« 食品スーパー、中間決算、堅調! | Main | 食品スーパー売上速報、2016年9月度、既存店98.8%! »

October 22, 2016

コンビニ売上速報、2016年9月、既存店-0.01%!

JFAコンビニエンスストア統計調査月報:2016年9月度:10/20
・http://www.jfa-fc.or.jp/
・http://www.jfa-fc.or.jp/particle/320.html
・今月は、前線の停滞や台風が接近・上陸したため降水量が多く、客数に影響を及ぼしたことから、既存店売上高 が前年を若干下回る結果となった。しかしながら、淹れたてコーヒーや店内調理品等のカウンター商材が引き続き 好調に推移したことや、全国的に平均気温が高かったことから、冷やし麺、アイスクリーム、飲料等の夏物商材の 売れ行きが好調となり、全店・既存店共に客単価は前年を上回る結果となった。  
・既存店ベースでは、売上高8,011億円(前年同月比-0.01%)が4ヶ月ぶりのマイナス、来店客数13億 3,124万人(前年同月比-0.3%)が7ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価602円(前年同月比+0.2%) は18ヶ月連続のプラスとなった。

店舗売上高:全店は43ヶ月連続のプラス・既存店は4ヶ月ぶりのマイナス
  ⇒全店 879,039 (百万円:3.3%)、既存店801,084 (-0.01%)

店舗数:
  ⇒54,451 (店舗:2.5%)

来店客数:全店は66ヶ月連続のプラス・既存店は7ヶ月連続のマイナス
  ⇒ 全店1,443,070(千人:3.3%)、既存店 1,331,236(-0.3%)

平均客単価:全店・既存店ともに18ヶ月連続のプラス
  ⇒全店609.14(円:0.01%)、既存店601.8(0.2%)

商品構成比および売上高前年同月比(既存店ベース)
  ⇒日配食品 36.6% -0.3%、加工食品 27.4% 1.8% 、非 食 品 30.8% -0.5%、サービス 55.2% -4.7%

対象企業:8社
・スリーエフ、セコマ、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン

PI研のコメント:
・10/20、日本フランチャイズチェーン協会から、全国のコンビニ54,451店舗の2016年9月度の売上速報が公表されました。流通業の先行指標としてのひとつといえ、今後を占う上で重要な指標です。その結果ですが、全体は新店が寄与し、3.3%増と堅調な結果でしたが、既存店の客数-0.3%と減少したため、既存店全体は-0.01%とわずかですが、減少となりました。客単価は0.2%増ですので、客数が伸び悩んだことが要因といえます。コメントでも、「降水量が多く、客数に影響」とのことです。一方、堅調な客単価ですが、「淹れたてコーヒーや店内調理品等のカウンター商材が引き続き 好調に推移」とのことで、「全国的に平均気温が高かったことから、冷やし麺、アイスクリーム、飲料等の夏物商材の 売れ行きが好調」であったことが客単価を押し上げたといえます。コンビニの業績はこのように天候に大きく左右されますので、天候をどうマーチャンダイジング戦略に組み込むかが重要な政策といえます。次回、10月度は、一転、気温が下がり、肌寒い日が続くといえ、客数、客単価をどうコントロールするか、各社のマーチャンダイジング戦略に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

October 22, 2016 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/64379606

Listed below are links to weblogs that reference コンビニ売上速報、2016年9月、既存店-0.01%!:

Comments

Post a comment