« 新潟市場、再編、清水商事、イオングループ入り! | Main | 減塩MD、DIAMOND Chaine Storeで特集! »

October 20, 2015

アオキスーパー、2016年中間、実質、増収増益!

アオキスーパー、2016年2月、第2四半期決算、10/06
・http://www.aokisuper.co.jp/index.html
・http://www.aokisuper.co.jp/ir/documents/2016Q2_000.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:△10.79億円(昨年22.56億円)
  →仕入債務の増減額(△は減少):△14.21億円(昨年 0.70億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△7.38億円(昨年△4.23億円)
  →有形固定資産の取得による支出 :△6.78億円(△3.99億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー: 0.21億円(昨年△1.51億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△17.95億円(昨年16.80億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:264.20億円
・自己資本比率:60.4%(昨年53.1%)
・現金及び預金:85.76億円(総資産比 32.46%)
・有利子負債:0.00億円(総資産比 0.00%)
・買掛金:57.55億円(総資産比 21.78%)
・利益剰余金 :140.90億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:520.00億円( %)、営業利益:13.37億円( %)
・経常利益:13.74億円( %)、当期純利益:7.36億円( %)
・原価:84.27%(昨年 83.82%):+0.45、売上総利益:15.73%(昨年 16.18%):-0.45
・経費:17.62%(昨年 18.19%):-0.57
・マーチャンダイジング力:-1.89%(昨年 -2.01%):+0.12
・その他営業収入:4.58%(昨年4.64%):-0.06
・営業利益:2.69%(昨年2.63%):+0.06
・平成27年2月期が決算期(事業年度の末日)の変更により1年と8日の決算のため、当第2四半期の対前年同四半期増減率については記載しておりません。

アオキスーパーのコメント:
・当流通業界におきましては、店舗間競争が引き続き激化していることに加え、円安等による原材料価格の高騰や消費者マインドの持ち直しに足踏みがみられるなど、依然として厳しい経営環境が続いております。
・このような状況におきまして当社は、新設店として4月に岡崎康生店をオープンし、5月に大治南店・8月に白鳥店をリニューアルオープンいたしました。
・販売促進企画として、ポイントカードの新規会員募集やお買物券プレゼント、お客様を対象とした食品メーカーとの共同企画によるIHクッキング教室(本社ビル3F)の開催を引き続き実施いたしました。また、競合店対策のため、恒例となりました四半期に一度の大感謝祭・週に一度の日曜朝市及び95円(本体価格)均一等の企画を継続実施いたしました。

アオキスーパーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9977.T

PI研のコメント:
・アオキスーパーが10/6、2016年2月期、中間決算を公表しました。今期は決算期の変更があったため、昨年対比は非公表ですが、実質、増収増益、好決算だったといえます。経営環境は引き続き、厳しい状況とのことですが、今期は特に、原価の上昇を経費の削減でカバーし、これが増益の要因といえます。それにしても、経費比率17.62%は食品スーパー業界では屈指の低さであり、これがアオキスーパーの強みといえます。本来、ここまで経費比率が低い場合は、原価をこれ以上に引き下げ、利益の追求に入るのですが、アオキスーパーはそれ以上に原価を引き上げ、結果、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力をマイナスにするという、考えられない手法を採用しています。これは、それだけ、EDLPに徹するという経営判断によると思われます。そして、このマイナスを補うその他営業収入により、営業利益をプラスに引き上げるという収益構造をとっています。見方を変えれば、本体を犠牲にしても、集客をはかり、不動産収入、その他営業収入で利益を算出するという経営といえ、その集客のためにEDLPを徹底するという経営戦略ともいえます。中々、ここまでEDLPに徹することは難しいといえ、アオキスーパー独特の経営戦略といえます。アオキスーパー、今期、EDLPを徹底し、どこまで集客をはかってゆくのか、その動向に注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

October 20, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アオキスーパー、2016年中間、実質、増収増益!:

Comments

Post a comment