« 三越伊勢丹H、クイーンズ伊勢丹、株式66%譲渡! | Main | リピート顧客って誰? »

October 27, 2017

カワチ薬品、2018年3月中間、増収減益!

カワチ薬品、2018年3月、中間決算:10/25

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:114.21億円(昨年104.06億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△27.72億円(24.28%:昨年△17.12億円)
   ⇒ 有形固定資産の取得による支出 :△25.54億円(昨年△19.55億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△19.12億円(昨年△30.57億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):67.36億円 (昨年 56.36億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:1,868.23億円
・自己資本比率:48.5%(昨年49.3%)
・現金及び預金:324.22億円(総資産比 17.36%)
・有利子負債:326.02億円(総資産比 17.45%)
・買掛金 :433.08億円(総資産比 23.19%)
・利益剰余金 :660.58億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:1,379.03億円(1.2%) 、営業利益:31.09億円(△3.4%)
・経常利益:38.78億円(0.9%)、当期純利益:25.26億円(5.6%)
・通期予想:
  ⇒売上高:2,725.00億円(2.3%:進捗50.61%)
  ⇒営業利益:60.00億円(4.8%:進捗51.82%)
・原価:78.88%(昨年 79.05%):-0.17、売上総利益:21.12%(昨年 20.95%)+0.17
・経費:18.87%(昨年 18.60%):+0.27
・営業利益:2.25%(昨年 2.35%):-0.10

カワチ薬品のコメント:
・当社グループが属するドラッグストア業界におきましては、小売各社の異業態間の戦いに加え、競合各社の出店 増や価格競争の熾烈化が続く等、経営環境は一層厳しさを増しております。
・このような中、当社グループでは、強固なエリア基盤構築による更なる優位性の確保と効率化を目的に、ドミナ ントエリアへの出店を進めるとともに、競争激化に対応するべく販売価格や品揃えの見直しを図る一方、健康や美 容に関するカウンセリング機能の強化に努めてまいりました。
・新規出店につきましては、既存地区である、青森県、宮城県、秋田県、茨城県、栃木県、群馬県に各1店舗、計 6店舗を出店いたしました。調剤薬局につきましては、宮城県、茨城県、栃木県に各1件、計3件を既存店に併設 いたしました。なお、青森県の1店舗をリロケーションのため退店いたしました。 これにより当社グループの店舗数は、計316店舗(内、調剤併設100店舗)となりました。

カワチ薬品の株価:10/26
・時価総額 64,753百万円(10/26) =2,634円(10/20) × 24,583,420株(10/26)
・株価2,634円(10/26)=PER(会社予想):13.34倍(10/26)×EPS197.45円(2018/3)
・株価2,634円(10/26)=PBR(実績):0.66倍(10/26)×BPS 3,970.36円(2017/3)

PI研のコメント(facebook):
・カワチ薬品が10/25、2018年3月期の第2四半期の決算を公表しました。結果は増収減益と、やや厳しい決算となりました。ただ、進捗率は売上高、営業利益ともに50%を超えており、ほぼ計画どおりの数値ですが、株探ニュースによれば、「カワチ薬品、今期経常を5%下方修正」とのことですので、下方修正後の数値と見ると、やはり、経営環境は厳しさを増しているといえそうです。実際、カワチ薬品自身も、「小売各社の異業態間の戦いに加え、競合各社の出店 増や価格競争の熾烈化が続く等、経営環境は一層厳しさを増し、・・」とコメントしています。減益の要因ですが、原価は-0.17ポイント改善していますが、それを上回る経費が+0.27ポイント上昇しており、これが利益を圧迫したといえます。今期の決算では、ドラッグストアに限らず、小売業全体が同様の傾向であり、経費比率の上昇が経営に大きな影響を与えつつあるといえます。これを受けてか、投資キャッシュフローも△27.72億円と営業キャッシュフローの24.28%であり、今期は投資を控えているといえます。カワチ薬品、経営環境が厳しさを増しつつある中、今後、どのように成長戦略を推し進め、利益の改善をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

October 27, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/65965721

Listed below are links to weblogs that reference カワチ薬品、2018年3月中間、増収減益!:

Comments

Post a comment