« 情報戦略レポート、10月、食の志向とEC市場! | Main | AI特許、PLSA編、7社、9本! »

November 04, 2018

アリババ、AI特許、日本で取得、8/3!

AI特許、PLSA、アリババ取得:
・発明の名称:製品識別子のラベル付けおよび製品のナビゲーション:
・アリババ・グループ・ホールディング・リミテッド

・出願記事 許 2015-530142 (平25.9.3)、登録記事 379093 (平30.8.3)、優先権(登録)記事 張日(平24.9.5) CN(中華人民共和国) 件数(1)、査定日・審決日記事 定日(平30.6.27)、権利者記事 国領,ケイマン諸島 (510330264) アリババ・グループ・ホールディング・リミテッド、発明等の名称(漢字)記事 品識別子のラベル付けおよび製品のナビゲーション、請求項の数記事 20、登録細項目記事 権利者が全て民間、または民間と官庁共有である 本権利は抹消されていない 存続期間満了日(平45.9.3)、登録記録 許査定書:(平30.7.3) 作成日(平30.7.5)、特許料納付書:(平30.7.30) 作成日(平30.7.31)、特許証:(平30.8.14) 作成日(平30.8.3)、最終納付年分記事 3年、更新日付 (平30.8.3)

要約:
・本開示は、製品識別子をラベル付けする例となる方法および装置ならびに製品をナビゲートする方法を提供する。1つ以上の製品の記述情報が抽出される。製品の記述情報が、テキストにクラスタ化される。主題モデルに基づくテキスト分析法を使用することによって主題分析がテキストに適用され、1つ以上の主題およびその主題に対する定義名を取得する。製品の記述情報に関連付けられる主題は、製品にラベルを付けるために製品の識別子として使用される。本技術は、ユーザーが容易かつ直感的に彼らの所望の製品を見付けることができるように、製品を1つ以上のユーザー次元属性を有する識別子でラベルを付ける。
・PLSAの記述:
・1つ以上の主題モデルに基づくテキスト分析法を使用することによってクラスタ化されたテキストに対して分析が適用され、大型の文書コレクションまたはコーパス内に隠された主題情報を識別する。任意に、確率的潜在意味解析(PLSA)または潜在的ディリクレ配分(LDA)法が分析のために使用されてもよい。
・例えば、オンラインで販売者によって販売されている製品は、女性用Tシャツであってもよい。製品は、女性用衣類のカテゴリに属していると決定される。製品の表題は、「肥満および拡大した色付き半袖Tシャツ」である。女性用衣類のカテゴリ下にある種々の製品の表題情報は、主題分析を行うためにクラスタ化され、大きい、拡大した、特大の、超大型の、肥満、太った、肥満男性、大きいサイズ等の用語を含むサブセットを取得する。サブセットに対応する主題は、「大きいサイズ」として定義される。この例における女性用衣類の表題情報が「肥満および拡大した」を含むため、Tシャツおよびその記述情報は、主題「大きいサイズ」に関連付けられる。このため、「大きいサイズ」は、記述情報が「大きい、拡大した、特大の、超大型の、肥満、太った、肥満男性、大きいサイズ」中の少なくとも1つの用語を含む製品の識別子として使用され得る。この例において、女性用衣類の表題情報は、用語「肥満および拡大した」を含み、このため「大きいサイズ」は、製品識別子として使用され得る。各カテゴリ下にある製品は、同じまたは類似の方法を使用することによってラベル付けされる。

PI研のコメント(facebook):
・アリババが8/3、日本でAI、PLSAを用いた特許を取得しました。発明の名称は、「製品識別子のラベル付けおよび製品のナビゲーション」です。アリババが販売する膨大な数の商品の新たな商品分類を顧客視点からPLSAを用いて再構築し、消費者が商品を見つけやすくするようにナビゲートするものです。また、メモリを含む、分析装置も同時に開発するとのことで、分析、ナビゲートだけでなく、ハードも含む一連の発明となっています。PLSAは、現在、様々な特許が各社から申請され、認められていますが、最新のPLSAの特許はこのアリババのものであり、PLSAの実践的な活用方法を知る上でも貴重な知的財産といえます。存続期間の満了日は、平45年9月3日ですので、今後15年間、日本国内でこの特許が法的に保護されることになります。アリババはブロックチェーンの特許も世界シェアをもっており、AIを含め、最新の技術に関する特許出願には積極的です。今回のPLSAの特許が日本でも通ったことで、今後、商品分類にAIが入り、顧客視点の商品分類構築の新たな時代に入るといえます。一足先にEC、サイバーの世界ではじまりますが、いずれ、フィジカル、リアルの世界でもAIによる商品分類の開発がはじまるといえ、アリババはもちろん、今後の小売業の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人!

November 4, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67343121

Listed below are links to weblogs that reference アリババ、AI特許、日本で取得、8/3!:

Comments

Post a comment