« エムスリー、Forbes、最も革新的な成長企業、5位! | Main | ウォルマート、第1四半期、増収減益! »

May 21, 2017

ドンキホーテH、第3四半期、増収増益、好調!

ドンキホーテホールディングス、2017年6月、第3四半期決算:5/8

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:428.50億円(昨年251.56億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△326.34億円(76.16%:昨年△358.26億円)
  ⇒ 有形固定資産の取得による支出 :△285.26億円(昨年△310.15億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:210.42億円(昨年234.98億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):312.27億円 (昨年122.81億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:6,297.05億円
・自己資本比率:40.3%(昨年41.3%)
・現金及び預金:740.59億円(総資産比 11.76%)
・有利子負債:2,073.38億円(総資産比 32.93%)
・買掛金 :810.54億円(総資産比 12.88%)
・利益剰余金 :2,103.41億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:6,199.87億円( 8.9%) 、営業利益:371.38億円(6.3%)
・経常利益:360.06億円(2.1%)、当期純利益:269.77億円(36.7%)
  ⇒ 通期予想:売上高:8,220.00億円(8.2%:進捗 75.43%)、営業利益:455.00億円( 5.4%:進捗 81.63%)
・原価:73.57%(昨年 73.29%):+0.28、売上総利益:26.43%(昨年 26.71%)-0.28
・経費:20.45%(昨年 20.58%):-0.13
・営業利益:5.98%(昨年 6.13%):-0.15

ドンキホーテホールディングスのコメント:
・当社グループは、引き続き競合他社との差別化要因である現場主義・個店主義に立脚した強みを遺憾なく発揮しな がら、積極的な営業戦略に基づく攻めの経営を実施しました。
・平成29年2月には、古書や専門書を扱う書店が数多く軒を並べ“古書店街”として古くから多くの人に親しまれて きたエリアに「ドン・キホーテ神保町靖国通り店(東京都千代田区)」をオープンしました。同店は、お弁当や総菜 のほか、スキンケアなどのエチケットグッズを充実させるなど、神保町に通勤・通学する方々のちょっとしたニーズ にもお応えできる“利便性”の高い店舗を目指すとともに、“エンターテイメント性”溢れる演出を施すなど、お客 さまにお買い物の「ワクワク・ドキドキ」を提供する店舗空間の創造に努めております。
・同じく平成29年2月に、「majica Premium(マジカ プレミアム)」第2弾サービスとして、専用サイトでご注文い ただいた商品を配達先の最寄り店舗から最短58分以内で配達するサービス「majica Premium Now(ナウ)」の提供を MEGA大森山王店で新たに開始しております。ドン・キホーテグループの店舗網やリソースを最大限活用し、対象店舗 および対象商品を順次拡大していく予定であります。
・当第3四半期連結累計期間の店舗の状況につきましては、日本国内において、関東地方に9店舗(東京都-ドン・ キホーテ神保町靖国通り店、MEGA環七梅島店、千葉県-同八千代16号バイパス店、ドイトウィズリ・ホーム八千代16 号バイパス店、埼玉県-ドイトプロ岩槻店、驚安堂東松山六軒町店、茨城県-ドン・キホーテ境大橋店、MEGA日立 店、栃木県-同小山駅前店)、中部地方に2店舗(愛知県-MEGA東海名和店、石川県-同金沢鞍月店)、近畿地方に 5店舗(大阪府-ドン・キホーテなんば千日前店、京都府-同京都アバンティ店、MEGA福知山店、兵庫県-ドン・キ ホーテ川西店、滋賀県-MEGA豊郷店)、中国地方に1店舗(鳥取県-ドン・キホーテ鳥取本店)、九州地方に5店舗 (福岡県-ドン・キホーテ福岡今宿店、MEGA福岡那珂川店、熊本県-ドン・キホーテ南熊本店、大分県-MEGA大分光 吉インター店、沖縄県-MEGA宮古島店)と合計22店舗を開店しました。法人別内訳は、株式会社ドン・キホーテ18店 舗、株式会社長崎屋1店舗、ドイト株式会社2店舗及び株式会社ライラック1店舗となります。その一方で、ドン・ キホーテ静岡松富店を閉店し、さらに店舗建替のためMEGA山下公園店を、店舗移転のためパウ金沢店を閉店しまし た。
この結果、平成29年3月末時点における当社グループの総店舗数は、360店舗(平成28年6月末時点 341店舗)と なりました。

ドンキホーテホールディングスの株価:
・時価総額 663,542百万円(5/19) =4,195円(5/19) × 158,174,560株(5/19)
・株価4,195円(5/19)=PER(会社予想):21.06倍(5/19)×EPS 199.19円(2017/6)
・株価4,195円(5/19)=PBR(実績):2.62倍(5/19)×BPS 1,603.07円(2016/6)

PI研のコメント:
・ドンキホーテHが5/8、2017年6月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収増益、好調な決算です。積極的な新規出店を全国各地で展開しており、今期も関東地方に9店舗、中部地方に2店舗、近畿地方に5店舗、中国地方に1店舗、九州地方に5店舗と出店しています。特に、2月には「ドン・キホーテ神保町靖国通り店(東京都千代田区)」をオープン」、「神保町に通勤・通学する方々のちょっとしたニーズ にもお応えできる“利便性”の高い店舗を目指すとともに、“エンターテイメント性”溢れる演出」と新たな挑戦もしています。投資家もPER 21.06倍、PBR 2.62倍ですので、高い評価です。ドンキホーテH、この好調な決算をいかし、通期も増収増益予想、他社がやや苦しむ中、好調な決算が期待されます。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第12回、5/15!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

May 21, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65305293

Listed below are links to weblogs that reference ドンキホーテH、第3四半期、増収増益、好調!:

Comments

Post a comment