« セブン&アイH、2018年2月第1四半期、増収増益! | Main | リドル、10店舗オープン、最新情報! »

July 11, 2017

イオン、2018年2月期、第1四半期、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
イオンが7/5、2018年2月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収増益、特に、当期純利益が黒字展開したことに加え、営業利益も2桁増となる堅調な決算となりました。コメントでも「営業収益が第1四半期とし て6期連続で過去最高」、「営業利益が 2015 年度第1 四半期以来の過去最高益」とのことです。これを受けて株価も上昇、GMSの赤字が縮小したことなどを評価しているようです。それにしても、イオンのPERは96.93倍と依然として異常値であり、流通業界では考えられないPERの高さです。気になるのは利益の方は改善傾向が見られますが、売上高が 0.7%の微増、成長戦略が数値に表れていないことです。イオン自身も「2018 年2月期を初年度とする「イオングループ中期経営計画(2017 年度~2019 年度)」を 発表」し、その中で、「グループの各事業・企業がそれぞれの業界・地域において No.1の地位を確立することが重要」と認識しているとのことですので、この中期経営計画の中で成長戦略が具現化してゆくのではないかと思われます。イオン、この第1四半期の好調な決算をいかし、今期、課題の成長戦略にどう取り組んでゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

イオン、2018年2月期、第1四半期決算:7/5

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:8兆9,241.98億円
・自己資本比率:12.5%(昨年 12.9%)
・現金及び預金:7,892.51億円(総資産比 8.85%)
・有利子負債:2兆1,694.15億円(総資産比 24.31%)
・銀行業における預金:2兆6,355.35億円(総資産比 29.54%)
・買掛金 :9,469.39億円(総資産比 10.61%)
・利益剰余金 :5,662.00億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:1兆8,203.51億円( 0.7%) 、営業利益: 366.34億円( 11.4%)
・経常利益:374.43億円(8.0%)、当期純利益:36.79億円( %)
  ⇒ 通期予想:営業収益:8兆3,000.00億円(1.1%:進捗 21.94%)、営業利益:1,950.00億円(5.6%:進捗 18.79%)
・原価:72.75%(昨年 72.91%):-0.16、売上総利益:27.25%(昨年 27.09%)+0.16
・経費:38.43%(昨年 38.06%):+0.37
・マーチャンダイジング力:-11.18%(昨年-10.97%):-0.21
・その他営業収入:13.19%(昨年12.78%):+0.41
・営業利益:2.01%(昨年 1.81%):+0.20

イオンのコメント:
・当第1四半期連結累計期間(2017 年3月1日~5月 31 日)の連結業績は、営業収益が第1四半期とし て6期連続で過去最高となる2兆 681 億 14 百万円(対前年同期比 1.1%増)、営業利益が 2015 年度第1 四半期以来の過去最高益となる 366 億 34 百万円(同 11.4%増)となりました。経常利益は 374 億 43 百 万円(同 8.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、GMS(総合スーパー)事業の損益改善等による 営業利益の改善と特別利益の増加等により、前年同期より 99 億 34 百万円増益の 36 億 79 百万円と黒字転換 しました。また、セグメント別利益につきましては、6事業(GMS事業、ドラッグ・ファーマシー事業、 総合金融事業、ディベロッパー事業、サービス・専門店事業、国際事業)が増益となり、連結業績に寄 与しました。
・グループ共通戦略:
・当社は、2018 年2月期を初年度とする「イオングループ中期経営計画(2017 年度~2019 年度)」を 発表しました。お客さまの価値観やライフスタイルの多様化、社会のデジタル化が急速に進むなか、 今後も持続的な成長を続けるためには、グループの各事業・企業がそれぞれの業界・地域において No.1の地位を確立することが重要であるとの認識のもと、本3カ年において「既存事業の収益 構造改革(イオンリテール株式会社、株式会社ダイエーの収益構造改革)」ならびに「新たな成長に 向けたグループ構造改革(グループ事業構造の改革、事業基盤の刷新)」の2つの改革に取り組みま す。

イオンの株価:
・時価総額 1,511,917百万円(7/7) =1,734円(7/7) × 871,924,572株(7/7)
・株価1,734円(7/7)=PER(会社予想):96.93倍(7/7)×EPS 17.89円(2018/2)
・株価1,734円(7/7)=PBR(実績):1.30倍(7/7)×BPS 1,334.92円(2017/2)

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

July 11, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65509907

Listed below are links to weblogs that reference イオン、2018年2月期、第1四半期、増収増益!:

Comments

Post a comment