« オークワ、第1四半期決算、減収、増益! | Main | イトーヨーカ堂、AI、発注、需要予測! »

July 02, 2018

ハローズ、第1四半期、増収増益!

ハローズ、2018年2月、第四半期決算:6/28

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産: 61,103百万円
・自己資本比率: 48.2%(昨年 47.7%)
・現金及び預金:4,606百万円(総資産比 7.54%)
・有利子負債:13,474百万円(総資産比 22.06%)
・買掛金:6,926百万円(総資産比11.34%)
・利益剰余金 :23,386百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:30,491百万円( 4.9%) 、営業利益:1,187百万円( 10.2%)
・経常利益:1,177百万円(11.4%)、当期純利益:790百万円(9.3%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:127,200百万円(4.8%:進捗率23.97%)
  ⇒営業利益:5,050百万円( 2.8%:進捗23.51%)
・原価:74.81%(昨年75.16%):-0.35、売上総利益:25.19%(昨年24.84%):+0.35
・経費:23.91%(昨年23.65%):+0.26
・マーチャンダイジング力:+1.28%(昨年+1.19%):+0.09
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:2.72%(昨年2.61%):+0.11
・営業利益:+4.00%(昨年+3.80%):+0.20

ハローズのコメント:
・小売業界におきましては、日常の買物での生活防衛意識は変わらず、低価格志向が続きました。オーバーストアの 中での競合店の新規出店、業態間競争及び業界再編等、厳しい経営環境が継続しました。
このような状況の中で当社は、次の取り組みを行いました。
・販売促進面におきましては、継続的に行っている生活防衛企画等に加え、平成30年3月より創立60周年記念イベン トとして年間通じてのお客様還元セールを開始しました。
・商品面におきましては、継続して重点販売商品の育成及びプライベートブランド商品の開発を行いました。
・店舗運営面におきましては、平成30年4月に広島県福山市の大門店及び5月に同県府中市の府中店を、当社の新し いタイプの450坪型標準店舗へ大改装し、買物がしやすい環境作りによる店舗の魅力アップを図りました。また、セル フレジの設置を推進し、お客様の利便性の強化に取り組みました。一方で、自動発注対象商品の拡大による欠品対策 及び作業効率の改善を図りました。
・社会貢献面におきましては、フードバンク事業運営団体への商品提供、自社エコセンターによる資源の再利用、第 31回瀬戸内倉敷ツーデーマーチへの協賛、社会福祉事業支援を目的としたエコキャップ収益の寄付及びくらしき作陽 大学との産学連携による「500kcal台のバランスメニュー」(レシピ本)第3弾の作成等を行いました。また、平成30 年5月には、CSR活動に関する報告書として「ハローズ環境・社会活動のご報告2018」を作成しました。

ハローズの株価:6/29
・時価総額54,032百万円(6/29) = 2,720円(6/29) ×19,864,600株(6/29)
・株価2,720円(6/29)=PER(会社予想): 16.29倍(6/29)×EPS 166.96円(2019/2)
・株価2,720円(6/29)=PBR(実績): 1.83倍(6/29)×BPS 1,488.86円(2018/2)

PI研のコメント(facebook):
・6/28、ハローズが2019年3月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収増益、特に、利益は2桁増となる好決算となりました。経費は上昇しましたが、それを上回る原価の改善が寄与し、利益を押し上げたのが要因です。「商品面におきましては、継続して重点販売商品の育成及びプライベートブランド商品の改善を図りました。 」と、PBの強化も利益増に貢献していると思われます。また、経費増とはいえ、今期は「セル フレジの設置を推進し、お客様の利便性の強化に取り組みました。一方で、自動発注対象商品の拡大による欠品対策 及び作業効率の改善を図り、・・」と、経費削減の対策を打ち出しています。投資家もこの第1四半期決算の結果を高く評価しているといえ、Kabutan によれば、「四半期累計【大幅増益】で着地した銘柄(サプライズ順)、ハローズ <2742>」と、サプライズ決算銘柄となっています。ハローズ、この好調な第1四半期決算を背景に、利益だけでなく、どう成長戦略につなげてゆくか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度版、現在集計中!
  *2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人!とです。 金に対応する。

July 2, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/66886230

Listed below are links to weblogs that reference ハローズ、第1四半期、増収増益!:

Comments

Post a comment