« 日本もQR決算の時代へ、「d払い」スタート! | Main | Amazon、インドシフト、国際部門、赤字決算! »

February 12, 2018

Amazon、2017年12月、本決算、大幅増収、減益!

Amazon、2017年12月、本決算:2/1

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:18,434(昨年17,272)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(27,819:150.92%) (昨年(9,876))
  ⇒Purchases of property and equipment:(11,955)(昨年(7,804))
  ⇒Acquisitions, net of cash acquired, and other:(13,972 )(昨年(116 ))
・財務活動によるキャッシュ・フロー: 9,860(昨年(3,740))
  ⇒Proceeds from long-term debt and other:16,231(昨年621)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,188(昨年 3,444)

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産:131,310
・自己資本比率:21.11%(昨年23.13%)
・現金及び預金:20,522(総資産比 15.63%)
・有利子負債:24,743(総資産比 18.85%)
・買掛金:34,616(総資産比 26.37%)
・利益剰余金 :8,636

P/L関連:キャッシュの創出:In millions
・売上高:118,573(25.26%)、営業利益:4,106(-1.91%)
・当期純利益3,033(27.92%)
・原価:94.40%(昨年 93.24%):+1.16、売上総利益:5.60%(昨年 6.76%):+1.16
・経費:
  ⇒Fulfillment:21.30%(昨年 18.62%):+2.68
  ⇒Marketing:8.50%(昨年 7.64%):+0.86
  ⇒Technology and content:19.08%(昨年 17.00%):+2.08
  ⇒General and administrative:3.10%(昨年 2.57%):+0.53
  ⇒Other operating expense, net:0.18%(昨年 0.18%):+0.00
・マーチャンダイジング力:-46.56%(昨年-39.25%):-7.31
・Net service sales:50.01%(昨年43.65%):+6.36
・営業利益:3.45%(昨年4.40%):-0.95

Amazonのコメント:
・SEATTLE--(BUSINESS WIRE)--Feb. 1, 2018-- Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN) today announced financial results for its fourth quarter ended December 31, 2017.
・“Our 2017 projections for Alexa were very optimistic, and we far exceeded them. We don’t see positive surprises of this magnitude very often — expect us to double down,” said Jeff Bezos, Amazon founder and CEO. “We’ve reached an important point where other companies and developers are accelerating adoption of Alexa. There are now over 30,000 skills from outside developers, customers can control more than 4,000 smart home devices from 1,200 unique brands with Alexa, and we’re seeing strong response to our new far-field voice kit for manufacturers. Much more to come and a huge thank you to our customers and partners.”
・Highlights:
・Amazon Go, a new kind of store with no checkout required, is now open to the public in Seattle. The checkout-free shopping experience is made possible by the same types of technologies used in self-driving cars: computer vision, machine learning, and sensor fusion.
・AWS introduced four Artificial Intelligence (AI) services that allow developers to build applications that emulate human-like cognition: Amazon Transcribe for converting speech to text; Amazon Translate for translating text between languages; Amazon Comprehend for understanding relationships and finding insights within text; and Amazon Rekognition Video, a deep-learning powered video analysis service that tracks people, detects activities, and recognizes objects, celebrities, and inappropriate content.

Amazonの株価:
・時価総額648,509,982千ドル(2/9) =1,339.60ドル(2/9) × 484,107,183株(2/9)
・株価1,339.60ドル(2/9)=PER(会社予想):211.96倍(2/9)×EPS 6.32ドル(2017/12)
・株価1,339.60ドル(2/9)=PBR(実績):23.40倍(2/9)×BPS57.25ドル(2017/12)

PI研のコメント(facebook):
・2/1、Amazonが2017年12月期の本決算を公表しました。結果は大幅増収とはなりましたが、営業利益は減益となるやや厳しい決算となりました。ただ、第4四半期のみで見ると、営業利益は約170%と急激に回復しており、しかも、年間の約50%を稼ぎ出すなど、上昇傾向にあります。また、当期純利益も約130%の増益ですので、前半の営業面での利益に課題があったといえ、第4四半期では挽回しており、全体としては好決算といえるかと思います。実際、株価も、「その日の時間外の初値で3%」上がっており、投資家は肯定的に本決算を捉えたといえます。この決算結果について、Jeff Bezos、 Amazon founder and CEOは、「Alexa were very optimistic」と、Alexaの躍進についてコメントしており、今後もここに力を入れてゆくようです。Amazonの決算結果でやや気になるのは投資キャッシュフローが営業キャッシュフローの150.92%、その要因はホールフーズマーケットへのM&A関連、13,972百万ドルの投資であり、しかも、その原資が16,231百万ドルの長期借入で賄っており、結果、純資産比率が昨年の23.13%から21.11%へと下がっている点です。また、P/LではNet service sales、すなわち、その他営業収入、Amazon primeなどの収入比率が売上高の50.01%にまで増加し、この収入で経費をカバーしている点です。Amazonの経費構造を見ると、Fulfillment 21.30%、Technology and content 19.08%と、この2大経費が大半を占めており、ほぼこれがNet service salesで相殺されているといえます。こう見ると、Amazonとは、通販とITが合体された企業といえ、ここが事業の根幹部分であることが鮮明です。Amazon、PERが211.96倍と投資家の期待は極限に高いといえ、時価総額が648,509,982千ドルまで拡大し、今後、どのような企業を目指し、どう成長、そして、利益をあげてゆくのか、異次元の経営に入ったといえます。Jeff Bezos CEOはAlexa、すなわち、AIに強い関心を寄せていますので、今後、さらにAIシフトが進むといえ、AIを基盤にどうAmazonという企業が変貌を遂げてゆくのか、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

February 12, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66380085

Listed below are links to weblogs that reference Amazon、2017年12月、本決算、大幅増収、減益!:

Comments

Post a comment