応援等の各種施策を実施し、より多くのお客様へ十分な対応が可能となるよう販売体制の強化に努めてまいりました結果、増税前の売上高(受注ベース)は大きく伸長いたしました。また増税後の反動減や円安への対策として、バーティカルマーチャンダイジングによる商品の原価構造の見直し及び既存商品の積極的な入替えによる商品力の強化を図ってまいりました。
・品ぞろえ対策といたしましては、自社工場を持つ強みを活かした積極的な商品開発を行い、低価格商品を維持しつつ消費の二極化に対応した高機能・高品質商品を増やし新たな客層の獲得に取り組んでまいりました。その取り組みの一貫といたしまして、海外の自社工場で開発・製造したプライベートブランドの核売場「NITORI STUDIO」を全国のニトリ店舗に設置し、座り心地・素材・デザイン性にこだわったソファ「Nコア」シリーズ等の展開を開始いたしました。また、やわらかく包み込まれるような寝心地と耐久性を追及したオリジナルマットレス「Nスリープ」の生産・販売を拡充し、多くのお客様からご好評をいただいております。平成26年6月から販売中の「ひもなしらくらく掛ふとんカバー(Nグリップ)」は、極細繊維の摩擦力で中のふとんとカバーをずれにくくすることにより、カバーをひもで結ぶという手間をなくした生活への貢献度の高さが評価され、2014年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。さらに、機能性とデザイン性にこだわりテレビCMによる積極的な販促活動を行ったランドセル「わんぱく組」シリーズ及び接触冷感機能の改良、取扱品種の拡大、生産体制の強化等に取り組んだ「Nクール」シリーズにおきましては、販売数量・金額ともに前年実績を大きく上回る結果となりました。その他、羽毛特有の動物臭を軽減した消臭羽毛布団「UOMU(ウォム)」及び親水性が良く速乾性に優れた特殊加工ポリエステル綿を使用した「超速乾寝具シリーズ」等の機能性商品を新たに展開いたしました。
・品質面におきましては、経済産業省が主催する『製品安全対策優良企業表彰』の大企業製造・輸入事業者部門において、「商務流通保安審議官賞」を受賞いたしました。これは、取引先との製品安全文化の共創や多面的な製品安全実証の実施等、当社グループの「製品安全」への取り組みが評価されたものであり、昨年度の大企業小売販売事業者部門での受賞に続き2年連続の受賞となりました。両部門での受賞は、「製造物流小売業」として商品の開発・製造段階から販売・サービスに至るまで一貫して安全への取り組みを行ってきた成果であり、製造業及び流通業業界で初となりました。
・販促活動におきましては、スマートフォンアプリの機能を拡充し、アプリをニトリメンバーズ会員証として利用することやアプリ上でのポイント数の確認を可能にする等、お客様がより便利にお買い物ができる環境の構築に努めました。
・国内の店舗におきましては、当連結会計年度において北海道地区に2店舗、東北地区に1店舗、関東地区に12店舗、北陸甲信越地区に2店舗、中部・東海地区に7店舗、近畿地区に7店舗、中国・四国地区に4店舗、九州・沖縄地区に2店舗、計37店舗を出店いたしました。一方、北海道地区、関東地区及び中部・東海地区でそれぞれ1店舗を閉鎖いたしました結果、国内の店舗数は346店舗となりました。このうち、小商圏フォーマットのデコホームは都市部への出店を進め当社グループで初めて東京都山手線の内側となる池袋サンシャインシティに出店を行う等、当連結会計年度において12店舗増加し29店舗となりました。
・海外の店舗におきましては、平成26年10月に中国湖北省武漢市内に「NITORI」のブランド名で中国1号店「武漢群星城店」を、12月には同市内に2号店「武漢金銀潭イオンモール店」をオープンいたしました。また、中国以外では米国に3店舗、台湾に3店舗を出店し、海外の店舗数は27店舗となりました。これらの結果、当連結会計年度末における国内・海外の合計店舗数は373店舗となりました。
・その他の活動といたしまして、リフォーム事業では拠点数を6拠点増加し全国37拠点としトータルリフォームサービス事業を拡大するとともに、平成26年8月下旬から当社グループで初めてリフォームのCMを放映し認知度の株式会社ニトリホールディングス (9843) 平成27年2月期 決算短信 2向上に努めました。また物流面におきましては、埼玉県幸手市及び兵庫県神戸市に新たに建設する物流センター用地を取得し、さらなる店舗数及び通販事業の拡大に対応できる環境の整備を進めました。

ニトリの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9843.T

PI研のコメント:
・ニトリが3/30、2015年2月期の本決算を公表しました。大塚家具の株主総会直後でもあり、その結果が注目される中での決算発表です。結果は増収増益、好決算です。特に売上高は4,000億円を突破、昨年も11.1%の伸びでしたが、今期も7.7%増と、高い成長率です。家具業界は、「円安の進行による原材料価格の高騰、物流コストの上昇及び業態を超えた販売競争の激化により依然として厳しい経営環境、・・」とのことですので、厳しい経営環境の中での高成長ですので、ニトリの成長戦略への強い意志が感じられます。実際、今期のキャッシュフローを見ると、営業キャッシュフロー529.23億円の81.29%を投資キャッシュフローに充てており、国内だけでも、計37店舗を新規出店、これに加え、海外でも中国2店舗、米国3店舗、台湾3店舗と、新店を展開、総店舗数は373店舗となりました。ここは攻めと強気の経営判断が働いたといえます。やや気になるのは、原価は改善したましたが、それを上回る経費の上昇が響き、高では売上高の伸びに支えられて増益となりましたが、率では減益となったことです。一方、財務の方ですが、自己資本比率76.4%、有利子負債もわずかであり、健全です。今後、この強固な財務をもとに、さらに成長戦略を押しすすめることが可能ですので、来期も、積極的な投資による、高成長が期待されます。ニトリ、国内はもとより、今後、海外戦略をどのように展開してゆくのか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設502人

April 2, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2015

「ID-POSマーケティング」を読む!

ID-POSマーケティング:
・本藤貴康、奥島晶子著:英治出版

目次:

Introduction:ID-POSで何がわかり、何が変わるのか

Chapter1:短サイクル時代のマーケティング概論
→Section1:マーケティングの基本プロセス
→Section2:マーケティング・リサーチは宝探し
→Section3:「次」につながるセグメンテーション
→Section4:マーケティング・ミックスのPDCA

Chapter2:ID-POSの指標と分析手法の基本
→Section1:前提となる2つの基本指標
→Section2:買われ方の特徴を探る
→Section3:商品・ブランドの将来性を測る
→Section4:真の競合商品を見極める
→Section5:意外な販売機会をあぶり出す
→Section6:改善すべきポイントを探る
→Section7:購買のタイミングをつかむ

Chapter3:ID-POSによる仮説主導マーケティング
→Section1:新たなポジショニングでそれまでの常識を覆す
→Section2:マス・プロモーションで顧客セグメントを変える
→Section3:市場に眠る潜在需要を掘り起こす
→Section4:購買行動を踏まえて店頭プロモーションを設計する
→Section5:リピートと新規のバランスをとり、売上全体を拡大する

Chapter4:店頭のロイヤル・カスタマーを育てる
→Section1:顧客の違いや変化を見逃さない
→Section2:カテゴリーの傾向を踏まえ新規顧客を囲い込む
→Section3:新規顧客の購買行動を把握する

おわりに:

PI研のコメント:
・「ID-POSマーケティング」(本藤貴康、奥島晶子著:英治出版)が2/28に出版され、早速、書店で購入し、一読しました。4章構成で、マーケティングとID-POSを合体させた本であり、まさに、共著の本となっています。マーケティングを本藤氏が、ID-POSを奥島氏が担当しており、ID-POSの分析データはJBtoBパネルを活用しているのが特徴といえます。自然、事例はドラックストアとなりますが、ID-POSを理解する上においては、参考となる選びぬかれた事例が豊富ですので、わかりやすいといえます。特に、リピートが1年よりも、2年、2年よりも3年、4年の方が高まるというグラフは、リピートの本質を突いた事実であり、興味深いといえます。また、買上げ率、リピート率、リフト値などのKPI、基本数式も一般的にID-POS分析で活用されているものですので、本書を理解しやすくしています。恐らく、ID-POS分析の本としては、はじめて、豊富な事例をもとに解説された本かと思いますので、今後、続編を期待したいところです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設502人

April 1, 2015 | | Comments (0) | TrackBack (0)