« ハローズ、2018年2月本決算、増収増益! | Main | アオキスーパー、2018年2月本決算、増収減益! »

April 17, 2018

大黒天物産、第3四半期、増収減益!

大黒天物産、2018年5月、第3四半期決算:4/12

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:60,593百万円
・自己資本比率:53.6%(昨年53.9%)
・現金及び預金:4,672百万円(総資産比 7.71%)
・有利子負債:10,305百万円(総資産比 17.01%)
・買掛金:9,081百万円(総資産比14.99%)
・利益剰余金 :29,116百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:121,886百万円(6.0%) 、営業利益:3,842百万円(△15.2%)
・経常利益:3,967百万円(△13.9%)、 当期純利益 :2,162百万円(△23.2%)
・通期予想:
  ⇒売上高:165,800百万円(6.7%:進捗率73.52%)
  ⇒営業利益:5,250百万円(△10.3%:進捗73.18%)
・原価:76.68%(昨年76.42%):+0.26、売上総利益:23.32%(昨年23.58%):-0.26
・経費:20.18%(昨年19.65%):+0.53
・マーチャンダイジング力:+3.14%(昨年+3.93%):-0.79
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):+0.00
・営業利益:+3.14%(昨年3.93%):-0.79

大黒天物産のコメント:
・小売業界におきましては、業種・業態を越えた販売競争の激化やパート・アルバイトの採用難が深刻になるな ど、ますます厳しい状況で推移いたしました。
・このような環境の中、当社グループでは食の安心・安全を確保するための品質・鮮度管理の徹底や、商品の販売 価格を更に値下し、『大幅値下宣言』として唱えた販売戦略を実践してまいりました。成長戦略として、岡山県に 2店舗、大阪府、岐阜県、香川県、石川県にそれぞれ1店舗の計6店舗の新規出店と、店舗の老朽化に伴う既存店 の建替えを1店舗、生鮮食品部門を強化した大幅改装を6店舗で実施いたしました。
・これらの結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,218億8千6百万円(前年同期比6.0%増)、販売強化の ための人員投入による人件費の増加や電力料金の値上げなどによる販売費及び一般管理費の増加により、経常利益 は39億6千7百万円(前年同期比13.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は21億6千2百万円(前年同期 比23.2%減)となりました。

大黒天物産の株価:4/13
・時価総額76,822百万円(4/13) =5,310円(4/13) ×14,467,500株(4/13)
・株価5,310円(4/13)=PER(会社予想):24.91倍(4/13)×EPS 213.14円(2018/5)
・販売株価5,310円(4/13)=PBR(実績):2.30倍(4/13)×BPS 2,307.57円(2017/5)

PI研のコメント(facebook):
・4/12、大黒天物産が2018年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、減益、営業利益が△15.2%となる厳しい決算となりました。大黒天物産自身も、「業種・業態を越えた販売競争の激化やパート・アルバイトの採用難が深刻になるな ど、ますます厳しい状況で推移」とコメントしているように、経費比率の上昇が大きく、しかも、今期は原価の上昇も見られ、ダブルで利益を圧迫したのが要因です。実際、今期は「商品の販売 価格を更に値下し、『大幅値下宣言』として唱えた販売戦略を実践」とのことで、価格訴求を一段と強化しており、原価にも影響が生じているといえそうです。経費に関しても、「販売強化の ための人員投入による人件費の増加や電力料金の値上げなどによる販売費及び一般管理費の増加」とのことで、人件費以外にも、水道光熱費も経費比率の上昇を招いているとのことです。一方、売上高は6.0%増と堅調に推移、「成長戦略として、岡山県に 2店舗、大阪府、岐阜県、香川県、石川県にそれぞれ1店舗の計6店舗の新規出店」と、新店が寄与しており、今期は守りよりも攻めを重視、積極的な成長戦略を推し進めたといえます。これを受けて、今期の予想ですが、増収、減益であり、今期は利益の方は厳しい結果で終わりそうです。大黒天物産、ここは守りよりも攻めに打って出るといえ、今後、成長戦略をどのように推し進めてゆくのか、その新店開発の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 (POS分析千本ノック!あらゆる角度からPOSデータを分析!)
 1.POSデータ分析基本徹底セミナー:4/17(火):New!

 2.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!とです。

April 17, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66610528

Listed below are links to weblogs that reference 大黒天物産、第3四半期、増収減益!:

Comments

Post a comment