« ライフコーポレーション、第3四半期、増収減益! | Main | コンビニ、電子タグでのSCM、実証実験! »

February 02, 2018

オイシックスドット大地、NTTドコモ、業務資本提携!

NTTドコモとミールキット事業に向けた業務資本提携を合意
同時にドコモグループのらでぃっしゅぼーやを取得:

・オイシックスドット大地株式会社:1/30
・安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックスドット大地株式会社(以下「オイシックスドット大地」)は、株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」)と本日、両社取締役会を実施し、業務資本提携および、当社がドコモグループであるらでぃっしゅぼーや株式会社(以下「らでぃっしゅぼーや」)の全株式を取得することについて合意しました。
・業務提携及びらでぃっしゅぼーや取得の概要について:
・業務提携においては、ドコモとオイシックスドット大地が協業し、多種多様な商品を取り扱うミールキット専用のECサイトを年内を目途に立ち上げる予定です。
・ミールキットは、必要量の食材とレシピがセットになっており、食材を買い揃える手間や調理時間を省き、忙しくても手作りをしたいというニーズに応えるサービスです。米国のミールキット市場には150社以上が参入し、2025年までに350億ドル(3兆6000億円)まで成長すると予測されています。
・オイシックスドット大地が展開するミールキット「Kit Oisix」は、2013年7月より展開を開始し、2017年12月にはシリーズ累計出荷数が800万食を超え、3年前の同月と比較し、約18倍に成長しています。日本でも共働き家庭が増え続けており、今後もミールキット市場の拡大が見込めます。
・上記の業務資本提携と同時に、オイシックスドット大地はドコモのグループ会社の会員制食品宅配事業を展開するらでぃっしゅぼーやの全株式を取得します。なお、本取得は関係当局の承認を得たうえで、2018年2月に実施予定です。
・オイシックスドット大地はらでぃっしゅぼーやを取得することで、550億円を超える売上規模となり、「より多くの人が良い食生活を送ることができる」社会を目指し、高付加価値な食品宅配のマーケットをけん引してまいります。
また、オイシックスドット大地とらでぃっしゅぼーやは、あわせて5100人(オイシックスドット大地:約2700人、らでぃっしゅぼーや:約2400人の合算値)の優良な農産生産者のネットワークを確保することとなり、ドコモとのアグリ領域における協業の検討も進めます。

参考:らでぃっしゅぼーや株式会社の株式公開買付けの結果について
・NTTドコモ:2012年3月13日
・株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は、有機、低農薬野菜と無添加食品の会員制宅配サービスを展開している、らでぃっしゅぼーや株式会社(以下らでぃっしゅぼーや)の発行済普通株式及び新株予約権の株券5,294,668株(75.74%)を公開買付けにより約49.8億円で取得いたします。

PI研のコメント(facebook):
・1/30、オイシックスドット大地が「NTTドコモとミールキット事業に向けた業務資本提携を合意、同時にドコモグループのらでぃっしゅぼーやを取得」とのニュースリリースを公表しました。やや複雑な業務資本提携ですが、まずは、NTTドコモがオイシックスドット大地へ出資し、「ドコモとオイシックスドット大地が協業し、多種多様な商品を取り扱うミールキット専用のECサイトを年内を目途に立ち上げる」とのことで、今後成長が期待される「ミールキット市場」への本格参入です。そして、もうひとつは、ドコモが2012年3月に約50億円でM&Aにより取得した「らでぃっしゅぼーや」を約10億円でオイシックスドット大地が取得するということです。ややわかりにくいスキームの要因は、NTTドコモのらでぃっしゅぼーやの取得額と売却額の差が約-40億円と、本来ありえない低い金額である点であり、さらに、これに加え、数億円のオイシックスドット大地への出資が加わりますので、NTTドコモにとっては大きなマイナスである点です。結果、オイシックスドット大地はプラスマイナス数億円となるのに対し、NTTドコモは数10億円の大幅マイナス、損切ともとれる業務資本提携となっています。どうも、その背景には2012年にM&Aをかけた「らでぃっしゅぼうーや」の経営が行き詰っていることが大きいといえそうです。らでぃっしゅぼーやの決算公告(第29期)を見ると、売上高197億8,600万円に対し、営業利益は1,500万円とわずか0.08%、しかも、利益剰余金は▲28億5,500万円と、多額の累損を抱えており、純資産比率も5.4%と債務超過一歩手前、この5年間の経営状況が悪化しており、今後の経営戦略が描きにくい状況にあるといえます。したがって、オイシックスドット大地に売却することにより、抜本的な経営改革を委ねたといえるかと思います。オイシックス大地にとっては「5100人(オイシックスドット大地:約2700人、らでぃっしゅぼーや:約2400人の合算値)の優良な農産生産者のネットワークを確保」と、いわゆる有機野菜の農家を倍増でき、この市場での圧倒的な地位の確保につながりますので、そのメリットは大きいといえます。今回の業務資本提携、NTTドコモにとってはメリットは薄いといえますが、オイシックス大地にとってはミールキット市場への本格参入に加え、本業の強化にもつながり、メリットは大きいといえます。今後、この業務資本提携がどう具現化してゆくのか、特にらでぃっしゅぼーやの経営が回復するのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

February 2, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66340290

Listed below are links to weblogs that reference オイシックスドット大地、NTTドコモ、業務資本提携!:

Comments

Post a comment