« 世界の食品企業、10社、1兆円! | Main | ダンハンビー、YouTubeチャンネル、スタート! »

May 07, 2017

食品スーパー、今、アメリカで何が起きているか?

Why the Retail Crisis Could Be Coming to American Groceries:
These five forces are going to shake up the American supermarket.
Bloomberg :5/4
・The American grocery store has so far been mostly immune to the ravages of online shopping and the all around apocalyptic outlook facing the nation's retailers. But a war is coming to the staid supermarket, and that could mean more consolidation, bankruptcies, and falling prices.
・An invasion is getting under way. Lidl, a German retailer known for low prices and efficient operations, is expected to start an aggressive U.S. expansion in the coming weeks that could open as many as 100 new stores across the East Coast by the summer of 2018. The company, which runs about 10,000 stores in Europe, has also set its sights on Texas, one of the most competitive grocery markets in the U.S. Analysts expect Lidl to expand to nearly $9 billion in sales by 2023.
・It Looked As Though There Was Safety Selling Food
・Now Groceries Are Everywhere
・Grocery Prices Are Falling Fast
・Food Shopping Isn't a Weekly Behavior Any More
・Amazon Is Hungry for Groceries

PI研のコメント:
・ Bloombergが5/4、「Why the Retail Crisis Could Be Coming to American Groceries」との見出しの興味深い記事を掲載しました。アメリカの食品スーパ―業界で起きつつある危機についての論評の記事です。サブタイトルは「These five forces are going to shake up the American supermarket.」であり、「are going to shake up」ですので、現在進行形、アメリカの食品スーパーが揺れ動いている真っただ中にあるとのことです。特に、強く打ち出しているのは、ドイツのLidl、リドルのアメリカへの本格参入とのことであり、2018年度の夏にはテキサスへ参入し、2023年には約1兆円の食品スーパーになるとの予想です。記事の中でも図表でテキサスの数字が示されていますが、ここは全米でも最大の食品スーパーの売場面積が多い州であり、No.2のカリフォルニアを大きく引き離しダントツの州となっています。そこに敢えてリドルは参入するわけですでので、アメリカの食品市場をはじめから制覇する意気込みでの参入と思われます。すでに、イギリスでは、同じドイツの企業、アルディとともにテスコはもちろん、ウォルマート系列のアズダと真っ向勝負をし、価格面ではむしろ優位にたっているといえます。したがって、対ウォルマート対策は十分といえ、ウォルマートのEDLPをしのぐ価格政策での参入となると思われます。当然、クローガー、アルバートソン等、アメリカの食品スーパー業界にとっても脅威であり、すでにアメリカに参入しているアルディとともに、アメリカの食品スーパーの一大勢力となるとの記事です。これに加え、1ドルショップやドラックストア、さらには、アマゾンも虎視眈々と食品市場を狙っており、さらに、アメリカの買い物習慣がもはや週末型から平日型、高頻度買い物の時代へと転換しているとニールセンの調査でも明らかとなりつつあるとのことで、それへの対応がアメリカの食品スーパーは後れをとっており、リドル、アルディ等に一日の長があるとのことです。記事ではすでにこの危機ははじまっているとのことで、ここ最近のアメリカの食品スーパーの大量閉鎖もその流れであるとのことです。アメリカの食品スーパー、どう構造転換が図られるのか、その行くへをしっかり見てゆく必要がありそうです。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第11回、5/1!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

May 7, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65237831

Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー、今、アメリカで何が起きているか?:

Comments

Post a comment