« 世界小売業ランキング250、日本30社! | Main | ブロックチェーン、地方創生、実証実験! »

April 08, 2017

その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10!

世界の小売業ランキング2017 発表:
  Amazon.comが調査開始以来初のTOP10入り、
  No.1はWal-Mart 日本企業はトップ250内に30社ランクイン(前年28社から+2社)

・デロイト トーマツ コンサルティング合同会社:4/4
・https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20170404.html
・上位10社のハイライト:
・Walgreensがトップ層に加わり、上位10社にAmazonが加わった
・Wal-Martは、長年保持している世界最大の小売企業としての圧倒的地 位を維持した。同社の2015年度の売上高は、不利な為替変動、ガソリン 価格の下落による燃料売上高への影響、Walmart Expressチェーンな どの一部閉店を受けてやや減少している。
・Costcoの既存店売上高は、為替変動の影響を除く実質ベースで大幅に 増加したが、2015年度の売上高は、ガソリン価格の下落や外貨安による マイナスの影響を含めて3.2%の増加に留まった。しかし、それでもウェア ハウスクラブ(会員制倉庫型ディスカウントストア)を運営し、2位を維持 している。Krogerの売上高成長率も、燃料価格が抑制要因となった。大 手スーパーマーケットチェーンの同社は、引き続き積極的なM&Aを展開 し、2015年12月にはRoundyを買収したが、2015年度の売上高には Roundyの業績が6週間分しか含まれていない。一方、Schwarzはユー ロ安によりドル建て売上高に影響があったものの、2015年度は大幅な 成長によって4位を維持した。
・WalgreensとAlliance Bootsは、2014年12月に合併を完了し、世界5 位の小売企業Walgreens Boots Allianceとなった。この新しいグロー バル企業は現在、米国最大のドラッグストアチェーンWalgreens、欧州 最大手の小売薬局Boots、そして大手グローバル卸売流通企業Alliance Healthcareの3社で構成されている。合併後の新会社の売上高の金額 は、買収したAlliance Bootsの8ヶ月分の業績を反映しており、来年には さらに順位が上昇すると予想される。
・The Home Depotは、全部門の成長と対ユーロのドル高によりCarrefour やAldiをしのぎ、6位に浮上した。米国住宅市場の継続的な回復もあり、 このホームセンターの2015年度の売上高は6.4%増加している。 Carrefourは3.1%増の小売売上高を記録しており、同社の売上高は4年 連続で増加したことになる。Aldiは、英国、オーストラリア、米国における 積極的な拡大もあり、ハードディスカウントチェーンで2桁の売上高増加 (見込み)を達成した。一方、Tescoにとって2015年は変革の年となっ た。同社は引き続き非中核事業の売却を進めており、2015年10月には 韓国のHomeplus事業を整理した。その結果、Tescoは5位から9位に 順位を落としたが、英国市場で競争力を取り戻し、再び利益を確保して いる。
・Amazonは増収を重ね、2015年度に初めて上位10社にランキングされ た。この世界最大のeリテーラーは、上位250社に初めて入った2000年 当初は186位であった。同社は製品やサービスの継続的な革新により、 1994年の設立以来、順調に2桁成長を遂げている。

PI研のコメント:
・デロイト トーマツ コンサルティング合同会社が4/4に公表した世界の小売業ランキング2017 、その2です。ここでは全250社の内、ベスト10となった小売業を取り上げました。残念ながら日本の小売業は入っていませんが、ベスト3は不動、Wal-Mart、Costco、Krogerです。ただし、Wal-Martは年商約50兆円、Costco、Krogerは約10兆円ですので、小売業ではWal-Martが突出しているのが特徴です。注目は10位、「Amazonは増収を重ね、2015年度に初めて上位10社にランキング」です。今期も13.1%と高成長をしており、来期以降、さらに順位をあげ、近い将来、ベスト3に入ってくるのではないかと思われます。一方、大きくランクを落としたのは9位のTesco PLCです。昨年は5位でしたので、急落です。「英国市場で競争力を取り戻し、再び利益を確保」とのことですので、今後は安定した地位を確保するのではないかと思われます。これ以外では、5位のWalgreens Boots Alliance, Incであり、M&Aにより、昨年の10位から急上昇です。今後、世界的規模でのM&Aは継続すると思われ、上位企業同士のM&Aは順位の変動が大きく変わるといえます。ちなみに、日本の企業ですが、14位にイオン、20位にセブン&アイH、67位にファーストリテイリングが入っています。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回、4/3!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

April 8, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65110452

Listed below are links to weblogs that reference その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10!:

Comments

Post a comment