« 出店余力って何だ? eラーニンングになりました! | Main | 経営者心理って何だ? eラーニンングになりました! »

August 14, 2017

食品スーパー決算2017、分析の視点と注目ポイント!

「食品スーパー、決算2017:財務3表連環分析より」、eラーニングでの解説です。今期の食品スーパーの分析を3つの視点で分析しています。視点1:マーチャンダイジングの強さ、視点2:CF(キャッシュフロー)の配分、視点3:成長戦略(新規出店)についてです。また、参考として、注目ポイント1:売上高5,000億円の時代に突入、注目ポイント2:食品スーパーのROAは約3%、ROEは約7%の2点を加えました。


拡大版!食品スーパー、決算2017:財務3表連環分析より

PI研のコメント(facebook):
・財務3表連環分析2017のeラーニング版です。ここでは3つの視点から約50社の食品スーパーの財務分析を試みました。1つ目は、「視点1:マーチャンダイジングの強さ」、P/Lの分析です。食品スーパー特有のマーチャンダイジング力をビジュアルにし、それぞれの企業のポジションを明確にしました。マーチャンダイジング力は、営業利益から不動産収入や物流収入等を差し引いた商品売買から得られる利益であり、2017度の本決算を見ると、ほぼプラスマイナス0.0%となります。いかに、食品スーパーはこれらその他営業収入が大きいかがわかります。ここから約50社を付加価値追求型と価格訴求型に分類することが可能です。2つ目は、「視点2:CF(キャッシュフロー)の配分」であり、キャッシュフローの視点からの分析です。特に投資CF、すなわち、成長戦略への経営者の意欲を分析しています。そして、3つ目は、「視点3:成長戦略(新規出店)について」です。ここではB/Sの視点からの分析であり、土地、建物、敷金・保証金等の出店関連資産と有利子負債、純資産比率の差を分析し、持続的、かつ、長期的な成長可能性を見ています。出店余力もここから分析が可能です。さらに、ここでは、2つの注目ポイントとして、「注目ポイント1:売上高5,000億円の時代に突入」、「注目ポイント2:食品スーパーのROAは約3%、ROEは約7%」を加えました。いずれも、食品スーパーの本決算2017の注目ポイントです。財務3表連環分析は、このように様々な分析が可能ですので、是非、参考にしていただければと思います。今後とも、新たな視点を加えた続報を検討してゆきたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

August 14, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65655008

Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー決算2017、分析の視点と注目ポイント!:

Comments

Post a comment