« ユニーグループH、2016年、中間、増収減益、厳しい決算! | Main | オークワ、2016年2月、中間決算、減収増益! »

October 10, 2015

サンエー、2016年2月、中間、増収増益、好調!

サンエー、2016年2月、第2四半期決算、10/05
・http://www.san-a.co.jp/
・http://www.san-a.co.jp/ir/20151005.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:△9.46億円(昨年172.60億円)
  →仕入債務の増減額(△は減少):△28.44億円(昨年85.20億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△43.73億円(昨年△10.74億円)
  →有形固定資産の取得による支出 :△43.26億円(△9.03億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー: △16.10億円(昨年△14.55億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△69.31億円(昨年147.30億円)
・前連結会計年度末が金融機関の休日となり、仕入債務等の支払84億83百万円が翌 月に繰越されたこと等により、現金及び預金が69億31百万円減少したことと、売掛金が11億25百万円、有形固定 資産が17億6百万円増加、・・

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:1,181.74億円
・自己資本比率:74.5%(昨年69.0%)
・現金及び預金: 390.16億円(総資産比 33.01%)
・有利子負債:5.42億円(総資産比 0.45%)
・買掛金:105.98億円(総資産比 8.96%)
・利益剰余金 :805.43億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:876.65億円(5.2%)、営業利益:72.08億円(7.4%)
・利益: 73.98億円(7.7%)、当期純利益:44.31億円(13.6%)
・原価:69.03%(昨年 69.02%):+0.01、売上総利益:30.97%(昨年 30.98%):-0.01
・経費:28.19%(昨年 28.29%):-0.10
・マーチャンダイジング力:2.78%(昨年 2.69%):+0.09
・その他営業収入:5.94%(昨年5.83%):+0.11
・営業利益:8.72%(昨年8.52%):+0.20

サンエーのコメント:
・当第2四半期連結累計期間(平成27年3月1日~平成27年8月31日)におけるわが国経済は、政府の経済政策及び金融政策によって企業収益や設備投資に改善が見られ、景気は緩やかな回復基調にあるものの、個人消費につきましては、円安による物価の上昇や消費税増税後の節約志向などから持ち直しの動きは弱く、先行きは不透明な状況が続いております。
・このような環境の中、当社は経営方針を引き続き「実行力」とし、お客様が冷静に賢く変化させている価値観や ライフスタイルによるニーズを真剣に感知し、対応すべきことを組織で共有し実行することがお客様が喜び、会社 も成長する原動力となると考え実行力を高めました。引き続き企業理念の浸透、七大基本の徹底、既存店の活性化、効率化を図るとともに商品力の強化、効率的な情報システム開発、人材力の強化を行い、お客様満足度の向上 に努めてまいりました。
・店舗展開につきましては、4月に「マツモトキヨシ久米店」(沖縄県那覇市)を出店、7月に「石垣シティ」 (沖縄県石垣市)を増床し「エディオン石垣シティ」、「那覇メインプレイス」(沖縄県那覇市)を増床し、「東 急ハンズ那覇メインプレイス店」及び新業態として「ハンズカフェ那覇メインプレイス店」等を出店いたしまし た。

サンエーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2659.T

PI研のコメント:
・サンエーが10/5、2016年2月期の中間決算を公表しました。結果は増収増益、好決算です。特に、利益が好調な要因は原価の上昇を抑え、経費の削減と、サンエー特有のその他営業収入が改善し、ダブルで利益を押し上げたことによります。サンエーの収益構造は一般の食品スーパーと違い、多業態を展開しているため、どちらかというと、GMS構造といえます。したがって、経費比率も28.19%と高めですが、原価も69.03%と低く、さらに、その他営業収入が5.94%と極めて高いことが特徴です。沖縄の閉鎖商圏の中での商売ですので、多業態化がこのような収益構造をもたらしたといえるかと思います。一方、財務の方ですが、この中間期は昨年が金融機関の休日であったため、今期は仕入債務の増減額(△は減少)が異常値となり、営業キャッシュフローがマイナスとなりました。ただ、現金が390.16億円と総資産比の 33.01%と、これも、通常の食品スーパーではありえない豊富なキャッシュを有していますので、結果、投資キャッシュフローも借入等なしで、昨年以上の積極的な投資です。また、自己資本比率も74.5%、食品スーパー業界でも屈指の安定度です。サンエー、この好調な中間決算をもとに、今期、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

October 10, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンエー、2016年2月、中間、増収増益、好調!:

Comments

Post a comment