« イオン、2017年2月本決算、増収増益! | Main | 日本版、アマゾンGO、コンビニ、電子タグ1000億個宣言! »

April 19, 2017

イオン、PER、異常値、93.58倍(4/17)

イオンの株価:4/17
・https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2659.T
・時価総額 1,403,363百万円(4/17) =1,609.5円(4/17) × 871,924,572株(4/17)
・株価1,609.5円(4/17)=PER(会社予想):93.58倍(4/17)×EPS 17.20円(2018/2)
・株価1,609.5円(4/17)=PBR(実績):1.19倍(4/17)×BPS 1,349.79円(2017/2)

セブン&アイ・ホールディングスの株価:4/7
・https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3382.T
・時価総額 4,110,431百万円(4/7) =4,637円(4/7) × 886,441,983株(4/7)
・株価4,637円(4/7)=PER(会社予想):23.22倍(4/7)×EPS 199.67円(2018/2)
・株価4,637円(4/7)=PBR(実績):1.76倍(4/7)×BPS 2,641.40円(2017/2)

【インサイト】イオン、株価上昇でも「買い」判断ゼロの理由:
・Bloomberg :4/14
・https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-14/OODGXE6JIJUO01
・12日の17年2月期決算発表前の時点で、イオンの12カ月予想PER(株価収益率)は62倍と、66倍の米アマゾン・ドット・コムに大きく引けを取らず、年間売上高が100億ドル(約1兆900億円)以上の世界小売り大手の16倍(中央値)を大きく上回った。実績PERでは、イオンが223倍でトップだった(アマゾンは183倍、アリババ・グループ・ホールディングスは54倍、インディテックスは33倍)。
・だがこれがイオンの動向を説明する要素の一つかもしれない。イオンの金融・不動産事業は膨大で、16年2月期の総資産は4兆7000億円、EBITDA(利払い・ 税金・減価償却・償却控除前利益)は1620億円に上った。
・日本の金融サービス企業のEBITDA倍率の中央値(15.23倍)などを基に計算すると、金融サービス・不動産部門のみの時価総額は約1兆6300億円と推定される。これは、全社の時価総額1兆4400億円をも上回る。

PI研のコメント:
・イオンの2017年度2月期の本決算が4/12、公表されましたが、PERが異常値、90倍前後で推移しており、セブン&アイHの約20倍と比べても極めて高い数値です。イオンの今期の決算内容は増収増益ではありましたが、増収幅は0.4%増、営業利益も4.4%増ですので、PERを押し上げるほどの好業績とはいえず、決算内容からは説明がつきません。ブルームバーグ4/14では、「イオン、株価上昇でも「買い」判断ゼロの理由」と題し、特集を組んでいますが、それを見ると、「イオンの12カ月予想PER(株価収益率)は62倍と、66倍の米アマゾン・ドット・コムに大きく引けを取らず」とのことで、アマゾンとほぼ同じ水準とのことです。しかも、「年間売上高が100億ドル(約1兆900億円)以上の世界小売り大手の16倍(中央値)を大きく上回った。実績PERでは、イオンが223倍でトップだった、」とのことで、「アマゾンは183倍、アリババ・グループ・ホールディングスは54倍、インディテックスは33倍」、小売業界で世界一とのことです。記事の中では、その要因を「イオンの動向を説明する要素の一つかもしれない」とし、「イオンの金融・不動産事業は膨大で、16年2月期の総資産は4兆7000億円、EBITDA(利払い・ 税金・減価償却・償却控除前利益)は1620億円に上った、・・」と解説していますので、恐らく、イオンは小売業としてではなく、金融業として、投資家から評価されている可能性が高いのではないかと思われます。実際、イオンの今期決算の利益の源泉は総合⾦融事業とディベロッパー事業ですので、その可能性は高いといえます。ただ、記事の最後では、「イオンは最悪期を乗り越えたかもしれないが、アマゾンに匹敵する企業かと言えばそうではない。」と結んでおり、イオンのPERの異常値はやはり小売業としては説明がつかないとのことです。いずれにせよ、イオンのPER、今期どのように推移するか、注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第10回、4/17!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

April 19, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65163447

Listed below are links to weblogs that reference イオン、PER、異常値、93.58倍(4/17):

Comments

Post a comment