« イズミ、2017年2月、第1四半期、増収減益! | Main | 食品スーパー、売上速報、2016年6月、既存店100.5%! »

July 24, 2016

コンビニ、売上速報、2016年6月、堅調!

JFAコンビニエンスストア統計調査月報:2016年6月度
・http://www.jfa-fc.or.jp/particle/320.html
・http://www.jfa-fc.or.jp/folder/1/img/20160720111922.pdf
・今月は梅雨前線の活動が活発だったため、北日本及び西日本を中心に降水量が多く、客数に影響を及ぼした。しかしながら、淹れたてコーヒーを含むカウンター商材や惣菜等の中食が引き続き好調に推移し、平均気温も高かったことから、冷やし麺等の調理麺やアイスクリーム等の売れ行きが好調となり、全店・既存店共に売上高は前年を上回る結果となった。
・既存店ベースでは、売上高7,975億円(前年同月比+0.8%)が2ヶ月ぶりのプラス、来店客数13億3,400万人(前年同月比-0.7%)が4ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価598円(前年同月比+1.4%)は15ヶ月連続のプラスとなった。

店舗売上高(百万円):874,213(844,495): 3.5%、既存店:797,527(791,585):0.8%
・全店は40ヶ月連続のプラス・既存店は2ヶ月ぶりのプラス

店舗数(店舗):54,157 (52,868): 2.4%
来店客数(千人):1,442,547 (1,412,744): 2.1%、既存店1,334,000(1,343,133): -0.7%
・全店は63ヶ月連続のプラス・既存店は4ヶ月連続のマイナス

平均客単価(円):606.0(597.8): 1.4%、既存店597.8(589.4):1.4%
・全店・既存店ともに15ヶ月連続のプラス

対象企業:9社
・サークルKサンクス、スリーエフ、セコマ、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン

PI研のコメント:
・日本フランチャイズチェーン協会が7/20、2016年6月期のコンビニ 54,157店舗の売上速報を公表しました。結果は全体が3.5%増、既存店も0.8%増と堅調な結果となりました。「 全店は40ヶ月連続のプラス・既存店は2ヶ月ぶりのプラス」であり、特に全体は40ケ月という長期に渡りプラスとなっています。全体が堅調な要因は店舗数が54,157店舗、2.4%増と、これが要因であり、さらに、客単価も606.0円、1.4%増と堅調であり、特に、この6月度はダブルで売上高を押し上げたことによります。それにしても、この統計数値は「サークルKサンクス、スリーエフ、セコマ、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン」の9社の総計ですので、日本のコンビニの大半をカバーしていますので、コンビニ全体が堅調な伸びを続けてきたといえ、コンビニが流通業界全体を引っ張っているといえます。これから首都圏では梅雨が明け、暑い日が続きますが、天候に左右されやすい業種ですので、次回、7月度、この堅調さを継続できるかどうか、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

July 24, 2016 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/63954753

Listed below are links to weblogs that reference コンビニ、売上速報、2016年6月、堅調!:

Comments

Post a comment