« 電子レシート実証実験、経済産業省、町田! | Main | バロー、ココカラファイン、業務提携、DS、約1,700店舗へ! »

February 05, 2018

納豆値上げ、原価、経費、ダブルで経営を圧迫!

「納豆」一部商品 価格改定のお知らせ:
・タカノフーズ株式会社:1/31
・タカノフーズ株式会社(本社:茨城県小美玉市、代表取締役社長 高野成徳)は、おかめ納豆で ご愛顧いただいている一部商品につきまして 2018 年 4 月 1 日(日)より、価格改定を実施させ ていただきます。
今般の原材料、包装資材価格の高騰に加え、人件費、物流費が上昇しており、こ の様な厳しい環境が今後も続くと見込まれるため、下記の通り一部商品(主要商品)のメーカー 出荷価格を、1990 年以来 27 年ぶりに改定させていただくこととしました。
・2018年4月1日価格改定商品:
・極小粒ミニ3 50g×3、まろやか旨味ミニ3 45g×3、極小粒カップ4 30g×4、味わい小粒 45g×3、おかめ仕立てミニ3 45g×
・2018年5月1日価格改定商品:
・旨味かつおミニ3 40g×3 、旨味ひきわりミニ3 45g×3、 おかめ仕立てひきわりミニ3 45g×3 、しそ海苔納豆 40g×3,45g×3 、旨味しそ海苔ミニ3 45g×3

価格改定のお知らせ:
・株式会社えひめ飲料:2/2
・近年、国産うんしゅうみかんの生産量の減少、原材料費・物流費の高騰により生産コストの上昇が続いております。これまでも、工場における生産効率の向上や業務合理化によるコストダウンに最大限努めて参りましたが、商品の品質維持・向上のため、平成30年3月より一部商品につきまして値上げさせていただくことといたしました。

PI研のコメント(facebook):
・1990 年以来 27 年ぶり、タカノフーズが1/31、おかめ納豆の値上げを公表しました。4月から5品、5月から5品、合計10品の納豆の値上げとのことです。「原材料、包装資材価格の高騰に加え、人件費、物流費が上昇」とのことですので、原価、経費、双方が上昇、ダブルで利益を圧迫し、経営努力では限界に来たとのことです。納豆は食品スーパーでは、ID-POS分析すると、様々な商品と併買が見られ、豆腐と並ぶ購入の起点となる商品ですので、今後、顧客のバスケット金額、すなわち、財布にじわじわ響いてくる可能性が高いといえます。ただ、この値上げは納豆に限らず、ここでも取り上げたポンジュースをはじめ、様々な商品に波及してゆくといえ、今年は値上げの年となりそうです。気になるのは、タカノフーズも言及しているように、原材料、包装資材価格の高騰に加え、人件費、物流費が上昇と、利益の根幹である原価と経費、双方が上昇している経営環境に入ったということです。この2つが上昇し、それでも企業が利益を出すには売価のアップ、すなわち、値上げしか、既存商品には解決策が見いだせなくなることです。したがって、今後、付加価値の高い商品開発、サービス競争が重要な経営戦略となるといえ、各社、戦略の見直しを余儀なくされるといえます。2017年度の本決算が迫る中、2018年度、どのような経営戦略を打ち出すのか、各社の本決算後の経営方針の発表に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

February 5, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66356042

Listed below are links to weblogs that reference 納豆値上げ、原価、経費、ダブルで経営を圧迫!:

Comments

Post a comment