« AIと流通業、どこに活用できるか? | Main | ウォルマート、第3四半期、増収減益、Eコマース好調! »

November 19, 2017

その2、AIと流通業、どこに活用できるか?

IoTの画像センシングとAI・アナリティクス技術を活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT™」を販売開始、第一弾は「レジ適正台数見える化」と「レジ混雑予測」、レジ周りの課題を一挙に解決
・OKI:11/15
・OKIは、流通小売業界に向け、IoT(Internet of Things)の画像センシング技術と人工知能(AI)・アナリティクス技術(注1)を活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT™(ビショット)」の提供を開始します。「VisIoT」は「集める」「見える」「改善する」をコンセプトとして、店舗内のヒト・モノ・コトのデータをIoTにより収集・見える化し、さらにAI・アナリティクス技術を用いたデータの分析・活用によりさまざまな課題を解決して店舗の業務改善を支援します。本日、本ソリューションの第一弾となる「レジ適正台数見える化」および「レジ混雑予測」の2サービスの販売を開始し、レジ周り業務の効率化と顧客満足度向上の同時実現を支援していきます。
・ 「レジ混雑予測」は、来店するお客様の属性情報と買い物時間を認識することでレジへの到達人数を予測、適正なレジ開閉台数を逐次算出し、管理者のスマートフォンに通知する機能を有します。熟練者でなくても通知内容に従うだけで、混み始める前の最適なタイミングでレジの開局指示が行えるようになり、レジの混雑を事前に防ぐことで顧客満足度の向上に寄与します。また混雑する時間だけレジ要員を増やすなど、要員の適正配置により、店舗全体の人時生産性(注2)向上を支援します(当社測定:レジ8台の店舗で、10%以上の人時生産性向上を実現)。
・OKIは、今後さらに「シフト計画作成支援」、「欠品検知」、「特定人物検出」、「待ち時間予測」など、「VisIoT」のサービスメニューを充実していきます。また金融業や運輸業など他業種の店舗業務改善支援にも提供を拡大していきます。
・なお、本サービスは株式会社ベイシア様との共創により開発を行い、2016年4月からベイシア三好店で実証実験を行っており、効果を測定しています。本発表に対して、以下のご賛同のメッセージをいただいています。

ベイシア流通技術研究所
・ベイシア流通技術研究所は「流通小売に特化したユーザー系IT機関」として、最上流から下流まで幅広い工程を担っています。

PI研のコメント(facebook):
・沖電気工業が11/15、「レジ適正台数見える化」と「レジ混雑予測」のシステム販売を開始しました。流通業へのAI活用であり、「レジ周りの課題を一挙に解決」するところに焦点を当てています。ただ、これは第1弾とのことで、今後、「シフト計画作成支援」、「欠品検知」、「特定人物検出」、「待ち時間予測」などのサービスをリリースする予定とのことです。今回のサービスは「2016年4月からベイシア三好店で実証実験」を行っているとのことで、ベイシア流通技術研究所が全面協力してサービスが実現したとのことです。AIの活用としては、IoT(Internet of Things)がキーポイントといえ、「画像センシング技術と人工知能(AI)・アナリティクス技術を活用」し、「熟練者でなくても通知内容に従うだけで、混み始める前の最適なタイミングでレジの開局指示が行える」とのことです。AI、いよいよ、流通業に入り始めたといえ、今後、様々な支援サービスが登場すると思われます。前回はマーケティングへのAIの活用でしたが、今回は生産性へのAI活用です。P/Lで見ると、前回が売上高、今回が経費であり、双方がAIで改善することにより、結果、利益が改善することになるといえます。AI、流通業ではまだはじまったばかりといえ、今後、どのようなAIが流通業に活用されてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

November 19, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66056181

Listed below are links to weblogs that reference その2、AIと流通業、どこに活用できるか?:

Comments

Post a comment