« 隔週、連載、ID-POS分析、第8回、DRM オンライン! | Main | 鳥貴族、中間決算、増収減益、株価、売り優勢! »

March 22, 2017

ジャパンミート、中間決算、増収、微増益!

ジャパンミート、2017年7月、中間決算、3/13
・http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS93761/11ae0cfc/96f1/48d5/8a3a/d2606961f6cd/140120170310417147.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:1.50億円(昨年33.86億円)
・ ⇒ 仕入債務の増減額(△は減少): △20.27億円(昨年18.98億円)
投資活動によるキャッシュ・フロー:△10.09億円(672.67%:昨年△15.30億円)
 ⇒ 有形固定資産の取得による支出 : △12.11億円(昨年△15.81億円) 
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△5.00億円(昨年2.50億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△13.59億円 (昨年21.06億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:340.96億円
・自己資本比率:60.8%(昨年 54.6%)
・現金及び預金:87.78億円(総資産比 25.75%)
・有利子負債:36.05億円(総資産比 10.58%)
・買掛金 :44.17億円(総資産比 12.96%)
・利益剰余金 :159.22億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:518.79億円(5.4%) 、営業利益:23.85億円(0.1%)
・経常利益:24.47億円(0.5%)、当期純利益:14.25億円(△11.4%)
  ⇒ 通期予想:売上高:1,003.31億円(3.2%:進捗 51.71%)、営業利益:42.95億円(0.3%:進捗55.53%)
・原価:71.03%(昨年 70.97%):+0.06、売上総利益:28.97%(昨年 29.03%)-0.06
・経費:24.38%(昨年 24.19%):+0.19
・営業利益:4.59%(昨年 4.84%):-0.25

ジャパンミートのコメント:
・スーパーマーケット事業 :
・スーパーマーケット事業につきましては、大型商業施設内店舗「ジャパンミート生鮮館」、関東圏単独店舗 「ジャパンミート卸売市場」、北関東で展開する地域密着型店舗「パワーマート」、東京都内を中心に展開す る業務用スーパー「肉のハナマサ」を展開しております。
・商品の販売につきましては、特定の商品を大量に陳列し、値頃感がある商品を顧客へアピールをすることで 購買意欲を高める「異常値販売」を定期的に実施することで、顧客数及び顧客当たりの買上点数増加につなが り、売上高が増加しました。
・また、平成28年6月より茨城県東茨城郡に新設しました新加工物流センターでの大量かつ効率的な精肉加工 に加え、店舗内においても必要に応じて精肉加工を行い、売れ筋に対応した商品の速やかな提供により販売機 会のロスを削減するなど、戦略的、効率的な販売に努めております。商品の仕入につきましては、当社の新加 工物流センターにおける大量備蓄機能を活用することで、食材価格変動の影響を受けにくい商品仕入体制を構 築し、採算の安定と商品在庫の確保を図ってまいりました。
・当第2四半期連結累計期間の設備投資の状況は、平成28年10月に「肉のハナマサ」立川店(東京都立川市)、 12月に「ジャパンミート卸売市場」越谷店(埼玉県越谷市)を開店いたしました。また、既存店舗におきまし ては平成28年10月に「パワーマート」見川店、「ジャパンミート生鮮館」守谷店の改装を行いました。これに より当第2四半期連結会計期間末時点におけるスーパーマーケット事業の店舗数は77店舗になりました。

Jミート、上期経常は微増益で着地:
・Kabutan:3/13
・https://kabutan.jp/news/?b=k201703130025
・ジャパンミート <3539> [東証2] が3月13日大引け後(16:00)に決算を発表。17年7月期第2四半期累計(16年8月-17年1月)の連結経常利益は前年同期比0.5%増の24.4億円となり、通期計画の43.9億円に対する進捗率は55.7%となり、前年同期の56.8%とほぼ同水準だった。

ジャパンミートの株価:3/17
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9757.T
・時価総額 44,101百万円(3/17) = 1,653円(3/17) × 26,679,500株(3/17)
・株価1,653円(3/17)=PER(会社予想): 18.07倍(3/17)×EPS 91.46円(2017/7)
・株価1,653円(3/17)=PBR(実績):2.13倍(3/17)×BPS 777.38円(2016/7)

PI研のコメント:
・ジャパンミートが3/13、2017年7月期の中間決算を公表しました。結果は増収、微増益、やや厳しい決算です。株価も伸び悩み、投資家は今後の動向を見極めているといえます。微増益になった要因ですが、原価、経費ともに上昇、ダブルで利益を圧迫したことによります。結果、この中間決算では投資キャッシュフローが昨年の△15.30億円から△10.09億円と激減しており、投資を控え、抑制しています。売上高は「商品を大量に陳列し、値頃感がある商品を顧客へアピールをすることで 購買意欲を高める「異常値販売」を定期的に実施」したことにより、5.4%増となりましたが、新店開発への投資に課題が残ったといえます。ジャパンミート、「大型商業施設内店舗「ジャパンミート生鮮館」、関東圏単独店舗 「ジャパンミート卸売市場」、北関東で展開する地域密着型店舗「パワーマート」、東京都内を中心に展開す る業務用スーパー「肉のハナマサ」」と様々な業態を抱えており、「スーパーマーケット事業の店舗数は77店舗」と、売上高も今期予想は1,000億円超えですが、この上期の課題、利益面を、下期、どう改善してゆくのか、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回、3/20!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

March 22, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65034530

Listed below are links to weblogs that reference ジャパンミート、中間決算、増収、微増益!:

Comments

Post a comment