« アマゾン、ホールフーズマーケットでGrocery Pickup開始! | Main | PALTAC、SC社と業務提携、無人レジ研究へ! »

August 11, 2018

サイバーリンクス、中間決算、減収減益!

サイバーリンクス、2018年12月期、中間決算:8/10

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:811百万円(昨年 498百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー: △272百万円(33.54%:昨年△330百万円)
   ⇒有形固定資産の取得による支出 : △66百万円(昨年 △238百万円)
   ⇒ 事無形固定資産の取得による支出 : △201百万円(昨年 △85百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー: 180,184 百万円(昨年 △47,174 百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少): △272百万円 (△330百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産: 5,424百万円
・純資産比率:67.4%(昨年 62.2%)
・現金及び預金:426百万円(総資産比 7.86%)
・有利子負債:277百万円(総資産比5.11%)
・買掛金:315百万円(総資産比5.81%)
・利益剰余金 :2,003百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:4,637百万円( △2.9%) 、営業利益:210百万円(△22.1%)
・経常利益:217百万円(△26.5%)、当期純利益:134百万円(△26.2%)
・通期予想:
  ⇒売上高:9,957百万円(3.6%:進捗率46.57%)
  ⇒営業利益:602百万円(4.3%:進捗34.89%)
・原価:71.88%(昨年70.51%):+1.37、売上総利益:28.12%(昨年29.49%):-1.37
・経費:23.66%(昨年23.82%):-0.16
・営業利益:+4.46%(昨年5.67%):-1.21

サイバーリンクスのコメント:
・当社の主要顧客である流通食品小売業におきましては、ライフスタイルの変化や、他業態との競争激化等を背景 に、来店客数、客単価ともに伸び悩んでおります。また、一方では、人手不足や最低賃金の引き上げによる人件費 の高騰といった課題に直面しております。このように構造的に厳しさを増す経営環境を打開するためには、生産性 向上の取組が急務となっております。
・官公庁におきましては、情報システムに係る経費削減、住民サービス向上、災害・事故発生時の業務継続を目的 とした情報システムの集約と共同利用(自治体クラウド)が推進されております。また、複数の自治体において、 業務におけるAI(人工知能)の利用にかかる実証実験が行われるなど、新技術活用に向けた機運がますます高ま っております。
・このような状況のもと、当社は「LINK Smart~もたず、つながる時代へ~」を当社サービスのブランドコンセプトとして定め、「シェアクラウド(共同利用型クラウド)」による安心、安全、低価格で高品質なクラウドサービスの提案を積極的に進めてまいりました。
・ ITクラウド事業:
・流通業向けクラウドサービス分野におきましては、当社の主力サービスである流通食品小売業向け基幹業務ク ラウドサービス「@rms基幹」を始めとするクラウドサービスの提供拡大により、定常収入が増加しました。 他方、海外における専門店向け販売管理システム導入に伴う機器売上や、インターネットEDIサービス等の大 型案件を計上した前年同期に比べて、カスタマイズ等のスポット案件に係る売上が減少したことから、同分野の 売上高は前年同期を下回りました。また、前事業年度にリリースした@rms基幹次期バージョンに係るソフト ウェア償却費の増加や、AI等にかかる研究開発投資の増加もあり、同分野の利益は前年同期を下回りました。

サイバーリンクスの株価:8/10
・時価総額4,857百万円(8/10) =1,003円(8/10) × 4,842,755株(8/10)
・株価1,003 円(8/10)=PER(会社予想):13.68倍(8/10)×EPS 73.31円(2018/12)
・発泡酒株価1,003円(8/10)=PBR(実績):1.36倍(8/10)×BPS 735.13円(2017/12)

PI研のコメント(facebook):
・8/10、サイバーリンクスが2018年12月期の中間決算を公表しました。小売業が厳しい経営環境に入った現在、その業態を支援するIT企業の1社、サイバーリンクスがどのような決算となるか注目の結果ですが、減収、減益、しかも、利益はいずれの段階でも2桁減となる厳しい決算となりました。この結果に対し、投資家も厳しい判断、株価は売られ、下がっています。サイバーリンクス自身も、「主要顧客である流通食品小売業におきましては、ライフスタイルの変化や、他業態との競争激化等を背景 に、来店客数、客単価ともに伸び悩んで、・・」と、小売業界の経営環境の厳しさを指摘しており、「@rms基幹次期バージョンに係るソフト ウェア償却費の増加や、AI等にかかる研究開発投資の増加もあり、同分野の利益は前年同期を下回り、・・」と、先行投資も加わり、厳しい業績となったとのことです。サイバーリンクスは、このITクラウド事業以外にもモバイルネットワーク事業をもう一方の柱にしていますが、こちらも、「売上高は、前年同期を上回りましたが、利益は、前年同期を下回りました、・・」とのことで、特に利益は厳しく、ダブルで影響が出たといえます。結果、営業利益の進捗は34.89%ですので、後半でどこまで利益を改善できるかが課題といえます。サイバーリンクス、今期、後半、小売業界の厳しい経営環境の中、どのような収益改善策を打ち出してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人!

August 11, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67042759

Listed below are links to weblogs that reference サイバーリンクス、中間決算、減収減益!:

Comments

Post a comment