« コンビニ、売上速報、2017年5月度、既存店1.0%増! | Main | トライアルカンパニー、2017年3月本決算、増収減益! »

June 29, 2017

経済産業省、経済解析室、興味深いスライド公表!

PI研のコメント(facebook):
・経済産業省、経済解析室が興味深いスライドを公表しています。すでに、様々なスライドが公開されていますが、この「百貨店、衣料品販売の低迷について」はよく知られてる事実を改めて、数値とその時間的推移をコンパクトに、しかもビジュアルにまとめており、わかりやすい内容といえます。「百貨店衣料品販売額のピークは1991年の約6.1兆円。2016年は約2.9兆円とピーク時の半分」からはじまるスライドであり、その要因を「「百貨店」における被服及び履物の購入はすべての年齢階級層で減少」、「「婦人服」については、購入数量は増加している。しかしながら、1着当たりの購入単価は大きく低 下しており、消費者が低価格志向」、そして、「ファストファッションの台頭などにより、「ディスカウントストア・ 量販専門店」、「スーパー」、「通信販売(インターネット)」などにおける購入が増加」と断定しており、その数値を数表とグラフでビジュアルに解説しています。これまでになかった経済数値の解説、まさに、解析といえます。また、「シェアリングエコノミーの一環として、「定額制ファッションレンタル」という新しいサービス」についても言及しています。現状をビジュアルに理解するにはわかりやすい解説といえ、今後、このようなスライドを増やして欲しいと思います。官庁も数表のみの統計数値の公開から、いかにその数値を解析し、ビジュアルにわかりやすく解説するかの時代に入ったといえます。経済産業省、経済解析室、今後、どのようなスライドを公表してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

百貨店、衣料品販売の低迷について:
・経済産業省、経済解析室:2017年2月
・昨今の個人消費が芳しくないとされることの象徴として、百貨店の 低迷があげられることが多い。特に、百貨店の衣料品販売の低 迷が喧伝されている。
・そこで、百貨店における衣料品販売の低迷がいつ頃から、どの程 度のマグニチュードで生じたのかを確認し、また、衣料品の販売低 迷が百貨店の現象なのか、衣料品販売業全般の現象なのかを 確認する。
さらに、衣料品の購入先の変化についても分析し、百貨店の衣 料品販売が、何によって代替されたのかを確認する。

まとめ:
・百貨店衣料品販売額のピークは1991年の約6.1兆円。2016年は約2.9兆円とピーク時の半分 程度。 • バブル崩壊後は「紳士服・洋品」が大きく減少。百貨店衣料品のボリュームゾーンである「婦人・子 供服・洋品」もバブル崩壊後から減少していたが、リーマン・ショック発生後に特に大きく減少。
・量販専門店等を含む「織物・衣服・身の回り品小売業」販売額は、リーマン・ショック発生後の 2009年をボトムに回復傾向。百貨店衣料品販売額とは異なる動き。 • 家計の「被服及び履物」に対する消費支出額は1991年をピークに減少傾向。
・2004年と2014年で比較すると、「被服及び履物」の消費支出額は世帯主が30歳代の世帯を 除くすべての年齢階級層で減少。
・「百貨店」における被服及び履物の購入はすべての年齢階級層で減少。特に世帯主が30歳未 満、30歳代の減少幅が大きい。
・「婦人服」については、購入数量は増加している。しかしながら、1着当たりの購入単価は大きく低 下しており、消費者が低価格志向になっていることがうかがえる。
・「百貨店」における購入が減少する一方、ファストファッションの台頭などにより、「ディスカウントストア・ 量販専門店」、「スーパー」、「通信販売(インターネット)」などにおける購入が増加。
・シェアリングエコノミーの一環として、「定額制ファッションレンタル」という新しいサービスが立ち上がって いる。女性向け定額制ファッションレンタルの利用者は30歳代の割合が4割強と最も多い。このサー ビスが百貨店の衣料品の売行きに及ぼす影響は現段階ではまだわからない。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

June 29, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65466133

Listed below are links to weblogs that reference 経済産業省、経済解析室、興味深いスライド公表!:

Comments

Post a comment