« ブロックチェーン、わかりやすい報告書! | Main | Robomart、self-driving store、登場! »

January 07, 2018

AI、お菓子に参入、ロッテ、カラマンシ―!

AI(人工知能)が選んだフレーバーのTOPPO:
『トッポ<カラマンシー>』

・ロッテ:12/19/2017
・ロッテグループが話題のAI(人工知能)を使って新商品を開発しました!『カラマンシー』味のトッポをロッテオンラインショップにて数量限定で発売します!!ぜひお試しください!
・【開発背景】 :
・なぜ、『AIを用いた新商品開発』にチャレンジしたのか? 消費者の嗜好は変わりやすく、トレンドの周期も短くなる中、「まだ顕在化 しきれていない消費者の意識変化をいち早く掴み、トレンドを先導できる 提案が出来ないか」と考え、AIを用いた分析(※)を活用して、新商品開発 にチャレンジすることにしました。 まず、多様な素材と味のトレンドを把握するため、チョコレート分野にとらわれ ず韓国の8万件余りの食品関連インターネットサイトに掲載された約1,000万 件の情報を収集。人力では、短時間で分析不可能な膨大なデータから 露出頻度、関連性、今後拡散が予想される勢いのある素材・味を項目別 に分析。消費者が好んでいたり、人気を呼ぶ可能性があるチョコレート向け の素材を導き出しました。その中で着目したのが『カラマンシー』です。

AI「ワトソン」が企画したお菓子が登場=韓国:
・中央日報:9/28/2017
・人工知能(AI)が企画したペペロが発売される。
・ロッテ製菓は27日、IBMのAIコンピュータ「ワトソン」を利用して「ペペロ・カカオニブ」と「ペペロ・カラマンシーさわやかヨーグルト」を新たに発売したと明らかにした。AIを活用した製菓製品が韓国で発売されるのは今回が初めてだ。昨年12月にIBMと業務協約を締結したロッテ製菓は消費者が求める味・素材・食感など潜在的な要求を把握することが重要だと判断し、「新概念トレンド分析システム」の開発に乗り出した。
・その後ロッテ製菓はワトソンを利用して8万件余りの食品関連インターネットサイトに掲載された1000万件の情報を収集した。ワトソンはこのデータを露出頻度、関連性など項目別に分析し、消費者が好んでいたり人気を呼ぶ可能性が大きい素材を導出した。分析の結果、食品分野では今後ビール、チーズ、唐辛子などの素材の人気が高まると予測された。菓子とチョコレート分野ではヘーゼルナッツ、イチゴ、ココア、カカオニブ、カラマンシーなどが高い関心を得ると予想された。これを基にロッテ製菓はカカオニブとカラマンシーさわやかヨーグルトのペペロを作った。

韓国ロッテ、AIでIBMと提携:
・日本経済新聞:12/27/2016
・韓国ロッテグループ 韓国IBMと人工知能(AI)を応用したサービスの開発などで提携する。顧客のデータを分析し、百貨店などでの買い物の助言に役立てる。製菓など新製品の開発戦略にも応用する。
ロッテは今後、ワトソンを「知能型ショッピングアドバイザー」と「知能型意思決定支援」の2つをテーマに企業戦略に応用していく。

PI研のコメント(facebook):
・ロッテが昨年の12/19、「AI(人工知能)が選んだフレーバーのTOPPO、『トッポ<カラマンシー>』」との見出しのニュースリリースを公表しました。食品業界ではAIを商品開発に活かした事例はまだ珍しいといえ、注目の新商品です。ただ、数量限定(1,500セット)であり、ネット販売のみとのことですので、この状況を見て、本格的な販売に踏み切るのではないかと思います。ロッテのAI活用は、日経新聞によると、一昨年、2016年12月に「韓国ロッテグループ 韓国IBMと人工知能(AI)を応用したサービスの開発などで提携」が契機といえ、その後、中央日報の記事によれば、韓国では先行して、「IBMのAIコンピュータ「ワトソン」を利用して「ペペロ・カカオニブ」と「ペペロ・カラマンシーさわやかヨーグルト」を新たに発売」と、先陣を切って商品開発、新商品の販売に踏み切っています。その分析の中でも、「菓子とチョコレート分野ではヘーゼルナッツ、イチゴ、ココア、カカオニブ、カラマンシーなどが高い関心を得ると予想」とのことですので、カラマンシーは新商品開発の俎上に上がっていたといえます。今後は、韓国、日本、並行して、ワトソンの本格活用がはじまるといえます。ちなみに、AIのアルゴリズムはワトソンが得意とする機械学習、ディープラーニング以外にも様々なものがありますので、今後、ロッテも含め、いろいろなAIが商品開発、SNS、ID-POS分析のビッグデータ分析に活用されてくると予想されます。ロッテが今回、その先鞭をつけたといえ、まずは、このカラマンシーが消費者にどのように評価されるか、その動向に注目です。2018年は、このケースが示すように、AIシフトの年といえ、AIの動向にも注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

January 7, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66235303

Listed below are links to weblogs that reference AI、お菓子に参入、ロッテ、カラマンシ―!:

Comments

Post a comment