« ウォルマート、本決算、Sam's Club、苦戦! | Main | マミーマート、第1四半期決算、増収減益! »

February 20, 2018

BISINESS INSIDER、Amazon Go体験レポート!

驚きのコンビニ革命「Amazon Go」のすごい仕組み、魔法のようなAI技術の真実:
・BISINESS INSIDER:2/15
・今回筆者は、海外取材の合間を縫って、シアトルにあるAmazon Go店舗を訪問してきた。その体験は率直に行って衝撃的だ。アマゾンが考える全く新しい小売店の姿を、現地体験レポートとしてお伝えしていこう。
シアトル1号店舗は待ち行列なし、入り口には誘導スタッフ:
入店にあたってはスマートフォンに3つの設定が必要だった。「AndroidまたはiOS端末(スマートフォン)」、「Amazon Goアプリ」、「Amazon.comのアカウント」

Amazon Goアプリを導入していざ店内へ:
・バーチャルカートは入店時にスキャンしたQRコード情報に紐付いており、同じQRコードでゲートを通過した客全員で1つのバーチャルカートを共有する。店内での客同士の荷物の受け渡しは厳禁

日本でも受けそう? 充実した軽食を取揃える店内:

Amazon Goの行動分析は「騙せる」仕組みなのか?:
・Amazon Goの本領である「レジ精算をしない」買い物体験は、本当に強烈なものだった。来店者は、「棚から好きな商品を取る」「そのまま店外に出る」だけで決済が完了する。アマゾンはこのレジなし決済技術の詳細について明かしていない。
・決済が行われるのは、退店からさらに1時間以上が経過してから。ステータスが「completed charges」になり、決済完了がアプリで報告される。

決済処理が実はリアルタイムではない? Amazon Go動作の秘密:

Amazon Goが「店舗で働く人の仕事を奪う」は本当か?:
・実際には店内では多くのスタッフが食材加工に従事しているし、商品補充で常時3〜4人ほどのスタッフが店内をせわしなく行き交っている。また酒販コーナーにはIDチェックの専任スタッフがおり、ゲートにも監視員が1人常駐している。

アマゾンはAmazon Goで何を目指すのか?:
・Amazon Goは今後利用者が次々と買い物をしていくデータ蓄積を通じて、行動把握と認識技術をさらに強化していくはずだ。一つ確実に言えるのは、アマゾンが最新テクノロジーでどんな社会実験をやっているのか興味がある人なら、いますぐシアトル行きの飛行機に飛び乗るべきだということだ。

PI研のコメント(facebook):
・BISINESS INSIDERが2/15、Amazon Goの体験レポートの記事を公開しました。「今回筆者は、海外取材の合間を縫って、シアトルにあるAmazon Go店舗を訪問」とのことですので、記者の詳細な体験レポートであり、店内、店外の写真も豊富にアップされており、Amazon Goの現状を知る上には貴重なレポート内容です。以前から気になっていたことですが、棚札に価格表示があるのか、ないのかですが、接写写真を見る限り、棚札はアレルギー表示等の商品説明のみのようで、特にデリ関連の価格は商品のパッケージにあるようです。グロサリーはフェイスごとに棚札が貼られていますが、写真では確認できませんが、仮に価格があっても強く訴求していないようです。日本では棚札はプライスカードの役割をしていますので、価格表示がメインであり、かつ、価格訴求を強く打ち出す傾向がありますが、棚札そのものの役割がまずは大きく違うといえます。基本的には、画像認識とプライスルックアップ機能を組み合わせているとのことですので、写真にもあるように天井からのカメラで顧客が手に取った商品の画像を認識し、追跡することが決済の仕組みに直結しているといえます。また、その決済は、「決済が行われるのは、退店からさらに1時間以上が経過」とのことですので、現時点では即時決済ではなく、いろいろ検証した後に決済されるようです。また、意外なのは、「店内では多くのスタッフが食材加工に従事しているし、商品補充で常時3〜4人ほどのスタッフが店内をせわしなく行き交っている」とのことで、人時がかなりかかっていそうなことです。レジの人員削減はできても、店舗を維持するには、特に、デリの加工等、むしろ、人時が増えているようで、採算ベースに乗せるにはまだまだ時間がかかそうなことです。当初は一気に店舗展開がはじまるような報道もありましたが、この体験レポートを見る限りでは、「Amazon Goは今後利用者が次々と買い物をしていくデータ蓄積を通じて、行動把握と認識技術をさらに強化」と、時間をかけて完成度をあげてゆく段階なのではと見られます。Amazon Go、この1号店のノウハウの蓄積を活かし、今後、どう進化してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

February 20, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66410580

Listed below are links to weblogs that reference BISINESS INSIDER、Amazon Go体験レポート!:

Comments

Post a comment