« 電子レシート、規格統一へ、消費者が主役に! | Main | 医食同根、カリウムに注目! »

October 07, 2015

ダンハンビー、テスコ売却断念か?

Tesco Dunnhumby sale stalls but eastern European stores could fetch £3bn:
・The DRUM:28 SEPTEMBER 2015
・http://www.thedrum.com/news/2015/09/28/tesco-dunnhumby-sale-stalls-eastern-european-stores-could-fetch-3bn
・Tesco’s sale of data arm Dunnhumby is in doubt with the supermarket reportedly struggling to come to terms with WPP.
・With Tesco looking to offload the firm behind its globally envied Clubcard scheme, a number of buyers expressed interest in the company.
・Earlier this year, WPP forged ahead as the most likely buyer, however the deal has stalled in recent weeks, city sources told the Sunday Times. WPP has raised concerns with Tesco’s contract with Dunnhumby which is in place until 2020.
・Furthermore, the unit’s US growth potential has been called into question following itbreaking its partnership with Kroger back in April.
・Tesco values Dunnhumby at £2bn but has failed to shift it at such a rate sparking speculation it could be worth as little as a quarter of that figure.
・In chief executive Dave Lewis’ push to balance the books, Tesco looks set to shift as much as £3bn in the sale of its eastern European stores.
・The retailer is in talks with private equity firms to offload its Polish, Czech Republic and Slovakian operations.

Tesco May Keep dunnhumby, Sell European Units Instead:
・mrweb:September 28 2015
・http://www.mrweb.com/drno/news21536.htm
・UK supermarket Tesco is reportedly close to giving up on the sale of its customer data business dunnhumby, which has seen bidders withdraw and its potential price plummet in recent weeks. Instead it is said to be discussing the sale of its businesses in the Czech Republic, Slovakia and Poland.

PI研のコメント:
・ここへきて、急転直下、テスコがダンハンビーの売却を断念との記事が出始めています。テスコは1兆円近い財務バランスの崩れをもとにもどすべく、最初の資産売却をダンハンビーとし、約20億ポンド(約3,500億円)の資金調達を見込み、入札に入っていました。先週1社に絞り込み、交渉との記事が出ましたが、ここへきて、交渉がうまく進まず、ダンハンビーの売却を断念する見込みだとのことです。その理由はダンハンビーの企業価値が、アメリカのクローガーとの関係が切れることにより、急激に下がったことによるといえます。ただ、テスコとしては20億ポンドの線はゆずれないようで、結果、ダンハンビーの資産売却ではなく、東ヨーロッパ市場、チェコ、ポーランド、スロバキア等の店舗をファンドに売却し、約30億ポンドの資金調達を目指すのではないかとのことです。 「balance the books」、バランスシートとはよくいったもので、企業経営は、資産と負債+資本のまさにバランスでたもたれ、そのバランスが崩れた場合、資産の価値の高いものから投げ売りされてゆくこという冷徹な論理が、テスコでも実践されているといえます。それにしても、ダンハンビーがここまで企業価値が下がり、資本の論理に翻弄されるとは驚きです。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

October 7, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダンハンビー、テスコ売却断念か?:

Comments

Post a comment