« CPI(消費者物価指数)、9月、コア指数1.0%! | Main | 赤羽駅、無人AIレジ店舗、オープン、3品購入! »

October 29, 2018

2019年度、AI実用段化へ、小売業大手!

ベテランの経験と勘をAIに置き換えベテランの経験と勘をAIに置き換える新日鉄とイトーヨーカ堂:
・NISSENデジタルハブ:10/1
・有能なベテラン社員は企業の貴重な戦力ながら、抜けたときの穴が不安材料になる。そこで新日鉄住金とイトーヨーカ堂はベテランの経験と勘をAIに置き換えようとしている。
・イトーヨーカ堂は商品5万点の発注をAIにやらせる:
・イトーヨーカ堂の課題は、需要予測と発注だ。何がどれくらい売れ、どのタイミングでいくつ注文すべきかは、イトーヨーカ堂に限らずすべての小売店の課題といってもいい。ベテラン社員でないと、注文したものの売れずに在庫になってしまったり、注文が足りずに販売機会を逃したりすることになる。そこでイトーヨーカ堂は、AIを使った需要予測の実験に着手した。イトーヨーカ堂がユニークなのは、NECや野村総合研究所など4社にAI開発競争をさせたところだ。4社はそれぞれ自社のAIを使い、需要予測と発注予測を行い、実際の売れ行きとの誤差を計測する。対象商品は5万点にのぼる。この需要予測実験は半年ほど行い、2018年度中に最も誤差が小さかったAIを採用する予定だ。

AIで需要予測や出店判断 小売りで導入広がる:
・日本経済新聞:7/1
・小売り大手が人工知能(AI)を活用して競争力を高める。イトーヨーカ堂は2019年度にも全店でAIの需要予測にもとづく発注を始める。ファミリーマートは6月末からコンビニエンスストアの新規出店の可否を判断するためにAIを導入した。人手不足が続き、ネット通販などとの競合も激しくなるなか、AIを導入して生産性の向上につなげる。
・ヨーカ堂はスーパーの全約160店でAIによる需要予測と自動発注を導入する。生鮮品を除く食品と肌着などの衣料品、日用雑貨など5万点以上を対象にAIが個別商品の売れ行きを予測し、最適な発注数量を提案する。
・イトーヨーカドー大森店(東京・大田)でこのほどAIによる需要予測の実験を始めた。対象は加工食品や日配品、日用雑貨の一部で、NECや野村総合研究所など4社のAIを使い、精度の比較検証を進めている。
・ファミマはコンビニの新規出店の可否判断にAIを導入した。グーグルと組み、データ分析のスタートアップ企業、グルーヴノーツ(福岡市)のAIサービスを使う。出店候補地の商圏内の年代別の世帯数や人口、競合する小売りの出店状況などを踏まえて、出店した場合の売上高を予測する。
・AIに10~16年に出店した3500店の商圏データと実際の売上高を学習させた。ファミマではこれまで売上高と関係の深いと思われる指標を15程度選んで売上高を予測していた。AIは600項目を計算して店舗の売上高を予測する。

PI研のコメント(facebook):
・2019年度は流通業大手が本格的にAI(人工知能)を導入する時代になりそうです。10/1、NISSENデジタルハブが「ベテランの経験と勘をAIに置き換えベテランの経験と勘をAIに置き換える新日鉄とイトーヨーカ堂」との記事が掲載されました。同様な記事は、以前、本ブログでも取り上げた、7/1の日本経済新聞で「AIで需要予測や出店判断 小売りで導入広がる」との見出しの記事にも掲載されています。これを見ると、セブン&アイHでは、「イトーヨーカ堂は2019年度にも全店でAIの需要予測にもとづく発注を始める」とことで、需要予測による発注がイトーヨーカ堂で始まる見通しです。すでに大森店で、「NECや野村総合研究所など4社のAIを使い、精度の比較検証」がはじまっているとのことで、本格的なAIのよる需要予測を組み込んだ発注がはじまるといえます。また、ファミリーマートでは、商圏調査にAIが組み込まれた出店計画への活用が始まったとのことです。こう見ると、2019年度は本格的にAIが大手流通業で実用段階に入るといえ、いよいよ、AIも研究から実践へとステージが上がるといえます。今後、流通業界でどのようにAIが実践投入されるか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人!

October 29, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67319307

Listed below are links to weblogs that reference 2019年度、AI実用段化へ、小売業大手!:

Comments

Post a comment