« いよいよ首都圏でもセミセルフレジ、本格展開! | Main | 森永製菓、2017年3月、第1四半期、増収大幅増益! »

August 18, 2016

RIZAPグループ、2017年3月、第1四半期、劇的改善!

RIZAPグループ 、2017年3月期、第1四半期決算:8/15
・https://www.rizapgroup.com/
・https://www.rizapgroup.com/wp-content/plugins/download-monitor/download.php?id=893
・Kabtan:8/16
・RIZAPグループ---業績評価で最高値が射程に入る、グループ各社の売買も活況
RIZAPグループ<2928>は7月20日以来、約1ヶ月ぶりに一時4ケタを回復。同社グループのパスポート<7577>が一時ストップ高。7月にグループ入りしたマルコ<9980>も出来高を大きく伸ばしている。

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:696.39億円
・自己資本比率: 17.3%(昨年 19.0%)
・現金及び預金:135.65億円(総資産比 19.48%)
・有利子負債 323.73億円(総資産比 46.49%)
・買掛金 :172.03億円(総資産比 24.70%)

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益: 198.34億円(64.3%) 、営業利益: 37.25億円( %)
・経常利益:27.01億円(  %)、当期純利益: 26.66億円(  %)
  ⇒通期予想:営業収益:1,000.00億円(  %)、営業利益:101.50億円(  %)
・原価:48.69%(昨年 37.93%):+10.76、売上総利益:51.31%(昨年 62.07%):-10.76
・経費:41.69%(昨年 61.57%):-19.88
・マーチャンダイジング力:9.62%(昨年 0.50%):+9.12
・その他営業収入:9.17%(昨年-0.68%):+9.85
・営業利益:18.79(昨年-0.18%):+18.97

RIZAPグループのコメント:
・当社グループは当第1四半期連結累計期間より、従来の日本基準に替え て国際財務報告基準(以下「IFRS」という。)を適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度の 数値もIFRSベースに組み替えて比較分析を行っております。
・当社は、「自己投資産業でグローバルNo.1ブランドとなる。」との経営目標を中期 経営計画『COMMIT 2020』で掲げ、全ての人が、より“健康”に、より“輝く”人生を送るための「自己投資産 業」を事業ドメインとして、世界中に高付加価値の商品・サービスを提供し続けることを使命として事業を推進 してまいりました。こうした中、『COMMIT 2020』で掲げた連結売上高3,000億円、営業利益350億円の目標達成を 確実に実現していくためには、持株会社体制に移行し、グループ全体戦略の構築と実行、グループシナジーの最 大限発揮、グループ全体の最適なリソース配分、M&A を含む機動的な事業再編、コーポレート・ガバナンスの強 化を図っていくことが必要と判断いたしました。
・また、パーソナル・トレーニング・サービスを提供する「RIZAP」の顧客基盤が好調に拡大しており、当社グル ープの今後のグローバル展開への大きな可能性を踏まえると、今期以降、RIZAPブランドを中心とした多面的なサ ービス展開によって業容の大幅な成長が見込めることを確信したため、持株会社の名称について、認知度の高い RIZAPブランドを活用し、『RIZAPグループ株式会社』とすることを決定いたしました。
・社名変更と同時に、「自己投資産業でグローバルNo.1ブランドとなる。」という経営目標をグループ一丸となっ て達成するために、RIZAPグループ理念として、「『人は変われる。』を証明する」を新たに策定いたしました。 今後、グループ全社で当該理念を共通化し、美容・健康、アパレル、ライフスタイル、エンターテイメントなど のあらゆる分野で、様々なお客様の人生を、より”健康”に、より”輝く”ものとすることができるように精進 してまいります。
当第1四半期連結累計期間には、M&Aにより拡大したグループ各社との事業シナジーの最大化に取り組むととも に、当社グループにおける成長事業への投資を積極化し、さらに、当社グループ最大の強みである広告宣伝を活 かした販売支援によって成長が見込まれる事業領域への拡大を推進し、株式会社日本文芸社、株式会社三鈴、株 式会社パスポートが当社グループ入りしました。
・当社グループの中核子会社であるRIZAP株式会社は、健康を訴求したCM放映や広告出稿等の広告宣伝活動を積極 的に進めた結果、当社グループ業績の継続的な成長を牽引し、四半期ベースでの売上高及び営業利益は過去最高 を更新し、大幅な増収増益を達成しました。また、RIZAP株式会社が既存顧客向けに昨年導入した年間を通して体 重の管理等の生活習慣病対策を行うライフサポートコースが非常に多くの反響を受け、2ヶ月間中心のコースか ら1年間以上のコースをご利用いただくお客様が大幅に増えております。さらに昨年より顧客満足度向上に注力 してきた結果、既存顧客からの紹介による入会割合は前年度に比べて約3倍に増加し、広告宣伝費を抑制しつつ も、売上及び利益を着実に伸ばす収益構造への転換が進んでおります。これにより、顧客基盤の拡大による安定 的な収益獲得と、顧客基盤からの紹介による入会件数の増加を通じた収益性の更なる向上を見込んでおります。
・また、RIZAPイノベーションズ株式会社が運営する「RIZAP GOLF」及びその子会社RIZAP ENGLISH株式会社が運 営する「RIZAP ENGLISH」は想定を上回る反響を受け、多数のお客様にサービス提供をお待ちいただいている状況 が続いており、業容の大幅な拡大を見込んでおります。

RIZAPグループの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2928.S

PI研のコメント:
・異色の企業、RIZAPグループの2017年3月期の第1四半期決算を取り上げます。劇的に数値が変化しています。特に、今期はグループ名も「健康コーポレーション」から「RIZAPグループ」へと変更し、それに伴い、「ターゲット市場を『健康』市場から、『自己投資』産業全般まで、業容を拡大することを明確化」したことが事業構造そのものを大きく変えたといえます。実際、P/Lも昨年の赤字から黒字転換、原価は上昇しましたが、それを大きく上回る経費の劇的な削減が寄与し、利益を押し上げています。ただ、B/Sを見ると、自己資本比率が17.3%と、有利子負債が総資産の46.49%を占め、経営を圧迫しており、気になるところです。RIZAPグループ、ここへ来て好調なライフサポートコースを起点に全国展開、そして、世界展開も視野に入り、さらに、「RIZAP GOLF」、「RIZAP ENGLISH」の新規事業も好調とのことです。RIZAPグループ、今期どこまで業績を向上させてゆくのか、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

August 18, 2016 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/64069672

Listed below are links to weblogs that reference RIZAPグループ、2017年3月、第1四半期、劇的改善!:

Comments

Post a comment