« コスモス薬品、中間、成長戦略に舵! | Main | 楽天、ウォルマートと業務提携! »

January 28, 2018

クローガー、アリババと業務提携か、対Amazon!

Kroger shares jump amid talk of Alibaba alliance or merger to combat Amazon:
・cincinnati.com:1/25
・Looking to fight back against Amazon's move into the grocery business, Cincinnati-based Kroger is reportedly eyeing an alliance with the Seattle juggernaut's nemesis: China's Alibaba..

Alibaba, US grocer Kroger had early business development talks:
・CNBC:1/25
・Chinese e-commerce and technology company Alibaba and U.S. grocer Kroger have had early discussions on working together, including a meeting in which U.S. executives traveled to China, a source familiar with the matter said.

Here's why people want Kroger to partner with Alibaba:
・CNN Money:1/25
・Amazon owns Whole Foods and is busy cutting prices. Walmart is stepping up its supermarket game. The German discounters Aldi and Lidi are expanding in America.
・Competition in the grocery business is intense. And it's putting pressure on Kroger to fight back.
Kroger (KR) stock rose almost 3% on Thursday after The New York Post and Reuters both reported that it has talked to China's Alibaba (BABA) about working together.

To battle Amazon, Kroger eyes Alibaba alliance:
・NEW YORK POST:1/24
・Kroger may have found a way to counter Amazon.
・The country’s No. 1 supermarket chain is exploring an alliance with Jack Ma’s Alibaba — the China-based e-commerce giant, The Post has learned.
・Alibaba is similar to Amazon in that it operates supermarkets that use Amazon Go-like technology that allows cashier-less stores.
・Senior Kroger executives met with senior Alibaba officials last month in China, according to multiple sources.

PI研のコメント(facebook):
・1/25、クローガーがアリババと業務提携するのではとの記事が一斉に報道されました。Amazonに対抗するためにはアリババと組むことが有力な選択肢であるとのことで、先月、中国でアリババとクローガーのが幹部が会談したとのことです。食品スーパーとeコマースとは対極的なビジネスモデルであり、食品スーパーが商品から入り、店舗で顧客との関係を構築するのに対し、eコマースは、全く逆、顧客から入り、eコマースを通じて顧客と商品との関係を構築します。したがって、食品スーパーは商品を欲しい顧客を見つけるのに対し、eコマースは顧客の欲しい商品を見つけるというビジネスモデルとなります。組織作りも、資本の投資方法も全く逆といえ、双方の延長線上にビジネスがシンクロするのではなく、逆相関にビジネスが成立するといっても良いといえます。結果、この2つのビジネスを両立させようとすると、融合ではなく、並列させることがうまくいくといえ、業務提携がベストな選択といえるかと思います。今回はAmazonという究極のeコマースに対抗するために、本来交わらない、逆相関の業務提携がもたらされたいえ、ある意味、必然の流れともいえます。今後、どのようにこのビジネスが進み、どのようなサービスが新たな登場し、対Amazonの体制を整えて行くのか、クローガーの次の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

January 28, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66325305

Listed below are links to weblogs that reference クローガー、アリババと業務提携か、対Amazon!:

Comments

Post a comment