« 食品スーパー2017、本決算速報、CF! | Main | 番外編、食品スーパー2017、本決算速報、全社平均! »

June 14, 2017

食品スーパー2017、本決算速報、BS!

食品スーパー決算速報2017:BS編

1.純資産比率:50%以上(ROA=純資産比率×ROE)
・マルキョウ 81.9% サンエー 79.5% アークランドサカモト 79.4% ヨークベニマル 76.7% アオキスーパー 65.8% マックスバリュ東海 65.2% アークス 61.8% 東武ストア 60.7% ヤマザワ 56.5% 関西スーパーマーケット 56.3% オークワ 56.1% ダイイチ 54.8% USMH 53.7% いなげや 53.7% ベルク 53.3% アクシアルR 52.1% マックスバリュ西日本 50.9%
・ROE(Return on Equity):10%以上
・エコス 14.7% マックスバリュ東北 13.3% ヤオコー 13.0% ライフコーポレーション 12.8% ベルク 11.7% アクシアルR 11.6% マックスバリュ中部 11.4% ハローズ 11.2% スーパーバリュー 10.3%
・ROA(Return On Asset):5%以上
・サンエー 7.5% ベルク 6.3% アクシアルR 6.0% アークランドサカモト 5.7% ヤオコー 5.5% ハローズ 5.2% アークス 5.1% ヨークベニマル 5.0% アオキスーパー 5.0% ダイイチ 5.0%

2.有利子負債(金額:百万円、総資産比率): 高10、低10
・マルヨシセンター 10,972 61.1% 北雄ラッキー 9,596 49.4% Olympic 29,392 42.6% 天満屋ストア 20,728 41.1% エコス 14,598 38.4% イズミ 182,044 38.2% スーパーバリュー 8,562 37.4% ライフコーポレーション 78,465 35.3% イオン九州 33,875 34.3% バロー 87,230 32.4%
・アオキスーパー 0 0.0% マルキョウ 0 0.0% サンエー 141 0.1% マックスバリュ西日本 384 0.4% マックスバリュ東海 527 0.7% ヨークベニマル 1,846 1.0% アークランドサカモト 3,300 3.8% 東武ストア 1,486 4.5% マックスバリュ九州 1,858 5.1% マックスバリュ中部 3,506 7.1%

3.出店関連資産(土地、建物、敷金等:総資産比率、金額/店舗:百万円):高10、低10
・イズミ 69.9% 3173 平和堂 70.5% 1287 アークランドサカモト 49.6% 1056 フジ 59.9% 1011 天満屋ストア 72.7% 781 ベルク 76.4% 765 サンエー 45.7% 736 PLANT 42.1% 695 ヤオコー 55.7% 650 スーパーバリュー 65.7% 538
・マックスバリュ九州 43.6% 104 マックスバリュ東北 53.8% 130 いなげや 47.5% 166 マックスバリュ北海道 50.6% 180 エコス 55.6% 189 マックスバリュ中部 48.2% 206 リテールパートナーズ 53.1% 209 バロー 59.3% 221 マックスバリュ西日本 44.1% 229 Olympic 61.3% 258

PI研のコメント:
・食品スーパー2017、本決算のBS編です。ここでは成長戦略を意識しつつ、3つの視点を抑えました。まずは純資産比率、特に、この指標はROA=純資産比率×ROEですので、ROA、ROEともかかわる重要な指標です。特に、ここ最近、ROEを株主重視の点からもKPIとしている企業も多く、10%がひとつの目安ともいえます。ただ、食品スーパ―は出店関連資産が総資産の約60%ですので、これを考えると、ROAの方がむしろ重要な指標かと思います。ここでは、3番目にその指標を取り上げました。ちなみに、食品スーパーの1店舗当たりの平均資産は5.21億円ですが、ここでとりあげた高10社はそれを上回る食品スーパーです。一方で、低10社は比較的小型タイプが多く、居ぬき出店が多い企業であり、2億円前後の1店舗当たりの出店資産といえます。そして、これらの出店を支える資金を有利子負債で賄っているかどうかですが、参考に有利子負債比率を取り上げました。高10社は大半を有利子負債で賄っている食品スーパー、低10社はほぼ自己資金で賄っている食品スーパーです。当然ですが、自己資金で賄っている食品スーパーの方が新規出店、すなわち、成長戦略を打ち出しやすい財務状況にあるといえます。こう見ると、BSの60%以上が新規出店にかかわる資産といえますので、食品スーパーのキャッシュは大半がここに配分されるといえ、それが自己資金か有利子負債化はともかく、経営の最需要課題といえます。すなわち、食品スーパーのキャッシュ=新規出店にかかわる資産=成長戦略といえ、成長戦略をいかに中長期的に描くかが、経営の本質といえます。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

June 14, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65403905

Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー2017、本決算速報、BS!:

Comments

Post a comment