« レジ袋、ストロー、プラスチック製、廃止へ! | Main | 日本たばこ産業、本決算を見る! »

September 19, 2018

たばこ、10月値上げ、RRPも!

「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」は何円に? 
10月に値上げするたばこ銘柄まとめ
・ITmedia ビジネスONLINE:9/12
・10月から施行されるたばこ税の増税を踏まえ、たばこメーカー各社は、紙巻きたばこ・加熱式たばこなどの各商品を10月1日から値上げすることを相次いで発表した。「メビウス」「マールボロ」「ケント」シリーズなど定番の紙巻きたばこや、「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルーム・テック)」といった人気の加熱式たばこの価格はいくらになるのか。各社が値上げする銘柄をまとめた。
・新税制では、紙巻きたばこを2018年、20年、21年に1本当たり1円ずつ値上げするほか、加熱式たばこの税率を今後5年間で段階的に引き上げ、紙巻きたばこの7~8割程度まで高めることが定められている。

Xデー迫る! IQOSなど加熱式たばこ一斉値上げ。しかし本当にヤバイのは来年秋?
・Engadget:
・10月1日に施行されるたばこ税の増税にともない、IQOSやglo、Ploom TECHといった加熱式たばこも一斉に値上げされることが発表されました。改定後の価格は、ブランドごとによってまちまちですが、愛煙家の財布を直撃することは必至です。
・増税後の価格はいくら?
・今回の税制改正により加熱式たばこが明確に区分された
・加熱式たばこは1本いくらで税額が決まるワケではない
・今後5年間連続して加熱式たばこは増税される?
・結局、加熱式たばこの価格はどうなるの?

・問題は来年。2019年の10月に、前述の加熱式たばこへの5段階増税の第2弾が来襲します。さらに、同時期に消費税が現在の8%から10%へと引き上げられます。つまり、加熱式たばこにかかる税金はダブルパンチ、いやパーフェクトストームとなって愛煙家を襲ってくることになります。

PI研のコメント(facebook):
・たばこの値上げが10/1から実施されますが、マーケティング的な視点で見ると、興味深い要素をいくつも含んでおり、しかも、流通業界全体への影響、最新技術の普及等、様々な要素が絡み合っている動きといえます。今回のたばこの値上げは、来年、消費増税が控えていますので、それに先駆けての値上げであり、そのショックを和らげる要素もあるといえます。また、今回はRRP(Reduced-Risk Products)、いわゆる、加熱式たばこが初めて分離されたといえ、RRPが新たな市場、新カテゴリーとして、本格的に動き出すことにもなります。この新市場はすでに、たばこ全体の10%程度に成長しており、新技術も次々に開発、多額の投資を各社実施しており、今後、数年で一大市場を新たに形成することが確実といえます。そのカギを握るコンビニでも本格的な展開がはじまり、常に、商品は品薄気味とのことです。たばこの値上げは、その意味で、様々な要素を含んでおり、この10月、消費者がどのように反応し、さらに、来年の10月、そして、この5年間でたばこがどう変わり、コンビニをはじめ、流通構造がどう変化してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人!

September 19, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67181476

Listed below are links to weblogs that reference たばこ、10月値上げ、RRPも!:

Comments

Post a comment