« 無期雇用、食品スーパーで広がる! | Main | アマゾン=AWS、セグメント別中間決算! »

August 03, 2018

アマゾン、中間決算、超幅、増収増益!

AMAZON.COM, INC.:2018年12月、第2四半期決算:7/26

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:5,658(昨年2,230)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(3,225 )(昨年(6,624))
  ⇒Purchases of property and equipment,:(6,341) (昨年(5,261))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(3,556 )(昨年 (2,163))
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):(1,320)(昨年 (6,083) )

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産:134,100
・自己資本比率:26.10%(昨年21.11%)
・現金及び預金: 19,823(総資産比 14.79%)
・有利子負債:24,638 (総資産比 18.38%)
・買掛金:27,657(総資産比 20.63%)
・利益剰余金 :13,733

P/L関連:キャッシュの創出:In millions

・売上高:103,928 (141.08%)、営業利益:4,911(300.92%)
・当期純利益4,163(452.01%)
・原価+経費:95.28%(昨年 97.79%):-2.51
・営業利益:4.72%(昨年2.21%):+2.51

AMAZON.COM, INC.のコメント:
・SEATTLE--(BUSINESS WIRE)--Jul. 26, 2018-- Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN) today announced financial results for its second quarter ended June 30, 2018.
・Operating cash flow increased 22% to $21.8 billion for the trailing twelve months, compared with $17.8 billion for the trailing twelve months ended June 30, 2017. Free cash flow increased to $10.4 billion for the trailing twelve months, compared with $9.6 billion for the trailing twelve months ended June 30, 2017. Free cash flow less lease principal repayments decreased to $4.1 billion for the trailing twelve months, compared with $5.4 billion for the trailing twelve months ended June 30, 2017. Free cash flow less finance lease principal repayments and assets acquired under capital leases decreased to $546 million for the trailing twelve months, compared with $1.4 billion for the trailing twelve months ended June 30, 2017.

AMAZON.COM, INC.の株価:
・アマゾンの株価:7/31
・時価総額866,930,699千ドル(7/31) =1,777.44ドル(7/31) × 487,741,189株(7/26)
・株価1,777.44ドル(7/31)=PER(会社予想):281.24倍(7/31)×EPS 6.32(2017/12)
・株価1,777.44ドル(7/31)=PBR(実績):31.05倍(7/31)×BPS 57.25(2017/12)

PI研のコメント(facebook):
・アマゾンが7/26、2018年12月期の中間決算を公表しました。結果は増収増益、過去最高ですが、伸び率が半端なく、売上高141.08%、営業利益は300.92%という異常値です。投資家も買いと判断、株価も上昇、これまでのアマゾンの決算とは異質な結果となっています。アマゾンはこれまで赤字決算はあたり前、利益は先行投資に回し、事業の拡大、成長性重視の経営戦略でしたが、この決算結果は真逆、利益を重視する経営戦略といえ、戦略の転換が起こったともみれます。ただ、内容を見ると、売上高、利益を押し上げたのはこれまでのECビジネスではなく、AWS、クラウドビジネスであり、さらに、広告ビジネスですので、事業のドメインがシフトしていると見るのが正解かと思います。それにしてもこれだけドラスチックに事業構造がこの規模で変化するのは異例といえます。アマゾン、現在の時価総額は866,930,699千ドル、人類史上、100兆円超える企業が誕生するのは時間の問題といえ、アマゾンが今後どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度版、現在集計中!
  *2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人!とです。 金に対応する。

August 3, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67009295

Listed below are links to weblogs that reference アマゾン、中間決算、超幅、増収増益!:

Comments

Post a comment