« コアCPI(消費者物価指数)、1.0%、2018年10月度! | Main | その1:情報銀行、実証実験、大日本印刷、JTB! »

December 01, 2018

セブン-イレブン、レジ改革、省人型店舗実験!

日本で“無人セブン-イレブン”、顔認証で入店 12月から実験:
・ITmedia:11/30
・セブン-イレブン・ジャパンが、「無人コンビニ」の展開に向けて動き出した。NECが技術協力し、顔認証で来店者を把握してキャッシュレス決済できる仕組みを提供。まずはNEC社員向けの実験店舗を12月17日に都内でオープンする。
・実験店舗は、NECグループが入居する三田国際ビル(東京都港区)にオープン。事前に登録した顔のデータと、入り口で捉えた顔を照合する仕組み。顔認証システムを社員証とひも付け、社員証をかざしての入店も可能にする。会計は、客自身がバーコードを読み取るセルフレジで行い、給与天引きで精算する。

顔認証で「無人コンビニ」 セブン、NECと実験店:
・日本経済新聞:11/30
・コンビニエンスストアが「無人店舗」の展開に乗り出す。セブン―イレブン・ジャパンは12月、NECと組み、顔認証技術で利用者を特定し、会計ができる店舗を開く。日本の小売業は生産性の低さが著しく、改善が急務になっている。人手不足が深刻さを増す中、技術に積極投資をして人手がかからないようにし、生産性を高める動きが広がりそうだ。
・商品の発注や陳列は従来通り店員が担うが、レジ業務をなくすことで、最低2~3人必要だった店員を終日1人にできる。利用者のレジ待ち時間も少なくなる。オフィスや工場など利用客が限られる店舗への導入を視野に、効果を検証する。

PI研のコメント(facebook):
・いよいよ、セブン-イレブンでもレジ改革、省人型店舗の実証実験に入るとの報道が11/30、各社から配信されました。「NECが技術協力し、顔認証で来店者を把握してキャッシュレス決済できる仕組みを提供」とのことで、「NEC社員向けの実験店舗を12月17日に都内でオープン」とのことです。店舗としては、「最低2~3人必要だった店員を終日1人にできる」とのことですので、これが国内、さらに、全世界のセブン-イレブンに導入されると、莫大な人件費の削減につながりますが、「オフィスや工場など利用客が限られる店舗への導入を視野に、効果を検証」とのことですので、部分的に導入が始まる見込みとのことです。レジ改革は、コンビニに限らず、流通業、各チェーンの大きな課題といえますが、セブン-イレブンが本格的に動き始めたことで、今後、この動きが加速すると思われます。セルフサービスの最後の課題、レジのセルフサービス化が日本でもいよいよ現実味をおびてきたといえ、このセブン-イレブンの12月からの三田国際ビル、NECでの実証実験の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人! 事務系」(同+8円、+0.7%)など全職種でプラスとなった。

December 1, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67436692

Listed below are links to weblogs that reference セブン-イレブン、レジ改革、省人型店舗実験!:

Comments

Post a comment