« コンビニ、電子タグ導入に向け、経済産業省全面支援! | Main | DIAMOND流通倶楽部で講演、ID-POS分析! »

November 24, 2016

コンビニ、売上速報。2016年10月、既存店0.2%増!

JFAコンビニエンスストア統計調査月報:2016年10月度:11/21
・http://www.jfa-fc.or.jp/
・今月は、北日本を除いて平均気温が高かったものの、全国的に天気が数日の周期で変化したこと等から、既存店の客数に影響を及ぼした。しかしながら、淹れたてコーヒーを含む店内調理品等のカウンター商材、調理麺等が好調に推移したことや、カット野菜、サラダの販売を強化したことから、全店・既存店共に売上高は前年を上回る結果となった。
・既存店ベースでは、売上高8,258億円(前年同月比+0.2%)が2ヶ月ぶりのプラス、来店客数13億8,101万人(前年同月比-1.3%)が8ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価598円(前年同月比+1.6%)は19ヶ月連続のプラスとなった。

全店は44ヶ月連続のプラス・既存店は2ヶ月ぶりのプラス
  ⇒全店 910,289(百万円:3.6%)、既存店825,818 (0.2%)

店舗数:
  ⇒54,510 (店舗:2.5%)

来店客数:全店は67ヶ月連続のプラス・既存店は8ヶ月連続のマイナス
  ⇒ 全店1,502,323(千人:2.0%)、既存店 1,381,010(-1.3%)

平均客単価:全店・既存店ともに19ヶ月連続のプラス
  ⇒全店605.9(円:1.6%)、既存店598.0(1.6%)

商品構成比および売上高前年同月比(既存店ベース)
  ⇒日配食品36.3% -0.5%、加工食品 27.3% -0.2% 、非 食 品 30.8% 0.2%、サービス 5.6% 7.6%

対象企業:8社
・スリーエフ、セコマ、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン

PI研のコメント:
・日本フランチャイズチェーン協会が11/21、2016年10月度のコンビニ54,510店舗の売上速報を公開しました。結果は既存店が0.2%の微増となるやや厳しい結果です。全体は新店が堅調に推移しており、3.6%増と、44ヶ月連続のプラスです。既存店が伸び悩んだ要因ですが、客単価は598.0円(1.6%)と増加しましたが、客数が-1.3%と減少したためです。コメントでも「全国的に天気が数日の周期で変化したこと等から、既存店の客数に影響」と、天候がその要因のひとつといえます。コンビニ、ここへきて、新規出店が鈍化しており、既存店が伸び悩むと、全体への影響も大きいといえます。特に、ここ最近はトップのセブン-イレブン以外は、M&Aへ力を入れており、新店よりは不採算店舗の整理が優先されるといえます。その意味でも、今後、成長を推し進めるには既存店の活性化が重要な課題といえます。コンビニ、「淹れたてコーヒーを含む店内調理品等のカウンター商材、調理麺等が好調」に推移していることに加え、「カット野菜、サラダの販売を強化」に取り組み始めたとのことで、これらが、どう客単価を押し上げるか、今後の動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設650人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

November 24, 2016 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/64533032

Listed below are links to weblogs that reference コンビニ、売上速報。2016年10月、既存店0.2%増!:

Comments

Post a comment