« トライアル、AI実証実験、F(頻度)、リコメンド! | Main | サツドラ、EZOCA、道内世帯カバー率50%! »

June 06, 2018

ダイナミックプライシング、横浜F・マリノス、導入!

AI活用、価格日替わりに マリノスのチケット 天候などで:
・日本経済新聞:6/1
・サッカーJ1の横浜F・マリノスは6月18日から、対戦相手や前売り券の販売状況、天候などのデータをもとに人工知能(AI)を使い一日ごとにチケット価格を変える「ダイナミックプライシング」を導入する。仮に単価を下げても販売枚数が増えれば収益が拡大する。観客は席の好みを重視するか、価格を優先するか選べる。J1で同制度を本格採用するのは初めて。
・三井物産が持つシステムでその日の「推奨価格」を算定し、実際の価格はマリノスが決める。当初は日産スタジアムの場合、メインSS席1階(一般前売り価格5100円)、同SA席1階(同4200円)のそれぞれ一部と、バックSB席1階(同4600円)のあわせて約2000席で価格を変動させる。来期以降、対象の席種や席数を拡大する考えだ。

三井物産、チケット価格最適化−新会社設立、変動システム提供:
・日刊工業新聞:2017/9/12
・三井物産は2018年4月に、興行チケットなどの価格変動システムを提供する事業会社を設立する。米チケットマスターが開発した興行チケットなどの価格変動システム「ダイナミック・プライシング」を日本に導入し、プロ野球の球団などに提供する。新会社を通じて、スポーツや娯楽の興行チケットに加え、駐車場や交通、物流などにも展開する。2020年に娯楽関連産業で、400億円規模のチケット販売を目指す。

Ticketmaster:
・At Ticketmaster, we strive to put fans first. Every day we're listening to your feedback and working to improve your experience before, during, and after events.
In 2010, Ticketmaster and Live Nation merged to create Live Nation Entertainment. Now you have more options than ever to enjoy live events, and things are only getting better.
We're making real changes and putting you first in everything we do. Here's just a taste of what we're up to...

PI研のコメント(facebook):
・ダイナミックプライシングがいよいよ日本でも様々な分野で展開される時代がはじまったといえます。6/1の日本経済新聞に、「AI活用、価格日替わりに マリノスのチケット 天候などで」との見出しの興味深い記事が掲載されました。横浜F・マリノスが、「6月18日から、対戦相手や前売り券の販売状況、天候などのデータをもとに人工知能(AI)を使い一日ごとにチケット価格を変える「ダイナミックプライシング」を導入」とのことです。その背景には、三井物産がTicketmasterからライセンスを取得し、新会社を設立、日本での本格的なAIを活用してのダイナミックプライシング事業を展開することがあるといえます。日刊工業新聞によれば、「2020年に娯楽関連産業で、400億円規模のチケット販売を目指す」とのことで、横浜F・マリノスはこの流れの中にあるといえ、今後、プロ野球、「スポーツや娯楽の興行チケットに加え、駐車場や交通、物流などにも展開」するとのことです。これらの記事の中には小売業への展開はありませんが、当然、小売業でも電子タグとID-POSデータが連動すれば可能であり、トライアルではすでに取り組み始めたとのことで、食品スーパー、ドラッグストア等でも時間の問題といえそうです。今後、日本の小売業もEDLP、ハイローの価格政策に加え、ダイナミックプライシング政策がAI、IoTとセットで展開されるのも近いといえ、どこが、いつ、どのようにダイナミックプライシングを展開しはじめるかの注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度版、現在集計中!
  *2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人!とです。

June 6, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66787236

Listed below are links to weblogs that reference ダイナミックプライシング、横浜F・マリノス、導入!:

Comments

Post a comment