« 減塩MD、DIAMOND Chaine Storeで特集! | Main | マックスバリュ、2016年2月、中間決算、利益回復基調! »

October 22, 2015

サミット東府中店、「特売チラシ」中止!

スーパーチラシ、転機!
・総菜シフト、サミットの戦略、「集客の軸」見直す契機に!
・日経MJ:2015.10.16
・記事抜粋:
・スーパーが集客の軸に据えてきた販促チラシに岐路が訪れそうだ。価格だけで比較しにくい総菜や生鮮が競争の主役になり、特売よりも安定的な安値をつけようとする事業者も増えつつある。チラシの特売価格のアピール機能が弱まっている。
・9月に改装したサミットの「サミットストア東府中店」(東京都府中市」。売場には来店客の目に付きやすい場所に貼り紙がされていた。書かれていたのは『「特売チラシ」中止のお知らせ』だ。
・1974年に開店した同店。87年に1度改装したが、それ以降大きく手を加えられなかった。今回の改装で同社は空揚げや焼き鳥を店内加工できるようにするなど惣菜を大幅に強化した。売場面積は850平方メートルと食品スーパーとしては小さいものの、駅前という立地を生かし共働き世帯や単身者を取り込む。
・ただその総菜部門の強化は副作用も生んだ。総菜にスペースを割いたため、加工食品などその他の分野は品目の絞り込みを余儀なくされた。その結果、周辺の自社店舗と共通で作製していたチラシの掲載商品を品ぞろえできない可能性が高まり、共同販促に”参戦”できなくなったのだ。

東府中店「特売チラシ」中止のお知らせ:
・http://www.summitstore.co.jp/tirashi/doc/117a.html?1
・改装による一部売場の大幅縮小に伴い、全てのチラシ特売商品をお客様にご満足いただけるよう、取り揃えることが難しいことから、東府中店では、毎週の「特売チラシ(新聞折込みチラシ)」を中止させていただきます。
・お客様には、ご不便をおかけしますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

サミットストア東府中店改装オープン:
・http://www.summitstore.co.jp/news/20150902.pdf
・2015年9月10日(木)、東京都府中市の「サミットストア東府中店」を改装開店いたします。 
今回の改装は、1987年以来の大型改装となります。駅前立地の小規模店舗という特性を活かし、これまでなかった総菜売場を設置します。インストア総菜の導入に加え、生鮮部門でも即食系の商品を可能な限り導入するなど、今まで以上にお客様に満足していただける店舗を目指します。 
・なお、今回の改装で総菜部門の強化に伴い、生鮮部門の素材のアイテムの絞り込みを行うため、現在改装店舗に導入している新MDの導入はいたしません。また、通常のチラシの配布も中止いたします。
・売場の特徴:
1.青果売場では、売場の配分や品揃えを見直し、即食・簡便に対応した「カットフルーツ」や、「サラダ」「お手軽野菜」のコーナーを充実させます。
2.鮮魚部門では、即食系の「お魚屋さんのおそうざい」コーナーを新設するなど、即食・簡便商品に特化した売場づくりを実施します。また、煮魚・焼魚は総菜作業場で調理し、総菜売場で販売します。
3.精肉部門では、「下ごしらえ済コーナー」「おつまみ・オードブルコーナー」を新設し、即食・簡便商品を強化するとともに、グリルキッチン商品を総菜作業場で調理し、総菜売場で販売します。
4.総菜売場では、今までのCP商品の品揃えから、インストア加工へ大きく変更します。駅至近店舗であることから、総菜のスペースを大きく確保し、食味にこだわった「鶏のから揚」や「焼きとり」「お好み焼き」なども店内製造し、地域一番店を目指します。
・1階売場:
・青果・鮮魚・精肉作業場、レジ、サービスカウンター、ストック、駐輪場、店長室 など
・2階売場:
・総菜・寿司作業場、ストック、休憩室など

PI研のコメント:
・サミット東府中店が9/10改装オープンしました。1987年以来の大型改装とのことで、半世紀ぶりの改装です。改装のポイントは「素材から総菜へ」であり、「今までのCP商品の品揃えから、インストア加工へ大きく変更」であり、しかも、生鮮3品いずれも総菜化へ大きく舵を切ったことです。売場面積も2階層で850平方メートルとのことで、これだけ総菜特化した改装は稀といえます。結果、グロサリー、雑貨関連が縮小、さらに、生鮮3品の品揃えも絞り込みとなり、「現在改装店舗に導入している新MDの導入はいたしません。」とのことです。さらに、今回、大きな改装ポイントは「通常のチラシの配布も中止」とのことで、近隣の自店との共同チラシが品揃えの縮小により打てなくなったとのことです。日経MJの記事にもあるように、「価格だけで比較しにくい総菜や生鮮が競争の主役」になったわけですので、やむをえない面もあるといえます。この東府中店の動き、今後、一過性に終わらず、食品スーパーの新たな販促、すなわち、生鮮、総菜を主体にした非価格競争、産地、鮮度、味、できたて等、本格競争のはじまりとなるか、その動向に注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

October 22, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サミット東府中店、「特売チラシ」中止!:

Comments

Post a comment