« コンビニ売上速報、2017年4月、客単価、堅調! | Main | 清涼飲料、気象情報との関係、鮮明! »

May 29, 2017

気象庁、気温と清涼飲料との関係レポートを公表!

清涼飲料分野及び家電流通分野における気候情報の有効な活用案が得られました
~気候リスク管理技術に関する調査報告書の公表~

気象庁:5/26
・気象庁では、国土交通省「生産性革命プロジェクト」として、「気象ビジネス市場の創出」に 取り組んでいます。この取り組みのひとつとして、異常天候早期警戒情報や 2 週先までの気温予 測データ等をはじめとする気候情報を様々な産業分野で有効に活用する「気候リスク管理」1の 優良事例の創出とその公表により、気候情報の利活用を促進しています。
・今般、一般社団法人全国清涼飲料工業会及び大手家電流通協会の共同で、清涼飲料 13 品目と 家電 4 品目の販売等のデータと気象観測データの関係を分析し、気候予測データの活用の可能性 を検討しました。その成果として、両分野で、気候リスク管理のための気候情報の活用案を得ま した。

清涼飲料分野の場合:
・自動販売機における清涼飲料の販売数は、品目によって変動に特徴があるものの、COLD 飲料・ HOT 飲料ともにどの地域でも気温との間に強い相関関係がある。特に屋外の自動販売機による販 売数は、ドラッグストアといったこれまでの調査分野の商品の店頭販売数と比べて、気温との相 関係数が±0.9 程度と相関の強い品目が多い。そして、これらと気候予測データを用いることで、 需要を予測し、自動販売機の商品補充や営業所・小売店舗への
商品配送等を事前の適切な時期に 行える。

家電流通分野の場合:
・例えば、夏のエアコン販売数のピークの時期は平均気温のピークの時期と対応し、販売数がも っとも増える 7 月は販売数と平均気温の平年差に強い正の相関がある。これらと気候予測データ を用いることで需要を予測し、倉庫から店舗への商品配送や WEB チラシやメールマガジン等の発 信等を事前の適切な時期に行える。

PI研のコメント:
・5/26、気象庁が「気候リスク管理技術に関する調査報告書」を公開しました。報告書は2冊、清涼飲料分野と家電流通分野です。いずれも、気象庁委託調査、インテージリサーチがまとめたものです。気象庁は、国土交通省の「生産性革命プロジェクト」の一環として、「気象ビジネス市場の創出」に取り組んでおり、3月には気象ビジネス推進コンソーシアムも立ち上げています。この調査もその流れを組んでおり、「清涼飲料分野及び家電流通分野における気候情報の有効な活用案」をもとに、それぞれの業界においていかに生産性の改善につなげるかを目指しています。特に、清涼飲料は食品スーパーとも関係が深い分野ですので、興味深い内容です。今回の分析は、自動販売機ですが、「COLD 飲料・ HOT 飲料ともにどの地域でも気温との間に強い相関関係がある」とのことで、ここから「 需要を予測し、自動販売機の商品補充や営業所・小売店舗への商品配送等を事前の適切な時期に 行える」とのことです。このような研究はまだはじまったばかりといえ、今後、ビジネスを意識したどのような研究成果が公表されるか、気象庁の動きに注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

May 29, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65335879

Listed below are links to weblogs that reference 気象庁、気温と清涼飲料との関係レポートを公表!:

Comments

Post a comment