« 家計調査、2017年10月、実質0.0%! | Main | Amazon RekognitionってどんなAI? »

December 06, 2017

AWS、AIに参入、11/29!

AWS Announces Five New Machine Learning Services and the World’s First Deep Learning-Enabled Video Camera for Developers:
・Business Wire:11/29
・Today at AWS Re:Invent, Amazon Web Services, Inc. (AWS), an Amazon.com company (NASDAQ: AMZN), announced five new machine learning services and a deep learning-enabled wireless video camera for developers. Amazon SageMaker is a fully managed service for developers and data scientists to quickly build, train, deploy, and manage their own machine learning models. AWS also introduced AWS DeepLens, a deep learning-enabled wireless video camera that can run real-time computer vision models to give developers hands-on experience with machine learning. And, AWS announced four new application services that allow developers to build applications that emulate human-like cognition: Amazon Transcribe for converting speech to text; Amazon Translate for translating text between languages; Amazon Comprehend for understanding natural language; and, Amazon Rekognition Video, a new computer vision service for analyzing videos in batches and in real-time. To learn more about AWS’s machine learning services, visit: https://aws.amazon.com/machine-lear....

アマゾンがクラウドAIサービスを大量発表 グーグル、MSに反撃
・MIT Technology Review:12/1
・クラウドはもはや、単なるデータ置き場ではない。人工知能(AI)の戦いが繰り広げられる戦場であり、アマゾンはあらゆるライバル企業をねじ伏せようとしている。
・クラウドとして知られる天空のデジタル領域は、ファイルを保管したり、コードを実行したりできるリモート空間として始まった。だが、データとアルゴリズム、この2つを結びつけると、大量の情報を取り込み、それを賢く処理する、AIを実行する理想的な場所となる。大手テック企業はすでにそのことに気づいており、以前の記事で説明したとおり、AIをリモート・サーバー上でサービスとして開発者に提供する戦いは白熱している。いまや、クラウド・コンピューティングの先駆者アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、マイクロソフトやグーグルといったAIに精通した企業にジリジリと追い上げられているのだ。
・だがアマゾンは、11月29日にラスベガスで開催されたイベントで、そうした競合企業への態度を明確に示した。ライバルの追い上げを食い止め、クラウド事業の優位性を死守するために、新たなAIサービスを大量に発表したのだ。

About Amazon Web Services
・For more than 11 years, Amazon Web Services has been the world’s most comprehensive and broadly adopted cloud platform. AWS offers over 100 fully featured services for compute, storage, databases, networking, analytics, machine learning and artificial intelligence (AI), Internet of Things (IoT), mobile, security, hybrid, and application development, deployment, and management from 44 Availability Zones (AZs) across 16 geographic regions in the U.S., Australia, Brazil, Canada, China, Germany, India, Ireland, Japan, Korea, Singapore, and the UK. AWS services are trusted by millions of active customers around the world—including the fastest-growing startups, largest enterprises, and leading government agencies—to power their infrastructure, make them more agile, and lower costs. To learn more about AWS, visit https://aws.amazon.com.

PI研のコメント(facebook):
・11/29、満を持して、AWS、AmazonがAIに本格参入しました。すでに、google、マイクロソフトなどがクラウドにAIを搭載しはじめていますが、これらの動きに対抗、決定的な差別化をはかり、さらに差を広げることが戦略目標といえます。AIはここへ来て、注目度がアップ、クラウドに関わらず、あらゆる企業がAIを取り入れ始めたといえますが、Amazonが今回、クラウドのAWSに搭載することで一気にAIがあらゆる企業に広がる様相を呈してきたといえます。今回、Amazonが公表したAIのサービスは全部で6つ、AWS DeepLens、Amazon Comprehend、Amazon Rekognition Video、Amazon SageMaker、Amazon Translate、Amazon Transcribeとなります。ちなみに、この内、機械学習ができるAmazon Rekognitionの利用料金は、100万枚の画像まで、1,000枚当たり1ドルだそうです。他社をAIで調査した上でのAIでの価格設定だと思いますので、安いのでしょうが、現時点での相場観です。Amazonが今回はじめたクラウドでのAIスタートの日、11/29は、その意味でAIの本格到来をつげる日といえ、来年、2018年度はまさにAI元年となりそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

December 6, 2017 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66121957

Listed below are links to weblogs that reference AWS、AIに参入、11/29!:

Comments

Post a comment